ブラックスキャンダル5話のネタバレあらすじ!笠原秀幸がド変態社長役に!?

2018年11月1日(木)に、ドラマ『ブラックスキャンダル』5話が放送されました。

 

これまでソフィアの役割ってなんなんだろうって疑問だったんですが、5話ではソフィアを中心にストーリーが進んでいきます。

花園に対する復讐が始まりそうな予感。

でも今回は、ストーリーより亜梨沙の復讐より、笠原秀幸さんが演じた社長の“癖(へき)”が衝撃的でした。

 

では、「ブラックスキャンダル」5話のねたばれあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

ブラックスキャンダル5話のネタバレあらすじ!

社長室では矢神亜梨沙(山口紗弥加)と花園由祐子(平岩 紙)が呼ばれ、2人が推しているタレントを久保寺(笠原秀幸)主催のパーティに連れてCMを取って来るよう命じられます。

どちらかCMを取って来た方は芸能二部のチーフマネージャーに任命するとされ、社長からの急な申し出に戸惑う花園を横目に亜梨沙に大きなチャンスが訪れます。

 
 

以前は藤崎紗羅(松本まりか)のマネージャーとしてタレントと信頼し合い良好な関係を築いていた花園の事を思い出すと、亜梨沙もあの頃の花園と同じように小島夏恋(小川紗良)に優しく声を掛けます。

夏恋は初めてのパーティで不安を抱えていましたが、亜梨沙のおかげで不安が取り除かれます。

 
 

CMを取るのにふさわしいタレントが見つからず苛立ちを隠せない花園は、目の前にポスター見つけるとソフィア(瑛茉ジャスミン)をパーティに連れて行く事に決めます。

 

一方、ソフィアは問題を起こしてばかりいてそのマネージャーの水谷(若葉竜也)は謝ってばかりいます。

 
 

夏恋はソフィアが元気がない事を気にかけ話しかけると、ソフィアは口を開きます。

故郷の貧しい家族のために稼がなければならないソフィアは夏恋にグチをこぼすと元気を取り戻します。

 
 

フローライトに戻ったソフィアは水谷に手っ取り早く儲かる仕事がしたいのだとワガママを言い暴れ出します。

手に取る物を投げ始めると、水谷のデスクにあった壊れた赤いハイヒールに手を掛けます。

その瞬間水谷は顔色を変え「やめろ!」と怒鳴りソフィアから奪い取ります。

 
 

普段は温厚な水谷が怒鳴り周りの視線が集まります。

 

そこへ花園がやって来るとソフィアの主張を尊重し、自分がソフィアのマネージャーになると話し始めます。

パーティへ出席しCMを取ると収入が増える事をソフィアに話すと喜んで水谷を切り捨てました。

 
 

勅使河原純矢(安藤政信)はフローライト社内で亜梨沙に出くわすと、気まずさに立ち去ろうとする亜梨沙わ引きとめ、キスした事に後悔していないと話します。

純矢は紗羅のおもかげを亜梨沙に感じて重ね合わせています。

 
 

キスの感触で紗羅だったとバレてしまわないか不安に感じる亜梨沙に、阿久津結菜(松井玲奈)は付き合ってしまえばいいと進めますが、どこかやっつけな物言いをしています。

 
 

パーティ当日、CMを取る為社長の久保寺に言い寄る女性の多さに圧倒する夏恋に対し、ソフィアは弱い女性を演じ久保寺の気をひく事に成功します。

水谷はソフィアを心配し、パーティ会場を覗きますがうまく立ち振る舞っている様子に複雑な気持ちを持ちながらその場を後にします。

 
 

夏恋は久保寺へ近寄ると、亜梨沙から与えられた資料をもとに勉強して来た事を発揮し2人で話す機会を得ます。

それを見て焦った花園は枕営業するようソフィアに指示しますが、亜梨沙の操り人形になった巻田健吾(片桐仁)がその会話を盗聴しています。

 
 

酒を飲み気分が悪くなった演技をするソフィアに久保寺が近付くと、部屋で休ませるよう花園が久保寺に頼みます。

 
 

ベッドで目を覚ましたソフィアが目の当たりにしたのは、赤ちゃんの格好をし自分をママと呼ぶ久保寺の姿です。

 

ソフィアには何をしても良いと花園は久保寺に話していました。

パーティの時の紳士的な男性とは別人の久保寺にソフィアは拒絶します。

 

水谷はバスルームへ逃げ込んだソフィアからSOSの電話を受けるとパーティ会場へと急ぎます。

それと同時に久保寺の部屋を盗聴していた巻田から、叫び声が聞こえると報告された亜梨沙もソフィアの様子を見に行きます。

 
 

久保寺は拒むソフィアを捕まえると首を絞め始めます。

 
 

急いで会場へ戻った水谷を見かけると、花園はその様子に異変を感じ水谷を追います。

久保寺の部屋に着いた水谷の目には、横たわったソフィアの足が見えます。

血に染まった赤いハイヒールの女性を思い出すと、助けを求めるソフィアのところへ向かいます。

 
 

水谷はソフィアを抱き起こすとバスルームで息絶えている久保寺を発見します。

首を絞められ抵抗したソフィアは久保寺を殺してしまいました。

 

