黄昏流星群【5話】のネタバレあらすじ!ドロドロのW不倫が始まる!?

2018年11月8日にフジテレビのドラマ『黄昏流星群』の5話が放送されました。

 

ハラハラのエレベーターでの鉢合わせからの5話。

完治と美咲は、どうやって会話を始めるのか気になりますね!

そして、ギクシャクしたまま春輝も一緒に温泉へ。

このままW不倫&美咲の不倫に突入か!?

 

では、「黄昏流星群」の5話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

黄昏流星群【5話】のネタバレあらすじ!

(ホテル)

完治は美咲が年配の男性とキスをした場面を目撃後、栞と共にホテルの部屋に入りました。

早速、完治は栞にキスし、ハグまでもしました。

しかし、完治はハグの体勢のままベッドに連れて行ったが、美咲の件で引きずっていたため、栞と身体の関係に持ち込む気持ちを失っていました。

 
 

(瀧沢家)

帰宅した真璃子は、まだ美咲が帰宅していなかったので、美咲に他の男性がいる可能性を考えたが、「まさかね」とすぐ考えることをやめます。

 
 

(春輝の家)

春輝も家に帰宅し、母親に美咲とのデートは楽しかったと報告しました。

母親は体調が優れないようで、本来春輝と母親が行くはずだった鬼怒川への旅行は美咲と行くようにと話しました。

 
 

(瀧沢家)

翌日、完治は美咲と対面し、昨日のことを聞こうとするのに対し、真璃子に聞かれたくないからやめてと美咲は言いました。

 

出勤途中、美咲は完治に「お互い追及するのやめない?春輝と結婚してけじめをつける」と話しました。

「結婚と恋愛は別、私もお母さんには言わないから黙って」と美咲は急ぎ足で先に向かって行きました。

 
 

(荻野倉庫)

完治は出勤し、ため息をつきました。

栞は調理場で仕事をしていました。

 

仕事が終わった完治は栞を迎えました。

完治は昨日身体の関係になれなかったことについて謝罪したのに対し、栞は「無理しないでください。無理するのはやめましょう。一緒に居られるだけで楽しいですから。」と話し、来週に山に連れて欲しいとリクエストしました。

完治はリベンジとして山に連れて行くと約束しました。

 
 

(瀧沢家)

美咲は、春輝は母親と毎年行っているという温泉旅行の件で、今年は母親の体調が優れないので、美咲だけではなく、完治や真璃子も一緒に連れて行こうと考えていることを話しました。

 
 

(外)

完治は栞に電話をかけ、来週家の用事により、山に連れて行けなくなったと答えました。

栞は「ご家族と楽しんでください」と言ってから電話を切りました。

 
 

(旅行の最中)

春輝が運転する車に乗った美咲、完治、真璃子は鬼怒川を観光しました。

その後、旅館で食事を頂いていました。

4人で会話中に美咲の元に電話がかかったため、美咲は部屋を出ました。

完治も席を外した後、真璃子と春輝は二人きりになりました。

 
 

一方、どうやら年配の男性の方と電話で話している様子だという美咲を完治は目撃し、「愛してもないのに結婚するのは失礼」だと指摘しました。

美咲は「最初から条件のいい男を選んで結婚して何が悪い?浮気をしているならお母さんにもっと優しくしてあげて」と完治に訴えました。

 
 

その一方、真璃子は春輝と美咲が仲よさそうで安心したと春輝に話しました。

春輝も仲のよさそうな家族で安心したと話しました。

仲居がデザートを持参し、写真を撮ろうか?と提案したのに対し、春輝は承諾しました。

そのため、春輝と真璃子はツーショットを撮ってもらいました。

 
 

(介護施設)

栞は母の介護をしていながら寂しそうな表情をしていたため、母に心配されました。

「好きな人がいる。でもその人には家族がいて、今頃その人は家族と一緒なんだなと思ったら」と栞は話しました。

母は「栞には私がいる」と励ましました。

栞らのそばに転がってきたボールを男の子に返した栞は母の様子を見ると、母が動かなくなって何も反応しなくなっていて動揺しました。

 
 

(部屋)

完治と真璃子は部屋の露店風呂がいい感じだと話しました。

「春輝と美咲の関係は邪魔しないで見守ってあげないと。一人娘が家からいなくなるのは寂しいけど、完治のいない間、美咲を心の拠り所にしていただけ」と真璃子は話しました。

