大恋愛【7話】の動画の無料視聴方法!ネタバレあらすじも!

こんにちは、ハナです。

2018年11月23日に戸田恵梨香さんが主演するドラマ『大恋愛』の7話が放送されます。

 

前回、小池徹平さんが豹変しましたね。

どんな役で出てきたんだろうと思っていたんですが、まさか真司と尚の仲をかき乱すとは…

最後のキスは完全に悪者に見えてしまいました。

 

7話でも尚の病気は進行していきます。

どんな展開になっていくのでしょうか。

 

だけど、7話を見逃したり、大事な部分を見損ねたのでもう一度見たいと思う方も多いものです。

でも、大丈夫です!

大恋愛の7話の動画を無料視聴する方法があるんですよ。

 

そこで今回は、『大恋愛』の7話の動画を無料で見る方法をお伝えします。

hana
記事の最後には、『大恋愛』の7話の放送後、ネタバレあらすじと感想を紹介しています!

ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサードリンク




『大恋愛』の7話の見逃し動画を無料視聴する方法!

http://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/

『大恋愛』は、7話の放送終了後から見逃し配信動画を見ることができます。

 

しかし、放送後1週間以内と1週間以降では方法が違いますので、次から分けてご紹介します。

『大恋愛』の7話の放送終了後から1週間以内の場合

『大恋愛』放送終了後から1週間以内の場合には、次の動画サイトから無料で視聴することができます。

 

Tverで視聴する

TBSFREE(TBSオンデマンド)で視聴する

 
 

どちらも、

『大恋愛』放送終了後から1週間後まで

見ることができます。

 
 

TverもTBSFREE(TBSオンデマンド)も、会員登録やログインなどの面倒な手続きは必要なく、それぞれのサイトで動画を選び再生するだけで動画を見ることができるのです。

とっても手軽ですよね。

 
 

私自身も、ドラマを見逃した時には、Tverで見ることがあります。

Tverはパソコンでも見ることができますが、スマートフォンにアプリを入れておくと、外出先でも手軽に見ることができておすすめです。

また、『大恋愛』だけではなく、「スーツ(織田裕二さん主演)」などのドラマや、バラエティ番組なども放送されています。

 
 

デメリットは、放送の最初と、動画の途中に15秒~30秒の広告が入ること。

 

ですが、広告があっても無料でフル動画が見られるのはうれしいですよね。

無料だし、スマホで手軽にみられるし、使わない手はありません。

スポンサードリンク

『大恋愛』放送終了後から1週間以上経っている場合

もしすでに、『大恋愛』の放送終了後から1週間以上経過している場合には、スマートフォンやパソコンなどを使ってみることができるVOD(ビデオオンデマンド)で見ることができます。

 

その方法が、

Paravi(パラビ)

です。

 

他の動画配信サービスにはほかにもたくさんありますが、放送後から『大恋愛』の7話を見ることができるのはParavi(パラビ)だけですよ。

Paravi(パラビ)の特徴とおすすめする理由は?

Paravi(パラビ)は、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、TBSホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資するプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)という会社によって設立されたVODです。

2018年4月1日から、月額925円(税抜き)でサービスが利用できるようになりました。

 

では、Paraviの特徴を見ていきましょう。

●初回登録時に登録月の月末まで無料サービス

●「レンタル(有料)動画」「本契約が必要な動画」以外の動画は何本でも見放題。

●登録月の月末まで(無料期間内)に解約すれば、利用料金は一切かからない(「レンタル動画」は別途必要)

●テレビ東京や、TBS系のドラマが充実している

(例えば、「中学聖日記」「下町ロケット」「この世界の片隅に」「義母と娘のブルース」などの近頃のドラマや、「高校教師」「JIN」など一昔前のドラマまで豊富)

●(有料期間には)レンタル商品に使えるParaviチケットが300円分付与される

(※2018年11月23日時点での情報です。実際に利用される際には、Paravi(パラビ)の公式サイトを確認してください。)

 

現在放送中のドラマでも、レンタル商品が多い中、『大恋愛』は、会員登録後に無料で1話から視聴することができます。(2018年11月23日時点)

Paravi(パラビ)の登録方法

Paravi(パラビ)で大恋愛を見るためには、登録が必要です。

Paravi(パラビ)の登録方法
Paravi(パラビ)から新規登録をする。

登録は、メールドレスの他、日経ID、Facebook、Twitter、ヤフーIDでできます。

 

②個人情報とお支払い情報を登録します。

 

③登録完了(メールアドレスに通知が来ますので確認してください。)

 

④「大恋愛」の動画を選択して視聴してください。

『大恋愛』7話はDailymotionやPandoraで見られる?

