僕らは奇跡でできている4話のネタバレあらすじと感想!こんにゃくの歴史がまるわかり!?【10月30日放送】

2018年10月30日に、フジテレビのドラマ『僕らは奇跡でできている(僕キセ)』の4話が放送されました。

 

今回は、一輝が受け持つ学生が持つ問題とともに話が進みます。

こんにゃくの歴史がまるわかり!?

一輝が目をらんらんと輝かせてこんにゃくを熱く語るところにぐっときました。

 

では、ねたばれあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

僕らは奇跡でできている4話のネタバレあらすじ!

https://www.ktv.jp/bokura/index.html

一輝の幼いころの思い出。

 

工房で土を練っている祖父は、「土は同じように見えても毎日違う」と話しています。

そんな祖父に一輝は「森も毎日違う」と答えて、外に走り出していきます。

そして空を見上げると、「空も!」と言うのでした。

 
 

そして現在の一輝も、広い空を見上げていました。

 
 

大学についた一輝は、見た目とのギャップがある動物についての講義をし、学生たちも熱心に聞き入ります。

そんな中、新庄は歯が痛いと言いだし、琴音は動物園で一輝と一緒だった育美の歯医者に行ったらどうか、と勧めるのでした。

その後、一輝は自分も用があると言って新庄と一緒にクリニックに行きます。

 
 

そして受付で虹一のことを聞きますが、患者さんの情報は教えられないと言われてしまうのでした。

 
 

治療室に入った新庄は、育美から父のクリニックを継いだと聞かされ、「歯医者だもんなあ」と呟くのでした。

 
 

そのころ塾に出かけようとしていた虹一は、母から、あの大学の先生とはもう会ってない?と聞かれ、うなずいていました。

 
 

一方、妙子から電話でこんにゃくを頼まれた一輝は、たくさんの種類のこんにゃくを買って帰ります。

それを見比べ「同じこんにゃくでも値段が違い、色も違う。どうしてですか?」と不思議そうな一輝。

 
 

翌日、一輝は休講届を出し忘れて休み、事務長はドタキャンだと騒いでいました。

 
 

そのころ、田舎の道をタクシーで走っていた一輝はイノシシを見つけ、停めてくださいと頼みます。

イノシシが茂みの中に入ったのを見て駆け寄った一輝は、気が付くと畑の中に入ってしまい、足元に転がっている芋に気が付き拾い上げます。

すると軽トラに乗ってきた男性が「泥棒~~!」と叫んだのでした。

 
 

一輝のドタキャン騒ぎを知った須田は、琴音たちと食堂で「それで給料もらえるっていいよな」などと話します。

その流れで琴音に将来のことを聞かれた新庄は、言葉に詰まるのでした。

 

その時、新庄に親から電話が入ります。

「なんで今から帰んなきゃいけないんだよ。えっ相河がそこにいるってこと?」と驚く新庄。

電話を切った新庄は、群馬の実家に一輝がいる、泥棒と勘違いされたらしい、と琴音たちに説明します。

すると琴音が面白そうだから私も行きたいと言い出し、4人で新庄の実家に向かうことになったのでした。

 
 

電車の中で不機嫌な新庄は、桜が差し出したこんにゃくゼリーを断り、自分の親はダサいことをやっていると言います。

 
 

そのころ一輝は新庄の父親にこんにゃく芋の説明を受けていました。

こんにゃく芋は大きくなるのに3年もかかり大変なのですが、新庄の父は芋から作るのにこだわってきたと言うのでした。

こんにゃく芋はそのままでは強烈なえぐみがあり、石灰を混ぜないと食べられないと知って驚く一輝。

さらに奈良時代からあるものだと聞かされ、「こんにゃくってすごいんですね」と感心し、こんにゃく作りを熱心に観察するのでした。

 
 

一方、大学では講義を始めようとした樫野木が、新庄ら4人が休んでいるのに気が付きます。

その後、樫野木は鮫島教授に、僕の授業を休んで相河先生のところに行った学生が4人もいる、と相談しますが、逆に「樫野木先生さ、もう少し授業に遊びごごろがあってもいいんじゃない?」と言われてしまいます。

いらだった樫野木は、一輝に甘いのは住み込みの家政婦がいるような家柄の問題ですか?と鮫島に聞きますが、山田さんは小さいころに両親を亡くした一輝の母親代わり、という答えに黙り込むのでした。

 
 

