僕とシッポと神楽坂【5話】のネタバレあらすじ!達也とトキワが接近!?

こんにちは、ハナです。

 

2018年11月9日(金)に、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の5話が放送されました。

今回は、いつも元気なすず芽とすず芽の母、また、トキワと大地の親子関係に危機が訪れます!

そして、達也とトキワが…。

んもう、近頃テレビで相葉雅紀さんを見るたびに、このドラマ思い出して胸が熱くなるくらい達也が大好きです。

 

では、「僕とシッポと神楽坂」の5話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

僕とシッポと神楽坂【5話】のネタバレあらすじ!

(街)

ダイキチを散歩しつつ、達也は病院に向かいました。

 
 

(病院)

動物の家は順調ですが、嫌な予感がするとのことで徳丸先生が顔を出してきました。

徳丸先生は人間ドッグを受けることにしたため、病院に泊まると達也とトキワに報告しました。

 

その後すず芽は堀川にお願いがあると、病院に顔を出し、インコをここで預けて欲しいとお願いしました。

インコの飼い主はすず芽の母の咲江であり、咲江が入院したという事情がありました。

 

それを聞いた達也は「お母さんのお見舞いに行くのが条件、朝晩の餌やりと鳥かごの掃除をしてくれるなら預ける」と話しました。

インコは同じ声を出して絆を保っていると堀川が言いました。

 

すず芽は自分が芸者になってから咲江とは話していないようです。

トキワは、大地が夫の両親に泊まりに行くことになったと達也に話しました。

 
 

(神社)

トキワは、夫の両親に挨拶しました。

「夫が行方不明になってもう7年。大地を立派に育ててくれて感謝している。そこでトキワはまだ若くて、の先好きな人ができていつか再婚するかもしれない。そこで民法では3年以上生死が分からないと離婚できる。もう自由になってもいいんじゃないかな?大地はたった一人の孫。大地を返して」と夫の両親はトキワにお願いしました。

トキワは「わかりました」と話しました。

その様子を大地は側で聞いていました。

 
 

(病院)

夫の両親は、病院に顔を出しました。

準備した大地は、夫の両親とともに病院を出て行きました。

 

夜、すず芽は鳥かごの掃除をしていました。

インコは話しかけた言葉しか覚えられないというのを聞き、ピースケは「ただいま」との言葉しか聞いていないので、「おかえり」と言わないのだと、すず芽は気づきました。

 
 

(街)

休みをもらったトキワは、田代と遭遇しました。

 
 

(喫茶店)

トキワは田代と談笑しました。

田代は「加瀬先生は知識もオペの腕前もよくて憧れだった」と話すのに対し、トキワは「全部過去形なんだ」と思わず言ってしまいました。

田代は「いつまで加瀬先生を待つつもり?現実的に考えて7年は長かったはず。いつかトキワさんがもう待つのをやめてもいいと思える日が来たら、僕を大地くんのお父さんにしてもらえませんか?」とトキワに聞きました。

 
 

(帰り道)

大地が今何をしているかと気になったトキワは、大地の携帯のGPS位置情報をチェック。

大地が動物園にいることを知りました。

 
 

(動物園)

「動物園楽しい?」とのトキワのメッセージを見た大地は既読をつけただけで、メッセージを返すことはありませんでした。

 
 

(咲江のいる病院)

名倉が背中を押したことで、すず芽は一緒に咲江のいる病院に顔を出しました。

進路指導で忙しいため、生活改善入院をしている咲江は「芸者なんて不安定な仕事」とすず芽に言いましたが、すず芽は「聞きたくない」と言いました。

次にピースケの心配をしたのに対し、すず芽は私よりピースケの心配をしていることに不満で病院を出てしまいました。

 
 

(病院)

名倉はすず芽と咲江の様子を、達也らに報告しました。

親の反対を押し切って夢を叶えたから断絶していると堀川は知りました。

 

すず芽と咲江は仲直りできないかな?

