中学聖日記【3話】のねたばれあらすじ!10月23日放送・有村架純主演

2018年10月23日に有村架純さんが主演するドラマ『中学聖日記』の3話が放送されました。

 

中学生が人を好きになるまっすぐさに、見るたびに胸がぎゅーっとなってきます。

聖には晶を傷つけてほしくないけれど、やっぱり中学生と先生の恋は禁断ですよね。

3話でも周りがだんだん感づいてきて、不穏な空気が流れてしまいます。
 

ということで「中学聖日記」の3話のネタバレあらすじをみていきましょう!

スポンサードリンク

中学聖日記【3話】のねたばれあらすじ!

楽しくなりたい。聖ちゃんと・・・このころ僕はそればっかりで・・・

という黒岩の気持ちの回想シーンから始まります。

 
 

前回のおさらい

黒岩晶(岡田健史)は夜道を自転車で走行中に誤って転倒します。

末永聖(有村架純)が車で走っている途中で黒岩を見つけて、教師として責任からケガの手当てをしようと聖の部屋にあげます。

黒岩「どうしてそんなことしてくれるの?」と期待しながら聞いてきたので、このままではいけないと思い、「先生好きな人がいるの」と言うと遮るように黒岩がコンビニで何か買ってきますといって近くのコンビニに向かっていきました。

 
 

そこへ彼氏の川合勝太郎(町田啓太)が突然訪問します。

急に聖の顔がみたくなってきちゃったと言います。

聖の携帯電話が鳴る中、黒岩は物陰に隠れました。

 
 

電話は黒岩の母愛子からで、息子と連絡がとれたといいます。

聖は動揺しながら勝太郎に事情を説明するが、あまり深入りせず話を聞いてくれません。

 
 

「聖、会いたかった」とハグをする勝太郎ですが聖は複雑な気持ちです。

 
 

先ほどの聖の彼氏の訪問に落ち込む晶。

俺の入る余地0じゃん・・と感じます。

以前聖に「これ以上は迷惑だからやめて」と言われたことも思い出しへこみます。

そしてそれから聖に話しかけられるようにしても距離を取るようにしました。

 
 

翌朝、愛子(夏川結衣)黒岩の母は体育祭に途中早退した経緯を聞いてみるが、息子にはほっといてと言われてしまい、最近は息子の気持ちが全然つかめないので様子を見ることにします。

 
 

一方、勝太郎の上司の原口律(吉田羊)は恋人と別れた模様。

 
 

翌日、学校にて誰かがSNSに黒岩が聖にはちまきを渡したという書き込みがあります。

(はちまきは好きな人にあげるというジンクスがあるのです。)

 

その事実をしった岩崎るな(小野莉奈)がいきなり黒岩に告白します。

るな「黒岩は私とリア充すればいいと思う!聖のことを忘れて私とつきあって・・」

好きになってくれなくてもいいから、付き合ってほしいと懇願しました。

 
 

プールにて。

瞬く間に黒岩に恋人ができた=るなと付き合ったというと噂が広まり、なぜかホッとする聖でした。

 
 

先日の勝太郎と黒岩のニア鉢合わせの件について勝太郎は聖の黒岩君という声を聞こえないふりをしていたのでした。

会社の上司に一軒の経緯を話しているとこういうサイトがあるのよと、聖の学校のサイトを見せてくれます。

そして、今度たこパーティをしようと誘われます。

 
 

一方学校ではサイトにいろいろ書きこまれている聖に対し、塩谷三千代(夏木マリ)から質問されます。

「やましいことないよね?黒岩っ君と噂される事してないわよね?」とくぎを刺されます。

 

黒岩が学年で誰も答えられなかった問題に正解して数学が得意な事を知ります。

教室で黒岩君に聖が話しかけ、「希望の進学先決まらない?理数系に強い学校やモノづくりに強い学校もあるよ」と話す中、るなが割り込んできて「私が誘ったから勉強合宿行くって言ったのです」といいます。

 
 