やがて琴音たちも新庄の実家に着き、しらたきを作っている様子を見に行きますが、新庄は外で待っていて入りません。

その夜は一輝も琴音たちも新庄の家で夕飯にすき焼きをご馳走になり、一輝は食事の席で、こんにゃくの面白さについて話し出します。

こんにゃく芋は3年かけて育てる、苦労してやっと大きくなってもそのままでは食べられず、石灰を混ぜてえぐみを取り除き、芋からは想像もできないような、こんにゃくと言う食べ物になる、と熱く語る一輝。

 

「こんにゃくのないおでんはおでんとは言わない、しらたきのないすき焼きはすき焼きとは言わない。存在を失くした時にこそ、その存在感を発揮する本当に偉大な食べ物です」と言う一輝を、新庄は驚いて見つめます。

 
 

しかしそれだけこんにゃくについて語りながらも肉から食べだした一輝に、新庄の両親は大笑いするのでした。

 

しらたきを食べた琴美たちはその美味しさにびっくりします。

 
 

一方、しらたきをじっと見つめ「こんなに作るのが面倒な食べ物、いつ絶滅してもおかしくなかったはずです。

どうして1000年以上もの間絶滅せずに存在しているんでしょうか?謎です」と興味深そうな一輝。

 
 

その後、学生の家に泊ると妙子に連絡した一輝は、歯医者さんにお土産を渡すのを忘れないように、とくぎを刺されるのでした。

 
 

そのころ、仕事をしていた育美のところに彼氏の雅也が訪ねて来ます。

お互いに連絡を取っていなかったことを謝りますが、雅也がトイレに立った時に置きっぱなしにしたスマホを見た育美は、女性からLINEが来ていることに気が付いてしまいます。

やがて戻ってきた雅也は、後輩から連絡があったから会社に戻る、と言って帰っていき、育美は動揺するのでした。

 
 

一方、天文台に行った一輝達。

望遠鏡で夜空を見ている新庄達のそばで一輝は空を見上げ、「星が良く見えます」と嬉しそうにするのでした。

琴音たちは、普段は空なんて見ない、と話しています。

 

その後、琴美にどうして大学の先生になったのかと聞かれた一輝は、鮫島教授に頼まれたこと、その前はフィールドワークで鮫島先生やほかの先生とバンクーバーやタイなど、あちこち飛び回っていたことを話すのでした。

 

好きなことやってお金をもらえて羨ましい、という須田に、うちとは大違いだと言い出す新庄。

「毎日毎日同じこと、何十年もよくやるよ」と言う新庄に、一輝は「同じじゃないです。その日の天気で石灰とこんにゃく芋の割合が変わります。スゴイですお父さん」と話します。

 
 

肉ばっかり食べてたくせに、と悪態をつく新庄ですが、その後流れ星を見つけると、皆と一緒に笑うのでした。

 

新庄の家に戻り、桜と一緒の部屋に泊ることになった琴音は、動物園で撮った一輝の写メを見せます。

桜に「先生のこと好きなんでしょ?」と聞かれ、フフッと笑う琴音。

 
 

一方、須田は新庄に、誰も田舎やこんにゃく屋をダサいなんて思ってない、と言います。

そして新庄は「分かってるよ。こんにゃく屋をダサいと思っている俺が一番ダサいって。でも、やっぱ胸張って言えない」と複雑な想いを打ち明けるのでした。

 

そこに一輝が風呂から戻ります。

布団に入って「いい~~~」と声を出す一輝に、驚く新庄達でした。

 
 

その夜、母親から「大学の先生がこんにゃくは偉大だって言ってくれたんだ。お父さん、うんと嬉しかったと思うんさね」と聞かされた新庄は、考え込みます。

 
 

翌朝、こんにゃく作りをする父を見つめる新庄に一輝が声をかけます。

まだみんな寝てるけれど、先に帰ると言う一輝に、新庄の父は「息子をよろしくお願いします」と頭を下げ、一輝も頭を下げるのでした。

 

戻って来た一輝は、祖父の工房に行ってこんにゃくを渡すと、森に行ってリスの橋をかける作業をします。

妙子はピリ辛こんにゃくを作り、一輝に、歯医者さんに渡す分は分けてあります、と伝えます。

しかし一輝はこんにゃくの謎にばかり夢中で、妙子は歯がゆい思いをするのでした。

 
 

一方、雅也が家にやって来たと言うのに、機嫌の悪そうな育美。

「俺と一緒にいても楽しそうじゃない」と言う雅也に、育美は「それは雅也の方なんじゃない?」ときつく言い放ち、もっと合う人がいるんじゃない、とまで言うのでした。

雅也は寂しそうに「俺じゃ駄目ってことか。そうだよな。育美はおれがいなくてもやっていけるし。育美がそう思ってんだから仕方ないよ」と帰っていきます。

「育美にとって俺って何だったんだろうな」という雅也の最後の言葉にも、答えない育美。

その後仕事に出た育美は、遅刻してきたあかりが、彼と険悪になったから出るに出られなかったと言い訳したことに、「仕事なめてます?責任てものがないんですか?」と声を荒げるのでした。