「親なら子供の気持ちを大事にしてあげるべきでは?」と堀川は言いました。

 

トキワは浮かない表情をしていました。

 

その時、飼い主は、なかなか赤ちゃんが出てこないとのことで犬を連れてきたため、急遽達也らは手術をし、犬の赤ちゃんを産まれさせようとしました。

達也は、トキワが大地のことを考えてボーッとしていたのを指摘しました。

やがて赤ちゃん(子犬)は生まれてきました。

 

トキワは、オペ中にぼーっとしてしまったことを達也に謝罪しました。

達也は大地のことですか?と聞きました。

 

達也も母と2人だけの家族であり、母は父の役割もしようとしていたのだと話しました。

 

キャッチボールしようとグローブを買ってきたが、母は運動音痴だから隣の家の窓ガラスを割って二人で謝りに行った時、無理して父さんになる必要なんかない。

母さんはいるだけでいいのにと達也は思っていたようです。

 

トキワは達也に「付き合ってもらえますか?」と聞きました。

 
 

(居酒屋)

お酒を飲んだトキワは夫の両親に、大地は加瀬家の跡取りだから返して欲しいと言われたことを達也に打ち明けました。

大地はトキワの産んだ子ではなく、夫の連れ子でした。

 

大地が3歳の時、トキワと夫は結婚し、半年後に夫は南米に行ったまま消息を絶ってしまったそうです。

「大地から父親を取り上げちゃったのは私。」とトキワは口にしました。

 
 

(加瀬家)

トキワが夫に南米に行くようにと提案しなければ…と夫の母は口にしたのを夫の父は止めました。

その会話を聞いてしまった大地は、父が飛行機に乗って南米に行くことを大地に話した時のことを思い出していました。

 
 

(居酒屋)

トキワは「熱帯の動物の研究は夫の長年の夢で、その夢を私たちのために諦めて欲しくなかった」と言いました。

ご主人の事故はトキワのせいではないと達也は話し、トキワの心配をしました。

トキワは「大丈夫ってずっと自分に言い聞かせてきた。でも不安になることもある。あの人もう帰ってこないかな」と目元に涙を浮かべました。

 
 

(病院)

すず芽は病院に顔を出し、ピースケの様子を見にきました。

徳丸は、「咲江の大事なピースケだから面倒を見に来てくれたのだろう」とすず芽に聞きました。

 
 

(トキワの家)

達也は、酔ってしまったトキワをおんぶし、トキワの家にまで連れてあげました。

そこで解散しようとするものの、トキワが家にぶつけてしまったため、達也はトキワを家に休ませました。

トキワの夫と大地のツーショット写真を見た達也は「トキワさんも大地もあなたの帰りを待ってます」と話しかけました。

 
 

(加瀬家)

夫の両親は一緒に暮らさないか?と大地に聞きました。

夫の母「トキワを自由にしてあげたほうがいいかな?と思って」

大地「俺がいたら母ちゃんは自由ではないの?」

夫の母は「血の繋がった私たちと暮らすのが一番」と説得しました。

 
 

(咲江のいる病院)

徳丸は咲江に会いに行きました。

徳丸はお見合い品を咲江に渡しました。

それはすず芽が子どもの頃好きだった飴の入った箱でした。

「すず芽は今、神楽坂では評判の芸者で、さすが咲江さんの娘だ」と話した徳丸は病院を出て行きました。

 
 

(高円寺家)

翌朝、30代女性の髪の毛(トキワ)が達也の首あたりについていたことを貴子らは気づいていました。

トキワの夫が行方不明だとすず芽は話しました。

達也の元にトキワから電話で、大地が加瀬家からいなくなったとの連絡を受け、家を飛び出しました。

 
 

(街)

