獣になれない私たち3話のねたばれあらすじ!煮え切らない京谷にイラッ

こんにちは、ハナです。

2018年10月24日(水)に、ドラマ『獣になれない私たち』3話が放送されました。

 

前回は晶と京谷の馴れ初めにきゅんと来たんですが、現実の京谷がダメすぎですね。

やさしさってなんだろうって考えさせられます。

一方、晶と恒星は鐘の音を聞きに一緒に出掛けましたし、発展があるのかなと期待できました。

でもはっきりしない2人だし。

どちらもどうなっていくのでしょうか。

 

では3話のねたばれあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

獣になれない私たち3話のねたばれあらすじ!

“今年も宜しくお願いします”と恒星に札束を渡す男性に”たかが300万で粉飾決算に加担なんて、割りがあいませんよね”という恒星。

どうしようもありません、始めた以上‥仕方ない。お兄さんのために大変ですねという男性であった。

 
 

珍しく1人5tap(バー)で飲む京谷はマスター斉藤に愚痴る隣の女性2人組の話に耳を傾けていた。

どうやら恒星が5tapの一周年で声を掛けお持ち帰りした女性の1人だと言うのだ。

しかもそれには続きがあり最中に爆睡しまい翌朝に誰だかわかんないけど帰ってくんない?といい放ったというのだ。

ビールを吹き出す京谷。

 
 

そんな話が行われているとは知らず、入ってきた張本人の恒星はその女性の隣に座る。

恒星を睨みながら帰る二人組であった。

 
 

恒星と京谷は挨拶を交わし自宅に問題があるので晶の家へお泊まりすると言う。

そこへ残業で疲れた晶がやって来る。

京谷の自宅に問題があるの言葉に考え込む恒星に気まずくなり、そそくさと5tapを後にする2人。

 
 

帰り道、恒星の話をする京谷にお持ち帰りしちゃうような人だと晶は答える。

 
 

アパートに入った途端、後ろから抱きつく京谷。

朱里に来月までに出て行くようにと言ったら京谷の顔を見ると物を投げてきて手が負えないようだ。

京谷は晶がいないとストレスで死んじゃう と抱きしめるのであった。

 
 

5tapでマスターがさっきいた女性は1周年で恒星がお持ち帰りしたカノジョだったと伝えるが顔を覚えてない恒星。

最初は晶を誘ったと言うと好みなんじゃない?とマスターに聞かれ、好みではないけどなんでだろう?と考える恒星。

 
 

晶はよしよしと京谷の髪を寝ながら触る。京谷が腕枕をして晶が寄り添い眠る2人。

 
 

~オープニング~

 
 

会社の同僚筧が京谷と晶が同棲してない事に気付いていた。

本当は誰と住んでいるかと尋ねられ”座敷わらし”と答える京谷であった。

 
 

朱里は京谷の荷物を勝手に受け取り勝手に物色する。

 
 

職場にて上野は晶に話し掛けようとするがなかなか声を掛けれない‥

晶が隣に座るように言うと仕事の相談で一緒に考えて欲しいというのだ。

 

そして急に晶の写真を撮っていいか?に驚く晶。

その一部始終を見ていた松任谷がツーショットを撮ると僕を撮ってどうする?晶だけをスマホの待ち受けにしたいと語っていると九十九社長が『お前ら!』ビクッとする職場。

『仲いいな~!』自分の晶 昇進の判断は間違ってなかったと上機嫌である。

 
 

ラーメン屋店員三郎が札束に驚いていると、恒星の叔父がやって来る。

母(奈保子)は会社を手放した兄の行方がわからないでいたが東京で見掛けたという知人の話を聞き、兄(陽太)を探して欲しいと叔父に連絡したらしいが家族として兄の意思を尊重して探さないでいいと答える恒星であった。

 
 

呉羽のお店で九十九社長との戦闘に向けて新しい洋服を選ぶ晶。

面倒なやつだけど恒星を宜しく頼むよという呉羽。

最初は恒星をお持ち帰りした呉羽‥だったがある日この道ではないと思いそれが別れた理由という呉羽に難しくて理解できない晶であった。

 
 

そして彼氏の相談を呉羽にしてしまう晶。

 
 

