スーツ(ドラマ)5話のネタバレあらすじ!【織田裕二主演/11月5日放送】

こんにちは、ハナです!

2018年11月5日にフジテレビ月9のドラマ『スーツ』の5話が放送されました。

 

5話では、再び悪友の遊星と会ってしまう大貴。

まだまだ大貴の(偽)弁護士人生はスタートしたばかりなのに、危ういですねー。

正午はそんな大貴にどんな決断を下すのでしょうか!?

 

では、「スーツ」5話のねたばれあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

スーツ(ドラマ)5話のネタバレあらすじ!

『幸村・上杉法律事務所』で2018年上半期の決算報告会が行われました。

甲斐(織田裕二)は、扱った案件数こそ蟹江(小手伸也)に譲ったものの、売り上げはNO.1だった。

幸村チカ(鈴木保奈美)は、甲斐と蟹江に伝統芸能のチケットを1枚ずつ賞品として手渡します。

 
 

そんな折、大貴(中島裕翔)の元に悪友の谷本遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが入ります。

大貴は、緊急事態で祖母の結衣(田島令子)が転倒して怪我をしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとしました。

すると甲斐は、自身が個人で契約している車を使うよう大貴に指示します。

 
 

大貴は、運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を打ち明け、警察署へ向かいました。

ところがその途中、赤城がトラックと不注意で追突事故を起こしてしまいます。

 
 

事故の相手は、運送会社の運転手・糸井公一(半海一晃)。

大貴は糸井に名刺を差し出し、体調を心配しました。

しかし糸井はそれには答えず、「甲斐正午はまだここにいますか?」と聞き返します。

 

赤城は大貴を気遣い、車を拾って警察署に向かうよう言ってくれます。

 
 

大貴は急いで警察署に向かい、遊星の身柄を引き受けます。

遊星は、飲食店で他の客と口論になり暴れたらしいのです。

店側からは壊れた食器の弁償を求められていた。

しかし遊星は、妹に避けられているし、マンションや車を失った上、めちゃくちゃな利息をつけられて、まだ借金も抱えているといいます。

 
 

甲斐は、赤城から、糸井が示談を拒否しているとの報告を受けます。

事故の相手の写真を見ると甲斐は苦い顔に、過去に何かあった模様です。

 

甲斐は、示談交渉もせず、事故現場を離れただけでなく、嘘までついていた大貴を非難するとともに、この機会に遊星との関係を決着させるよう命じます。

 
 

漫画喫茶に、遊星に会いに行く大輔だったが、就活をしていて、情けからすぐに別れは切り出せず飲みに行くことにしました。

就職祝いに騒ぐ2人、会社のロゴの入った封筒を見た怪しげな男2人に目を付けられ、事務所にもやって来てしまう羽目に、大貴は駐車場に逃げ込み、赤城に助けられます。

赤城は甲斐先生に救われたといって、大貴は遊星を見捨てるのは良くないのかなと思い始めます。

 
 

一方の甲斐は、糸井(元社長)の元に向い、交通事故の謝罪をするも示談は頑な賠償金を保証しましたが、断られ運転手を続けられなくなって、「精神的後遺症」を受けられるようにしようとしている糸井に「裁判では認められない、無駄な争いはしたくない、いくらほしいのですか?」と言い放ちました。

糸井ベアリングは高品質の国内トップシェアの会社であったが、新開発商品が特許問題でもめて、相手の大手メーカーの顧問弁護士が甲斐で、糸井社長に訴訟を断念させたという因縁の関係でした。

 
 

しかし先日の甲斐と糸井の会話が録音されていて、ねつ造された音声がネットニュースに流されてしまうという事態になってしまいます。

このままだと大口顧客が離れてしまうと幸村に脅されます。

自業自得と蟹江に嫌味を言われます。

 

甲斐は大貴に遊星と手を切れ、中途半端な優しさは甘やかしで、次はないぞと言われます。

 

赤城さんが甲斐と知り合ったのは、甲斐が担当する事件の証人でした。

 

バンドマンの仲間の事件で偽証を迫られたが、赤城は最後まで真実を話すと決め、本当のことをいったら音楽関係の仕事から追放されたので、甲斐は赤城を救いの手をさしのべて、運転手にしたという過去がありました。

 
 

大貴がハイヤーのドライブレコーダーから糸井が事故当時「一時停止を無視している可能性」に気付くがその映像からでは分かりづらく、甲斐は糸井が働く運送会社に行きドライブレコーダーについて聞くがSDカードを入れ忘れたという理由で当日の映像がないことが分かりました。

事故現場に向かっていた大貴に甲斐から連絡が入り、糸井がデータを消去したのには何かやましいことがあったはずだと読みます。

 

当日、トラックの後ろを走っていた車を思い出した大貴は、その車の会社に向かいドライブレコーダーの映像を手に入れました。

 
 

