ドロ刑5話のネタバレあらすじ!|三遊亭好楽/11月10日放送

こんにちは、ハナです。

2018年11月10日(土)に、ドラマ『ドロ刑』の5話が放送されました。

 

今回は、なかなか13係になじめていない皇子山の過去が分かるかも…

そして13係もどんどんチームワークがよくなっていきますよー。

刑事ものなのに、なんだかほっこりするドラマですね。

 

では、「ドロ刑」の5話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

ドロ刑5話のネタバレあらすじ!

(警察)

鯨岡は、13係のメンバーの皆がやる気を出しているにも関わらず、皇子山の非協力的な態度が気に食わないと細面に話しました。

皇子山がいなくなると13係はただのクズの集まりになるため、皇子山が何を考えているかを探るようにと細面にお願いするが、断られたため、「斑目なら懐に飛び込む能力はあるから斑目を使うように」と細面に指示を出しました。

 
 

(バー)

内部監察をすることになったと斑目は、煙鴉に報告。

皇子山の裏の顔を暴くのは面白そうだと、斑目は浮かれていました。

 

そこに皇子山が顔を出し、「腑に落ちない。」と煙鴉のことを疑っていました。

 

斑目はお酒で酔った上で、寝落ち。

「西野(煙鴉)の地元はダムに沈んでいたが、当時を知る親戚は東京で暮らしている」と話した皇子山に対し、「もう一度ドロ刑を勉強し直したほうがいい」と煙鴉は言いました。

 
 

皇子山もバーを出て、煙鴉を尾行しました。

煙鴉はサングラスをかけ、黒手袋にはめて住宅街の中へ。

 

煙鴉が曲がり角に入ったため、皇子山も曲がり角に入ると、そこには煙鴉の姿が見えなくなってしまいました。

 

その時、悲鳴が聞こえた皇子山はその場所に駆けつけると、宅急便の女性が腰を抜かしているのを見つけました。

その付近に煙鴉がいることに皇子山は気づきました。

 

宅急便の女性は家の方に指さしたため、皇子山が中に入るとそこには老人の死体がありました。

 

一方、バーで寝ている斑目の元に2人組の男性が現れました。

 
 

(警察)

美希は13係の部屋の掃除をしていました。

瑤子、勝手田、左門の表情は曇っている最中、鯨岡が姿を現しました。

捜査3課は全所轄署の盗犯係を束ねており、窃盗犯罪が起こると、まず各地域の所轄の刑事課盗犯係が対応することになります。

 

小さい事件なら所轄で処理されるが、余罪が何十件もある窃盗犯の場合は、警視庁と所轄が共同捜査本部を立ち上げることになり、各所轄からは端末で窃盗被害の報告をし、これを見たり所轄刑事課の盗犯係と情報交換をし、3課が関われるような大きな事件を見つける必要があるそうです。

所轄と違って自分で仕事を見つけないといけないのが警視庁3課であり、そこで見つけたネタを鯨岡に報告しなければならないようです。

 

勝手田、左門、瑤子は鯨岡に自分の手でつかんできたネタを報告しても、却下されました。

斑目は「白昼の蝙蝠」と言われている東村洋介というネタを鯨岡に報告すると、採用されました。

その仕事は他の人にやらせるから、斑目は引き続き皇子山の内部監察をするようにと鯨岡は斑目に話しました。

 
 

(老人の家)

警察による殺人事件の捜査が行いました。

 
 

(警察)

斑目は、皇子山を調べることになったと、13係の皆に話しました。

皇子山は勝手な捜査をしたため1課から3課に異動された過去があるそうです。

 
 

一方、現場から出た指紋とグラスの指紋(煙鴉)は一致しなかったという沙織の報告を、皇子山は聞いていました。

 
 

(バー)

斑目は、皇子山が3課に来た理由を皇子山に聞きました。

 

皇子山は「ある男を追っていたら突然異動になった」と話しました。

 

バーには煙鴉の姿がなく、斑目は煙鴉の連絡先を知らない模様でした。

「あの男…人を殺してる」と皇子山は口にしました。

 
 

そこに汐留署の井上と山田が現れ、斑目に捜査の進捗を聞きました。

斑目は所轄の接待を受けている、と皇子山は判断しました。

宵町は「煙鴉は今日来れない」と話したため、皇子山は帰ろうとした時、煙鴉から「練馬区本町3-3-12」との電話を受けました。

 
 

