リーガルV【2話】のネタバレあらすじ!斉藤由貴のバトルに興奮!

2018年10月18日(木)に、米倉涼子さん主演のドラマ『リーガルV』の2話が放送されました。

 

ゲスト出演は斉藤由貴さん。

パワハラ上司を演じます。

米倉涼子さん演じる小鳥遊翔子との掛け合いが絶妙でゾクゾクしましたよ。

 

では、「リーガルV」の2話のネタバレあらすじをご紹介しますね。

スポンサードリンク

リーガルV【2話】のネタバレあらすじ!

小鳥遊 翔子は、真岡鐵道 (もおかてつどう)SL もおか号の旧国鉄 50系 レッドトレインに乗っています。

鉄道好きの翔子は、車内で大興奮です。

はしゃいで手を伸ばしたその時、乗客の一人の女性に手が当たってしまいます。

翔子は謝ります。

 
 

京極法律事務所は、できたばかりの法律事務所にも関わらず、依頼人がおらず、経営の危機に陥っていました。

そんな時、事務所の電話がなり、弁護の依頼があります。

 
 

依頼人は、大企業の太陽製紙の元取締役の永島美鈴です。

 
 

美鈴は、女性初の役員として活躍していましたが、立て続けに3人の部下からパワハラをしたと告発され、不当解雇にあっていました。

 

美鈴は納得がいかず、会社に損害賠償を請求する民事訴訟をおこしたものの、口頭弁論直前で弁護士がおりてしまったと言います。

 
 

美人で気配りも細やかで、おしとやかな美鈴に、男性陣は釘付けですが、そんな美鈴に翔子は違和感を抱きます。

 
 

弁護を引き受けようとする男性陣に対し、翔子は、

『そういう女に限って裏では鬼みたいに豹変するのよ』

と言い、そもそも、弁護士がおりたということは勝ち目のない案件だと、弁護を断ろうとしますが、美鈴が請求金額が3億であることを伝えると、多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受けることにします。

 
 

前回のFelix&Temma法律事務所との裁判に勝ち、京極法律事務所の名前を知り、やってきた美鈴ですが、訴訟相手の太陽製紙と顧問契約を結んでいるのが、Felix&Temma法律事務所だったのです。

 
 

京極法律事務所の、京極と青島は、訴訟相手の太陽製紙の顧問弁護を請け負うFelix&Temma法律事務所を訪れます。

被告代理人はFelix&Temma法律事務所の白鳥美奈子です。

 

白鳥は、京極と青島に、

『本気で弁護を引き受けるつもりですか?200%負けます。』

そう言い、パワハラの証拠となる音声データを手渡します。

 

京極法律事務所の面々が音声データを確認すると、早くも敗訴を確信してしまいます。

そこには、ほかでもない永島美鈴が、部下である松尾係長に、ビルから飛び降りるように迫り、暴力をふるっている様子が録音されていました。

 
 

しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示をします。

 
 

やがて、美鈴と一番親しかった太陽製紙の生産事業部長 城野 優を、証人として確保します。

調査の結果、会社の人間で美鈴のことを悪くいう人はいませんでした。

 

では、なぜ、あんな録音データが存在するのか?

 

翔子は直接、本人に確かめてみようと言います。

 
 

そして、親交を深めるためにと、高級レストランで、事務所の一同と美鈴を交えて、食事をします。

京極が美鈴に音声データのことを尋ねるも、美鈴は、覚えていないと言います。

 

翔子は、美鈴に言います。

足を踏んだ側は忘れても、踏まれた側は忘れない。ハラスメントって大体そうじゃない?てか踏んでますよ。い、ま。』

美鈴は、翔子の隣の席で翔子の足を踏んでしまっていました。

 
 

そして、美鈴の食事中の皿には、なぜか虫が入っています。

でも、美鈴は怒らず冷静に、虫が入っているということは、本物の有機野菜を使っているということだ、と言います。

 

そして、お店の店員が美鈴の服にワインをこぼしたり、他のお客様の予約が入っていたから、席を移動してくれ、と言ったりしますが、美鈴は怒ることなく、冷静に受け止めます。

 

翔子は、

『ここまでやっても怒らないのは本物か。』

と言います。

 
 

全ては、翔子が、美鈴の人間性を試すために、仕組んだことだったのです。

 
 

