今日から俺は【3話】のネタバレあらすじ!柳楽優弥が焔モユルで出演!

2018年10月28日(日)に、ドラマ『今日から俺は!!』の3話が放送されました。

 

冒頭、本屋さんで三橋が立ち読みしているシーンに入り込んでくる店員。

その店員がまさかの「アオノホノオ」の焔モユルを完パク、という目を疑うようなシーンでした。

テレビ局違うよね、とちょっとパニくりましたが、そんな演出がたまりませんね。

 

では、「今日から俺は!!」の3話のねたばれあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

今日から俺は【3話】のネタバレあらすじ!

(本屋の前)

理子が立ち読みをしている貴志を見かけ、話しかけました。

言い合っている時に、本屋が出てきて漫画家の話で意気投合した貴志。

その会話に呆れた理子はその場から離れていきました。

 

一方、理子が歩いているのを今井と谷川が待ち伏せていました。

今井は毎日理子の登校を待ち伏せ、一週間も告白のタイミングをうかがっていました。

 

そしてついに、理子の前にでて告白。

理子は戸惑いながらも断りました。

今井は、理子が断った理由が三橋かと分かっていながらもそれを認めたくなく、三橋が卑怯者で嫌な奴だと理子に言ってしまうのでした。

しかし理子は「意外といい奴ですよね」と答えました。

 
 

(川)

「意外といい奴ですよね」との理子の発言を受け、今井は川に向かって石を投げつけました。

そうすると開久の人に石をぶつけてしまいました。

 
 

(川付近の橋)

今井と谷川は開久高校の2人組(二村と谷口)と遭遇しました。

今井に石をぶつけられた二村と谷口はその事で怒っていました。

今井「紅高の今井だぞ、死ぬのはテメェだぞ」

一撃で今井は二村を倒しました。

 
 

(開久高校)

ボンクラの集まりにて、谷口は今井の存在を皆に話しました。

谷口「今井ってやつはふざけたやつ。開久の怖さを知らないくせに」

と谷口は大笑いをしたのに対し、片桐は「二村を置いて逃げてきたのか」と谷口を蹴りました。

 

片桐「紅高は新設の高校で二年生までしかいない。つまり俺とタメで、テメェより年下。開久はボンクラの集まりだ。喧嘩で負けたらおしまい。」

と片桐は何度も谷口を蹴って「今日中に今井を連れてこい」を支持を出しました。

 

相良は「俺が付いてってやるから喜べ」と谷口に言ってから、「落ち着けよ、何か買いに行こうや」と片桐に言いました。

片桐は「俺は仲間を見捨てるやつがムカつく」と言った後、相良と共にその場から離れて行きました。

深沢「相良さんいいやつだな」

小野「馬鹿野郎。あの人は揉め事を持ってくるやつが大好き。喧嘩は片桐さんの方が強いが、恐ろしいのは相良さんだ。やつには仁義なんかないから」

 
 

(街)

谷口が谷川に今井の居所を聞いていると、突然相良が現れ、谷川の顔を殴って、お腹を蹴って「こいつが今井なのか」と聞きました。

 

後から深沢や小野もやってきました。

谷川の後ろから今井が駆けつけ、谷川の心配をしました。

 

今井は相良に激高し、「どこでも付き合う」と言いました。

 
 

今井は相良らの前に歩きつつ、相良らと共に行動しました。

相良は後ろから今井の頭に木材で殴りました。

今井は崩れ落ちて、頭から血が流れてしまいました。

相良は何度も今井を蹴って殴りました。

 

今井は反撃しようとするが、相良の方が圧倒的に力は上でした。

 
 

その様子を見た深沢は「絶対敵に回したくない男だ。やり口が汚い上に血も涙もない」と言いました。

今井「俺は紅高の番だ。こんな俺がこんな野郎に」

それを聞いた相良はまた蹴って「4人相手にしようとした男が俺とタイマンで終わり?紅高にはもやしっ子が通う学校か?それかもしかして俺がものすごく強いのか」と笑いました。

 
 

その時、上から貴志が相良の背中に足で突撃し、相良は倒れました。

相良の背中の上に立った貴志は「三橋センキュ、見事な着地です。いかがでしたか?」と片桐と谷口、小野に聞きました。

 

貴志は片桐と谷口、小野と殴り合いをし、「開久はやはり強い」と実感しました。

今井は「何をしてんだ、まさか俺を助けに来たのか、お前いいやつだったのか、三橋!」と立ち上がり、貴志の肩を掴んで「譲る!仕方ない!お前に譲る」と言いました。

 
 

