まんぷく29話のネタバレあらすじ!因縁の再会のお相手は…?【11月2日放送】

前回は克也さんが、無事に帰ってきてよかったですね。

あとは真一さんが帰ってきてくれたらいいな。

さて、今回は萬平と福子はアノ人物と再会を果たします。

では、まんぷく29話のねたばれあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

まんぷく29話のネタバレあらすじ!

(克子の家)

忠彦は皆がハンコ屋をやっていることに戸惑い、自分に何か出来ることは?と聞くものの、「絵を描いてください」と皆に促されて自分の仕事場に顔を出し、自分の作品を眺めた後、複雑な心情になってしまいました。

庭掃除を終えた神戸は「ここに置いて下さい」と皆にお願いしました。

忠彦はやはりハンコ屋のお手伝いをすることになりました。

 

鈴は神部に「出て行け」と訴えました。

しかし神部は大阪帝大を卒業していたことを買われ、克子の子供らに勉強を教えることができると申し出た結果、克子の子供らの家庭教師になりました。

 

鈴「あの人をここに置いてくの?寝る時は?私は福子たちと一緒に寝るから」

 

忠彦はフィリピンにて夜中、銃撃戦になって、敵の照明弾に目がやられてしまったため、色の判別がよく分からなくなってしまったようです。

特に緑と赤の区別が分かりにくいとのことでした。

 

軍医に診てもらったが、もう治らないので、絵を描くことは断念することにしたため、神部はアトリエで寝てもらおうと言いました。

鈴「まともな仕事に就いてくれるのね?」

忠彦は頷きました。

 
 

(寝室)

忠彦は絵を描くことを諦めていなく、克子もそう思ってるのでは?と福子は萬平に話しかけました。

 
 

戦争が終わった夏から冬へと季節が変わりました。

闇市は相変わらず無法地帯で、様々な人たち、様々な人生がありました。

 
 

(闇市)

萬平と福子は、ハーモニカを弾いている加地谷を目撃しました。

 

加地谷はすぐ逃げようとしたが、萬平が引き止めました。

加地谷は、萬平と福子の結婚を祝いました。

福子は「加地谷が原因で萬平は憲兵に酷い拷問を受けた上で、腹膜炎になって死にかけた」と加地谷に訴えたのに対し、加地谷は謝罪しました。

 

萬平「もういい。もう加地谷を追いかける人(憲兵)はいない」

加地谷は「もう日陰で生きていく。何で君を悪者にしようとしたか分からない。本当は君の才能が羨ましかった。自分が嫌になった。もう生きてる意味が分からない。加地谷という男は戦争で死んだ。」と言いました。

福子は目元に涙を浮かべ、萬平は「考えてみれば憲兵隊に捕まったことで福子と結婚できたようなもの。もう終わりだ。帰ろう」と福子に呼びかけました。

福子と萬平は帰って行きました。

 
 

(克子の家)

福子は、風呂に浸かった萬平の着替えを風呂場の近くに置きました。

加地谷のことを何も思ってないかと聞いた福子に対し、萬平は「僕は人を恨むことで頑張れる人間ではない。でも福子も加地谷がかわいそうだと思っていないか。」

福子「もう何も言いません」

と福子は風呂場から出て行きました。

外からお風呂を温めている神部に萬平は頼みがあると話しました。

 
 

(闇市)

加地谷は今日もハーモニカを弾いていました。

神部は加地谷の前に現れ、萬平からの伝言「あきらめないで。どうか生き抜いてください。あなたの人生の主役はあなたなんですから」と伝えた上で、加地谷というハンコを渡しました。

加地谷は「俺の人生…すまん」と涙を流しました。

(30話に続く↓)

スポンサードリンク

『まんぷく』30話のあらすじ

繁盛していたハンコ屋さんでしたが、同業者が次々と現れ、一家の収入は減る一方です。

福ちゃんは「そろそろこの家を出ませんか」と萬平さんに提案しますが、行く当てもありません。

そんなある日、萬平さんは、世良さんから泉大津に残っている軍の倉庫を紹介されます。

中に何かが残っているということですが、その正体は不明で…。

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/




おわりに

今回は「まんぷく」の29話のネタバレあらすじをご紹介しました。

萬平と福子が再会した因縁の相手は加地谷でした。

加地谷には最後に流した涙を忘れないでほしいですね。

では明日もお楽しみにー。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。