(家)

皇子山は煙鴉に言われた住所の家に駆けつけ、中に入って行きました。

その家はゴミ屋敷だそうで、あちこちにゴミが溜まっていました。

そこで皇子山は、首を絞められて死亡した老人を発見しました。

 
 

(貸し家)

翌日、瑤子や美希は東村のいる家を双眼鏡を使って監視していました。

斑目のネタだから何か引っかかると瑤子は言いました。

その時、美希と瑤子は東村が杖を持って部屋を出て行くのを目撃しました。

 
 

(警察)

足が悪い東村は空き巣なんてできるわけがないと、瑤子は斑目に指摘しました。

斑目は所轄の盗犯係の刑事2人に接待を受け、ガセネタをつかまされていたことが判明しました。

捜査本部を立ちあげた所轄は得点を稼げるため、どの所轄も自分のところで立ち上げたがっているそうで、斑目が接待を受けることで、自分の所轄にて立ち上げるとの目論見を刑事2人は持っていたようです。

鯨岡は、後始末は斑目がやるようにと命じました。

 
 

(貸し家)

斑目は貸し家の掃除をしつつ、家にいる東村の様子を双眼鏡で見ていると、とあることに気づきました。

 
 

(警察)

美希はバッグに入ってあるはずのストッキングがなくなっていることに気づきました。

細面らは、皇子山の仕業だと判断しました。

 
 

一方、皇子山は木元を呼び出し、煙鴉に関する情報を求めていました。

木元は「今回の殺人事件の犯人の目星もまだだが、煙鴉が殺しをやってるかもしれない。その線で捜査を進んでいる。」と話しました。

 
 

(東村のいるアパート前)

斑目は外から東村の様子を見ていました。

斑目の近くにゴミ袋が置かれていることに斑目は気付いたため、それをゴミ回収箱に捨てました。

その時、東村が斑目に話しかけてきました。

 
 

(東村の部屋)

斑目のお茶の入れ方が上手だと東村は褒めました。

家に人が来たのは久しぶりだそうです。

東村は一人暮らしだと斑目に話していました。

 
 

(警察)

斑目は東村の資料を読んでいました。

 
 

あれから斑目は何度も東村の部屋に遊びに行っているようです。

鯨岡は「さっさと撤収しなさい」と斑目に指示を出しました。

 
 

(東村の部屋)

斑目は異動することになったと東村に報告しました。

東村は柿2個を斑目に贈りました。

部屋のカレンダーが4年前になっているのを気付いた斑目は、カレンダーは高くて買えないからで、「生きてなくてもいいよって言われてるようなもんだ」と東村は話しました。

 
 

皇子山は西野を知る人たちと急に連絡が取れなくなったようです。

 
 

(皇子山の部屋)

皇子山は煙鴉の資料で一杯になっていたはずの部屋の壁には、斑目だけの写真しか貼られていないことに気づきました。

 
 

(橋)

斑目は煙鴉を呼び出しました。

斑目は、東村はどうやって生活しているかと疑問を感じていることを話しました。

 

煙鴉は「プロの窃盗犯はやり方を変えない。変えるのは腕が落ちた時と衰えた時。足が悪いなら詐欺か万引きか。空き巣はできなくても何か悪いことをしている。どっちにしろ、所轄に任しておくんだ」とアドバイスしました。

 

毎日壁に向かって何度も東村は祈っているのを斑目は目撃していました。

何に手を合わせているか斑目は疑問を感じていました。

煙鴉は「自分の勘を信じろ。現場と証拠資料を精査すれば何か見えてくる」と斑目に話しました。

 
 

(隠れ家)

斑目は東村はまた壁に向かって手を合わせているのを見ていました。

皇子山は「気にしすぎ」と話し、家を出ました。

 

皇子山は「都内で起こった殺人事件は6件、うち2件に煙鴉が絡んでおり、共通点は被害者が高齢者で、それ以外は場所も殺害方法も違って、煙鴉と接点は見つけられないが、煙鴉は現場にいた。煙鴉が殺しと絡んでいるという情報はどこから?」と口にした瞬間、何かを閃きました。

 
 

一方、斑目も殺人事件の資料を見ていました。

その時、東村がゴミ出しをしているのを斑目は目撃しました。

 

