大恋愛【8話】のネタバレあらすじ!公平が壊れていく…

2018年11月30日に戸田恵梨香さんが主演するドラマ『大恋愛』の8話が放送されました。

 

これまでさわやかイケメンだった小池徹平さんのイメージがだんだん崩れていく…

8話でもますます怖いです><

でも、晶と真司の子作り場面はとても幸せな気持ちになりました。

 

では、『大恋愛』8話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

大恋愛【8話】のネタバレあらすじ!

(間宮家)

真司と尚はうな丼を食べました。

体温が下がった日から3日間は貴重なタイミング(子供作りのこと)だと産婦人科の方に尚は言われたようです。

その夜は、2人で仲良くじゃれあいました。

 

翌日、真司は起床すると寝坊してしまい急いで準備しました。

尚は、真司に幾つもの取材を抱えていたことを忘れていた様子で、梅干しおにぎりを真司に渡しました。

しかし、おにぎりに梅干しが入っていないことに真司は気付きます。

 
 

(病院)

侑市は公平の診察の後に、公平に尚の講義の時のハウリングをやったことを問います。

しかし、公平は身に覚えがないと応えるのでした。

 
 

(北澤家)

薫、柚香は尚と昼飯を囲み、尚は子供を産むと決意したと報告しました。

すると、薫は大賛成。

薫が去ると、2人で「男のことでなにかあった?」と笑い合います。

 
 

一方、公平はクリニックの前にいました。

北澤家から出て行く尚を尾行し始めました。

尚がスーパーに行くと、公平は偶然を装い話しかけます。

尚はどうやら財布を忘れたようで、代わりに公平が支払いました。

そして公平は「ちょっと付き合ってもらえませんか?」と尚に聞きます。

 
 

(クリニック)

侑市は薫に会いにやってきました。

侑市は、尚が倒れた時のハウリングの映像を薫に見せました。

そして、「強い攻撃的な性格が原因で、幸せを許せないのか、尚さんへの好意どうか」そして、注意を促します。

 
 

一方真司は、家にスマホを置き忘れてしまい、水野が家にまでスマホを取りに行くことにします。

真司は水野に家の鍵を渡すことについて躊躇ってしまいます。

 
 

(喫茶店)

尚は公平と談笑しました。

公平は「運が悪く、病気になって奥さんに逃げられ、仕事もなくなって、健康な人といると相手に負担がかかるから対等じゃいられなく、僕たちには今しかない。今この瞬間に感じたこと、一瞬の喜びだけを大切にして生きていくことに決めた」と尚に話しました。

 
 

(間宮家)

家に帰宅した尚は水野に遭遇して驚いてしまいます。

水野は真司のスマホを取りに来たと話し、何か困ったことはあるかどうか聞きました。

尚は「ない」と答えると、水野は帰って行きました。

 
 

一方、真司は取材を終えました。

真司は水野からスマホを受け取り、侑市から着信があったとのことに気付きます。

侑市は公平の悪意のある行動を説明し、公平に注意するようにと電話で話しました。

 
 

(間宮家)

真司が帰宅し「今日何をしていた?」と尚に聞きました。

尚はクリニックのところに行って、スーパーに行って、そこから…帰ったら人(水野)がいたと話しました。

尚はクリニックに行くと言っていたから真司は水野に頼ったと尚に話しました。

続編のタイトルは「もう一度、第一章から」にすると真司は話しました。

 
 

別の日、真司の元に新聞社から依頼が来ていると水野は話しました。

真司は続編のタイトルを水野に報告しました。

それを尚は聞いていました。

 
 

(喫茶店)

「真司の相談相手は私だけだったのに、今では真司の周りにはたくさんの人がいて、みんな真司の才能を信じてる。何かちょっと寂しい」と尚は公平に話しました。

公平「尚さんの気持ちはわかる。人の気持ちは変わるから永遠ではない」

公平は子供から蝶の標本をもらったと話し、「死んだら永遠に綺麗なままいられる」と話しました。

 
 

(間宮家)

尚は夕食の用意をしている時に真司が帰ってきました。

真司は公平に会ったかどうか尚に聞きました。

尚は下を向いてしまい、真司は「何で言ってくれなかったの?」と聞きます。

 

真司は「尚ちゃんが失神した日、病室で意識のない尚ちゃんにキスしていた」と公平の行動について尚に教えました。

さらに公平の行動によって尚が失神したのだと真司は話しました。

真司「今度から出かける時は俺もついていく」

尚「でも真司には執筆がある。真司にとって私は何?足手まとい?あの女の人にスマホを取りに行かせて。私には何もできないと思っている。小説も前までは相談してくれたのに続編のタイトルだって最初に教えて欲しかった

真司が尚に続編のタイトルを教えていたことを尚は忘れていました。

尚は涙を流し、「真司があの人を頼りにするのは当然。あの人とは対等なのに、私とは対等じゃない」と家を出てしまいます。

 
 

一方、公平は睡眠薬を見つめていながら、尚の家の近くに張り込んでいました。

その時、尚が家から出てきたため尾行します。

真司も家を出て尚を探そうとしたが、見失ってしまったため、家に帰りました。

真司は尚に電話をかけるが、尚のスマホは冷蔵庫の中にありました。

 
 

(道)

尚は夜景を眺めて涙を流していました。

そこへ、公平が尚に声をかけました。

 

(車内)

公平は温かい飲み物を尚に渡しました。

 
 