甲斐と共に糸井に再び会いに行き、その映像を見せると、中には糸井が違反をしている場面がバッチリと映っていて、甲斐は「動画を拡散する」と脅し、「悲劇のヒロインを演じた一般市民の化けの皮がはがれて世間の目にさらされるのはあなたです。貴方と100回戦っても100回かちます。」と言います。

 
 

そして、例の名誉棄損のテープレコーダーを消去するように命じます。

糸井はうなだれます。

 
 

大貴たちが事務所に戻ると、飲みに行った日の夜に目を付けられていた男達がいて遊星の連帯保証人になっていると、大貴に500万用意するよう強要してきました。

拉致され暴行された遊星の写真を見せられた大輔は、時間をくれるように話します。

 

男達が去った後、甲斐から「やれるか?」と問われ「僕が何とかするしかないんですよね」と、取引場所の倉庫へと向かいました。

お金の入ったアタッシュケースと遊星を交換し、一件落着かと思われたが、ケースの中にお金は入っておらず、そこには男達の悪事が記された書類や写真が入っています。

 

男達は激怒するが、大貴が上手く話しを付け何とか解放されました。

 
 

お礼を言い更生すると話す遊星に大輔は「恩を感じているなら、俺に近づくな!」と、決別する流れに持っていったがそう簡単には割り切れないので、1人になった途端周りに当たってしまいます。

さらに甲斐の元には、元上司の次長検事である柳慎次(國村隼)がやって来ていて、手を貸してほしいと頼まれるが断っていました。

そして、甲斐と大輔は事務所ビルの前でちょうど会い、良い表情でアイコンタクトし頷くのでありました。

次回をお楽しみに!

(6話に続く)

スポンサードリンク

「スーツ(ドラマ)」の5話の感想

しみしみねこさん(40代)
今回、大輔の遊星との決別や、甲斐の苦悩がメインでしたが、彼らの周囲の、女性の活躍も見逃せないところがあるなと思いました。

幸村チカ代表は、ファームを守るためには甲斐に苦言を言ったりもしますが、蟹江に対するときとは違ってある程度は甲斐の意見を聞く気があるようですし、励ましたりもしていました。秘書の伽倻子は甲斐と大輔の実情を飲み込んでいて、間を取り持とうとアドバイスしてくれることもあります。

大輔の方にもパラリーガルの真琴や遊星の妹の砂里が影に日向にフォローしてくれています。

主人公たちにそれだけ女性が支えたくなるような魅力があると言うことは、見ていてとても嬉しい話です。

色っぽい話も少しは欲しいところですが、働く女性の姿も見ごたえがあって楽しいです。

1029さん(20代)
今回は大輔の悪友遊星が登場したのだが、仕事を優先すべきか、悪友遊星を助けるのを優先すべきか、仕事か友情かの選択に迫られる大輔の気持ちがよく描かれていたと思った。

大輔の交通事故相手が甲斐を昔から知っていて甲斐に恨みを持つ人物で、示談はせず訴訟を起こすと言う彼をどのようにして示談へと持っていくかは見応えがあり面白かった。

今回の5話でも甲斐の悪どい部分が描かれた場面がいくつかあり面白かったが、大輔に時より見せる優しさや、秘書の伽倻子とのやりとりや、甲斐の運転手の赤城と楽しく話す様子などを見るとやっぱりいい人なんだなと思わされた。

漫画ONE PIECEのセリフの引用が5話の中でいくつか出てきてONE PIECEファンとしては少し興奮した。

まーさん(30代)
今回はいつも以上にハラハラしながらみました。

ダイスケが弁護士としてどんどん成長しているところは見ていてとても嬉しくなります。

悪友を助けるときにも一人の弁護士としての対応は本当にかっこよかったです。

今まではまだダイキとしての部分が出ていましたが、弁護士のダイスケとして成長しているのだと感じた5話でした。

カイ弁護士のを助けるために一生懸命になっているところもみどころです。

どんどんダイスケとカイ弁護士のチームワークがよくなってきた感じがしました。

カイ弁護士もただ単にクライアントのためなら手段を選ばないわけではなく、本当は優しさもあるのが伝わってきました。

次回はカイ弁護士の過去がさらにでてくるのではないかと楽しみです。

「スーツ(ドラマ)」6話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。

内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。

だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。

チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。

そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。

甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。

藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。

実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。

小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。

すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。

華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/SUITS/story/index.html

終わりに

今回は「スーツ(ドラマ)」5話のネタバレあらすじをご紹介しました。

大貴は爆弾をたくさん持っていますが、それを分かりつつもいい方向に導く甲斐は優しさがありますね。

大貴もそれにこたえていますが、今後もなにかしでかすんじゃないかとちょっとヒヤヒヤしてしまいます。

来週から後半戦に突入。

次回は因縁の蟹江とタッグを組むようです!

では、次回をお楽しみに~

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。