僕とシッポと神楽坂【3話】のネタバレあらすじ!10月26日・相葉雅紀主演

2018年10月26日(金)に、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の3話が放送されました。

 

3話ではゲスト出演の加賀まりこさんが演じる女性とペットの猫・カナメの話。

前回の「虹の話」が出てきたり、病院の創業者である徳丸先生が出てきたりと、今回も心温まるストーリーでした。

コオ先生、どうかかわってくるのでしょうか。

スポンサードリンク

僕とシッポと神楽坂【3話】のネタバレあらすじ!

達也は荒い息遣いをしつつもジョキングをしている時、神主が出現しました。

神社には千津(加賀まりこ)が参拝しており、達也と千津は再会。

 

達也「しっかりご飯食べるようになったら太ったためジョキングをしている」

千津「太ったのは親孝行」

達也「そろそろカナメちゃんに会わせてください」

と、達也と千津は談笑しました。

 
 

(高円寺家)

ジョキングから家に帰宅した達也は疲れて大文字へとなった後、まめ福、すず芽、貴子と共に朝ご飯を食べました。

貴子にダイエット中にも関わらず朝飯を食べていいかと聞かれた達也は「これから仕事だから」と話しました。

 

まめ福が同棲していた彼氏と別れたと話しました。

達也は、まめ福に彼氏や子供がいたことを知らなかったので驚きました。

するとまめ福は「この色気、大人の恋を経験していないと出ないだろう」と言い出しました。

 

まめ福の子供の写真を見た達也は、ジャックラッセルテリア(という犬種)であることに気づきましたが、まめ福はすすり泣き。

そして、貴子に「今日あれじゃない」と言われた達也は何かを思い出しました。

 
 

(かぐら坂ひまわり館)

達也は町内会の集まりに顔を出しました。

神楽坂二丁目の工事があっていて、特に坂の上動物病院さんやかなめ屋さんの地域は再開発業者が狙っている、安易に売買の勧誘に乗らないようにと町内会長にくぎを刺されました。

この会合にかなめ屋さんは欠席していました。

 
 

(病院)

トキワが病院に入ると、物音が聞こえたため、中を見てみると徳丸先生がいました。

徳丸のことを泥棒だと思い込んだトキワは騒いでしまいました。

そこに達也は出勤してきて、「コオ先生!泥棒!警察!」とトキワに言われ、泥棒らしき人物(徳丸先生)を見て「徳丸先生?!」と驚きました。

徳丸はトキワに名乗りました。

 
 

事情を知ったトキワは徳丸に謝罪。

「黙って入り込んだわしも悪い」と徳丸先生は許しました。

 

達也「徳丸先生はすごい獣医師で、30年も前に南米調査隊に参加していた」

「南米?」とトキワの表情が強張りました。

 

トキワの旦那も医師で南米への飛行機に乗ったまま消息を絶ったことを達也は思い出したため、「急にどうしたんですか?」と話題を変えました。

徳丸は「達也が心配でやってきた」と話しました。

 
 

徳丸はトキワの作った弁当を食べていました。

トキワは「南米とはどんなところですか?」と聞いたのに対し、徳丸は「暑い。危ない。でも飽きないの3Aだ。」と話しました。

「ああ、うまい」と徳丸は弁当を賞賛。

 

そこへすず芽が、ポークピカタ季節の野菜添えすず芽スペシャル弁当を持ってきました。

すず芽「相変わらず茶色っぽいお弁当」

トキワ「お弁当は色ではなく、味で勝負」

すず芽の作った弁当を徳丸は食べました。

 

トキワやすず芽に「どっちがおいしい?」と聞かれた徳丸は「引き分け」だと答えました。

 

トキワやすず芽が帰った後、徳丸は「ピチピチの芸者と熟れた動物看護師どっちがいいんだ?」と達也に聞きました。

徳丸「亀の甲より年の功。どっちがお似合いか分かる」

達也「すず芽は妹で、トキワは同僚。それにトキワには子供がいる」

すると大地が「呼んだ?」と顔を出してきました。

 
 

(外)

千津がカナメ(猫)の行方を捜している場面にトキワが遭遇しました。

 

宅配便が来たらカナメが急に飛び出してから10分経っているとのこと。

トキワは「飼い主さんの声が聞こえたら安心して出てくる」と千津に話しました。

 

