まんぷく31話のネタバレあらすじ!萬平さんが、転んだ!【11月5日放送】

こんにちは、ハナです。

 

今日から一週間が始まりましたね。

まんぷくも早くも第6週を迎えました。

第6週のテーマは『お塩をつくるんですか?』です。

萬平さんの“発明”の才能が開花するんでしょうか!?

 

では、今回はまんぷく31話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

まんぷく31話のネタバレあらすじ!

昭和21年5月、萬平、福子、鈴、神部の4人は大阪の中心部から南に20km離れた泉大津に住むことになりました。

泉大津に到着するなり、4人は海ではしゃいでいました。

 
 

(福子の家)

不動産屋さんの話では、福子らの家は軍人さんの施設だったそうで、福子と鈴は家の掃除に力を入れていました。

2階に福子と萬平の部屋、鈴の部屋ということにし、1階は村役場みたいな入り口(会議室か何か)だったようで無駄に広い部屋がありました。

無駄に広い部屋には神部が利用することにしました。

 

家から窓を開けると海が見れることに福子は喜んでいたのに対し、鈴は「いちいち2階に行かないと」、「潮風が入ってきそう」と不満を口にし、さらに福子に「子供を作ればいい」と言ったため、福子は話をはぐらかしました。

 
 

(倉庫)

倉庫にはは鉄板80枚以上や釣り竿が残っていることを萬平と神部は確認しました。

神部は釣り竿を持って海に出かけ、そこで釣りをしました。

 
 

(福子の家)

ハナが家にやってきて、福子とハナは再会を遂げました。

敏子からの手紙で福子が引っ越してくることをハナは知ったようで、畑で耕した野菜、それから米を持ってきてくれました。

ハナには2歳になる娘ができたそうです。

 

福子ら4人は食事を食べました。

神部が釣れたのは1匹の魚だけで、神部は落ち込んでいました。

一方、鉄板が何に使えるか思いつかず、萬平は悩んでいました。

 
 

(克子の家)

忠彦は絵を描いていました。

子供(タカ)が忠彦の絵の色使いに不思議そうに感じているのに対し、忠彦は「明日の朝、絵の具が乾くとどうなるか…」と色使いに心配しました。

 
 

(福子の家)

萬平が未だに悩んでいるのを見かけた福子は、夜の海を見に行こうと提案しました。

 
 

(海)

海が青白く光っている事から萬平は「夜光虫」だと言いました。

泉大津に引っ越してきて、暮らしの目処が立っていない事が鈴の心配事だそうです。

 

福子は新しい土地に来て目の前には海があってワクワクしていると言いました。

福子「今度は何かすごいことを思いつきそう。世の中の役に立ってみんなを喜ばせるような何か。それにお母さんは孫が欲しいという心配事もある」

萬平「ここなら子供ものびのび育ちそう。」とのことで萬平も福子も子供を作りたいとの気持ちになっているとお互い認識しました。

 
 

(克子の家)

翌朝、タカは忠彦の描いた絵に感動してから学校に向かいました。

克子も絵を見て「今のあなたの絵も素敵」と忠彦に言いました。

 
 

(定食屋)

福子、萬平、鈴、神部はラーメンを食べました。

大阪でよく行った屋台のラーメンより味が薄い事に気付いた萬平らに、店主は「戦争で塩が足りなくて、大阪の闇市に行ったが、値段が高くて買えなかった」と事情を説明しました。

その話を聞いた萬平は「目の前は海だ。あの鉄板で塩を作れないか?」と閃きました。

そこで明日神部とともに赤穂に行って塩作りを勉強することにしました。

(32話に続く↓)

スポンサードリンク

『まんぷく』32話のあらすじ

萬平さんが思いついたのは鉄板を使った塩作り。

早速、神部さんと塩の産地・赤穂へ勉強に向かいます。

一方、福ちゃんと鈴さんは生活費を工面するため、近所に持参した着物と食べ物の交換をお願いして回ります。

でも萬平さんは福ちゃんたちの苦労に気づかず、塩の試作に夢中。

熱した鉄板で、塩分を濃くした海水で作る初めての塩の味は!?

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/




おわりに

今回は「まんぷく」の31話のネタバレあらすじをご紹介しました。

冒頭の浜辺を走るシーンで、萬平さんがころんじゃったんですよね。

演出なのか、偶然なのか?どちらにしても面白かったです^^

 

また、「塩が手に入らない」と聞くと、「そっかー、仕方ないね」と普通なら思ってしまいそうなところ、萬平さんのひらめきはすごいですね。

頭の中見てみたいです。

では明日もお楽しみにー。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。