ソフィアはパニックになりながら一連の様子を伝えると、水谷はソフィアに家へ帰るよう指示します。

遅れて久保寺の部屋に着いた花園と亜梨沙には、自分がやったと伝えソフィアをかばい罪をかぶると自ら通報し、亜梨沙を避けるように部屋に籠ります。

自分の手に付いた血に怯えるソフィアを見つけると、花園は「捕まったら故郷へ帰れなくなる」と言い聞かせ殺してしまった事を黙っているようけしかけるのです。

 
 

花園は自分がマネージャーになったために、ソフィアの事が公になると自分の立場が悪くなると思い、真実を隠します。

 
 

その頃、勅使河原友和(片岡鶴太郎)は10年ぶりに男と再会し食事をしています。

 
 

事件現場では、パトカーへ連行される様子を巻田がカメラにおさえ、水谷を見るとフローライトの人間だと気が付くのです。

 
 

結菜は現在の亜梨沙と純矢の関係を知り、やけ酒をしています。

事件に関わる人間がそれぞれの心境を抱き、時は進んで行きます。

(6話に続く)

スポンサードリンク

『ブラックスキャンダル』5話をご覧になった方の感想

ではここでは、『ブラックスキャンダル』5話を実際にご覧になった方の感想をご紹介しますね。

なつみさん(40代)
久保寺徹の癖にびっくりしました。見ていて気持ち悪かったです。

でもまさかあんな展開になるなんて想像もつきませんでした。

ソフィアを見ていて最初、自業自得だと思っていましたが、だんだん可哀そうになってきました。

一番悪いのは、ソフィアのマネージャーです。

相当の悪ですね。

あんなマネージャ現実には、いてほしくないですけど芸能界の怖さが少し見えてきます。

今回一番哀れなのが、水谷君です。

なんでソフィアをかばうのだろうと思いました。彼の優しさはわかるけど早く真実が証明されることを祈ります。

今回は亜梨沙がヒールを履いて成敗するシーンがなくて少し残念でしたが、次回も色々なことが明るみになり新たな展開がありそうなので期待してます。

1029さん(20代)
この後こうなるだろうなと色々予想しながらこの話を観ていたが、この5話では最終的にしない出来事が色々と起こり、今後の展開が楽しみになった。

これまで高飛車だったソフィアがこの5話での出来事をきっかけにどうなっていくか、またソフィアと水谷との関係性が今後どうなっていくのか気になるところだ。

花園がとても嫌な奴で今後どのように亜梨沙が花園に復讐するのか楽しみだ。

そして次の亜梨沙の復讐のターゲットは一体誰なのか期待して今後も見ていきたい。

時々忘れそうになるが純矢と亜梨沙の恋愛模様も今後どうなっていくのか注目したい。

勅使河原が要所要所で怪しい動きをしているのでそれがどう亜梨沙の復讐と絡んでいくのか楽しみだ。

ぴよちゃんさん(30代)
ソフィアは明るくて元気なので私の好きなキャラクターの1人です。

事務所に飾ってあったポスターもとても可愛かったです。

クロアチアにいる家族のためにお金を稼ごうとしていて偉いと思いました。

今回のことでどうなるか分かりませんが、最終的に元気にクロアチアに帰って家族と暮らせたら良いなと思いました。

矢神と花園のタレントの押し方は全く違いますが、矢神は小嶋をのびのびと育てて小嶋がピンチの時には必ず現れて助けてくれるので理想のマネージャーだと思いました。

小嶋も言葉で矢神のことを信頼していることがハッキリ分かったので2人は良い関係だと思いました。

ソフィアを庇った水谷の過去もチラッと流れたので次回でどんな過去があったのか知りたいと思いました。

第5話も面白かったです。

あんずさん(20代)
たまたま一話目を観て続きが気になって観続けています。

どうするんだろうと思ってたんですけど4話の最後でスッキリしました。結構過激なシーンも多くてドキドキします。

ありそうでなかったドラマのように感じます。平凡に暮らしているので芸能界の裏側みたいなのはこういうこともあるのかな?と思いました。

芸能界は悪い人が多すぎる!と思ってしまいました。

俳優さん達の演技が上手なのか、5話を観てとてもぞわぞわしました。

これからあるのかわかりませんが証拠だったり色々なものを使って解決してくれることを願いながら来週の放送を楽しみにしています。

最近はドラマをちゃんと放送日に見る事はなかったのですが、久しぶりにドラマにハマっています。

ブラックスキャンダル6話のあらすじ

ソフィア(瑛茉ジャスミン)の罪をかぶって水谷快人(若葉竜也)は逮捕された。

さらに花園由祐子(平岩紙)は、そのソフィアの弱みを握ってヌード写真集を出させようとし、ソフィアは追い詰められる。

矢神亜梨沙(山口紗弥加)はそんな花園への復讐を企てるが、巻田健吾(片桐仁)の裏切りに遭い、花園から手ひどい仕打ちを受ける。

フローライトを追い出されてしまう亜梨沙だが、窮地のソフィアを救うため、ある行動に出て…

引用元:https://www.ytv.co.jp/blackscandal/story/




おわりに

今回は「ブラックスキャンダル」5話のネタバレあらすじをご紹介しました。

ソフィアの前に“癖”全開の社長が出てきたときには一瞬ひきましたが、役に入り込みすぎている笠原さんに感動しました。

 

次回は、いよいよ花園に復讐がしかけられるのか!?

それに純矢も実は黒幕だったりして…社長の息子ですからね。

は~まったく先が見えません!どうなっていくんでしょう…

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。