ある日。聖は、大阪の勝太郎の家へ向かいました。そこには原口(吉田羊)がいた。

原口の失恋の傷を癒すため、タコパーティをしていました。

勝太郎は新婚旅行に行きたい旅行のパンフレットを家に取り寄せていてそれを知った聖は喜びます。

原口は浮気をされて別れたといい、やけ酒をしていました。

 

聖「相手って年下ですよね?」

原口「こっちの事情もおかましない」

聖「いつも勝手にわ~ってきて急にいなくなったと思ったらもう気持ちが読めない・・」

無意識に黒岩のことを語っていました。

 

黒岩の母愛子は仕事のトラブルがあり、パニック状態になり疲労困憊です。

息子に勉強合宿中に進路を決めなさいと言います。

将来は父さんみたいになろうかな・母さんは父親の事隠そうとして、といってまた親子喧嘩をしてしまいます。

 
 

そんな中、子星中では1日10時間勉強する3泊4日の勉強合宿が始まりバスで隣に座るなど、るなと黒岩はいちゃつきます。

順調に合宿は進み、夜になり、男子の部屋に女子が遊びにきます。

 

翌日、ランニング中にるなが号泣していました。

聖が話しかけると、黒岩がるなを振ったことが判明しました。

 

るな「先生と黒岩は何かあったんでしょ?」

聖「先生好きな人いるからそんなこと言われても困る、遠距離恋愛だけど、婚約者と信じあっている」

といいます。

 
 

一方大阪では勝太郎と原口は焼肉屋さんへ。

強い女のふりをしているんですね。と原口を理解したつもりの勝太郎。

代わりに自分をさらけ出して話したほうがいいよとアドバイスをうけます。

 
 

合宿中るなの友人・淳紀(西本まりん)にるなを泣かせたことを責められて黒岩は部屋に戻ります。

 

その後、晶はクラスメイト・海老原(川口和宥)に暴力をふるう事件を起こします。

「黒岩くんやめて!」聖は晶を必死に止めて「こんな騒ぎを起こして・・みんなに迷惑をかけて・・やる気がないなら帰りなさい」と叱責しました。

 
 

晶の母・愛子(夏川結衣)が仕事中に倒れたため黒岩は、一人帰ることになります…。

聖は駅までの帰りのバスの中、黒岩に殴った理由を問いますが何も答えません。

駅にて塩谷教頭から電話がきました。

実は殴られた海老原はSNSの書き込みやなりすましメールの犯人だった事が判明したので黒岩は問い詰めて怒って殴ったという経緯でした。

この殴ったことはケースクローズにしますという内容でした。

 
 

駅のベンチにて、黒岩から離婚した父からの手紙を見つけて母の愛子とケンカしたことも語りました。

聖は斎藤茂吉の短歌「みちのくの 母の命を一目(ひとめ)見ん 一目みんとぞ ただにいそげる」

(みちのくは東北地方のこと。東北の母が危篤で一目見たいと急ぐ様子を詠んだもの)

 
 

聖は、この意味が分かるならお母さんとあなたは2人は繋がっていると伝えた。

「どんなことがあっても私のためでも人を殴ってはだめだよ」と言います。

 
 

電車が閉まる瞬間、黒岩は聖を中に引き入れました。

電車の中で2人はてがふれますが聖はそのままにします。

黒岩が手をつなごうとしましたがやめました。

 
 

そのまま終点まで一緒に行き、迎えに来ている義父の上布(マキタスポーツ)の運転する車を見送りました。

 
 

愛子は過労からくる貧血で、無事でした。

昔はお母さんっこだった時の話を思い出したといい、一人にしないようにするから心配かけてごめんねといいます。

 
 

るなは学校で教頭先生が聖が終点まで送った不可解な行動を話しているのを聞いてしまいます。

退院した愛子にるなが告げ口をします。

「聖が黒岩をたぶらかして、みんないってます。あの女はおかしい!」と早口でまくし立てて興奮しながら言いました。

あ然とする愛子…。

 
 