完治は「久しぶりに風呂に一緒に入るか?」と真璃子の肩を触ったが、真璃子は断りました。

完治は、美咲が未だに懇意している先生がいないかどうか聞いたのに対し、大学の戸浪先生?と真璃子は答えました。

 
 

(介護施設)

栞の母は死亡しました。

栞は衝撃のあまり、なかなか言葉が出ませんでした。

 
 

(ホテルにあるPC室)

完治はインターネットで戸浪先生を検索した結果、美咲とキスした男性であることを突き止めました。

 
 

(部屋)

真璃子は完治の携帯が鳴っているため、携帯を見ると栞からの電話であることを確認しました。

真璃子は電話に出て「ご主人に何の用ですか?」と聞いたのに対し、栞は間違い電話だと言って電話を切りました。

 
 

(美咲と春輝の部屋)

完治は美咲から携帯を取り上げ、戸浪先生との関係を批判しました。

美咲は「簡単に別れられない。好きだから。本当ならずっと一緒にいたい。会いたくてしょうがなくなる。不倫だとか自分だってしてるくせに決めつけないで。あの人とすぐに別れられる?家族を裏切ってる」と主張してから温泉に向かいました。

その様子を春輝は目撃していました。

 
 

(旅館の外)

春輝は真璃子は良い月だと夜空を眺めてから散策しました。

夏にはこの先の川に蛍が出ると春輝は話しました。

 

真璃子は「美咲があなたみたいな優しい人と出会ってくれてよかった。母親にとって娘って分身みたいなもの。美咲が幸せなら私も幸せ。本当はちょっと無理してるかな。あの子の若さが羨ましいと思う時はあるけど、私も若い頃があって幸せな頃もあった」と言った途端に足を止めて、動揺している様子でした。

春輝は突然真璃子にキスし、真璃子の頰に触りました。

真璃子はすぐにその場から立ち去りました。

 
 

翌日、完治、真璃子、美咲、春輝は出かけました。

春輝は美咲とラーメンを美味しく食べているのを見て、真璃子は私の悲しみに反応したから昨日はキスしてきたのだと感じていました。

その最中、完治は栞から既読をつけているにも関わらず、返信が来ないことが気になっていました。

 
 

(荻野倉庫)

旅行から帰ってきた完治は栞に会いに食堂に行くが、忌引で休みだというのを受け、栞の母が亡くなったことを知りました。

屋上にて、完治は栞に「何か私に力になることがあれば」とメッセージを送りました。

 
 

(瀧沢家)

「最後にキスしたのっていつ?」と真璃子は聡美に聞きました。

聡美は、真璃子が誰かとキスしたのかと疑ったのに対し、真璃子は否定しました。

 
 

(帰宅途中)

完治は栞から「ありがとうございます。もう心配しないで、もう私に関わらないでください」とのメッセージを読んでいました。

 
 

(春輝の家)

春輝は旅館にて撮ってもらった真璃子とのツーショット写真を眺めていました。

その写真を見た春輝の母は、見てしまったにも関わらず、春輝に指摘しませんでした。

 
 

(滝沢家)

完治は専務が死去したからと真璃子に嘘をついた上で、葬式に向かいました。

 
 

(葬式)

完治は栞に挨拶してから、ご焼香させてもらいました。

 
 

(居酒屋)

完治は栞と行きつけの居酒屋に顔を出しました。

完治は栞の母が亡くなったと店主に報告しました。

店主によると、完治と栞は付き合っているように見えたそうです。

「男と女の関係ではない。まだ不倫じゃないと心の中で言い訳をし、踏みとどまってる気だった。不倫「倫理にもとる」。妻以外の女性を好きになって、その人を大切にすると言う、それは倫理にもとるってこと?何かあったら駆けつけて力になってあげたいけど何もできなかった」と完治は落ち込んでいました。

店主は「自分がどうしたいか、ただそれだけのこと」と言いました。

それを聞いた完治は店を出ました。

 
 

(栞の家)

栞は涙をこらえつつ、お茶の用意をしていました。

しかし、やはり涙はこらえきれず、栞は涙を流し、母とのことを思い出して崩れ落ちました。

 

その時、チャイムが鳴ったため、栞はハンカチで涙を拭いて、落ち着いてからドアを開けました。

そこには完治がいて「大丈夫ですか?僕にできることが何かないかと」と聞いてきて中に入りました。

完治はまず栞に状況もわかっていなく、あなたの力になれなかったことで謝罪しました。

 
 