鉄道BAR あずさ で飲む一同。

翔子は美鈴に、『証拠の音声データがあるのに裁判を続けるのは何か勝算はあるのか?』と尋ねます。

美鈴は、『人ってどこで何言われてるかわからない、社長の夜の相手しただとか、あんな女に役員がつとまるのかとか、さんざん言われてきた』と言います。

 

そんな美鈴に翔子は、味方もいると生産事業部長の城野 優が証人として出廷してくれることになったことを伝えます。

城野が証人になると聞いた美鈴は、城野の出世の道が閉ざされてしまうから断って欲しいと言います。

 
 

翔子は、

『あんた勝つ気あるの?億単位の訴訟がどれだけ厳しいか分かってるの?そんな甘いこと言ってられる状態じゃないの』

と言います。

 

さらに酔いつぶれているメンバーを指差し、

『あそこで寝ている連中はあんたを勝たせるためにやってるの。あいつらが泥仕合する相手は、巨大ローファームなの。冷やかしなら他の事務所当たってくださいよ。』

 
 

太陽製紙 専務の大垣がFelix&Temma法律事務所を訪れます。

代表の天馬に賄賂を渡します。

 

原告代理人が翔子のいる京極法律事務所の青島だと知った 天馬は、しっかり頼みますよ、と白鳥に伝えます。

白鳥は、『決定的な証拠の音声データもありますし、ご安心ください』と答えます。

 
 

翔子と青島が裁判所に向かっていると、サングラスの女性とすれ違います。

どこかで会ったかな?と翔子は言います。

 

そこへ、Felix&Temma法律事務所の海崎と白鳥が現れ、海崎は青島に、『先日の裁判はお疲れ様でした』と言います。

『行くよポチ』と立ち去っていく翔子を見つめる海崎に、白鳥が

『ヤクザがらみで弁護士資格を失った女にまた未練がおありですか?』

と言い、海崎は、

『まさか、僕市場最悪の女だ』

と答えます。

 
 
 

第一回口頭弁論

 

被告側の証人として、太陽製紙の生産事業課長 角野が証言台に立ち、美鈴のパワハラは日常的だったと証言します。

原告代理人 京極法律事務所の青島は、原告側証人尋問の証人として、太陽製紙 生産事業部長の城野を呼んでいましたが、城野は姿を現しませんでした。

 
 

翔子は事務所の一同に、もっと働け、と喝を入れ、一同は再び調査に乗り出します。

青島が太陽製紙を訪れるも、城野と会うことができません。

しかし、パワハラを告発している3人が昇進の話があることを知ります。

 
 

翔子は、捜査資料から、3件のパワハラ被害の日付が、同じ週に集中していることに気づきます。

太陽製紙の社内で、社長派と専務派の派閥が対立していて、美鈴は社長の推薦で女性初の役員となったのです。

そのことにより、専務派にとって、美鈴の存在が邪魔であり、美鈴に罠を仕掛けた可能性があるのです。

 

そして、京極は、太陽製紙の下請けの大松加工社長の大松を被告側の証人として確保します。

 
 

翔子は、連絡のつかない太陽製紙の生産事業部長 城野を待ち伏せし、

『約束破るのは良くない、うちの弁護士がどれだけ困ったかわかりますよね?』

と言います。

 

城野は急に怖くなったと言います。

そんな、城野に翔子は、美鈴と何かあるのでは?と尋ねるも、城野は何も言わずに立ち去ります。

 
 

第二回口頭弁論

被告側証人尋問

 

太陽製紙 生産事業主任 里崎が証人台に立ち、無能と言われたなど、証言します。

美鈴は、そんなこと言ってません。と声を荒げます。

 
 

原告側証人尋問

 

太陽製紙の下請け 大松加工の社長の大松がくるはずでしたが、京極が日付を間違えて伝えていたため、大松は、来ていませんでした。

焦った弁護人の青島は、反論し、調査した内容を喋ってしまいます。

パワハラは美鈴を陥れようとする罠である疑念があること、パワハラを告発している3人は専務派の人間であること、下請け会社の選定の件で美鈴の存在が邪魔であることなど、手の内を全部明かしてしまいます。

 
 

追い詰めてやりました、と得意げな青島に、翔子は、バカなの?証拠を隠蔽されてしまう可能性がある、と言います。

 