トキワは交番の方に大地のことを話したのに対し、達也は大地を探しました。

そこで堀川に遭遇し、堀川は大地の書いた作文を達也に見せました。

その作文には

「僕は大きくなったらお父さんと同じ医者になりたい。動物の研究で外国に行っており、早く帰って来ればいいと思う。母ちゃんは動物の看護師で、仕事をしている母ちゃんが好き。母ちゃんが働いてるところを見れる動物病院が好きです」

と書いてありました。

 
 

(病院)

達也が病院に向かうと、そこに大地がいるのを見つけました。

大地は「どうしたの?」と達也に聞きました。

そこにトキワも現れ、大地に抱きついて、何で帰ったか?と聞きました。

 

大地「あのまま家にいたら帰れなくなると思って。母ちゃん俺がいない方がいいでしょ。

大地を返してと言われた時「わかりました」と言ったのはどうして?と大地はトキワに聞きました。

大地「俺がいたら自由じゃないんだろ?」

 
 

実際、大地が帰ってしまった後、トキワは

「お断りします。この7年間一緒に生きてきたのは私です。私と大地は家族です。私から大地を奪わないでください。お願いします。」

と頭を下げていました。

 

「自分たちの気持ちを大地に話し、大地が決めることだから」と夫の両親は話していたそうです。

 
 

大地は、お父さんと「父さんが帰ってくるまで母さんの面倒を見てほしい」と約束していたとトキワに話しました。

「だから母ちゃんは俺が守る。俺がいないとダメだろ?」と聞いた大地に対し、目元に涙を浮かべたトキワはうなづきました。

 
 

すず芽が現れ、ピースケの様子を見ると「大変」と言いました。

ピースケのお腹が腫れていて元気がない様子でした。

 

卵が産めない状態で体の中に残ったままだと達也は診察しました。

慣れない場所に来てストレスが溜まったのだと達也は判断しました。

 

ピースケは男の子だと思い込んでいたすず芽は、ピースケが女の子であることに驚き、「助けて」とお願いしました。

「すず芽ちゃんの気持ちは受け取りました」と達也はすず芽の手を握りました。

 
 

達也とトキワはピースケの手術を行った後、もう大丈夫だとすず芽に報告しました。

達也は「お母さんにはすず芽ちゃんがいる。お母さん一人ぽっちにならない。」と言ったのに対し、すず芽は「向こうは私のことなんか娘だと思っていない」と主張しました。

 

徳丸はすず芽に、すず芽の大好物の飴の入った箱を渡しました。

すず芽はピースケが「すず芽、会いたいね」と喋っていることに驚きました。

それは、咲江がすず芽が芸者になっているという記事を見て「すず芽会いたいね」と口にしていたからでした。

それを聞いたすず芽は、涙を流してトキワに抱きつきました。

 
 

(咲江のいる病院)

すず芽は、退院した咲江を迎えに来ました。

すず芽は喧嘩しに来たわけではないと話し、「芸者って仕事誇り持ってやっている。そろそろ認めてくれないかな?」と聞きました。

咲江はとっくに認めており、ポスターとか記事とか全部見ていると話しました。

「今度快気祝いに一席を設けるから来て」と言ったすず芽に対し、咲江は微笑みました。

 
 

(病院)

徳丸が病院の外にある板に描いていた絵を完成しました。

その絵とは達也とダイキチの姿で、達也もトキワも感動しました。

徳丸は人間ドッグの結果、問題なかったそうです。

達也とトキワはお互いに「これからもよろしくお願いします」と挨拶しました。

(6話に続く)

スポンサードリンク

僕とシッポと神楽坂【5話】の感想

あかりさん(20代)
いつも動物の話をメインにすることが多いのだが、今回は、すず芽と咲江の間の関係、トキワと大地の間の関係といった人間関係が見どころだと感じた。

達也は大地と同じく母子家庭で育てられてきたからこそ、大地の気持ちを達也は察することができるからこそ、大地視点で達也はトキワに助言をするのもできることだと思った。

トキワの旦那は未だに戻ってこないにも関わらず、辛抱強く大地をここまで育ててきたのは凄いことだと思った。

達也はトキワの旦那が早く帰ってこれるように願っていたが、いずれは達也がトキワと大地を支えていくのも方法の1つではないだろうかと感じた。

田代先生がトキワへの好意があるようだが、トキワは田代先生への好意を持っていなさそうなので、達也とトキワに恋が落ちる可能性を否定できないのでは?

