スーツ(ドラマ)3話ネタバレあらすじ!【織田裕二主演/10月22日放送】

2018年10月22日にフジテレビ月9のドラマ『スーツ』の3話が放送されました。

大輔も悪友と手を切って、弁護士の仕事をスタートします。

でも、再び意外な友達ができ…

ただ個人的に思うのは、大輔かっこいいな!ってことですね。(←話に関係ない…)

では今回は、3話のネタバレあらすじをご紹介していきます。

スポンサードリンク

スーツ(ドラマ)3話ネタバレあらすじ!

やり手の弁護士甲斐正午(織田裕二)は出勤中に部下の鈴木大貴(中島裕翔)と出会い挨拶をかわしますが、「62点」と言います。

どこがですか?と聞くと、甲斐に「先輩と同じ時間に出勤か?」と言われ慌てて先に出勤します。

 
 

オフィスに着き、クライアントのアポについていかせてくださいとお願いしますが断られ、弁護士は個人商店だ。

弁護士で顧客を持たないのは何も価値がないと言われます。

 

甲斐は愛用してつけていた高級時計の「KAMIYA」の社長72歳が死去というNEWSを目にします。

 
 

大貴はパラリーガルの聖澤真琴に仕事が欲しいと相談します。

「甲斐先生は顧客とは会うな、会議にも出るなって俺のことを雑用としか見ていないんだ」

と愚痴っていると同僚の間で自分が生き残るかの賭けの対象になっていることを知ります。

 
 

甲斐のライバル蟹江(小手伸也)から「仕事が欲しいんだって?」と話しかけられます。

 
 

一方甲斐はKAMIYAさんの葬儀に向かいます。

工場長(キタロー)と話していると社長も大変な時になくなるなんて人が悪いよ・・・と意味ありげな言葉を話します。

何やら内部でもめているようです。

 
 

MADE IN JAPANをこだわりにしていた故社長の思いと裏腹に新社長は海外に工場を移転しようとしている模様。

 
 

仕事がもらえると思い着いていったら、蟹江の格闘技の相手をさせれらる大貴。

じつは、ここのジムに通っている有名企業のやり手CEOと顔見知りになろうという目論見があったみたいです。

 

「ハーバードの同期ならそのよしみで俺を顧問として紹介してくれよ。」とお願いされますが、蟹江のことが気持ち悪いので顧問してほしいと思わないでといわれてしまいます。

しかしCEOとKANIYAの時計の話からゲームの話までいろいろな話で盛り上がり懇意になります。

 
 

甲斐の今回の目的は新社長を会社から追い出そうとすること。

 
 

甲斐は記憶力抜群の大貴にKANIYAの情報を叩き込ませます。

社長がなくなった場合後任社長は取締役会で任命されることになる。

今の安楽社長は仮なので他の主張候補を次に取り締まり役会までに探そうという作戦です。

 
 

一方大貴はオフィスで掃除を命じられました。

藤ヶ谷CEOから電話があり、三つ目小僧=ゲームの中のハンドルネーム今暇?とPartyに誘われます。

 
 

一方大貴のお祖母ちゃんの施設に尋ねた谷元砂里は「孫が弁護士だっていったら、周りの人に相続やら相談されちゃって・・水臭いじゃない大貴が弁護士試験受かってたの隠して・・と言われます。

谷元砂里は苦笑い・・確か大貴は弁護士試験で替え玉をやってから資格をはく奪されたのでは?と不審に感じますがその場をごまかして笑います。

 
 

大貴は酔っぱらって弁護士事務所に帰ってくると、代表弁護士の幸村チカ(鈴木保奈美)に「うちでの仕事はどう?甲斐先生との仕事はどう?」と聞かれて大貴は酔っぱらって最高で~すと答えます。

 
 

オフィスに戻り甲斐は浮かない様子でした。

というのも、変わりの新社長が見つからず、安楽に向上の移設を考え直してもらおうと打診すべきかと悩んでいました。

大貴「常務として社長の相棒の工場長は勤続年数も申し分ないしその人を社長にすべきじゃ?」

甲斐「職人に金勘定は出来ないよ」

と反対します。

 
 

甲斐「酔ってんのか。帰れ」

大貴「部下を信頼できないのですか。あなたのその態度が気に食わない。自分なんてゴミみたいな人間ですよ」

甲斐怒ってでてけと言います。

 
 

そんな時に大貴に谷元砂里から電話が入ります。

「弁護士してるってどういうこと?説明して」と嘘がばれてしまいます。

 
 

一方甲斐は安楽新社長に会いに料亭へ行くと蟹江と一緒に夕食をしていて、蟹江が代理人になることに・・・

工場移転の反対をしようとしているあなたに報告の義務はないと言われてしまいます。

「KANIEの時計の意味は世界一の正確さ・・勝手に時計を進めるな。」とくぎを刺します。

 
 

大貴は砂里に状況を説明すると、その常時信頼できるの?と心配されます。

しかし大貴はやるしかないんだよと覚悟を決めているようです。

 
 

甲斐は幸村に蟹江の昨夜の行動を抗議をしました。

しかし幸村はあなたのやっていること(代理の新社長を探す越権行為)がクーデターよと言われ。

そして大貴が酔っぱらっていたことを忠告を受けます。

 
 

甲斐が大貴にKANIYAの株主比率を確認しました。

取締役の5人中2人は安楽派、残りの2人は先代の社長派なのであと2人先代社長派をふやそうとして、工場長に頼もうとします。

工場長は会社を辞める予定でいました。

甲斐はあなたはこの会社の社長になるべきだといいます。

 
 

