僕とシッポと神楽坂【4話】のネタバレあらすじ!コオ先生ピンチ!

2018年11月2日(金)に、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の4話が放送されました。

 

4話は「坂の上動物病院」にピンチが訪れます。

コオ先生がんばれ!

 

では、僕とシッポと神楽坂【4話】のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

僕とシッポと神楽坂【4話】のネタバレあらすじ!

(病院)

達也はすず芽とトキワと共に、病院の設備の掃除をしていました。

すず芽は何かとある度に達也に聞いているため、トキワは「私に聞けばいいのに」とすず芽に指摘し口論に。

しかし達也は「病院に新しい風が吹いていいと思う」と感じていました。

 
 

(ナルタウン動物病院)

田代はぐり(犬)の診察結果、血管肉腫の可能性はあり、切除は可能だが、年齢や心臓の機能低下のため手術に耐えるのは難しいとのことを早苗に話しました。

早苗としてはなんとか手術をしてほしかったのですが、田代は命の危険があると断りました。

ですが、早苗は諦めませんでした。

 
 

(病院)

早苗はぐりを連れ、堀川と共に病院に顔を出しました。

ぐりの心臓の血管肉腫の可能性が高く、切除も可能で転移はないとのことを堀川は話しました。

 

早苗はぐりを手術してほしいと頼みました。

 

しかし、トキワは取り返しがつかないこともあるから断ろうと達也に提案します。

 

達也は「断ってしまうと、ぐりも早苗も苦しむことになる。この子を助けられる確率はゼロではない、1%でも可能性があるなら見捨てるわけにはいかない」と口にしました。

達也とトキワは手術することに決意し、堀川は手伝うことになりました。

 
 

(ナルタウン動物病院)

堀川の話を聞いた田代はぐりの手術に猛反対しました。

手術に成功しても、ぐりちゃんの体力は持たないかもしれないと主張する田代は

「我々獣医師は命を預かってる。無謀なチャレンジなどあってはならない。まして君は学生。それに手術を引き受ければ、飼い主に希望を与える。失敗をすれば希望以上に絶望を与えるという覚悟はあるか?これ以上は関わるな」

と堀川に話しました。

堀川は赤城神社に参拝しました。

 
 

(病院)

堀川は病院に顔を出し、達也とトキワと共にぐりの手術をすることになりました。

達也は早苗の手を握って「気持ちは受け取りました。頑張ります」と言いました。

 

達也らによるぐりの手術は成功し、体力の回復を待つという状況になりました。

それを聞いた早苗は安心し、達也にお礼を告げました。

「ぐりちゃんが頑張ったからです」と話した達也は今夜病院に泊まることにしました。

 

息子の食事の支度があるため、早苗は一旦帰宅し、明日また来ることになりました。

 
 

夜、ぐりの心電図モニターのアラームが鳴ったため、達也は急いでぐりの様子を見に行きました。

早苗が急いで病院に駆けつけると、ぐりが死んでしまったことを知りました。

早苗は「ぐりちゃん」と泣き崩れました。

トキワも達也からの電話により、ぐりの死亡を知ることになり、達也も落ち込んでいました。

 
 

(街)

トキワは口笛を吹きながら道を歩いていました。

(病院)

トキワは達也と挨拶しました。

トキワが口笛を吹いたのは「ヤシの実」という曲で、心が落ち着いて元気が出るそうです。

ダイキチは今日も元気で餌を食べていました。

 

病院に電話がかかってきたため、トキワが電話に出ると、予約キャンセルの連絡でした。

予約キャンセルの理由は、無理な手術をして犬が殺されたという医療ミスがあったと聞いたからだそうです。

 
 

(病院)

ぐりの死が医療ミスだという情報が拡散され、患者も減っている状況でした。

嫌がらせのいたずら電話に迷惑をかけられているトキワは、堀川に愚痴をこぼしました。

堀川は「ちょっと気になることがあって」と口にしました。

堀川「手術は完璧に成功した。ぐりが急変したのは先生のせいではない。先生は全力を尽くした。早く炎上元を特定して騒ぎを収めないと。あのオペを知っている人は消去法で早苗しかいない。」

との事でトキワと堀川は早苗の家に向かいました。

 
 

(早苗の家)

早苗の息子は、ぐりが死んでから早苗が部屋に閉じこもってて食事もしていないと話しました。

トキワ「ペットロスの苦しみから立ち直るには時間がかかる」

ぐりの前に飼っていた犬も重い病気にかかって手術の後に死んでしまったそうです。

 

手術の情報が拡散していることについてトキワと堀川が話すのに対し、息子は「知るわけがない。母はネットを使わない。こっちは辛い思いをしてるのに迷惑。帰ってください」と言いました。