東村がゴミ回収箱にゴミ袋を入れようとした時、既にゴミ回収箱はゴミ袋でいっぱいになっていたため、その箱からゴミ袋を取り出し、自分のゴミ袋を入れました。

取り出したゴミ袋はゴミ回収箱付近に放置しました。

それを目撃した斑目は驚いて、取り出されたゴミをゴミ回収箱に入れようとする瞬間、東村の出したゴミ袋に入っている、ズボンに血があることに気づきました。

 
 

(警察)

皇子山は資料を確認していました。

皇子山は「第一の事件発生の通報時刻は20時45分、つまり第一発見者は宅急便の女性ではなく、その前に別の通行人が通報していた。第2の事件でも煙鴉からの電話を受けている直前に通報が入っている。つまり警察無線を傍受すればパトカーより先に皇子山を現場に誘導させることは可能だった。」とのことに気づきました。

 
 

一方、斑目は現場に向かいました。

現場ではまだ規制線が張られているままで、家のガラスまで割られているのを確認しました。

 
 

(警察)

皇子山は様々な刑事に聞き出した結果、一連の殺しと煙鴉が関わっているという情報のネタ元、西野の知人とのネタ元、東村のネタ元は全て煙鴉であることが判明しました

煙鴉が皇子山をハメたのだと皇子山は気付いて「そういうことか」と口にしました。

 
 

皇子山は13係の部屋にいる細面と美希に「直近の殺人事件 一軒家」を調べるようにと命じました。

その結果、3日前、一人暮らしの老人が殺されている事件があったと判明しました。

 
 

一方、斑目はゴミ屋敷の家の現場にいました。

そこにもガラスが割られていることを確認しました。

斑目は資料を読み返し、何かに気づきました。

 
 

(家)

夜中、とある家で東村が懐中電灯を使ってタンスの中の何かを探していました。

死体のあった場所に対し、東村は手を合わせた後、再び家の中を物色していました。

そこへ、皇子山と斑目は姿を現しました。

 
 

東村は犯罪現場専門の窃盗をしていたことが判明しました。

東村が侵入した家には、殺人が発生してからしばらくは立ち入り禁止になり、現場検証が終わったら、警察官がいなくなっても規制線が張られたままただの空き家になっていました。

 

東村はニュースで身内がいなさそうな殺人事件に目を留め、被害者の遺品を盗むということをやっており、余罪は20件近く、それで罪悪感により、いつも壁に向かって手を合わせていたそうです。

ゴミ袋に入っていたズボンの血痕も現場で付いたものであることが判明しました。

 
 

(警察)

東村は斑目に対し、「捕まってよかった。こんなことしたくなかった。前の刑務所で死ぬはずだった。でも生きて出てきた。これしかもうできることなかった。でも斑目と話したのは楽しかった。」と話しました。

斑目は東村に、柿のお礼としてスケッチブックを渡しました。

スケッチブックを開いてみると、斑目手作りの来年のカレンダーであることに東村は感動しました。

 
 

(橋の上)

皇子山は電話で煙鴉に対し、「殺しの現場を荒らす東村を快く思っていないため、東村が入りそうな家に先回りして俺を誘導した。同時に所轄にネタを渡して斑目を関わらせることに成功した」と話しました。

煙鴉「言えるのはこれ以上俺に近づいたら今度は殺す。」

皇子山「ぜひとも殺してもらいたい」

 

皇子山は橋の上から、橋の下を通る船にいる煙鴉を目撃しました。

斑目は煙鴉に気付いて、手を振りました。

 
 

(警察)

ゴミ集積所に、美希のストッキングがあるのを勝手田が発見しました。

美希は、掃除用に使ったことを思い出しました。

ストッキングを履いたままの足で床を拭くことができると美希は説明し、床を拭き終えたストッキングをゴミ箱に捨てたようです。

 
 

(街)

斑目は後味が悪いと感じていました。

煙鴉は「よく頑張った」と斑目を褒めました。

 
 

(バー)

斑目はなぜ煙鴉を追っているのかと皇子山に聞きました。

皇子山は「大切な人がいた。その人は煙鴉に殺された」と寝落ちしている斑目に言いました。

スポンサードリンク

ドロ刑5話の感想

あかりさん(20代)
皇子山刑事は以前捜査1課にいたとのことで、煙鴉の案件を取り扱うのは3課であるにも関わらず、なぜ皇子山刑事は執拗深く煙鴉のことを追っているのだろうかと結構気になったのだが、まさかそういう理由があったとは驚きだった。