聖は千鶴(友近)に本音を打ち明けました。

もうやめなよ、黒岩と出会ってから自分に嘘をついていると核心をつかれます。

 
 

「これでも必死で・・・黒岩君からありがとうって言われたらこんな私でも、何か価値があるんじゃないかって気づいたら、私も目で追っていて…どうかしている・・」

これ以上は進まない、と聖は決意しますが…

 
 

そのころ大阪のバーにて。勝太郎は聖の最近の様子が変わったことを気づかないフリをしてると語る勝太郎に原口の方からキスをしました。

今後の展開が楽しみです。

(3話に続く)

スポンサードリンク

中学聖日記の2話の感想

まいまいさん(20代)
もどかしい気持ち

生徒と教師の恋のもどかしい気持ちを繊細に描いた入り込む作品でした。聖の気持ちも分かり共感する部分や、この後どうなるんだろう、どういう道を選ぶんだろうとつい、考えてしまいました。

高校生ならではの元気なノリや繊細な気持ちも見ていて学生時代を思い出して良かったです。

これからの聖と晶はどうなるんだろうと思ったり、聖と勝太郎との関係もどうなるのか予想できなくて、早く次回の作品を見たい気持ちになりました。

高校生のピュアな気持ちを上手に演じていて作品に入り込むことができてとても楽しかったです。

次回も楽しみにしています。

りょんさん(30代)
黒岩くんに惚れたわたし。

黒岩くんが回を重ねるごとにかっこよく見えてきました。

全てが男前すぎです。惚れてしまいます。

聖ちゃんが惹かれるのも生徒だけど仕方ないです。

先生じゃなく普通の女子ならやられたら嬉しいことだらけだからです。

私はどんどん黒岩くんの魅力に惹かれて好きになりました。

ドラマを見る時、聖ちゃん目線になってドラマを楽しんでいる自分がいます。

感情移入して恋した気分になっています。

二人の関係が気になるところですが、3話ではその周りの人達にも結構動きがあったので次回が気になって1週間が長いです。

何だかんだやっぱり二人を応援したいと思っています。

まいまいさん(20代)
もどかしい気持ち

生徒と教師の恋のもどかしい気持ちを繊細に描いた入り込む作品でした。

聖の気持ちも分かり共感する部分や、この後どうなるんだろう、どういう道を選ぶんだろうとつい、考えてしまいました。

高校生ならではの元気なノリや繊細な気持ちも見ていて学生時代を思い出して良かったです。

これからの聖と晶はどうなるんだろうと思ったり、聖と勝太郎との関係もどうなるのか予想できなくて、早く次回の作品を見たい気持ちになりました。

高校生のピュアな気持ちを上手に演じていて作品に入り込むことができてとても楽しかったです。

次回も楽しみにしています。

中学聖日記の3話のあらすじ

勉強合宿で、晶(岡田健史)への特別な感情に気付いた聖(有村架純)。

彼女を心配する千鶴(友近)は、「生徒に本気になったら終わり」と諭す。

自分の想いは一時のものだと、聖は気持ちを新たに教師として晶に接する。

一方、諦めきれない晶は、「花火大会のあとに会いたい」と聖にメールをする。

そんな2人の関係を愛子(夏川結衣)が疑い始め…。

夏休みが始まり、つかの間の休日、聖はウェディング雑誌を読みながら挙式の準備を進める。

その頃、勝太郎(町田啓太)は原口(吉田羊)と二人きりで海外出張に出かけていた。

勝太郎は、聖に誰か他に惹かれている人がいないか、ハッキリさせるよう原口に迫られる。

そして花火大会の夜、見回りで会場へ来た聖は、晶の意外な姿を目撃する。

さらに、勝太郎と原口も会場に訪れ、波乱の夜が幕をあける…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/story/




おわりに

今回は「中学聖日記」の3話のネタバレあらすじをご紹介しました。

あー、聖も晶に気持ちが傾いているんだー。

辛い恋になるのに、止められないんですね。

どうなっていくんでしょうかね。

4話もぜったい見ないとですね。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。