翔子は、裁判の傍聴に来ていた、サングラスの女性を見かけて声をかけます。

女性は、翔子が乗ったSLに乗っていたのです。

 

関係者なら話を聞かせてほしいという翔子に対し、女性は震えて走り去ってしまいます。

 
 

太陽製紙 生産事業部長の城野は専務の命で、会社側の証人として証言することになりました。

下請けの大松加工の大松とも連絡が取れなくなり、京極法律事務所は追い込まれます。

 

翔子は、やられたらやりかえす、こっちも証人を奪い返すと言い、太陽製紙 松尾係長に目をつけます。

どんな手を使っても味方に引き込んでと言います。

 

そして、太陽製紙の社員に生産事業部長の城野と美鈴の関係を尋ねると、城野には、ナカヤマアカネという婚約者がいたことがわかります。

松尾係長にハニートラップを仕掛け、見事、被告側の証人として確保します。

 

翔子は、城野に会いに行き、初めから美鈴の証人を引き受けるつもりは無かった、美鈴に恨みがあり、証人をすっぽかすことで美鈴を困らせるつもりだったのだろうと言います。

 
 

Felix&Temma法律事務所

『明日で決着をつける』と言う白鳥に、海崎は、『油断しないほうがいい、あの女は手強い』と言います。

白鳥は、海崎にキスをし、

『小鳥遊翔子はもう、終わった女よ』

と言います。

 
 

最終弁論

被告側証人尋問

 

太陽製紙の生産事業部長 城野が証言台に立ちます。

被告代理人 白鳥の

『原告はパワハラを行なっていましたか?』

という問いに対し、

『3人の部下に対し、パワハラを行なっていたとは考えられません。』

と答えます。

 

そして、専務の命で会社側の証人になったこと、出世するか、とばされるかどっちを選ぶんだと脅されていたことを明かします。

 
 

原告側証人尋問

 

生産事業係長 松尾が証言台に立ち、専務の命で、わざと美鈴を怒らせ、まるでパワハラをされたかのように、音声データを編集したことを明かします。

1億2千万で和解が成立します。

 
 

翔子と美鈴はSLに乗って一緒に出かけます。

到着した先には、生産事業部長の城野と、裁判の傍聴にきていたサングラスの女性がいました。

 

サングラスの女性は、元 太陽製紙の社員で城野の婚約者のナカヤマアカネだったのです。

 

美鈴は、城野と婚約したナカヤマアカネに対する嫉妬心から、本当にパワハラをしていたのです。

ナカヤマ アカネは翔子に促され、美鈴に言いたかった胸の内を明かし、パワハラのことを謝罪してほしいと言います。

 

しかし、美鈴は謝罪せず、お金で解決するから示談にしてと翔子に言い、去っていきます。

『ただ、ごめんて謝ればただで済むのにバカな女だよね。でも、安心して、笑えるくらい、ふんだくってやるから』

と、翔子はアカネに言います。

 
 

そして、京極法律事務所は、永島美鈴から2件分の成功報酬を手に入れます。

太陽製紙の城野が原告側に有利な証言をしたのも、美鈴が獲得した和解金をナカヤマ アカネに示談金として支払わせるという約束の元だったのです。

成功報酬で何か買おうとしている翔子です。

(3話に続く)

スポンサードリンク

『リーガルV』2話を見た方の感想

では、続いて実際に『リーガルV』2話をご覧になった方の感想を見ていきましょう。

あやこさん(30代)
次週が気になるリーガルV

セクハラなどのどこにでもあるような訴訟でも何億も勝ち取る所などが面白い。

菜々緒が、米倉涼子に敵対心を持っているのがすごく分かるし、向井理と米倉涼子の関係性がすごく気になるし、最後の小日向文世が秘書にワインをかけるところが怖くて次週が気になる終わり方だった。

小日向文世はいつもニコニコしているので少しでも怖い役をやるとはまり役だと思う。

米倉涼子が、事務の人達に的確に指示して、弁護士資格がなく弁護出来ないと言う割に正しい道に導いているのも凄いと思うし、林遣都が今後どのように成長していくのかも楽しみだ。