 
 

そこに、以前育美を雑誌の取材に誘った、秋桜出版の戸川から電話が入ります。

 
 

一方、大学から帰る途中の一輝に、虹一が声をかけてきます。

一輝がリスの橋の写真を見せると、僕も行きたいなと言う虹一ですが、母に話しても絶対無理だろうと言うのでした。

好きな科目の話になり、読み聞かせしてもらうのは好きだけど、国語の教科書を見ると頭が痛くなる、と言って教科書を出す虹一。

一輝は虹一に頼まれて、「海」という話を読み聞かせるのでした。 

 
 

一方、出版社の戸川と一緒に食事をしていた育美は、雅也のことを聞かれて驚きます。

戸川が2週間くらい前に雅也に物件のことで世話になった時に、知り合いが載っていたので雑誌を読んだと言い、育美のことを嬉しそうに自慢していたと言うのです。

雅也がその時「本当、彼女頑張り屋さんなんです。僕も誇らしくなりました。応援してるんです。」と語っていたと聞いて考え込む育美。

 
 

翌日、鮫島教授にこんにゃくを渡した一輝は、「こんにゃく芋の観察に群馬まででかけるなんて相河先生らしい」と言われ、実は天文台に行くためだったと明かすのでした。

オリオン座流星群を見るつもりだったのです。

「すごくきれいなものを天体が地球に見せてくれました」と言う一輝に「見せてくれたか」と笑う鮫島。

そして一輝は、はっと気が付き「謎が解けました」と言うのでした。

 
 

大学から帰る途中、一輝は育美を見かけて声をかけます。

お土産のこんにゃくを渡しますが、料理しないし、こんにゃくは味もそっけないし、と言う育美。

そんな育美に向かい一輝は、こんにゃくの歴史は奈良時代からで、こんにゃく芋は3年かけて育てる、その芋は強烈なえぐみがあると話し出します。

動物に食べられないためのえぐみは、いつか人間が食べる方法を発明することを知っていたかのようだ、そして本当に人間は食べられるようにした、こんにゃくには、こんにゃく芋と人間の想いが詰まっている、と熱く語る一輝に、最初は戸惑っていた育美も次第に聞き入ります。

そして「こんにゃくを味もそっけないものと思って見るとそうでしかないんです。でも、その奥に隠れた見えないものをしっかり見れば、その素晴らしさを感じることができるんです。それを僕たちに見せるために、こんにゃくは存在しているんです」と嬉しそうに言う一輝に、「そうですよね」と静かに答える育美。

 

しかし育美は、こんにゃくを一輝に返すと「つくづく自分が嫌になります」と言って去って行くのでした。

 
 

その後、大学で新庄に声をかけた一輝は、こんにゃくのお礼を言い、新庄もこんにゃくを作るのか?と聞きます。

作るわけない、と否定しながらも、一輝に「作った方がいいのかな。だって先生がすごいって言うし、親だって俺が継ぐって言ったら嬉しいと思うし」と聞く新庄。

しかし一輝は「僕が新庄さんなら、作りません」ときっぱり答え、あっけにとられた新庄は「聞いて損した」と言って去って行くのでした。

 

その後、音達と会った新庄は、彼らが飛行機雲を見つけて歓声を上げるのを見て、一緒に空を見上げるのでした。

一方、大学の外に出た一輝は、何かを見つけ、「むささび?」と木に向かって走っていました。

(5話に続く)

スポンサードリンク

『僕らは奇跡でできている(僕キセ)』4話の感想

では、『僕らは奇跡でできている(僕キセ)』4話をご覧になった方の感想をご紹介します。

kisekiさん(30代)
相河の授業にやる気がなかった生徒たちが、授業を楽しみ始めたところがよかったです。

特に、相河を好きになった生徒がその影響を生んでいると思いました。相河を取り巻く4人の学生も、最初は知らない人たち同士だったのは、相河が歯医者でコウイチや水本と知り合ったときみたいに偶然だったという共通点があると思いました。