栞は「私はかわいそうじゃない。だって楽になったから。今だから言えるけど本当にきつかった。母に付きっきりで。施設に預けてからは楽になったけど、いつも母のことが気になって。その重しが取れた。すごく楽になりました」と下を向いて涙が溢れてきました。

完治は栞を励まし続けました。

 

栞は、完治が旅行の最中、母が死んでこの先ずっと一人になるのが怖くて電話をかけたら、真璃子が出てきたため間違い電話のふりをしたけど真璃子にバレてしまったのだと思うということを完治に話しました。

「完全にルール違反です」と栞は口にしたものの、「今なら私たちまだ間違いを犯してないから間に合います。帰ってください」と完治を帰らせようとしました。

それでも完治は帰らないで、栞を抱きしめキスをしました。

(6話に続く)

スポンサードリンク
あんこさん(30代)
娘の浮気を知って完治は娘を責めてましたが、お父さんだって同じことしていると言われてしまうと言い返せず言葉がないですよね。

それでも娘を心配する父親心はよく分かりました。自分のしていることと娘のしていることは別なんですよね。

温泉旅行では波乱の展開続きにどうなることかとドキドキしました。

真璃子と春輝はこれからどうなってしまうんですかね。

次の日にはけろっとしている様子の春輝に戸惑うのもわかります。

春輝にはどんな理由があったのか教えてほしいです。

完治は何だかんだで家族を大事にしているのかと思っていたので、最後の展開は衝撃的でした。

栞のもとに駆けつけるくらい、栞のことを大切に思っていることが伝わってきました。

みちこさん(40代)
先週の終わり方が気になり待ち遠しい1週間でした。展開が早いのでは??と、感じましたが自分の気持ちに正直に突進する姿に気圧されました。

それぞれに色々な思い、考え方、立場が複雑に絡み合っていてどんな答えを出すのかが気になっています。

秋のドラマの中で1番気になっている作品で自分だったらどうするだろう?と、考えながら見ています。

一度しかない人生だから好きに生きればいいと思ってそれぞれを応援している自分がいます。

久しぶりにキュンキュンとはちがう大人向けのしっとりと言うか乾いた何かが潤わされていくような気がしています。

ドキドキ、キャーキャーしながら見るドラマが多かった所に熟年の夫婦のあり方、子どもとの距離感がリアルで先の展開が気になって仕方がありません。

黄昏流星群の6話のあらすじ

目黒栞(黒木瞳)とついに一晩過ごした瀧沢完治(佐々木蔵之介)。

真璃子(中山美穂)には、銀行の同期と飲んでいたらタイミングを逃したので、井上英樹(平山祐介)の家に泊ると電話した。

そんな完治を栞は心配そうに見ていた。

翌朝、栞と朝食を共にし、すがすがしい朝を迎えた完治。

しかし、帰宅する完治を送り出し、洗濯物を干し始めた栞は体に異変を感じる。

一方、家に帰ったもののすぐに出社する完治の姿に途方に暮れる真璃子は、水原聡美(八木亜希子)に夫の浮気は確定的だと打ち明ける。

思わす出てしまった完治の携帯電話から聞こえてきた知らない女性の声、表示された目黒栞という名前、そして明らかにおかしい昨晩の外泊…。

おこまでハッキリ浮気と分かってしまうと逆に問いただす気にもなれないと真璃子は嘆く。

美咲(石川恋)と日野春輝(藤井流星)の結婚を進めるため両家で顔合わせすることになり、日野家に出向いた完治たちは、豪華な邸宅や春輝の母・冴(麻生祐未)の厳しい目、凛とした物言いに気圧される。

特に、早く孫をと望む冴のプレッシャーに窮屈そうな美咲。

帰り道、完治は美咲に戸浪恭介(高田純次)とは別れるのか問いただす。

きちんと別れるから心配しないでと答える美咲。

完治が荻野倉庫に出社すると、川本保(礼二)が荒れていた。

メインの取引先から契約を打ち切られた、という。

完治は融資を頼みにかつての勤め先、若葉銀行へと赴くが…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/story/index.html




おわりに

今回は、「黄昏流星群」の5話のネタバレあらすじをご紹介しました。

完治は一途に栞に向かってしまいましたね。

真璃子か栞かだったら、栞に行ってしまうのもわかるけど、真璃子にも良さはたくさんあるのに…夫婦だと見えてこないんですね。

瀧沢家、修復していくんでしょうか…

来週も楽しみですね!

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。