千津は「カナメ」と呼びかけ、千津もトキワも探した結果、カナメを発見しました。

カナメは千津のところに戻りました。

 

トキワ「室内飼いの子は野良猫なんかに追いかけられない限り、隅っこでじっとしている場合が多い」

千津「本当にお世話かけました。」

と千津は頭を下げました。

 
 

(千津の家)

千津は、トキワが達也のところで働いていることを知りました。

昔から達也のことを知っている千津は、小学校に入っても達也はおねしょが治らなかったことを教えました。

トキワは大地の話をしました。

 
 

(病院)

徳丸「大地の親父は?」

達也「僕らと同じ獣医師だそうです。でも…」

 
 

(千津の家)

トキワ「(旦那が)行方不明になって7年になります。南米で珍しい動物をたくさん見てくるって飛行機に乗って行って。それっきり。」

千津「苦労なさったのね」

トキワ「苦労だなんて。大地は毎日はしゃいでいます。」

 

千津はお礼として扇子をトキワにあげました。

 

扇子の下の部分は要と呼ぶことにトキワは気づきました。

千津「扇子を束ねているとっても大切なもの。私の旦那は扇子職人だった。私が絵を描いて、あの人が扇子にしていた。でも3年前、交通事故で亡くなってしまった。旦那の葬式の帰りに、カナメを拾った。私の家族はカナメだけ」

その時、千津の家に電話がかかったが、千津は出ませんでした。

 
 

留守電として「大沢エステートの村川です。先日お伺いした土地ですが、大変有利な条件で購入するのでご検討を」というメッセージを聞いたトキワは「この家、売るのですか?」と聞いたのに対し、千津は「本当は死ぬまでここにいたい」と答えました。

千津の家を出て歩いているトキワを大地はダイキチを連れて、「お母さん」と呼んで追いかけました。

「午後の診察が始まっている」と大地が教えたことで、トキワは急いで病院に行きました。

 
 

(病院)

達也と徳丸は動物の診察を行いました。

トキワは遅れたことを謝罪し、「通りがかりに猫が逃げてしまった人がいて。猫は見つかった」と話しました。

 

達也「徳丸先生がいたから大丈夫だった」

徳丸「人使いが荒い。疲れた。早く代われ」

トキワ「その飼い主は昔から先生のことを知っており、扇を作っている」

達也「千津さんですか」

徳丸先生は、トキワが千津にもらったという扇を見つめていました。

 
 

(千津の家)

千津は階段を上る足を止め、荒い息遣いをしてしまいました。

 
 

(病院)

達也「(千津の家に)小さい頃よく遊びに行っていた」

トキワ「おねしょもう直りましたよね?」

トキワがおねしょの事情のことを知っていることで、達也は驚きました。

 

トキワ「千津さん、今はカナメちゃんだけが家族だからって、先のことをすごく心配していた」

達也「家族だからカナメちゃんを残して先に逝くことになったら、と思っている」

トキワ「面倒見てくれる人が決まってなければ不安ですよね」

達也「そういう悩み抱えてる飼い主が最近多いみたい。僕たちにできるのはシッポの健康を守ることくらい。」

トキワ「今度往診しない?ここまで来ることができないお年寄りのために」

 

達也はその提案に同意しました。

達也とトキワの会話を徳丸は聞いていました。

 
 

(街のベンチ)

達也は名倉と話していました。

名倉「神楽坂は人気のエリアだから売りたくなくても相続税を払えなくて家を売る人がいる。病院だってやばい」

達也「売りたくないって言えば大丈夫」

名倉「徳丸先生死んだらどうする。お前の家も危ない」

達也「うちは大丈夫。母さんすんげえ元気。でもそういうことも考えないといけない」

名倉「それが大人になるってことさ」

と名倉に元カノから連絡が来ているのを名倉は確認しました。

 

名倉「別れたのになんだかんだで俺に未練だな」

達也「いつからそんな大人になったんだ」

名倉「お前だって好きな女の一人や二人いるんだろ」

達也「今だって仕事でいっぱいいっぱいで、その前は仕事を覚えるのにいっぱいだったから。みんな僕の知らない間に大人になっている」

名倉「お前はなシッポのある生き物を相手にしすぎ。少しは人間の女を相手にしな」

 
 