次回以降の展開が楽しみである。

ノッポちゃんさん(50代)
すずめが持ち込んで来たインコは、ただいまと飼い主の真似をしていて、すずめにただいまと言う。

すずめはお母さんの喋り方にソックリと嫌がっていたが、インコが体調を崩し、回復した後にコウ先生はすずめに良く聞いてと言った。

インコは会いたいね、寂しいねと言っていた。インコは聞いた事を話すからすずめの母がいつもすずめを思って言っていた事がわかりビックリしました。

インコによって親子のわだかまりが無くなり、動物は凄いと思いました。トキワと大地が血が繋がらない親子だとわかり、驚きました。

血が繋がらなくても7年間親子をして来たのだから誰がなんて言っても2人は親子だと思いました。

互いに互い思う気持ちが他の親子よりも強いと思いました。

すままりんさん(40代)
親が子供の将来のことを考えるのは当然だし、それが愛情だと思うけれど、なかなか子供はその事に気づかないものだと思う。

芸者のすすめちゃんとお母さんの関係もきっとそうなのだろうなぁと思う。

互いに思いやっていても、似た者同士だと尚更、口にはできないのかもしれない。

でも、親子であっても、相手のことをどう思ってるかとか、自分はどうしたいのかとか、きちんと言葉で伝えなければいけないと感じる。

また、すすめちゃんも、達也も、そして大地も、それぞれ母子家庭で育ってるけれど、母親が思ってるほど、子供はそのことを辛いとは思ってないのかもしれない。

子供心に、自分がなんとかしたいという気持ちは、きっとあるはずだから。親子の絆について、改めて考えさせられた。

僕とシッポと神楽坂【6話】のあらすじ

大沢香子(喜多乃愛)が弱ったチワワを連れて『坂の上動物病院』にやってくる。

ボランティアに参加していた香子は、そこで悪質なブリーダーに育てられたチワワを保護。

栄養状態が悪いことを懸念し、達也(相葉雅紀)を頼ってやって来たのだ。

トキワ(広末涼子)や大地(矢村央希)、広樹(小瀧望)の手でシャンプーされて、見違えるようになったチワワは『ロミ』と名づけられ、新しい飼い主が見つかるまで香子の家で暮らすことに。

すっかりロミを気に入った大地は、香子の家に遊びに行き、ロミと遊ばせてもらう。

そんな香子と大地の様子を見た香子の母・頼子(ホーチャンミ)は、ふたりの姿を幼いころの自分と達也に重ね…?

だが頼子は、香子がいまだに『坂の上動物病院』に出入りしていることを知り、複雑な思いに。

頼子による、神楽坂の再開発計画は着々と進められようとしていたのだ…。

そんな中、神楽坂界隈で「達也とトキワがキスをしていた」という噂が、まことしやかに囁かれ始める!

根も葉もないうわさに困惑する達也とトキワ。

しかしふたりの関係にも少しずつ変化が出始めていた。

その矢先、ロミを引き取りたいという夫婦が現れる。

頼子からもロミを飼うことを反対されていた香子は、ロミの幸せを願って手放す決意を…。

しかし、ロミと離れ離れになってしまうことが辛い香子は、もう一度頼子に「ロミと家族になりたい」と切り出してみるが…?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/story/0006/

おわりに

今回は「僕とシッポと神楽坂」の5話のネタバレあらすじをご紹介しました。

次回、トキワと達也、どうなるんでしょうねー!

楽しみです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。