今井と貴志の元には、開久高校の片桐らメンバーが急増していました。

今井「片桐、中学の時、軽くメンチ切ったチンピラ全員を病院送りにした」

貴志「それは強い、見るからに強そうじゃん」

片桐「おい、相良を倒したのはどいつだ」

 

全然敵う相手ではないが、貴志が逃げるくらいの時間を稼げる気で今井は「俺だ」と名乗りました。

貴志は今井の意図に気づかず「嘘つくな」と言いました。

 

今井「俺は強いんだ。だけど相良が後ろから木材で殴って。あれがなければやられなかった」

今井と貴志は揉め出しました。

 

貴志は片桐の隙を見て、片桐の顔に殴ったが、片桐はピクリともしませんでした。

片桐「泣き入れろ。半殺しは勘弁してやる」

貴志は指差して「あ!警察だ」と言い、すぐに逃走しました。

 

今井も後から追って逃走したのに対し、片桐らは貴志と今井を追いかけました。

開久ら数人と今井、貴志が揉めている時、警察官がホイッスルをし、「おい!お前ら」と言い出したため、全員その場から逃走しました。

貴志と今井が逃げた先には行き止まりでした。

このまま警察に捕まったら、商店街で壊したものの弁償、停学、坊主、、坊主が一番嫌だと考えた貴志は「お前泳げるか?」と聞いたのに対し、今井は泳げると答えました。

 
 

貴志は今井のポケットに石を入れてから、今井と貴志は川に飛び込もうとした瞬間、貴志は今井を押しました。

今井は川に落ちて、「おい!なんてことを」と言いました。

 

そこに警察官が現れました。

貴志「大変です、おまわりさん。友達が川に!泳げないんです、早く助けてやって」

警察官も川に飛び込んで今井を助けました。

貴志はその場から離れて行きました。

 
 

一方、片桐らは疲労を感じていました。

小野「確か三橋って名乗りました」

片桐「三橋?金髪の石橋…そういうことか」

 
 

(三橋家)

母「なんで学校に行かないの?担任も心配していた。立ち読みしていけなかったって言えないから。馬鹿野郎。」

貴志「嘘をつけって言うの?大人が子供に嘘を推奨していいのか?じゃあおばあちゃんをおんぶし、歩道橋を渡ったということにするか」

父「すまん。今日会社に行っていない。1日中公園でブランコに乗っていた。取引先との交渉ミスで会社に行きたくなかった」

貴志と母は驚きました。

 
 

(屋上)

貴志「このまま終わるわけにはいかないな。あいつ強かったな」

担任が貴志のいるところに現れ、「どうした?悩み事を隠すの下手だね。ごめん、俺は生徒思いの教師だからさ」

貴志「相談乗ってくれんの?」

担任「当たり前だ。なんだって聞ける教師だ。同級生妊娠した?」

貴志「金八先生みたいなドラマチックなことは起きていない」

担任「なんでも来い。腐ったみかんめ」

貴志「なんでそれストレートに言ったね」

担任「俺も言った後に笑っちゃった」

貴志「開久のてっぺんとやらないといけなくて。絶対に勝てない気がして。先生さ、ここはもう親しみを込めて、開久に行って、話をつけて」

担任「そいつを直でやっちゃっていいの?」

貴志「最悪の場合な」

担任「ちょっと考えて見る」

と担任は変な踊りをしつつ屋上から離れて行きました。

 
 

(下校中)

貴志と真司、佐川が下校している時、理子が現れて「田原俊彦の新曲を買いにレコードに行くの付き合ってくれない?」と貴志に聞くが、断られたため、真司に聞きました。

真司も京子とデートがあるから無理でした。

貴志「レコードは色々決着がついたら付き合ってやるから。とにかくまっすぐ帰れ」

理子は帰って行きました。

 
 

(街)

深沢はとある男子学生を捕まえて貴志の居場所を聞き出しました。

その学生は「知りません」と話しました。

相良はその学生を殴って、犠牲者が出れば貴志から出てくるのだと言い出したため、深沢はその学生の顔やお腹を何度も殴って蹴りつけました。

京子が深沢の顔に本で殴って「ダサいことをやるな、いい年こいて弱者いじめをやるな」と言い出し、開久の数人を倒しました。

相良「もしかして京子?」

京子は認め、相良を殴りかかろうとするが、相良に止められました。

真司が現れ、京子に「何をしてんの?」と聞いたのに対し、京子は「何か怖い人が急に…」と言いました。

周りに開久の数人が倒れているのを不審に思っていた真司に対し、京子はとある男子学生がやったのだと、倒れている男子学生に指差しました。

その学生は京子がやったのだと言おうとしたが、京子の圧力を感じ、「僕がやっつけました」と認めました。

「暴力とかそういうの絶対に無理だから、こういう状況怖い」と泣きそうになった京子を信真司は励まして、「いつまで京子の手を握ってるの?俺でも滅多に握ったことがない」と相良に訴えました。