(病院)

徳丸先生が診察した結果、猫のタマは軽い熱中症であることが判明し、飼い主は安心しました。

飼い主「まさか徳丸先生がいるとは」

徳丸「ここの評判は?」

飼い主「いい。最初はちょっと頼りないかと思ったけど腕はいいし、優しいし、何より一生懸命。それにイケメン」

それを聞いた徳丸は安心しました。

 
 

(千津の家)

徳丸先生は千津に会いに行きました。

カナメの様子を見た徳丸は「念のため一度病院で診てもらった方がいい」と話したのに対し、千津は「近いうちに行こう」とカナメに言いました。

 

千津がお茶を入れている間、徳丸は老人ホームのパンフレットに気づいてしまいました。

徳丸「ここを出て行くのか?」

千津「このままだと私一人で。誰にも迷惑をかけたくない。」

徳丸「この家は再開発業者が狙ってるらしい」

千津「このまま住んでくれる人に買ってほしい。この街が変わっていくのは嫌」

徳丸「病院あのままの形で残したかった」

千津「先生はいい跡継ぎが見つかった」

徳丸「あいつなかなかいいんだ」

千津は苦しみ出して倒れてしまいました。

 
 

(病院)

千津は病院に搬送され、病室で目が覚めました。

千津「まだ私は生きてる?」

徳丸「軽い不整脈だった。すぐに良くなる」

千津「夢を見ていた。あの人と扇を作ってた。死ぬのは怖くないけど、一つだけどうしてもあの子のことが気になる。」

徳丸先生は「大丈夫」

 
 

(病院)

堀川の協力により、達也とトキワはカナメの飼い主を募集するチラシを完成させていました。

堀川は「この病院ってここまでやるんですか?」と驚きました。

 
 

(病室)

トキワはチラシの出来を千津に見せてもらいました。

トキワ「本当にカナメちゃん手を放していいんですか」

千津「うん。不動産屋から連絡があって、家を買いたいっていう夫婦がいるそうで、あとはカナメの新しい飼い主さえ見つかったら」

徳丸「優しい人だといいね」

 
 

(街)

トキワ、堀川、徳丸はチラシを街のあちこちに貼って行きました。

徳丸は「あんたの旦那様も見つかるといいね」とトキワに言いました。

トキワ「本当は自分で探したいけど、待ってる限りは生きてるような気がしてて。私は諦めが悪いから。暑いところで楽しく生きているのかな」

大地はダイキチを連れて、トキワと徳丸のいるところに行き、「ファミレスに寄っていい?」と聞いたのに対し、トキワは「千津さんに教えて貰った煮っ転がしが残っている」と話しました。

 
 

(千津の家)

不動産屋により、吉岡と吉岡の妻は千津の家の下見をしていました。

「希望通りですぐに手付金を払う」という吉岡に対し、千津の顔は曇っていました。

 
 

(高円寺家)

千津は仕事を辞めて老人ホームに入るのだという貴子の話により、達也は千津が家を売ったことを知りました。

貴子「神楽坂を支えてくれた人がまた一人いなくなる」

 
 

(神社)

不動産屋さんは「かなめ屋さんを裏切るわけにはいかない。どうしましょう」と神社に参拝していました。

神主は首を横に振りました。

達也の元に神主から「狙われてる」という電話がかかりました。

 
 

(病院)

名倉は「99.9%嘘。夫婦が千津の家を買うのは。吉岡はマンション開発業者の大沢エステートの子会社に働いており、買い取って名義を変えて、家を取り壊してマンションにしても法的には何も問題はない」と話し、トキワは衝撃を受けました。

 
 

(千津の家)

徳丸とトキワは千津の家に行きました。

千津は吉岡夫婦に売っていませんでした。

千津「ペットの老人ホームはお金がかかる。私がこんな風だからカナメまで元気なくして、ご飯を食べてもらえない」

徳丸先生はカナメを見つけるなり、トキワに「背中をつまんで離してごらん」と指示を出しました。

その結果、徳丸は「すぐうちに連れて行こうか」と判断しました。

 
 

(病院)