モルディヴさん(40代)
足を踏まれた人は覚えている

今回はパワーハラスメントがテーマでしたが、パワーハラスメントを利用して私利私欲のために社会的地位を奪うようなことは本当に嫌ですよね。

権力のあるものに立ち向かい裁判をおこすのもすごいなと思うし気持ちがわかりますよね。

さらに、訴えられた本人が別の件で一人の女性を傷つけていた。なんて悲しいことでしょう。

自分では気づかなくてしていたことも相手にとれば、パワーハラスメントだと受け取られてしまうということを、自分も気をつけなきゃいけないなと考えさせられました。

足を踏まれた人は覚えていても、踏んだ人は忘れているなんてセリフも考えさせられまたしたね。

ながさん(40代)
翔子とその仲間たち

優秀な弁護士は本当にこんな感じでやっているのかなと思うほど面白かった。

弁護の金額で目の色を変えて仕事を引き受けてしまう、翔子さんがなんだか愛おしくさえ思えてきた。

しかし仕事を受けたからには、お金のためと依頼人なためか分からないが、どんな手を使っても勝ちに行くけれども、最後には全てを把握して依頼人の過去の過ちを精算させようとしたところはなんだか、人情味を感じてしまった。

それにしても俳優さんがみんな個性的で実に面白いく、色んなところで笑わせてくれるシーンがあるので家族みんなで中だるみ無く楽しく見ている。

ネコ使いさん(40代)
裁判とは関係ないところでまさかの

1話に引き続き視聴。

女性役員がパワハラの濡れ衣を着せられたと思いきや裁判とは関係ないところでまさかの…最後は予想外の展開でした。

女性役員の気持ちも分からなくはないですが私ならあっさり謝って終わりにしてしまうだろうな。

小鳥遊の得られる報酬はきっちり得て、さらに裁判以外のこじれたところを修正していこうとする姿は本当にかっこいいです。

見事な勝ち方に今週もスッキリさせてもらいました。

弁護士資格なくてこれだけできたら凄すぎます。青島のこれからの成長にも期待したいです。

海崎もこのまま黙ってはいないでしょうし来週も目が離せません。

しみしみねこさん(40代)
米倉涼子vs菜々緒がおもしろい

小鳥遊翔子(米倉涼子)は、なんだか弁護士資格がない身分を楽しんでいるようにしか見えず、また大鷹弁護士(勝村政信)が小突かれまくっているという観点では「ドクターX」の焼き直しかな、とも思ってしまいます。

しかし、海崎弁護士(向井理)に白鳥美奈子弁護士(菜々緒)が仕掛けた色っぽいキスからもわかる通り、今回は権力闘争だけでなく、色恋沙汰も絡んでくる様相です。

そういう意味では「ドクターX」の上を行くのかなぁと楽しみにしています。

それにしても直接対決ではなくても、目ヂカラ強いどうし米倉涼子と菜々緒の間にもろもろ火花が飛んでいるのは、見ごたえがあって面白いです。

月子さん(50代)
受けた弁護は必ず勝ちとるところが凄いです

小鳥遊翔子以外は弁護士の仕事はほぼ新人なので仕方がないのですが、あまりにも抜け目が多すぎて、逆にドラマを見ながら笑ってしまう場面も多くありました。

そもそも約束の日時を間違えるというのは、弁護士だけではなく、社会人として問題有りだと思ってしまいました。

仕事ができない人たちばかりの中でも、小鳥遊有子はめげずに同じメンバーで続けていくところが凄いと思いました。

やり方は新手でパワハラまがいのこともた草ありますが、ポイントはきちんと押さえていて、最後まで手を抜かずに裁判を勝ち取りに行く姿はさすがだと思ってしまいます。

これからも彼女たちの活躍に期待したいです。

えみさん(30代)
リーガルVの面白さに期待大

小鳥遊翔子は、弱者で弱い立場の依頼人を救う弁護士事務所の管理人です。

1から人材を集めて結成されました。

小鳥遊翔子は、過去に暴力団との癒着で弁護士資格剥奪せれ、その経緯は、まだまだなぞですが、毎回、もうだめだ!負けてしまう!というような危機的状況から、あ!という方法で、立場が逆転し、見事にいつも立証できるのです。

始めは、危うく、勝てる見込みが全くない所から・・どんでん返し!で、とにかく目が離せません。どうなるんだろう!という期待で、わくわくして、思わず毎週見てしまいます。