3話を見逃してもついていける内容で、相河が動物を見つけると行動にすぐに移すところが、いつも笑えます。

いつもは好物のピリ辛キュウリを欲しがる相河なのに、こんにゃくまでピリ辛こんにゃくにしてしまうところも、面白いです。

理系には全く興味がなく、大学の理系の授業をとっても専門過ぎてよくわからなかったのに、このドラマは面白いと思いました。

きっと、先生が楽しんでやっているから、みんなは義務的ではなく楽しく参加しているのだと思います。

自分が先生なら、やっぱり単位のためではなくて好きで参加してほしいと思いました。

あんこさん(30代)
おつかいを頼まれてあんなにたくさんこんにゃくを買ってきてしまう相河先生が可愛いなと思いました。山田さんのピリ辛こんにゃくが美味しそうで、こんにゃく料理を楽しみにしていました。

生徒と一緒に泊まる時に、イーはするのかなとワクワクしていたらやっぱりしましたね。面白くて笑ってしまいました。

育美は自分を表現するのが下手なタイプなんだと思うんですが、彼氏には本音を言ったり情けないところも見せられたら良いのになと思います。

別れたいわけじゃないのに別れるような方向へ持っていくのも逆効果になるのに見ていて痛々しくなりました。

そんな育美も相河先生の言葉で何かかわるきっかけができたんじゃないかなと思います。

相河先生の言葉は奥が深いって思います。

たっこんぐさん(40代)
気になることや好きなことに夢中になり、周りのことや状況を考えずストレートに行動する相河先生が今回もとてもキュート。

生徒に媚びをうるでもなく、自然に生徒の方から先生に近づいていく姿にほのぼします。

生徒の相談に、生徒が期待していたであろう言葉を発することもなく思ったままを伝える相河先生も笑えました。

自然体でのびのび生きる相河先生と生真面目であるがゆえにストレスの多そうな歯医者さんの水本先生や樫野木先生との対比が面白いです。

相河先生が意図せず話す言葉が水本先生の心に刺さりますが、相河先生と水本先生の距離は縮まりそうで全く縮まらず、微妙になってしまった水本先生と彼氏との関係が
今後がどうなっていくのか気になります。

相河先生が授業で話す動物の生態や毎回仕掛けるいろいろな罠の結果も楽しみです。

tatumamasan(40代)
一輝の素直で純粋でマイペースな行動と、育美のもやもやがんじがらめになっている状態の対比が鮮やかな第4回でした。

ドラマの中では、高橋一生さん演じる一輝が、とても素敵で、微笑ましくて癒されます。

対して育美は卑屈になっていて可愛くない!と思ってしまいますが、現実では育美が普通で、一輝は少数派なんだろうな、だからこそ一輝の存在がとても素敵に感じられるドラマだと思います。

そんな素敵な一輝がこの先、恋愛に向き合ったとき、どんな行動をとるのか、気持ちがどんなふうに表現されるのかが楽しみでなりません。

一輝らしいアプローチになるのかしら、ととても期待しています。

育美が良いとこなしの回が続いているので、魅力をもう少し描いてくれたら、もっと面白いのに、と思ってしまいます。

グリーンリンクさん(40代)
歯の治療に行くのはとても勇気がいります(私の場合ですが)

痛いし、怖いし、麻酔の注射は打たれるし、病院独特の匂いに、あのキュイ~~ンという歯を削るドリルの音が特に苦手で、想像するだけで足がすくみます。

子供の頃はわざわざ学校に歯医者さんが来て、歯科検診があり友達の手前ズル休みをする訳にもいかず、検診を受けて虫歯が見つかると、よく先生や親に歯医者に行くようにせっつかれて嫌々歯医者に行くという私にとっては毎年恒例のとってもとってもとっても億劫な行事でした。

どうやら私は体質的に虫歯になりやすいらしく、ちゃんと磨いていてもしっかり?と毎年虫歯になり治療に行きます。

余談ですが女優の宮本信子さんは生まれてから一度も虫歯になった事がないそうで、歯医者さんとは無縁だと何かのテレビで見た事があります。

逆にそういう体質の方もいて、まったく羨ましい限りです。

4話に出てきた蒟蒻なら虫歯があっても食べられるでしょうが、他の美味しい物も食べたいので虫歯にならない様に、なるべく気を付けようと思います。

そんな事を今回は感じながら見ました。

しみしみねこさん(40代)
一輝と育実をコミュニケーション能力からみると、常識的な育実の方が人に嫌われているというのが、結構興味深かったです。

ソフトすぎる一輝とハードすぎる育実を比べてみて、どちらも個性としてはいいと思うのですが、おそらく育実の方が接する人間が限られているせいで、新しい視野や人の意見を受け入れる土壌がないのではないか、と思います。患者さんと医療関係者のほかには彼だけ、という生活では、どうしてもそうなってしまいますよね。