堀川は早苗と話したいと訴えたが、息子は「帰って」と一点張りでした。

 
 

(トキワの家)

トキワが帰宅すると、そこには大地だけではなく、すず芽がいました。

すず芽の作った料理を大地は「おいしい」とほおばりました。

 
 

(高円寺家)

貴子は達也の病院の件を知ることになりました。

「達也はいい加減なことをするような人間ではないの一番よく知ってるから」と貴子は誰かに電話で言ったのを達也はそばで聞いていました。

 
 

(トキワの家)

達也は最善を尽くしたため、悪くないとトキワはすず芽に話しました。

すず芽は「休戦条約です。この時こそ私たちが団結して力にならないと。達也さんのために何か出来ることはないか?」とトキワの手を握りました。

 
 

(ナルタウン動物病院)

田代が電話に出て、電話内容を聞いて驚きました。

 
 

(お店)

田代は花を持ってトキワに会いに行くと、そこにはすず芽もいることに気付きました。

あのオペが獣医学的な見地から正しかったことを立証し、それを公表すれば病院への批判も収まるかもしれないとのことでトキワとすず芽は田代を呼び出したそうです。

 

田代は「獣医師の数だけ見解があって、今回の件はやむをえない。助かる見込みが低いのにオペを引き受けたら金目当てと思われても不思議ではない。我々はそう言った可能性も考慮して判断しなくてはならない。いい悪いの問題ではないが、ただ奇跡など簡単に起こせない。失敗すればキャリアや病院の看板に傷をつけることになる。高円寺先生のとった行動は若すぎるというのが僕の見解」と話しました。

しかしトキワは、「達也がオペすると言ったときはどこかで嬉しかった」と口にしました。

 
 

一方、ダイキチを散歩した達也は神社に参拝してから「ヤシの実」の口笛を吹きました。

 
 

(病院)

達也はトキワに「こんなことになってしまってすみません。」と謝るのに対し、トキワは「謝ることない。絶対コオ先生の味方ですから」と話しました。

その後、堀川から炎上元の情報源を見つけたと電話が入りました。

 
 

堀川の話によると、炎上元のIPアドレスを徹底的に調べた結果、トリミングサロンに通っていることが判明したそうです。

堀川とトキワはトリミングサロンに顔を出しました。

トキワは店員に、早苗のこと知っているかと聞いた結果、店員は知っていました。

 
 

(病院)

田代は病院に顔を出しました。

田代「ここは君とは色々あったからこそ興味を持っていた。まずは今回の件で堀川が迷惑をかけたことで謝る。最大の要因は君がオペを引き受けたことだ。10年前なら私もオペを受けていたかもしれないが、今は、獣医師はペットを救って当然、失敗をすれば非難の嵐にさらされる。もしまた今回のような依頼があったら君はどうする?誰も傷つかないほうがいいと思わないか?」

達也「思いません。僕は命と向き合いたいからオペは何度でも引き受けます」

田代「君は馬鹿だな。だからこんなボロボロの病院に。だからトキワさんも…」

 
 

そこで、息子が大学に行っている間、早苗が行方不明になってしまったとの事件が発生しました。

トキワや堀川、息子が捜していることをトキワからの電話で知った達也と田代も捜しに出ました。

 
 

(神社)

神社付近の階段に座った早苗に神主が話しかけました。

 
 

(病院)

達也は早苗を病院に連れて帰りました。

 

早苗が見つかったことでトキワ、田代、堀川は安心しました。

 

息子は皆の前で、手術のことをネットに書き込んだのは自分だと、頭を下げて謝罪しました。

 

早苗は「私が悪い。私がぐりに無理な手術をさせて、あの子を死なせてしまったから。前のマロンが死んだのも母さんのせい。手術が失敗するのが怖くてなかなか手術に踏み切れず、そうしてると時間だけ過ぎて、マロンの具合がどんどん悪くなって手術をしても手遅れだった。だからぐりは手術をして助けたかった。息子は私に同情しただけ。本当にすいません」と頭を下げました。

達也も「ぐりちゃんを救えなかった」と頭を下げました。

早苗「手術を引き受けてくれた時は嬉しかった。私はひどい飼い主です。いろんな病院に連れまわしてぐりを苦しめさせた。」

達也「たとえどんなにわずかな望みでも信じる。愛する者のためだったらなんだってする。それが家族です。ぐりちゃんはあなたと家族に慣れて幸せだったと思う。」

 

早苗はぐりと過ごした日々を思い出してきました。

達也「虹の橋であなたを待っている」

それを聞いた早苗は涙を流しました。

 
 