カナメを診察した結果、肝臓の腫瘍であることが判明しました。

かなり危険な状態で、少し出血をしてしまう可能性があります。

徳丸は「お前だったら(手術)できるだろう」と達也に話しました。

 

達也は千津にカナメの手術に関する話をしました。

千津「そんな辛い思いさせるの嫌です」

達也「カナメちゃんはまだ若い。手術をして腫瘍を摘出すれば10年だって生きられる可能性がある」

千津「そんなに?」

達也「虹の橋って知っていますか?この世を去った動物たちが行く場所で、そこにはもう病気も老いもなく元気で過ごします。飼い主はそこで別れたシッポにもう一度出会うことができて、そしたらもう永遠に離れることはなく、天国に向かって一緒に虹の橋を渡っていきます」

千津「私が先に逝っちゃったら?」

達也「その時は虹の橋まで迎えに行ってあげてください」

千津「先生、優しいんだね。カナメのことを助けてやって。お願いします」

 

達也は千津の手を握って「千津さんの気持ちは受け取りました。頑張ります。」と笑顔で言いました。

 
 

達也、トキワ、堀川、徳丸はカナメの手術を行った結果、無事成功しました。

「先生、ありがとう」と千津は頭を下げ、「カナメ、良かったね」とカナメを撫でていました。

徳丸は「カナメのことはわしに任せてくれないか。住んでるところに飼い主をなくした動物の家を作ろうって考えてる。飼い主がいなくても動物たちが最後まで幸せに暮らせる場所にするつもり。カナメのことは心配しなくていい、最後まで面倒を見る。だから千津は1日でも長く元気でいろ」と千津に話しました。

 
 

(千津の家)

千津は家の中を整理していました。

夫の仏壇に向かって千津は「あなた、この家も見納めよ。毎日よく喋ったね、よく笑いあったね。楽しい毎日でした。」と言いました。

それから畳の上にいるカナメに千津は「いい子にして可愛がってもらうのよ、カナメ」と話しかけました。

「お母さん、くたびれちゃった、カナメ」と千津は横になり、「虹の橋に行ったらお母さんんことを探してくれる?私もカナメのことを探すからね」と言いました。

 

徳丸とトキワが千津の家のチャイムを鳴っても千津が出てこないため、嫌な予感がした徳丸は急いで中に入ると、死んでいる千津をカナメが見つめるという情況に遭遇してしまいました。

徳丸は思わず崩れ落ちました。

千津は一人ぽっちではなく、カナメがいたのだと徳丸は感じました。

徳丸からの連絡により、達也は千津が死去したことを知りました。

 
 

(街)

達也とトキワはたい焼きを食べていました。

千津の家は大沢エステートにより、再開発されることを知る羽目になりました。

一方、大沢家も再開発の対象とされていました。

 
 

(病院)

達也は徳丸からのメールで、カナメと過ごしているということを知りました。

トキワは「千津さんもきっと天国で安心できる」と言いました。

達也は徳丸からのメールを最後まで読むと「お前には熟れた動物看護師がお似合いだ」という一文を見つけたため、すぐ携帯電話を隠しました。

トキワは「何か隠したでしょ」と追及するのに対し、達也は「隠していない」と主張していました。

(4話に続く)

スポンサードリンク

僕とシッポと神楽坂3話の感想

ここでは、僕とシッポと神楽坂の3話の感想をご紹介します。

ユカリンさん(50代)
高円寺先生の動物を思いやる優しさや神楽坂での出来事。古い街並みがホンワカします。

猫や犬が度々登場するのでストレス社会の日々。癒されますねぇ〜。

相葉雅紀さんは本当に動物が好きなんでしょうね。

獣医師という役がぴったりです。

優しくて愛があってこんな獣医師いたら良いですよね。

古い街並みの神楽坂。

昔から住む街で最後まで生きたいという思い。

古い街並みを大切にして自分の家で最後まで生きていきたいと思うのは当たり前だけど、後継が居ないなど自分の生きる場所もだけど、家族同然のペットの問題もある。

自分が亡き後のペットの行く末など自分にも当てはまりそうなもんだいです。

神楽坂って知りませんがいい街。

人情味の溢れる素敵な町ですね。

入院中に原作の漫画見た事ありますが、相葉さんの高円寺先生はピッタリです。

あかりさん(20代)
動物の命は人間よりも短いということで、飼い主よりも動物の方が先に亡くなるというイメージを持っていたのですが、時は飼い主の方が先に亡くなるというケースもあるのだと思い知らされた。

