リーガルV3話のネタバレあらすじ!【10月25日放送】

2018年10月25日(木)に、米倉涼子さん主演のドラマ『リーガルV』の3話が放送されました。

 

今回はのゲストは桐山漣さん。

妻の命を奪ったと怪しまれ弁護することになった京極法律事務所。

どんなふうに華麗に解決していくのでしょうか。

 

では早速ねたばれあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

リーガルV3話のネタバレあらすじ!

京極法律事務所の面々は、親睦を深めるため、社員旅行で、御岳山のキャンプ場にやってきます。

キャンプ場でヤメ検弁護士 大鷹に出くわします。

 
 

2ヶ月前、このキャンプ場の川で女性の撲殺体が見つかります。

遺体を確認した夫 浅野洋平が泣き崩れるニュースが流れ、世間の同情をかった浅野ですが、その後、事件当日に被害女性と一緒に現場にいたことが判明したばかりか、浅野には愛人がおり、妻に多額の生命保険を掛けていたことまで発覚します。

浅野は世間から“女の敵”と袋叩きにされ、殺人容疑で逮捕されたのです。

 

しかも、ただでさえ情状酌量の余地がないというのに、浅野はなんと「自分は先に帰り、犯行時刻には愛人と会うために新宿にいた」と、無罪を主張しているというのです。

 

大鷹はそんな無謀ともいえる、浅野の弁護を引き受けたのだといいます。

 
 

話を聞いた翔子は、裁判で勝った場合は「京極法律事務所」の手柄だと大々的に宣伝するという条件で、調査協力を約束します。

 
 

さっそく事務所のメンバーに、事件当日の目撃証言を洗い直させます。

 

浅野は事件当日、赤いパーカーを着ていました。

京極法律事務所の面々は、目撃者に赤いパーカーを着た自分達の写真を見せ、目撃証言の聞き込みをします。

 

すると、浅野ではない写真を見せているにも関わらず、赤いパーカーを着てるというだけで、この人が犯人で間違いない、と目撃証言はいい加減なものでした。

 
 

一方、肝心の浅野はというと、態度も記憶もいい加減です。

どの供述も嘘としか思えないほど、まったく裏付けを取ることができません。

 
 

そんな中、浅野がやっと無実証明のカギとなりそうなことを思い出します。

新宿で高校時代の美術教師・蟹江光晴夫妻を見かけ、会釈したというのです。

 
 

翔子と大鷹はすぐさま、蟹江夫妻が暮らす静岡へ行きます。

だが、蟹江も妻の光代も新宿へは行っていないというのです。

 

アリバイ証言ゼロの状態に、大鷹は頭を抱えます。

 

しかも、裁判の主任検事は、片山検事で、判事は片山とズブズブの仲の榎本判事だというのです。

二人は、Felix&Temma法律事務所の天馬とも懇意にしているようです。

 
 

そんな中で迎えた公判の日、検事側と弁護側、どちらの証拠映像にも赤いパーカーを着た人物は映っていますが、浅野の顔までは、はっきりとは映っておらず、裁判は平行線を辿ります。

 

そんな中、浅野は、

『蟹江先生に会った。キレイな若い奥さんと一緒だった』

と供述します。

 
 

翔子は、この供述に引っかかりを感じます。

 
 

翔子と大鷹は再び、静岡の蟹江に会いに行きます。

家を訪ねると、蟹江は留守でおらず、妻の光代だけでした。

 

その頃、蟹江の跡をつけていた、京極法律事務所の馬場は、蟹江と同じ学校の若い女教師 杉田がラブホに入っていく瞬間を目撃し、翔子にメールします。

 

翔子は駆けつけ、ラブホから出てきた蟹江と杉田の前に現れます。

『嘘をついていたのはこっちか』

という翔子に、蟹江と杉田は生徒の見回りだと言って、去ってしまいます。

 
 

京極法律事務所の面々は、事件現場で犯行時刻の4時半に、浅野の顔がはっきりと写っている画像がネットに投稿されているのを発見します。

写真に違和感を覚えた大鷹は、ネットの投稿者の真壁修一を調べます。

 

翔子は、蟹江と一緒にラブホから出てきた杉田を訪ね、話をします。

蟹江は、別の女教師 吉沢にも手を出していました。

夫の不倫に蟹江の妻も気づいているようです。

 
 

大鷹は、Felix&Temma法律事務所の天馬に呼ばれ、うちに来ないかと引き抜きの話を持ちかけられます。

 
 

公判当日

大鷹の姿が現れず、翔子は青島に弁護を代わるように言います。

と、そこへ、ギリギリまで証拠集めをしていた大鷹が現れました。

 
 

弁護側証人尋問

ネットの写真の投稿者 真壁修一を尋問し、影の長さから、専門家の調査の結果、写真は時計の時間が修正されたものだとわかります。

しかし、証拠集めがギリギリになった大鷹に証拠申請する時間はなく、証拠として認めてもらえません。

 

さらに、真壁は、シロクマの店で、浅野と同じ赤いパーカーと黒いズボン、白いスニーカーを購入したことが判明します。

白いスニーカーのサイズは浅野が28センチ 真壁は26センチです。

駅前にいたのは、足のサイズが26センチの人物、つまり、真壁なのではないかと推測されます。

そんなことをした動機は、真壁が真犯人だからではないかと迫る、大鷹に、片山検事が異議を唱え、榎本判事が異議を認めます。

 
 

検察側証人尋問

証人に蟹江が現れます。

蟹江は、新宿には行っておらず、裏山で絵を描いていたと証言します。

 

蟹江の証言中に翔子がクシャミをし、翔子の視線の先には、蟹江の妻の光代と教師の杉田が、いました。

二人は、蟹江が教師の杉田と吉沢と二股をかけていたことを知っていると言い、正直に真実を証言するよう言い残し、退廷します。

 
 