相良は京子の手首を握っていた手を離し、「三橋って奴知らねえか?あのクソ卑怯者が俺様に後ろから蹴りを入れた。ぐちゃぐちゃにして人の道を叩き込んでやろうと思って」と話しました。

 

真司は先に京子に行かせました。

京子は側で聞いていた明美に「さっきの私、かわいい100%だっただろ!」

明美「もろもろバレまくりだよ。っていうか、あいつら開久だよ」

京子「真司なら大丈夫」

 
 

相良に背中を見せた真司は「三橋は卑怯なやろうだけど理由なく後ろからぶっ飛ばすような」と言いかけている時に、相良は木材で真司を後ろから殴りました。

その様子を見た明美と京子は真っ先に貴志を探しに行きました。

真司は頭から血を流しても立ち上がって相良と殴り合いをしたが、やはり相良の方が圧倒的に力は上でした。

相良らは倒れている真司を残してその場を離れました。

 
 

小野「三橋見つかりました?」

相良「友達だという伊藤を殴ってきた。あの野郎全然たいしたことない」

真司は後ろから道具で相良を殴りかかり、さらに数人との殴り合いを繰り広げていきました。

頭から血を流した相良はガラス瓶で真司の頭を殴りました。

倒れ込む真司を残して、相良らはその場から離れようとしたが、真司にはまだ意識がありました。

 

真司は立ち上がって「途中で逃げんな。奴は俺の相棒だ。奴にかかれば一発で決まる」と言いました。

相良「マジで殺してやるよ」

相良と真司は再び殴り合いをした結果、真司が相良を倒しました。

 

片桐は、真司が相良を倒した様子を見て、「俺とタイマンで勝負しろ」と申し込んだのに対し、真司は受け入れました。

真司は片桐と殴り合いをした結果、片桐の方が圧倒的に力は上でした。

真司は「なんて野郎だ。強い」と実感しました。

片桐は「泣き入れろ、そうすれば許してやる」と言ったが、真司は拒否しました。

「じゃあ死ね」と片桐が真司を殴ろうとした時、相良は片桐を止めて「俺にやらせろ」と言いました。

 
 

一方、とある男子学生が貴志に「伊藤さんが開久のやつらに…。伊藤さん、めちゃくちゃカッコよかったっす」と助けを求めました。

それを真剣な顔で聞いた貴志は行動に移しました。

相良は何度も真司の顔を殴りつけました。

京子が相良を押して、真司を守ろうとしました。

相良は京子を確保し、「さっきやられた分の3倍にして返せ。顔の形が変わるまでボコボコにしてやる」と後輩に託しました。

真司「やめてくれ、頼む」

相良「土下座して謝って、これからは道で開久様に出会ったら、道の端で這いつくばるって約束しようか、早く土下座しないと大事な彼女の顔が変形するぞ」

真司は京子を見つめてから「許してください」と土下座しました。

相良は笑い出し、「アンコール!もう1回」と拍手しました。

 
 

そこに貴志が登場。

「おい!俺の相棒に何をさせてんだ。女を盾にして何してんだ、クソやろう」と貴志は相良に跳び蹴りをしました。

貴志は真司に立たせました。

 

相良「今さっき許してくださいと土下座したやつがよ。笑わせるぜ」

貴志「地面に美味しそうなものが落ちてたって言え」

真司「落ちてたから食べた」

そこに今井が現れ、「もともとは俺が撒いた種だ。いい感じに笑ったみたいだから俺に収穫させろ」と言いました。

 

相良はその場から真っ先に逃走したため、貴志は相良を追いかけました。

今井はその場にいた数人と殴り合いしました。

京子と明美に心配された真司は京子に撫でてもらえたら回復すると言ったため、京子が頭を撫でると真司は復活し、今井に加えて数人と殴り合いをしました。

一方、相良は隠れて道具で貴志を殴ろうとするが、なかなか貴志が姿を見せてこないと感じていました。

その瞬間、貴志は相良の後ろから現れ、「卑怯さのレベルが違うんだよ」と相良の顔面に殴りつけました。

 
 

(廃ビル)