尚を探している真司の元には公平から電話がかかります。

公平は高笑いをし、尚のことについて「何のこと?」ととぼけました。

実際、尚は助手席で睡眠薬にとり、寝ていました。

 
 

(街)

真司は公平に会いに行き、「尚はどこ?」と聞きました。

公平「同じ病気の者同士でしか愛しあえない。僕といる方が尚は幸せ。真司と尚は全然対等じゃない。あんたにとって尚ちゃんは小説の道具。尚ちゃんを利用して自己実現している。今度は僕たちの純愛をあんたが書け」

真司は怒りがこみ上げ、「絶対にお前を許せないから」と殴り付けようとした瞬間、尚は真司に「やめて」と言いました。

尚は睡眠薬の入った飲み物を飲んだフリをしていたのです。

 

公平は尚からも信じてもらえなかったのだと気づきました。

尚「真司に私のこと書いてもらうのは私の生きがい。それが他の誰にも真似できない。私たちだけの夫婦の形。だから本当は対等かどうかなんてどうでもいい」

公平「真司のこと全部忘れちゃう」

尚「忘れるよ。私たちはみんな忘れちゃう。松尾さんは私と出会ったことも忘れ、私も松尾さんと出会ったことは忘れる。忘れるところがこの病気の唯一の救いでもある。だから私はあなたを恨まない。恨んだところで忘れちゃうんだから。だから全部忘れてください」

公平は涙を流して「忘れたくないこともたくさんあるのにな」と言い、バイバイと、その場から去って行きました。

尚は涙を流して真司と抱擁しました。

 
 

(間宮家)

尚は気を失ったフリをしていたことについて真司は、女優さんみたいだと指摘しました。

真司「尚ちゃんといるとすっごい疲れる。でも俺は尚ちゃんじゃなきゃ嫌だ」

尚「私も真司じゃなきゃ嫌だ」

真司「他の誰かだとダメなんだ」

尚「じゃあもっと疲れさせる」

二人は談笑しました。

スポンサードリンク
あかりさん(20代)
アルツハイマー症は記憶をどんどん失っていく病気であるからこそ、あまりにも恐ろしいものだと思っていた。

だが今回の話ではアルツハイマー症のそういう特徴こそがメリットになる時もあるのだと思い知らされた。だんだん行動がエスカレートしていく公平に対し、ただ警戒をし続けていくだけでは意味がないと感じた。

真司の小説の続編のタイトルがとうとう決まった。

そのタイトルを聞くと、さすがにセンスがあるのだと感心した。実際、「脳みそとアップルパイ」のラストは侑市と尚が結ばれていくとの運命になっていたからこそ、続編のタイトルはあれでふさわしいと思った。

真司と尚、お互い愛しているからこそ、対等の有無の問題に首を突っ込んでしまったのだと伝わってきた。

あずさん(30代)
公平が病院以外にもたくさん尚に近づいてきてヒヤヒヤしながら見ていました。

公平は偶然を装って近づくのが上手いなと思いました。

病気があっても頭の良い人だと思います。私が尚の立場だったら全く公平のことを不審がらないと思います。

しかし尚も罠に引っかかったフリをして公平を信じ込ませた演技力がすごかったです。

尚があのとき出てきて「あれ?寝てない、何で?」と驚きました。

尚の公平に対して忘れるから恨まないと優しく言っていたシーンに感動して、見ている私も涙が出ました。

公平が諦めてくれて本当に良かったです。

尚と真司は喧嘩するより2人で笑い合って仲良しでいる方が良いです。このまま仲良しで元気な赤ちゃんを産んでほしいです。早く続きが見たいです。

第8話も面白かったです。

ぷぅさん(30代)
第8話もハラハラしました。

尚と真司の中は相変わらずそれ以上のラブラブで見ているこちらもニヤニヤしてしまう程で二人の笑顔が最高に癒されましたし真司のお茶目な所は変わらずで楽しませてくれました。

どんな邪魔や障害があっても尚と真司の愛は強いんだなと感動しました。

真司の尚を思う気持が返って裏目に出てしまう事があったり、尚も病状の進行で苛立ちもある中でも最終的にはお互い受け止めて笑いに変えてしまう所が大好きで見ていて涙がでる位でした。

また、いい所でback numberの曲がかかるので気持ちも更に盛り上がりました。

今回も、予想外の展開続きでハラハラドキドキでしたが二人の笑顔と周りの人達が二人を見守る姿を見れてよかったです。




『大恋愛』9話のあらすじ

残すところ、あと2回になってしまいましたねー。

ここでは、気になる9話のストーリーを見ていきましょう!

努力の甲斐もあり、ついに尚(戸田恵梨香)が妊娠!

真司(ムロツヨシ)に早く伝えたいと嬉しさいっぱいで自宅に帰宅するが、水野(木南晴夏)が来ていて、ドアの外から声を掛けることができない。

尚は、病気の自分と水野を比べ、真司の仕事を支えられないことに落ち込むが、「自分にしかできないことがある」と妊娠を報告する。

妊娠を喜んだ夫婦は、尚がお腹の子を気遣えるように「尚は妊娠中」という紙を家中に貼ってまわる。

一方、薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)の関係にも進展が・・・。

物語は新たなステージへ進んでいく。

引用元:https://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/story/

やったー!

真司と尚に子供ができますね。

いろいろ不安や困難はあるかもしれませんが、乗り越えて行って欲しいです。

そして、侑市と薫の進展もかなり気になります!

そんな設定どこかのドラマにもあったような…。

でもこちらは不倫じゃないし、ハッピーエンドな予感がします。

来週が楽しみです!

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。