リーガルV【8話】のネタバレあらすじ!翔子が天馬に逆襲開始か!?

こんにちは、ハナです。

 

2018年12月6日(木)に、米倉涼子さん主演のドラマ『リーガルV』の8話が放送されました。

 

今回は、翔子が青島に託した守屋至の訴訟です。

どんな事件だったのか、8話で明かされそうですよ。

そして、翔子は再び天馬に立ち向かいます!

ちなみに、守屋至さんを演じる寛一郎さんは、佐藤浩市さんの息子さんですよ。

 

では、「リーガルV」8話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

リーガルV【8話】のネタバレあらすじ!

元弁護士・小鳥遊翔子が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛します。

 

そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至と1年ぶりに面会します。

実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹の命を奪った至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていました。

 

しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。

それを探ろうとしていたのです。

 

 弁護士・青島圭太から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意します。

一丸となって、事件の背景を洗い直そうとします。

 

ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届きます。

しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのです。

翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれます。

 

一方、「Felix & Temma 法律事務所」の弁護士・海崎勇人は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子に、一瀬徹殺人事件についてことを再確認します。

弁護士が反社会勢力に接触するのは危険だと、天馬が咎めましたが、翔子は情報が欲しくてやめなかったのです。

ヤクザと接触している現場を週刊誌に撮られ、翔子は一年間行方をくらましていたのです。

 
 

被害者の市瀬徹が所属していた「貧困を救う会」は子ども食堂での食事の無料提供を皮切りに教育就労支援を通して、多くの貧困児童を救ってきたNPO法人です。

ホームレスやお年寄りなど一般市民を招いて、理解と支援を広げ、大規模なボランティア制度も結成されました。

一重に幼少期に貧困で苦しんだ経験がある、代表の大峰聡のひたむきさと誠実さによるものだと言います。

募金イベントをPRする事で、ネットや企業から寄付金を集め、莫大な財源を確保しています。

そのイベントで厚生労働省の丸山珠美が挨拶します。

 
 

そんな時、イベントを見学していた、天馬法律事務所の海崎と白鳥は、大峰代表に意外な人物が歩み寄る姿を目撃します。

それは、天馬壮一郎だったのです。

 

翔子は、ひとり旅に出ていました。

そこで、旅館の仲居の見習いをしている守屋至の妹 守屋未久に接触します。

 

青島が京極法律事務所に一人でいると、貧困を救う会のイベントにいた着ぐるみがやってきました。

着ぐるみを着ていたのは、事務員の伊藤理恵でした。

伊藤は、潜入捜査の結果を青島に伝えます。

 

被害者の市瀬徹はNPO法人を渡り歩いて、子供達の出生の秘密をバラすと脅し、募金を着服する悪質なボランティアだったのです。

理恵が潜入捜査をしてくれたことに感動して青島は嬉しくなります。

 

そこへ、事務員の茅野と馬場も潜入捜査の結果を伝えにやってきます。

 
 

加害者の守屋至は「貧困を救う会」のボランティアに積極的に参加していたのです。

守屋至は幼い頃に両親を亡くし、妹と施設で暮らしていました。

守屋兄妹は、「貧困を救う会」で働き口を見つけてもらっていました。

その時の担当者が市瀬徹だったのです。

 

みんなが京極法律事務所に戻ると、そこには、ヤメ検弁護士の大鷹もいました。

事務所の面々は、各々に潜入捜査をしていたのです。

大鷹は古巣の検察で、「貧困を救う会」の募金イベントで暴れたチンピラをおさめたのが、暴力団の原田という男だったという情報を得ます。

それは以前、翔子が弁護士をやめるきっかけになったヤクザだったのです。

「貧困を救う会」と暴力団の接点が見つかります。

 

青島は、調査の結果を伝えに守屋至を訪れます。

「どうして嘘をついたんだ?誰かのためだったとか」

と青島が尋ねると、

守屋はどうでもいいと言い、そんな守屋に青島は、

「少しは小鳥遊さんのことも考えて欲しい。小鳥遊さんは君を助けるために弁護士資格を失ったんだぞ。」

と伝えます。

 

守屋に、

「羨ましいな、今の俺には貴方みたいに情熱を注げるものが何にもない。貴方みてると惨めになるよ。もう来ないでくれ。」

と追い返されます。

青島はそんな自分を責め、小鳥遊さんだったら、こんな時どうするのかと考えます。

 
 

とそこへ、翔子が現れます。

翔子は、守屋至に会い、妹が恋人と別れ、大学もやめ、偽名を使って仲居の見習いをして、暮らしていることを伝えます。

驚く守屋至に翔子は、

「何驚いちゃってるの?兄貴が殺人犯になったのよ。陰口やいじめの標的になることくらい、あり得そうな話でしょ。それとも妹が幸せに暮らしてるとか誰かに言われてたわけ?」

市瀬を殺せば、子供達のためになると思ったのかもしれないけど、結局、貴方は一番悪いやつを喜ばせただけなのよ。

 