無料動画共有サイトで代表的なDailymotionやPandoraですが、こちらでも『大恋愛』を見ることができる可能性があります。

また、Dailymotion、Pandoraなどの他にも、miomioや9tsu、B9などたくさんのサイトがあり手軽にみることができます。

 

ですが、手軽に見られるのは嬉しいところですが、私はおすすめしません。

なぜなら、次のような理由があるからです。

●違法にアップロードしてある
●低画質
●広告が多い
●ウィルスに感染する恐れがある広告がある可能性がある

 
 

実は、私も以前上記のような無料動画共有サイトでドラマを見ていたことがありますが、動画の途中でも広告が画面半分に出たり、急にパソコンの画面が固まって再起動を余儀なくされることもありました。

 

そして、何度もパソコンのセキュリティツールが警告を出してくる動画もあり・・・、最終的には、手間がかかるのと、ウィルスに感染するのを恐れて、無料動画共有サイトで見るのはやめました。

こういったデメリットや危険なこともありますので、見られる際は注意してくださいね。

 
 

危険にさらされながらドラマを見るより、先ほどおすすめした「パラビ」でご覧になったほうが安全でかつドラマに集中して楽しめますよ!

『大恋愛』の7話のあらすじ

真司(ムロツヨシ)が急ぎで病室に駆けつけると、意識が朦朧とした尚(戸田恵梨香)と公平(小池徹平)がキスをしていた。

目の前で起こった出来事に困惑する真司だったが、尚は真司を認識していない様子で…。

失神の原因はわからないと言う侑市(松岡昌宏)に食ってかかる真司を、薫(草刈民代)がなだめるのだった。

大事なときに一緒にいられなかったと悔やむ真司。

翌朝、尚は、公平とのキスも、真司を認識できなかったこともすっかり忘れてしまっていた。

真司は公平を問い詰め、警告するが…。

そんな中、真司は小説の続編を書く決心をする。

一方、尚は、症状が改善されたらこどもを産みたいと侑市に相談するが、帰宅するとそんな話をしたことも忘れてしまっていて…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/story/

大恋愛7話のネタバレ

病院で、真司は侑市にスピーチの件で「スピーチの練習は完璧だったのにどうして?」問いただします。

マイクのハウリング音が出た後、反射性失神だと思うが、予測できなかったと侑市は説明しました。

そういう侑市に対し、アルツハイマーの権威なのかと訴え、治験前の検査に関しても「失敗しないように」と声を荒げくぎを刺します。

 

(病室)

病室に戻ると、尚にキスした公平を思い出し、苛立ちます。

 

一方、公平は明日も病院に来る気でいました。

 

真司は病室に泊り、翌日、尚は「何で私がここにいるの?」と戸惑います。

その日は尚が自分のことが分かり、真司は安心しました。

 

昨日尚は学生たちの前でスピーチをする前に倒れて入院したと真司は尚に説明しますが、尚は何も思い出せない状況でした。

 

尚の検査の間、真司は水野と電話しました。

映画化されたら本は売れて、次回作の注目度は違うからとのことで映画化の件を水野が提案するのに対し、真司は「脳みそとアップルパイ」の次編を書きたいと話します。

 

そこへ公平が通りかかりました。

公平が病室に顔を出すと、真司は「尚にはもう近づくな。尚は俺の奥さんだから」と言います。

そこで公平は真司が尚の旦那であることを認識しました。

公平は、同じ病気を持つ人として心がわかるとのことで尚にキスしたそうです。

 

どんなに心配したって大切にしたって健康な人には理解できないから。夫でもお医者さんでも無理。井原先生はスピーチさせて、病気が悪くなった」と公平は笑いました。

真司は「尚に近づくな」と公平に言いますが、公平は「尚が欲しい」といい尚に手を振ります。

真司は無事に検査を終えた尚の車椅子を押して、同じ病気ではないと本当の気持ちはわからないと言った公平の言葉は当たっているかもしれないと痛感しました。

 