見たことがない方は、ぜひ、ぜひ、見るべきだと思います。

あやぱんさん(30代)
毎回楽しみ「リーガルV」

今回二話目にして始まるのを楽しみにしていました。

もちろんリアルタイムで視聴させていただきました。

毎回の弁護で難題をつきつけられますが、見ているとどこかでいけるって思ってしまいます。

米倉涼子の表裏がなく、弁護士の資格がないっていいますが、同じ事務所の方を上手く巻き込んで証拠をさがしたり、証人を探し出し真実を見つけ出す所が本当にカッコいいし見ててワクワクさせられます。

同じ事務所の方に言い方がダメだとかダメ出しをされるところもありますが、どこかで皆さん米倉涼子を頼っているのがすごくよくわかります。

今回の裁判でも相手の弁護側の悔しそうな顔をみるとやったーって思います。

番組の最後に相手の弁護士側の上司が米倉涼子について調査を始めたので次回は何が起こるのだろうと気になりながら一週間を過ごしたいと思います。

来週もリアルタイムで視聴しようと思います。

tmさん(50代)
最後はやっぱり良心!

視聴して一言!「お見事!」でした。

パワハラやセクハラ等の裁判って、事実調査をしての証拠集めがとっても大変だと聞きます。

そんななか、証人出廷の口頭約束はして貰えるも、いざとなると来てくれない。

それが2回も続くともう崖っぷちです。

しかし、最後の最後に、真実を語りたいとしての証言がとれ、今回の事は、会社ぐるみで仕組んだものであると判明。

さらにさらに、ハメられて水商売の女性とラブホへ行くところを見事にフォーカスされ証人出廷をさせらた社員の登場は大きなメリットがあったと思います。

とにかく、自分たちが勝訴するために行う調査方法、手段がとても面白いです。

次回もスカッとする勝訴を勝ち取って欲しいと思います。

パンダマンさん(30代)
電車好きみてほしいドラマ

汽車のシーンから駅弁を食べてるシーンで終わるまさに電車好きにはみててたまらないと思いました。

牛タン弁当とても美味しそうでした。

今回もゲストが有名な人が出てすごいなっと思いました。

米倉さん演じる小島さんもファッションがとてもかっこよかったです。

カッコ良い向井さん、三浦さんがあまり台詞がなくてもって出てほしいなって思いました。

京極弁護士のちょっと抜けている所もかわいいと思います。

でも、演じる所はしっかり演じているのが頼りになります。

天馬弁護士があまり小島元弁護士に関心なさそうですごい嫉妬してて怖かったです。

リーガルVの3話のあらすじ

親睦会でキャンプ場にやって来た「京極法律事務所」の面々は、ヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)と出くわす。

実は、このキャンプ場を流れる川は、2カ月前に女性の撲殺体が見つかった場所。

その後、事件当日に被害女性と夫・浅野洋平(桐山漣)が一緒に現場にいたことが判明したばかりか、浅野には愛人がおり、妻に多額の生命保険を掛けていたことまで発覚! 

浅野は世間から“女の敵”と袋叩きにされ、殺人容疑で逮捕されたのだ。

しかも、ただでさえ情状酌量の余地がないというのに、浅野はなんと「自分は先に帰り、犯行時刻には愛人と会うために新宿にいた」と、無罪を主張! 

大鷹はそんな無謀ともいえる、浅野の弁護を引き受けたのだという。

話を聞いた元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は、裁判で勝った場合は「京極法律事務所」の手柄だと大々的に宣伝するという条件で、調査協力を約束。さっそく事務所のメンバーに、事件当日の目撃証言を洗い直させる。

一方、肝心の浅野はというと、態度も記憶もいい加減。

どの供述も嘘としか思えないほど、まったく裏付けを取ることができず…。

 そんな中、浅野がやっと無実証明のカギとなりそうなことを思い出す。新宿で高校時代の美術教師・蟹江光晴(岡本信人)夫妻を見かけ、会釈したというのだ! 

翔子と大鷹はすぐさま、蟹江夫妻が暮らす静岡へ。

だが、蟹江も妻の光代(原日出子)も新宿へは行っていないという…。

アリバイ証言ゼロの状態に、頭を抱える大鷹。

そんな中で迎えた公判の日、浅野から飛び出した供述内容に、翔子は引っかかり…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/story/0003/




おわりに

今回は「リーガルV」の2話のネタバレあらすじをご紹介しました。

3話ではどんな手を使って裁判に挑むのでしょうか。

小鳥遊翔子の事務所のみんなを取り込んでいくのも楽しみです。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。