それに対して一輝の方は、良き理解者の鮫島先生、山田さん、おじい様がいて、学生たちと触れ合ったりする機会があり、事務長たちに迷惑をかけながらも煮詰まるほどではないようで、非常に恵まれているんだな、と感じました。

2人を足して2で割るといい感じなのですが、むしろ一輝の関心は虹一くんに向いていますし、なかなかくっつきそうにないのが、残念なところです。

ちひさん(20代)
今回の4話は、思わぬ「こんにゃく」に焦点を当てられていて、一輝がそんなにこんにゃくに興味を持つんだと思ったのが束の間、実際は、オリオン座流星群が目的だったのが何とも一輝らしく面白かったです。

育美はいつも正論を言うし、生きていくために大切なことをしっかり考えているのだけど、少し見失いがちで人とすれ違ってしまうところを見て、バランスて大事だなあと思いました。

よくドラマは、主人公の周りで誰かしら意地悪をしたり、邪魔をする悪役がいるものですが、このドラマは、悪い人が誰も出てこないドラマです。

それなのに、ほっこり感動したり、ドラマとして成り立っているのがすごいと思いました。4話もまた感動して、心が温まりました。

たかはさん(30代)
一輝は山田さんにこんにゃくを買ってきて欲しいと頼まれたことから、こんにゃくの奥深さに魅了されてしまいます。

一輝は興味を持ったらとことん突き詰める性格で、そこまで一つのことに没頭できるのはある意味羨ましいです。

それによって周りの人たちは振り回されることもありますが、童心を忘れないでいるのは大切なことだと思います。

彼氏との仲で悩んでいる育実に対して一輝はこんにゃくに例えて、表面を見るのではなくその奥にある本質を見ることが大切だと助言します。

それを聞いた育実は自分の今までの言動を反省します。

育実と一輝は育った環境も価値観も全く違って会えば喧嘩ばかりしていますが、徐々に理解しあっているように思います。これからの展開が楽しみです。

一子さん(50代)
生物のことが興味がなくても、一輝という人物が自然と生物を思いっきり表現するのでつい興味が沸いて納得できる4話でした。

食材のコンニャクが料理に足りなかったら困ってしまう存在感、コンニャク芋がとても時間のかかる食材でコンニャクの歴史が一輝によって分り知識になります。

一輝がどうして大学の講師になったのかということが、興味があることを一生懸命すると何かが見えてくるとのではないかと思えました。

一つのことを自分なりに納得できるまでやり遂げることだ大事だと感じました。

一輝が動物を発見した時の子供のような表情や行動、自然に触れて見たくなり子供から大人まで見れるドラマなのでほっこり癒されます。

毎回違う生物を対象にした内容となり次回も楽しみです。

僕らは奇跡でできているの5話のあらすじ

一輝(高橋一生)が育実(榮倉奈々)と親しくなるよう、新庄(西畑大吾)の実家でもらったコンニャクのおすそ分けを勧める山田(戸田恵子)。しかし、受け取らなかった育実がますます気になり始め、クリニックへ。患者として対面するが、思わぬ人物と出くわす!

一輝は、虹一(川口和空)にリスが渡る橋について報告。虹一は森へ行きたいと話すが、母の許しをもらうのは難しいという。一輝は、虹一が親子で行く歯磨きイベントに参加し、そこで説得すると約束。一方、大学では一輝の授業が面白いと噂が広がっていた。しかし、新庄だけはそんな一輝にいら立つ。両親が作るコンニャクを褒めたにも関わらず、「僕なら(家業を)継がない」と答えた一輝の心中が分からなかったのだ。そんな思い悩む新庄をと、鮫島(小林薫)は…。

恋人と別れた育実は、子ども向けの歯磨きイベントを計画するなど、仕事に打ち込んでいた。しかし、寂しさを埋めようと仕事をする余り、あかり(トリンドル玲奈)にキツく当たり反感を買う。

イベント当日、育実は盛り上げようとするが、反応はいまひとつ。会場の空気を変えたのは、虹一との約束のために来ていた一輝。おかげでイベントは大成功。しかし、育実は素直に喜べない。頑張っても報われない自分と比べ、好きなことをして楽しそうな一輝に、理不尽さを感じる。そんな矢先、クリニックを訪れた一輝から、突然「森に行きませんか?」と誘われて…。

引用元:https://www.ktv.jp/bokura/index.html




おわりに

今回は、「僕らは奇跡でできている」の4話のネタバレあらすじをご紹介しました。

毎回、周りの人に流されず一つのことを熱く語る一輝にくすっと笑えて純粋さを感じて心が洗われるようです。

来週も楽しみですね。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。