病院で達也と2人きりになったトキワは「夫が行方不明になってもう7年が経つけど今も必ず帰ってきてくれるって信じてる。でも、もしかしたらもう帰ってこないかと時々不安になる。それが【1%でも可能性があるなら見捨てるわけにはいかない】という達也の言葉に救われる気がした。ありがとうございました」と言ったのに対し、達也は「僕でよければ…」と言おうとしました。

そこに大地が現れ、達也に足の速さの勝負を申し出したため、達也もトキワも大地にペースにのみ込まれてしまいました。

 
 

(ナルタウン動物病院)

堀川は田代に「実は俺、これから…」と切り出すと、察した田代は「あの病院のお茶は口に合わないからマシな茶葉を用意しておけ」と忠告しました。

 
 

(病院)

堀川は坂の上動物病院で働くことになりました。

(5話に続く)

スポンサードリンク

『僕とシッポと神楽坂』4話を見た方の感想

では、続いて実際に『僕とシッポと神楽坂』4話をご覧になった方の感想を見ていきましょう。

まりんさん(50代)
自分の飼っているペットにとって、本当の幸せは何だろうと考えさせられた。

ペットは飼い主にとっては家族こような存在だから、苦しむ姿は見たくないし、病気になってしまったら、何とかして助けたいと思うのは当然のことだと思う。

私も、亡くしたペットが、どこに病変があるのかわからないから、CTを取ろうと言われて悩んだことがある。

麻酔をすれば、確実な検査が出来るが、麻酔で弱ってしまうこともあると、言われたからだ。

でも麻酔なしでの検査では、病気が判明できず治療もできないかもしれない。

結局、検査する前に天国へ行ってしまったあのこは、どうしてほしかってのだろうと今でもわからずにいる。

高円寺達也の下した決断が、間違っていたとは思わないが、本当はどうしたらよかったのだろうか。

やるだけのことを飼い主がやってあげたというのは、もしかしたら自己満足なのかもしれないとも思った。

命を預かるというのは、本当に難しいなと思った。

パンプキンさん(30代)
ペットと飼い主との関係をどう理解し寄り添えるかについて、考える1話だったと思います。

治療に対してリスクがあまりにも高すぎるという医師からの説明を受け続ける中で、セカンドオピニオンし続けるペットに対する飼い主の思い。

ペットではなく、長年ともに過ごしたからこそ、1人の家族として思うから最後まで諦めたくないと思うからのことだとはわかってのこと。

しかし、だからこそ万が一のことを考えれば、飼い主のためにも手を出せないところが難しいところだと思いました。

坂の上動物病院では、以前の話からもあったように、飼い主の寄り添いサポートするかたちでの治療と同様、飼い主の思いを理解しくみ取ったからこそこの判断に繋がったのではないかとおもいました。

ユカリンさん(50代)
今回も高円寺先生の優しさが伝わる良いお話でした。

一般的な獣医師には無いだろう感性を持つ高円寺先生の様な先生が居てくれる神楽坂の住民は安心ですね。

トキワもそんな高円寺先生の人柄に惹かれて坂の上動物病院で働き始めたのだから…。

高円寺先生は助かる見込みのないペットでも1%の可能性があるのなら助けたいと言う。

他の医者が難しい手術と判断して手術が出来ないと言ったとしても可能性があるなら自分は手術すると。

他の獣医師の見解としては、助かる見込みがあってももしもその手術で亡くなる様な事があったら病院の評判も落ちる。

無駄な手術をして金目当てと思われるだけだと言う。

高円寺先生は、また同じ様なことが起こってもまた手術をすると言う。こんな獣医師にみんななってね!

きなさん(40代)
ペットは今や家族と同じ。

命の重さも人間と同じ。命と真摯に向き合うことの大切さや、高円寺の良くなる希望が1パーセントでもある限り最善を尽くして助けたいという強い思い、獣医師として命を救うことの責任感と難しさが上手く表現されており、我が家の猫ちゃんもこんな先生に診てもらいたい、診てもらえたら幸せだと素直に思いました。

家族の一員である最愛のペットを亡くした時の悲しみや喪失感も感じられ涙が出そうでした。

SNSやネットで簡単に情報が拡散され廃業に追いやられてしまう現代の怖さの一端も垣間見ることができました。

ナルタウン動物病院の田代先生も意外と良い先生だということが分かりました。次週は新しい仲間も加わり、ますます賑やかな坂の上病院となりそうです。

僕とシッポと神楽坂5話のあらすじ





おわりに

今回は、僕とシッポと神楽坂の4話のネタバレあらすじをご紹介しました。

次回はスズ芽に問題が起こりそうですね。

コオ先生、どう解決していくのでしょうか!?

心が洗われる時間、楽しみにしています!

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。