家に帰ると料理を作って待っていてくれている京谷と一緒にご飯を食べていると京谷の携帯が鳴る。

母(千春)が京谷に送った荷物の中に晶の為にに送ったメッセージ入りのお酢がネットオークションで売り出しているらしい。

警察に相談しようかと言うがこっちで何とかすると言う京谷。

 
 

九十九社長へ呉羽のお店で選んだ戦闘服で今一度、業務分担を頼むが社長に捲し立てられ言いくるめられ、落ち込む晶に松任谷が慰めてくれる。

 
 

会社の帰り道、駅のホームで柱にしがみつき一気に電車に乗り込む晶を見かける恒星。

何気なく飛び込もうとした事があるかと尋ねるが否定される。

 

5tap1周年の時、何で話し掛けたんだろう?という恒星:好みじゃないし。

晶:それはどうも。

恒星:キモイと思ってたし。

晶:ありがとうございます。

と不思議な会話のまま、5tapへ到着。

 
 

一周年記念でヴィンテージビールを開けたが、2人共飲めなかったと言う。

次の周年までお預けだねとマスターに言われ、ハッとする恒星、周年に‥兄が“お前には関係ない”と言う言葉を思い出す恒星であった。

 
 

朱里の元へ話を聞きに行くとお酢はネットオークションで売れて手元にない。

そのかわりウサギを買ったようだ。

出て行くにしてもペット可の所にしなきゃね~と言う朱里であった。

 
 

5tapでお酢事件について介護に追われ、京谷の結婚を楽しみにしている千春になんて説明すればいいのか‥頭が痛い2人。

 
 

呉羽はマスターと恒星に2人の関係を話してしまう。

 

千春さんにいつまで嘘をつき続ければいいのか晶が尋ねると

京谷:別れたいの?

晶:その聞き方はズルい?

 

呉羽が参戦しにいく。

 

京谷が悪い二股みたいなもんだ!!という呉羽に京谷の責任感で強引に追い出せない事情が流れがある、お互いに今の状況がおかしいこともわかってると熱く語り、席を外す晶を追いかける京谷。

京谷:ごめんかばわせて。

だが、晶は「京谷にないがしろにされてる、本当は愛されてないってそう思っちゃうから認めたくない。」とうつむく。

 
 

京谷は”愛してるよ”というが晶には届かない。

“今日は帰って”と言い、5tapを後にする晶を

自分のせいだから”送って”という呉羽の頼みをきく恒星。

 
 

恒星:呉羽が反省している。代わりにごめんね。

晶:どいつもこいつも。謝ればいいと思うな!

と叫び、すいませんと我に帰る晶。

 

呉羽さんは正しい‥間違っているのは私達だという。

周りがどう言おうといいんじゃない?という恒星にちっともよくないという晶。

呉羽から送れという指令なので送るとという恒星。

 
 

兄の話をしだす恒星。

兄は優秀で両親の自慢で恒星は助けられる立場だったが一度だけ兄を助けられるチャンスがあったが、それで足を滑らせる事になった。

 

しかし、兄から感謝される事はなく お前には関係ない!と恨まれ、トンズラされた日に5tap1周年で明るくふるまい皆に好かれる晶を見掛け兄みたいだと思い、それでこの世で1番キライな奴に似てたから誘った。

そう言う恒星に晶は『ホントに最低』呆れた顔で私が断ったから事なきを得たという晶であった。

 

恒星:晶さん男見る目あるわ~。

 
 

一方タクシーで京谷を送る呉羽。

グダグダとどうすれば良かったんだという京谷。

恒星と晶の前に急に止まるタクシー。

タクシーが止まると呉羽が『ねぇ。』と京谷にキスをする。

『何?』と驚いていると呉羽『いいから』と強引にキスをする。

『よくない‥よくない』と京谷。

 
 

恒星:一応言っとくけど今はそんなに嫌いじゃないよ?