泥棒というのは足を使って窃盗を行うとの印象があるので、足が悪くて杖を使って生活をしているという東村はどのような方法で泥棒をしているか、なぜ壁に向かって手を合わせているかということが物凄く考えさせられた。

足が悪くてもああいった方法で泥棒をするのが出来るとは予想外の展開で、ストーリー展開のセンスが凄いと感じた。

美希のストッキングが紛失したというコメディ要素までも含んでいて全体的に面白かった。皇子山刑事と煙鴉の間の関係が今後楽しみである。

ほさん(10代)
今回は皇子山が煙鴉に過去に犯したことを詰め寄ってバチバチするところが結構ありました。

そこが楽しかったです。

班目は全く気付いてなくて、やっぱりアホっぽいところも笑ってしまいましたね。

今回は人が血を流すシーンがあって、シリアスな話なのかな?と初めは思いました。

しかし犯人だと思われる人物が現れ、班目がその人と接触していくうちに不思議な点が浮かび上がってきます。

班目がだんだんと刑事として成長していくところも伝わってきます。

そして捜査三課の仲間も仲良くなっている雰囲気も出てきて、みんなの掛け合いがコントで面白いです。

皇子山さんの変な趣味が関係するかも?とか、今回は皇子山さんが結構出てきました。

次回は煙鴉の過去が暴かれると思うので、早く見たいです。

ぽぽさん(40代)
皇子山さんが、だんだん出場率が増えてきましたね。

斑目こお中島健人君はダメダメなのかと思いきや何気にいいとこをついて色々解決していきますよね。

普通にああいうキャラで役に立たないなら職場にいたらイライラするので無理なタイプですが、結局最終的には役に立っていますよね。

ケムさんは、個人的には殺人はしないと思っているのですが、最終のところで少しわからなくなりました。

でも信じていたいとは思います。稲森さんもいつも可愛いどころか、きれいどころかの役柄なのに今回は違いますね。

前髪が何か変で一段ともっさく感じますが、これも役柄に応じてなんだろなーと思っています。

結局チームワークで次週も乗り越えて行くんだろうなと、楽しみにしています。

まどろさん(50代)
相変わらずの捜査3課はしょうもない事に真剣に取り組む、足フェチにそこまで深く突っ込んでやるかな、しかし、なぜかそこに笑えた。

新人の班目刑事役のセクシーゾーンの中島健人さんが、バーで酔いつぶれたり、あまりやる気のない表情の演技は素なのかあっています。

煙鴉のアドバイス、サポートもあって事件を解決していっているがどんどん刑事の感が育って行っている感じがします。

ドラマの中でいろんな事件の捜査用語について、字幕説明が出てくるのも難しい用語も多い中、説明されているところに少し感心します。

見るからに煙鴉はジャーナリストではなく、配役の遠藤健一さんには悪いですが犯罪人にしか見えません。

毎年、本当に職質されていると言っているところも、この役に抜擢されたのかと思うくらいです。

演じている役の中身は優しい刑事の先輩という感じです。

今回は色眼鏡とサングラスをかけた話題でしたが、次回もどんな話題なのか楽しみです。

れいさん(30代)
第5話では皇子山がたくさん出ていて、真剣に煙鴉のことを調べている様子などがかっこよかったです。

大切な人を煙鴉に殺されたと言っていましたが、その詳細やそれが真実なのか早く知りたいです。

斑目は自分がエリートだとポジティブに考えているところが可愛かったです。

また斑目はすぐに人と仲良くなることができてすごいと思いました。

斑目と東村が楽しく話している様子を見ると、まるでおじいちゃんと孫のようで癒されました。

今回の事件は悪という感じではなく、生きていくには仕方がなかったといった感じだったので悪いことは悪いですが東村に同情してしまいました。

カレンダーを買うお金がないのを聞いて斑目が手描きのカレンダーを作ってプレゼントしていたシーンには感動しました。

とても良い話でした。

ドロ刑6話のあらすじ




おわりに

今回は「ドロ刑」5話のネタバレあらすじをご紹介しました。

皇子山刑事、まだまだ謎が多いですが、徐々に心を開いている感じがしますね。

斑目の人柄なのかな。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。