当時、「貧困を救う会」でボランティアに精を出していた守屋至に代表の大峰聡が近づき、暴力団の原田を使って守屋至を脅し、市瀬を殺せと命じます。

逃げることができなかった守屋至が殺人を実行したというのが、この事件の真相でした。

一緒に戦いましょうという翔子に守屋至は、鍵かけます、と言います。

 

京極法律事務所は、Felix & Temma法律事務所の代表の天馬壮一郎と貧困を救う会の代表 大峰聡の関係について探り始めます。

翔子は、貧困を救う会の創立5周年の会に出席している天馬の元を訪れます。

翔子と天馬は二人きりで話をします。

天馬は、翔子に

「今でも君は、私の可愛い部下だ。もう少しだけ待っていて欲しい。君も必ず弁護士に戻してみせる。」

と言います。

翔子は、弁護士は信念を持たねばならない。それを曲げてはならない。という、天馬の言葉に影響を受けたと言います。

そして、天馬はまた連絡するといい去ります。

 
 

京極が、帝国大学から有力な情報を得ます。

「貧困を救う会」の代表の大峰聡の母親がFelix & Temma法律事務所の天馬と同じゼミの後輩だと言うのです。

大峰の母親は大峰聡を生んで2年後に亡くなっています。

 
 

その頃、Felix & Temma法律事務所では、白鳥が海崎に、天馬と大峰の関係がわかったと資料を手渡します。

それは、毛髪鑑定の鑑定書です。

白鳥は、海崎に、思ったより早く、海崎先生の望みが叶うと言います。

 

京極法律事務所に戻った小鳥遊は、裁判をすると言います。

すでに刑が確定している守屋至が訴えても取り合ってもらえないという面々に、翔子は、誰が至君が裁判すると言った?と言います。

翔子が原告となり、天馬を訴えることにしたのです。

 

1年前に弁護士資格を失ったことに関する損害賠償を請求する民事訴訟です。

請求金額は1円です。

スポンサードリンク
ホワイトさん(30代)
小鳥遊が弁護士資格を失った理由と、そのきっかけとなった事件についての詳細がようやく語られましたね。

その顛末を聞いても小鳥遊はやっぱり小鳥遊らしい行動をとったと思いますし、天馬もまた今も昔も変わらない男なのだなと改めて思いました。

やはりこの「リーガルV」というドラマは小鳥遊翔子と天馬壮一郎の戦いであって、この二人が直接ぶつかり合ってハッキリと白黒つけない事には終わらないのでしょう。

翔子が今現在こうして弁護士資格を失っているように、前回の戦いは天馬の勝ちと言っていいでしょう。

しかし今の二人がぶつかったらどうなるのか? 二人の対決は、ここまで翔子のめちゃくちゃな仕事ぶりに振り回されながらも結束力を強めてきた京極事務所と、天馬のパワハラや悪事によって実はバラバラなFelix & Temma法律事務所の対決でもあります。

この差が翔子に逆転勝利をもたらすのではないかと期待しています。

maruさん(50代)
大門のイメージが強く残っている米倉涼子が、ようやく小鳥遊翔子に見えてくるようになったなあ、と思ったらもう最終回1歩手前でした。

すっごく生真面目な安達祐実演じる伊藤理恵も、どこかズレてて毎回面白いと思って見ていましたが、今回もどこかが壊れているような危うい感じで描かれていました。

着ぐるみに入っていても凄い気迫でホラーの様でした。

キツくて強気なのになぜか乙女な白鳥美奈子(菜々緒)、興味深いキャラです。

最初から物凄くスタイルが良くて、劇画タッチの容貌の向井理…ハマり役です。

最終話で海崎勇人の野心のゆくえが気になります。

全部のキャラクターが個性的で面白いため、通常のドラマ枠では描き切れず、きっとシリーズ化するだろうと思いました。

一太さん(30代)
守谷の妹は、彼が逮捕されたこと以前の生活が出来なくなり、人並みの生活が出来ず偽名まで使い辛い想いをたくさんしたそうで小鳥遊に話す感情的な様子を見ていると切なく思いました。

そして事務所が閉まった後でも事務所のメンバーが小鳥遊のために、それぞれの方法でNPOの潜入をしたり調べるシーンを見て、その結束力と小鳥遊への信頼する想いが伝わってきたところが良かったです。

守谷の話を聞くと子供達を守るためと聞かせれ、妹のことで脅されて犯行に及んだという事実に驚かされ、その時の状態と彼の感情が良く描かれてたと思いました。

小鳥遊は話してくれなかったことを悔みますが、彼を鼓舞し一緒に戦おうと言ったところが彼女の前向きさを感じられ、同時にその目はかっこ良かったです。

事務所に戻り天馬を訴えると言った時には彼女の正義感と、彼女の守谷を守る事への想いを感じることが出来ました。

来週はいよいよ最終回ですね!

翔子の正義が勝つことを願っています。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。