だが晶は「どっちでもいい。ただの客同士だし」と言い呉羽の看板前で別れる2人だった。

(4話に続く)

スポンサードリンク

『獣になれない私たち』3話をご覧になった方の感想

ではここでは、『獣になれない私たち』3話を実際にご覧になった方の感想をご紹介します。

ノッポちゃんさん(50代)
晶の会社での扱いが酷すぎて、社長のまくし立てる口調が見ていて辛くなります。

早く仕事の分担をしてあげてほしい。

仕事を辞める訳にいかないのだから、ストレス溜まりそう。

京谷がずるいと思う、元彼女にも責任があるからといっても4年も別れた彼女と同じ屋根の下に居るなんて考えられない。

今彼女の晶が可愛そうでならない。

京谷の状況を知らない母は晶に元気が出るからと送った物があるのに、それを元彼女の同居人は勝手に開けてネットオークションに出すという、酷い事をした。

ネットオークションに出された母は晶を心配する。

京谷は母にも晶にも酷い事をしている。

男なら大切な2人を流さないでほしい。

この事で晶と根本は距離が縮まり、今後の2人に目が離せないと思いました。

まめこさん(40代)
第3話では、前回の謎が少しずつ分かってきて、多少スッキリする内容ではありました。

前回の300万の謎は、1年前兄の会社を助けるためにした粉飾決算を、今年もやって欲しいというのが真相でした。

このせいで兄は失踪し母からは恨まれることになり、恒星は今も辛い立場にいるようです。

ベロベロに酔ったり適当に女性を持ち帰りしていたのは、このことも関係があったみたいです。

京谷の煮え切らなさと、呉羽の野性的で感情優先なところは対照的だなと感じてはいましたが、まさか最後にあんなことが起こるとは、やはり呉羽は恐るべしでしたね。

あんなに親身になって聞いてくれていたのに、想像を遥かに越えてきました。

女性の立場から見ると、呉羽は完全に敵です。

晶は今まで呉羽に憧れていましたが、これを知ったら、どう思うのか?

この辺も気になります。

その辺りも含めて、次回注目して見たいと思います。

グリーンリンクさん(40代)
自分の心の許容範囲がどれくらいかも分からずに、相手に気を使いすぎて何でも理解しようとして、許して、受け入れてばかりを続けていたら、いつの間にか自分の許容オーバーに気付かず、心も身体も傷だらけになってしまい壊れてしまうだろうな。

などと思いながら見ていました。

今時の男子は草食系と言われて久しいですが、それに飽き飽きした女子は逆に親父化しているなどという話も聞いた事があります。全ての人がそうだとは思いませんが、思った様に行動する呉羽やある意味居座る朱里も行動力があるなと思い、晶も周りを気にせず行動してみればいいのに、と気を揉んでしまいます。

とにかく仕事も恋もオーバーヒートしない様に祈りつつ見たいと思います。まぁ恋の方はオーバーヒートさせるぐらいで丁度良いかとも思いますが。

獣になれない私たちの4話のあらすじ

5tapに集まった恒星(松田龍平)、呉羽(菊地凛子)、マスターのタクラマカン斎藤(松尾貴史)が見守る中、一向に解決しない「4年も言えに居座り続ける元カノ・朱里(黒木華)」のことで言い合いになった晶(新垣結衣)と京谷(田中圭)。

京谷を見せに残して帰った晶は、あとで「今日はごめん」とスマホにメッセージを送るも、まったく既読にならない。

次の日、会社では部下の筧(吉村界人)が、京谷が二日酔いのうえ、シャツとネクタイが昨日から変わっていないことを指摘する。

はぐらかす京谷だが、スマホをなくしたことに気付き焦って色々な場所を探し回っていた。

一方、5tapに立ち寄った晶は、京谷がスマホをなくしており、それを昨日タクシーで一緒に帰った呉羽がもっていることを知る。

申し訳なさそうに、スマホを京谷の代わりに受け取りにいこうとする晶を見て、その場にいた恒星はイヤな予感がしていた。

そして呉羽から昨晩起きた衝撃の事実をきいた晶は、パニックのまま恒星の事務所にかけ込んできて…!

引用元:https://www.ntv.co.jp/kemonare/story/




おわりに

今回は「獣になれない私たち」3話のネタバレあらすじをご紹介しました。

 

京谷と朱里の関係に違和感をもって見てしまいます。

晶もすっぱりわかれればいいのに、優しいからそれができないんですよね。

晶には幸せになってほしいな!

では4話もたのしみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。