尚は侑市の診察を受けていました。

極度の緊張から自律神経がバランスを崩して意識を失った可能性はあるが、今日の検査結果を待とうと侑市は話しました。

 

次回の診察は来週木曜日になるそうです。

尚は新薬の治験に今から参加できるかどうか侑市に聞いたのに対し、侑市は頷きました。

病院を出る真司と尚を公平は病院の屋上から見つめました。

 

(食堂)

侑市の診察がないにも関わらず、公平が病棟にいたとの話を侑市は聞き、真相を聞こうと一緒に食事をします。

侑市は朝早くから病院に来て何をしているかと聞いたのに対し、公平は病院が一番楽だと答えました。

 

(間宮家)

真司は尚に「脳みそとアップルパイ」の続編を書く予定だと話しました。

また、小説が映画化されることについてどう思う?と尚に聞きました。

尚「見てみたい気もする。映画化されたら本また売れる」

そして、真司は映画化の話も前向きに考えると水野に伝えることにしました。

次の本が売れた場合は家を買おうと真司は考えていました。

その話を聞いた尚は複雑な表情を取ってしまいます。

 

(病院)

尚と真司は看護師の診察を受けに行こうとしているのを公平が見ていました。

尚は看護師によるテスト検査を受けていた結果、最初に言った3つの言葉がすぐに出てきません。

さらに尚は鉛筆の名前を思い出すことができませんでした。

テスト検査の結果、30点満点19点でした。

 

尚と真司は侑市の外来を受けました。

今日から新薬の治験を始めようとしていたが、難しくなったと侑市は話しました。

若年性アルツハイマーは進行が早く、尚も明らかに進行しているようです。

ですが、侑市は希望をもってと言います。

 

真司は薫に、外来の結果の話を報告すると、薫は戸惑い、目元に涙を浮かべました。

一方、真司もトイレの中で泣いていました。

尚は「こうなることは分かったような気がする」と真司に話し、2人は手を繋ぎました。

尚は泣きそうな顔になっていました。

 

(バー)

薫はお酒を飲んでただただ泣いていました。

(井原家)

バーにいた侑市の父は、バーで薫がお酒を飲んでいるため、なんとかしてあげなさいと侑市に電話で伝えました。

 

(バー)

侑市は酔いつぶれた薫に、「無力で申し訳ありません」と謝ります。

薫は「あの子は40歳になる頃には自分のことを誰だがわからなくなるかもしれないけど、90歳まで生きたからって言って、幸せかって言ったらそんなことわからない。生きていくのは試練だから。あの子はかわいそうな子だけど、夫に愛されて、先生にもよくしていただいて、そういう意味では幸せかもしれない」と目元に涙を浮かべ、「私なんて男の方を頼りにした瞬間、今まで一度もない」と言いました。

侑市は薫をタクシーに乗せて「また一緒に飲んでいただけませんか?僕のことを頼りにしていただけたら

」と見送りました。

 

(道)

真司と尚は手をつないで歩いていました。

真司が泣いているのを気付いた尚は真司の涙を手で拭きました。

 

(居酒屋)

真司と尚は居酒屋に顔を出しました。

尚と真司は、店長と店員が何を話しているかを予想していました。

真司は涙を抑えています。

 

(井原家)

実習生の方から、尚が倒れる寸前の映像を侑市のPCに送るとのことで侑市は映像を確認していました。

尚が喋り始める時、マイクがわざとハウリングするようにと公平が悪意のある行動を取っているのを侑市は知り、これはアルツハイマー病が原因ではないと判明しました。

 

(道)

今夜のこと覚えられるかどうか言った尚に対し、真司は忘れていいと言いました。

尚は「病気が治らないとわかったら逆にすっごく真司と私の子供が欲しくなった」と言いました。

「真司と私の子供は、真司と私にしか作れない。私が生まれて少しは医者として人のために働いて真司と出会って小説が生まれ、真司と私が愛し合ったっていう記録が欲しい」と尚は言いました。

「子供をこの世に残したいから協力してくれる?少しでも長くその子と3人の平和の暮らしができたら、私も少しは生まれてきた甲斐があると思える」と聞いた尚に対し、真司は頷きました。

尚は真司に抱きついてお礼を告げました。

 

真司の心境[最悪の日に、最高の未来が見えることもある、人生は不思議だと知った]