「マンネリを恐れるな・・・」から始まる原稿を工場長に渡し強制的に覚えさせようとします。

甲斐の高圧的な態度と大貴の優しい歩み寄りの北風と太陽作戦で工場長のやる気を促します。

そして自分で原稿をかかせることに成功しました。

 
 

そしていよいよ取締役会当日です。

お留守番を命じられた大貴は取締役会に飛び込み参加します。

工場長の必死な練習成果を発表する場です。

 
 

しかし、部屋に入ると蟹江は臨時の取締役会を開始していて安楽社長が決定したといわれ、会社の方針に背いた工場長は退職金は期待しないほうがよいですよと言われてしまう始末。

工場長は甲斐に向かってお前がこんなこと言い出したから、こんなことに・・・人の人生なんだと思っているんですかと怒りをあらわにします。

 
 

甲斐は幸村の部屋に行き、最初から甲斐を顧問弁護士を外し蟹江を顧問にするつもりだったんですねと嫌味をいいに行きます。

オフィスに戻って甲斐はKAMIYAの安楽社長を先代の社長に紹介したのは実は自分で、マニファクチュアリングだけは方針を変えない約束だったのに先代が死んだ途端に約束を破った安楽への怒りをあらわにします。

 
 

そこで、幸村に呼び出しをされた大貴は代表室にいきました。

するとそこにはゲーム会社の藤ヶ谷CEOが顧問弁護士になってほしいとお願いをしにきました。

蟹江先生が顧問でアシスタントを大貴に頼む予定でした。

そのCEOと大貴の会話をヒントに甲斐はなにやら思いつきます。

 
 

会議中に甲斐と大貴は乱入し工場長を連れてきます。

取締役会の皆さん、筆頭株主の娘の代わりにこの会社に来ました。

この会社に会社買収のオファーが来ていて、(あの若手社長藤ヶ谷CEOの会社BPO)が買う予定です。

会社のマニファクチャリングを継ぐ人が社長になるべきということで工場長が社長にしますと株主の娘さんに報告します。

甲斐に顧問弁護士を変えたいと藤ヶ谷CEOが幸村のもとへ・・・耳をなめられたので気持ち悪かったとエピソードを交えて・・

 
 

大貴はプレゼン作成に協力してくれた聖澤真琴に食事の誘いをしますが断られます。

その聖澤真琴はオフィスの外で砂里に話しかけられます。

「鈴木大貴じゃなくて鈴木大介いますか?」砂里が探りを入れてきたのです。

 

次はどんな事件を解決するのか楽しみですね。

(4話に続く)

スポンサードリンク

スーツ(ドラマ)3話の感想

ちりさん(20代)
原作に近いストーリー

今日は特に面白かったです。鈴木先生の活躍でKAMIYAの新社長、ゲームクリエイターを甲斐先生の新しいクライアントに出来、しかも帰りには同じ車に鈴木先生が乗車したところが原作にすごく近いストーリーでした。suitsのシーズン初期を思い出しました。

このドラマ特有のちょっとピンチになるけど最後には逆転するところがスカッとします。

蟹江がキモいキモい言われすぎて不憫だけど確かにあのウザさは絶妙ですごいと思いました。

3話までみて思ったのは、シナリオも日本らしく上手く改編されていい感じになっており、設定の変更も不満はなく面白いと思います。

アヤさん(30代)
甲斐の解雇命令、でも諦めない戦いでした。

前回の話で大輔はようやく甲斐に認められたけど、今回の話の冒頭でまだまだ新人で駆け出しという感じな大輔は仕事に奮闘したい頑張り屋さんだと思いました。

また蟹江さんも今回は少し下ネタが入った台詞があって面白かったです。

大輔は妹から過去に司法試験の予備試験を替え玉受験をして、本試験には受けらず友達のビジネスで生活が一転していてその友達と縁を切ることを理由で弁護士の仕事をやるしかないと言うところは大輔の頑張る姿がかっこいいところだと思いました。

今回の話では甲斐が解雇命令をしてしまい甲斐の絶体絶命のピンチのところは不安に思いながら見てました。

みるくさん(30代)
スーツは新感覚のドラマです

フリーターが弁護士になりすますという新しい感覚のドラマなので 難しい話が苦手な私でも 家族で 笑いながら見ています。

主人公は お酒を飲んだ後会社に出社したり 弁護士さんとしては ありえないところが 面白いと思います。

彼なりのやり方で 若いゲーム会社の社長さん と仲良くなって仕事をもらってきたりと少しずつ成長していってるところも見どころです。

様々な妨害に合いながらも前向きに解決に向かうというところがドラマに引き込まれていきます。

だんだんに スーツや身につけるものが弁護士さんらしくなっていってるところも成長を感じます。

今回学生時代からの女友達に 他人になりすまして 弁護士をしていることがばれてしまうのですが いつまで他の人に 秘密を隠し続けられるか

と言うところも気になるところです。

「スーツ(ドラマ)」の4話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会する。

甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を得ることだった。

何故なら甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのだ。

同じころ、大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいた。

しかし大輔は、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまう。

あくる日、甲斐は、チカから『ナノファーマ』を助けるよう命じられる。

実は辛島はチカの元夫だった。

大輔は、2位の賞品として蟹江からボランティア案件を任せられる。

それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護だ。

友加里は、マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うという。

辛島は、立花理乃(中原果南)と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発した。

だが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていた。

甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案するが……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/SUITS/index.html




おわりに

今回はスーツ(ドラマ)の3話のネタバレあらすじをご紹介しました。

大輔は危ういところもありますが、弁護士として徐々に仕事を憶え成長しているのを感じますね。

甲斐にも意見を言えているようですし

いいパートナーになっていくのかな。

4話も楽しみです。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。