貴志が駆けつけると、真司と今井はもう動けない身体になっているのを確認しました。

その場に片桐らがやってきてしまいました。

片桐「よくもナメてくれたな、銀龍会の井上さんにもやっつけたんだろ、石橋と吉村何て偽名を使いやがって」

今井「何のこと?」

真司は黙り込んでいました。

貴志は「タイマンしようぜ」と片桐に申し込みました。

 

理子が現れ、「敵う相手じゃない」と言ったのに対し、貴志は「お前でも敵う相手じゃないから下がりなさい」と言いました。

理子の父が現れ、「私の出番だな。子供の喧嘩に親が出ちゃダメだという格言はあるが、私もこの金髪に恩がないこともない。赤坂流道場の道場主が相手だ。武術とはこのような喧嘩に用いられるものではないが、正義の鉄拳という言葉があるように…」と言いかけている時、片桐は理子の父の腹に殴りました。

それでも理子の父は動じないで「この程度の突きで私を倒せるとは思ったか?」と言いつつも、倒れてしまいました。

 

貴志「なんで連れてきた?」

理子「現役離れてるからぶっちゃけ弱い」

貴志「お父さんの敵!」

と貴志は片桐と激しい殴り合いをしました。

 

お互い何度も顔に殴り合いました。

片桐「マジでこの世界をナメてんな、軟高程度に何があるっていうんだ」

貴志「伊藤もな、まともならテメェに勝てるぜ」

片桐「俺が誰だかわかる?開久の頭だ」

貴志「だから?俺は三橋貴志だ。俺より威張ったやつは叩き潰す」

 
 

そこに担任の先生ら5人組が制服姿で現れました。

担任「お前らは腐ったみかんです。でもメロンと桃は腐りかけが食べれるけどみかんは食べれないってこと、それぐらい強い言葉で君たちを今言ってる。腐ったみかんどもめ」

 

そこにパトカーの音が聞こえてきました。

坂本先生が警察を呼び出したそうです。

担任「なんで通報するの?うちらのせいとも捕まっちゃう。加藤優みたいになってしまう」

その場にいる全員、その場から離れて行きました。

 
 

(屋上)

真司「これから面倒じゃない?」

貴志「自分の度量を考えないと。俺にまで被害が及んだらどうしてくれる?」

真司「元はテメェが原因じゃねえか」

貴志「大元は今井」

真司「ヤクザとやった時点で俺らとっくに狙われてた」

貴志と真司は察知し、談笑しました。

 

理子が現れ、「今日から開久に警察の警備がついたから、しばらくは派手な動きはできない」

貴志「ザマアミロ」

真司「ほとぼりが冷めた頃にまた決戦かな」

貴志「任せたぞ、あいつら強いから」

と貴志は体を痛んでいました。

(4話に続く)

★「今日から俺は!!」3話の動画の無料視聴方法はこちらをチェック!

スポンサードリンク

『今日から俺は!!』3話をご覧になった方の感想

ではここでは、『今日から俺は!!』3話を実際にご覧になった方の感想をご紹介します。

あんこさん(30代)
本屋の店員役で柳楽優弥さんが出演していたんですが、まさかのドラマ「アオイホノオ」のまんまの役でびっくりして笑ってしまいました。

さすが福田作品ですね。

局の垣根を超えてコラボを見ることができるなんて嬉しかったです。

今井が理子に告白されて三橋のことを認めたくない姿がおかしくて、そんな今井に静かに的確にツッコミを入れる谷川とのやり取りが良かったです。

伊藤がボコボコにされた時にはどうなるかと思いました。顔面血だらけで闘う伊藤はかっこよかったです。

セコくて汚い手を使う相良が本当に嫌でした。

三橋よりもせこいやつが現れるとは驚きでしたよ。

でもその相良の上をいく考えで三橋が相良を倒した時にはスカッとして三橋を見直しました。

るるんさん(20代)
本当に面白いです。

普通の男の子で転校生デビューをした三橋はもともと弱いと思っていたのですが日に日に強くなっていっているし卑怯なことをしているけどそれが全然悪く見えなくて許せてしまうところが魅力的です。

相方の伊藤も誰かを守るために戦っているし三橋のことを卑怯だと言いながらもなんだかんだ頼っていてこれからの二人がどうなっていくのかが楽しみでもあります。

りこと三橋の恋愛関係も少しだけ進んでいるような気がするのですがあまのじゃくな三橋はりこと本当に付き合えるのか見所です。

きょうこも毎回スケバンをやめると言いながらも喧嘩しまくっていますが伊藤にどう変えられていくのか、伊藤の前でのぶりっこもいつ気づかれるのか気付かれないのか。ライバル高校との戦いもこれから楽しみです。