弁護側反対尋問

蟹江は自分が新宿にいたことを白状し、4時に新宿で浅野を見たと証言します。

浅野は犯行時刻に犯行現場にいなかったことが証明されます。

 
 

大鷹はマスコミに囲まれ、記者会見をします。

真犯人は、写真を修正した真壁修一でした。

真壁は逮捕され、記者の一人が大鷹弁護士のお手柄ですねと言うと、大鷹は、ある法律事務所のお陰だと言いますが、事務所名をなかなか切り出せません。

 

その時、大鷹の娘が現れ、感動の再会をします。

 
 

大鷹は、裁判手柄を自分のものにし、Felix&Temma法律事務所にウキウキで行きますが、天馬から見捨てられてしまいます。

 

検事の片山も裁判の失態を記事にされ、

有罪ありきで冤罪を招いた片山検事

と書かれ、天馬から見放されます。

 

行き場を失った大鷹は、京極法律事務所に入ることになり、みんなでお祝いの盃を交わします。

(4話に続く)

スポンサードリンク

『リーガルV』3話を見た方の感想

けいさん(30代)
今回も事務所のメンバーそれぞれが活躍して最後にはスカッとした気持ちになりました。

事務所のメンバーのなかでは教授(高橋英樹さん)が結構気になる存在です。

いつも周りの細かいところに気づいて事件解決につながっていて、さすがの貫禄!と思っています。

また、米倉涼子さんのファッションが本人にとても似合っていて、毎回ステキだなと思っています。

安達祐実さんも相変わらずおキレイです。

そんなみなさんが集まったときの事務所でのやりとりがテンポが良くて毎回楽しみにしています。

今回は対立する事務所の向井理さんがあまり出ていなかったので残念でした。

来週はもう少し観られるとうれしいです。

次回も力を合わせて乗り越えて欲しいです!

豆子さん(50代)
今回も小鳥遊翔子の証拠集めが、容疑者無罪に繋がったと思います。

第3話は浮気ばかりが目立ってしまったようですが、それを隠したことで事件の真相が見えにくくなっていったのだと思います。

容疑が掛けられていた夫の浮気相手も証人になっていました。

こういった事件が起こると、たとえ表沙汰にできないような関係の人も出廷しなければなりません。

今回はもしかしたら妻も浮気をしていて、それでなおさら夫の無罪を証明することが難しくなってしまったのかもしれないと思いました。

インターネット上に写真をアップした男性の素性が良く分かりませんでしたが、その辺をもう少しドラマの中で知ることができれば良かったと思います。

毎回、いろいろな列車が登場します。

これも今回のリーガルVの見どころの一つなのかもしれません。

まりりんさん(50代)
今回の「犯人を見た」という証言を検証すると、実は人間というのは一番印象に残る服装などで人を判断し、案外顔には注目していないものだということが、明らかになっていましたが、実際の事件でも、きっと同じようなことがあるのだろうと思います。

誰かのために証言するのは、責任を伴うし、もしかすると自分も巻き込まれるかもしれないという不安も生むことでしょう。

でも、人として自分を守るための虚偽は、やはりあってはならないと思います。教師ならなおさらです。

また、検事と判事の癒着があれば、冤罪事件なんて簡単に作れてしまうのかもしれないと思いました。

だからこそ、現在の法廷のような陪審員制度が必要なのでしょう。

弁護士も足を違ってくる捜査すると聞きますが、今回の大鷹弁護士や小鳥遊翔子を見ていて、自分の足で探すことが、第一なのだと改めて思いました。

いやな奴に見える大鷹弁護士も、実はかなりいい奴だということもだんだんわかってきました。

えみさん(30代)
とにかく、面白くて、毎週かなり楽しみにして、見ています。

いつも、奇想天外な捜査方法や奇想天外な結末・・とても弁護士事務所がする方法と思えない方法で調査を進める・・いつも立証するのは、どう考えても難しいという絶体絶命に追い込まれる・・からのまさかの出来事!!に思わず、いつも面白くて笑ってしまいます。

毎回、大手のやり手弁護士事務所との対決が気になります。この大手事務所との小鳥遊翔子との関わりや、過去などが、少しずつ明らかになっていく・・?

まだ、リーガルVを見たことない方には、ぜひぜひ、騙されたと思って1回見て欲しいと思います。

絶対に、はまること間違いなしだと思います。

今後もリーガルVが、話題で、熱くて、目が話せません。

リーガルV4話のあらすじ

入院先の病院で深夜、「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。その遺産は200億円! 

峰島会長は妻と離婚し、遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する…という方向で話は落ち着こうとしていた。

ところが斎場に突如、遺族も見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れたことで、状況は一変する。

昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、自分は峰島会長の妻で、遺産相続の権利があると主張! 

なんでも玲奈によれば、峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したのだという。

 法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て! 

峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。

一歩も譲らない構えで、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる「京極法律事務所」に弁護を依頼するが…。

 やがて裁判の日がやってきた! 

玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。

ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷! 

さらに、なかったはずの遺言書が存在することも露見し…!? 

最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなにも金を欲しがるのか、疑問に思い始める翔子。

一方、原告側を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属するエリート弁護士・海崎勇人(向井理)は、秘密裏に怪しい動きを見せ…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/story/0004/




おわりに

今回は「リーガルV」3話のネタバレあらすじをご紹介しました。

 

外野からワイワイ言っていたヤメ検弁護士の大鷹が、京極事務所の力を借りて弁護に成功し、結局は京極事務所に入所。

これからはこき使われそうですね。

楽しみ楽しみ。

4話も待ち遠しいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。