飼い主の方が先に亡くなった場合、動物の居場所は失ってしまうという問題はドラマだけでの話ではなく、現代社会でも問題になっていることではないかと思った。

達也や徳丸ら獣医師は動物の診察を行い、動物の病気と向き合って行くだけではなく、飼い主と動物の間の関係までも考慮しているというストーリー展開が非常に良いものではないかと感じる。

飼い主と動物の間の関係は第三者が首を突っ込むことは難しいことだと感じるのだが、獣医師であれば首を突っ込むことは可能だと感じさせられた。

達也はそのようなことができるから、坂の上動物病院の評判が良いということになっているのだと思った。

ちこさん(30代)
このドラマは本当に優しい気持ちにさせてくれます。

私はペットを買ったことがないのでペットとの別れを経験したことがないのですが、コウ先生のお話はとても未来に希望がもてます。もし、ペットを買うことになったらコウ先生のような獣医さんに見てもらいたいなと思いました。

個人的にはトキワさんとすずめちゃんの会話が可愛くってとても好きです。

すずめちゃんとコウ先生お似合いだと思うのでうまく行ったらいいなと思います。

猫ちゃんやワンちゃんの演技もとても上手なので驚いていると同時にとても癒やされています。

尼神インターの渚も最初はどうかな〜と思っていましたが、今はドラマにいい味を加えてくれていると感じています。

次週もとても楽しみです。

ぴよちゃんさん(30代)
3話は飼い主とペットの絆を感じた感動する回だと思いました。

千津さんが老い先短くてペットのかなめを1匹残してしまうと考えると心配になるという気持ちが分かります。

本当はかなめとずっといたいのに新しい飼い主を見つけようとしたのもかなめの為だと思います。

千津さんは生きている間に徳丸先生がずっとかなめの世話をしてくれると聞いて安心できたと思います。

引っ越しの当日千津さんはこの世を去ってしまいましたが、最後まで大事な家族と一緒にいれて良かったと思いました。

高円寺先生の虹の橋の話はとても良い話で私も好きです。千津さんが万が一自分がかなめより先に逝ったらどうなるのか?と聞いたときに、そのときは虹の橋の前で迎えに来てあげて下さいと言ったのは優しくて素敵だと思いました。

3話も面白かったです。

僕とシッポと神楽坂の4話のあらすじ

ある日、獣医学生の堀川広樹(小瀧望)が心臓腫瘍を患った犬・ぐりと、その飼い主・井上早苗(滝沢涼子)を連れて、達也(相葉雅紀)のもとにやってくる。

ぐりの腫瘍は切除可能ではあったが、年齢や心臓の機能低下を考えると手術は難しい、と『ナルタウン動物病院』の田代(むらかみじゅ)は判断。

しかしその診断に納得ができないという早苗を、広樹は『坂の上動物病院』に連れてきたのだった。

達也の診断もまた、田代と同じ。

だが達也は「1%でも可能性があるのなら見捨てるわけにはいかない」と、トキワ(広末涼子)の反対を押し切って、手術を敢行する。

手術は成功し、あとはぐりの体力の回復を待つばかり。

しかしその夜。達也が経過を見守る中、ぐりの容態が急変し、息を引き取ってしまう…。

ぐりを『坂の上動物病院』に連れてきて、無理やり手術をさせたことに責任を感じる広樹。

「君のせいじゃないよ。引き受けたのは僕だから」と慰める達也もまた、無力感と悲しみに苛まれていた。

その翌日から、『坂の上動物病院』に予約キャンセルの連絡が相次ぐ、

さらに、ネット上でも「無理な手術をして、犬を死なせた」という心無い噂が飛び交い始め…?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/story/0004/




おわりに

今回は「僕とシッポと神楽坂」3話のネタバレあらすじをご紹介しました。

相葉雅紀さんの温かい笑顔と、母や芸妓さんにからかわれた時のリアクションがかわいいです。

ホントに適役だと思いました。

次回は達也が窮地に追い込まれてしまいますが、達也を応援したいですね。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。