パン屋さん(30代)
開久高校の相良は三橋とはまた違って卑怯な方法で今井や伊藤をボコボコにしていたので、すごく腹が立ったけど、そのピンチに三橋が現れて、さすが主人公と思ってかっこよかったです。

伊藤もそうですが、日に日にケンカが強くなっていて、誰にも太刀打ちできない開久高校の片桐にも対等にやり合っていたのが印象的で、三橋の友達を守りたい真剣な顔が、普段のふざけている顔とのギャップがあり、ドキドキしたしかっこよかったです。

伊藤と京子のバカップルぷりも面白いが、伊藤が居ない時の京子のケンカの強さもすごかったです。

京子と明美のやりとりも面白かったです。

三橋と理子の2人の関係もどうなるのか今後の話が楽しみにしたいと思います。

みっふぃーさん(20代)
原作は読んだことがありませんが、それぞれのキャラクターが個性的で笑いなしで見ることができないくらい毎回楽しんでいます。

3話は紅羽高校の今井さんから話が始まりました。

これまでの2話では愛すべきおバカキャラの今井さんでしたが、今回はこれまでの中で最大のピンチが訪れました。

でもその中でもおバカだからこその純粋さと自分の中の正義を貫く姿がとてもかっこよかったです。

そこに三橋さん、伊藤さんも加わって、最強のヤンキー高校である開久高校との迫力があるアクションシーンで爽快な気分になりました。

緊迫したケンカのシーンでも三橋さんが入ることによって笑いも生まれて、心穏やかに見てられます。

今回の対決で開久高校との今後の関係がどうなるか展開が気になります。

ぴよちゃんさん(30代)
三橋は今井や伊藤がピンチのときに毎回助けに来て優しいと思いました。

また喧嘩でも三橋は個性的で面白い登場の仕方をしたり、面白い喧嘩の仕方をしてみて楽しく見ることができます。

片桐は本当に他の人には敵わないくらいの強さですが、三橋が闘うと片桐は衝撃を与えていたので三橋も強いんだなって思いました。

椋木ら先生たちがパトカーを呼んで喧嘩がおさまって良かったです。

3話では今井がたくさん出ていて面白かったです。

赤坂に告白してフラれたときに、他の好きな人は誰かと聞いたときにいじでも三橋の名前を言わなかったり他の人と言っているのに何度も俺?と聞いているのが面白かったです。

そのときの谷川がずっと心の中でツッコミを入れているのも面白かったです。

3話もとても良かったです。

「今日から俺は!!」の4話のあらすじ

理子(清野菜名)にはフラれ、男子校で女子と縁のない青春を送ることに絶望する今井(太賀)。

さらにナンパに失敗したところを三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)に笑われ激しく落ち込むが、校門で待ち伏せしていた明美(若月佑美)から突然告白をにおわせる呼び出しの手紙を渡されて…!?

心配する谷川(矢本悠馬)が見守る中、放課後の喫茶店で明美と落ち合った今井は緊張と高ぶりからいつも以上の空回りを見せる。

しかし、なぜか明美と意気投合しまさかのカップル成立!?

その様子を見ていた三橋は今井に彼女ができたことが許せず、猛烈に悔しがる!

今井に横槍を入れようと試行錯誤する三橋だが、張り合おうとするほどなぜか今井と明美の仲は深まるばかり。

今井と明美の関係に異常な嫉妬を見せる三橋に拗ねる理子と、その気持ちを察し鈍感な三橋に呆れる伊藤。

一方、京子(橋本環奈)はあることをきっかけに一人落ち込んでいた…。

そんな中、三橋と伊藤は明美の意外な姿を見てしまう…!!

引用元:https://www.ntv.co.jp/kyoukaraoreha/story/

次回は松田聖子さんの「赤いスイートピー」に乗せて、恋愛の部分が進展しそうですね。

ムロツヨシさんがTBSのドラマ「大恋愛」に出演されているのもダブって見えます。

ま、こっちのムロさんは完全にコメディアンですけどね。



おわりに

今回は「今日から俺は!!」の3話のネタバレあらすじをご紹介しました。

まさかの「アオノホノオ」の柳楽優弥さんの出演に歓喜された方も多いようですね。

さすが福田雄一さん。

来週、「大恋愛」をどうぶっこんでくるのか楽しみです!

 

★「今日から俺は!!」3話の動画の無料視聴方法はこちらをチェック!

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。