大恋愛7話の感想

るいさん(20代)
先週の話で出てきた同じ病気の松尾さんが何を考えているのか分からなすぎて、あぁこれも病気なんだろうなと思ってそれでも気持ちが悪いなぁと思いました。

ここまでの話で中々辛い境遇でもどこか救われてきた2人が壁にぶつかってしまうようで、一緒に辛いなぁと思えてたまりませんでした。

井原先生に関しても、病気治療の難しい部分を患者家族に詰められる辛さ、そして自分も赤の他人という中ではないからもどかしさ、色んな辛さがつまりつまった回だと思いました。

この先の夫婦の関係、病気の進行、そして周りの関係性がどんどんかわってこの先展開が早くなりそうだなと思いました。

残り話数も少なくなってきたので、終わりまでの展開が気になって楽しみです。

あかりさん(20代)
医師として患者である尚の気持ちを知るという侑市、旦那として尚の気持ちを知るという真司、尚と同じくMCIという病気を持つ公平、この中で誰が一番尚のことを理解できるのだろうかと考えたくなってしまう話だった。

尚の症状が進むのにつれ、真司が「脳みそとアップルパイ」という続編を書くことに決意したというのが良かった。

ただ映画化の話は尚にとって複雑な気持ちになってしまうのだと感じた。

尚という人物を健康な人が演じても、MCIとの病気を患っていない限り尚の気持ちを理解することはできないのだという部分があるのでは?と思った。

真司が侑市を責めてしまうのも分かるが、医師としても無力だと言えるMCIはなんて恐ろしい病気なのだろうかと痛感した。

あんこさん(30代)
松尾の行動がとにかく怖かったです。

自分が病気で失ってしまったことを尚や真司に味合わせようとしているのか、尚のことが気になるからなのか、これからますますエスカレートしていきそうな気がします。

松尾のキラースマイルにはゾクっとしてしまうし、松尾が尚と同じ病気とは思えなくなってしまいます。

侑市が上手く松尾のことをコントロールしてフォローしてくれないかなと期待しています。

病気が進行していくの尚を隣で見ていかなければならない真司がとても苦しそうで見ていて辛くなりました。

大切な人には何一つ忘れてほしくないですもんね。思い出の場所を巡っても覚えていないってやっぱり辛いですよ。

真司と尚には今の苦しい時を乗り越えて、幸せでいてほしいなと思います。

ノッポちゃんさん(50代)
尚に接近する保育士の行動が奇妙で怖いです。

真司に対して挑発的態度が、尚と真司に何も無ければいいと思わせます。

同じ病気を抱えているから、井原先生よりも尚を分かっていると言ってから、尚がマイクの音で倒れる事が分かっていたのだろうか。

人を不幸にしようとしていて、見ていて凄く嫌だ。病気の人だけど同情は決して出来ないです。

そのせいで、尚の安定していた病状も悪化して治験を受けられなくなってしまったのかと思いました。

尚と真司が懐かしい場所を巡って、いつもの居酒屋で店員の口に合わせて尚が真司に話した時に涙と笑いで私は大変でした。

尚の母もまた辛い、尚には真司が居てくれて良かった。

母には井原先生になるのだろうか。病気の悪化でほしくなった物もあるようなので、それが2人にとっていい方向に向かってほしいです。

37mamaさん(30代)
若年性アルツハイマーでどんどん記憶が無くなっていくって本人も周りも本当に辛く悲しい事なんだなぁーっと改めて感じた回でした。

ママも辛いですよね。

真司の仕事が順調なのは嬉しいけど、尚といる時間が少なくなるのかなぁって見ているこっちも辛いものがありました。

公平の行動はとにかく嫌です。尚に真司は気を使ってるのかな?公平と関わるなって言っちゃって欲しい。

常に純粋に真司の事を思っている尚ちゃんの気持ちが伝わってくるし、それ以上に優しい真司の態度に2人のこれからを思って涙が出ちゃいました。

笑い合うキッチンや居酒屋の何気ない瞬間が、ずーと続いてくれたらなぁと願わずにいられません。

これからも厳しい展開になりそうだけど、尚ちゃんが笑っている時間が多いといいなぁ。




おわりに

今回は、『大恋愛』7話の無料視聴方法をご紹介しました。

放送後1週間以内だったらTverで、1週間以上だったらParavi(パラビ)でご覧ください。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。