忘却のサチコ【9話】のネタバレあらすじ!サチコのダンス姿がかわいい♪

こんにちは、ハナです。

 

2018年12月7日(金)の深夜に、ドラマ『忘却のサチコ』の9話が放送されました。

 

今回は、ふたたびジーニアス先生が登場ですよ♪

小林君も加わり、おもしろそうです。

そして、忘却グルメは「ジンギスカン!」。

サチコのたべっぷりがたまらなかったです。

 

では、「忘却のサチコ」9話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

忘却のサチコ【9話】のネタバレあらすじ!

第9歩 がっつり!ヘルシー!癒しのジンギスカン

デスクでため息をつく小林『はぁ‥』

『小林さん!大きいため息が12回小さいため息が6回、計18回目です。どうかなさいましたか?』

それを数えてたサチコ。

 
 

小林は、引きこもり作家ジーニアス黒田の担当をサチコから引き継いでいた。

対談オファーがあり、顔出しNGジーニアス先生とアイドルのモモノは、お互いファンという事で‥

乗り気な先生、初めて対談が実現する事になったと話す小林だが‥

“俺の替え玉をやってくれ!そうしなきゃ、原稿かかない!”と言い出したという。

 

サチコは一緒にジーニアス先生の自宅へいく事となった。

“先生!モモノさんにも失礼です。”と一括するサチコ。

何故断るのではなく、代役なのかと尋ねる‥

 

ジーニアス先生の自画像は、本人とかけ離れている‥そんな俺が出れないという‥

説得する小林。

 

先生もやる気になり、”ダイエットをして、モモノちゃんに作品だけでなく俺の事も好きになってもらう!”と意気込む先生であった。

サチコ達もサポートすることになった。

 

~オープニング~

 

適正摂取カロリーを割り出し、近場のスーパーのお惣菜から献立メニューとタイムスケジュールを考えたサチコ。

用意周到なサチコはジーニアスに以下の3つを心掛けるようお願いする。

 

1.バランスのよい食事

2.規則正しい食生活

3.運動

 

小林は、毎日運動を3時間DVDを見ながらやるようお願いすると、やっぱり無理かも‥と諦めモードになる。

 

サチコはモモノ新曲をかけ、これはダイエットの応援歌だと話す。

ダンスを先生と踊る‥

10曲コンサート並みに踊ったサチコは公園で水を飲む‥

 
 

モモノはアイドル1のラブソングと言われており、姉弟の恋がテーマのもいい曲だという小林の話に、またサチコの妄想が暴走する。

サチコと俊吾が姉弟だという母、大袈裟な芝居‥そして最後に”お兄ちゃん!”と心の中で叫ぶサチコ‥

 

ハッと我にかえり、空腹で俊吾の妄想が止まらない‥『何か食べなくては!』

それならと、小林が高知の”アベックトースト“をと、頂くサチコ。

 

食パンに甘酸っぱいジャムと、塩気のつよいマーガリンが絶妙の分量で配合されており‥ホッとする味だと幸せそうに食べるサチコに、

トーストされてないのに‥”アベックトースト”不思議だと、小林。

“アベック”にまた俊吾を思い出すサチコであった。

 
 

二週間後‥対談の日!順調に体重を落としていた先生だが‥当日、体型は変わっていない。

理由を聞いてみると、新しく牛丼屋のCMをモモノがやり始めてから‥知らないうちに牛丼をたらふく食べてしまったという‥

やっぱり代役を頼みたいという先生だが‥小林は腹痛の為、病院で来れないという。

 

目の前を仮面ライダー親子が通る‥

それを見たサチコは”秘策がある”という‥

対談に来たのは、シカのかぶりを被った先生だった!

 

なんとか、対談が始まる‥

モモノが先生に質問をするが‥無言である‥

モモノが目の前にいて、見とれている先生に、サチコが話を促す。

やっと話始める先生だが、今度は声が小さい‥

 

“モノノ、先生に無理させちゃったかな?”の言葉に先生が興奮し、話始める‥1人で5時間!

 

無事に対談を終えたサチコは、ジンギスカン(羊肉)の看板をみかけ食べに行く。

 

隣の席カップルが、サチコを見て”1人?1人で来るなんて無理~”と話している‥心の中で”聞こえてますよ”と答えるサチコ。

もしも、私が隣のカップルみたいにハニーちゃんだったらと、妄想が膨らむ‥”お魚こわーい!”とかわいい声のサチコに優しく”しなくていいよ”と俊吾‥悪役の白井編集長”佐々木!仕事が溜まってるぞ!”に怖がるサチコ、”いいよ、僕がやるから”と答える俊吾‥でも、そんなの私じゃないと我にかえるサチコであった。

 

ジンギスカンがくる‥鉄板に野菜と肉をのせて焼く。お肉をタレにつけてたべる、独特の野性味が思ったよりさっぱりしている‥タレもほんのり甘味があってニンニクがきいている‥力がみなぎってくる‥ご飯を注文するサチコ。

お肉の油を吸い込んでお野菜が美味しい食感も美味しい‥これならいくらでも食べれるわ!無限もやし!

ごはんの上に肉をのせて、頂く、”どうにも止まらない”と追加で一人前を注文すると、隣のカップル女性が追加で5人前頼むのであった。

 

中学館へ戻ると、薬を処方されて良くなってきたという小林は今日の事を謝罪する。

小林『あの~一息ついたらご飯でもいきませんか?今日のお礼に‥』

サチコ『すみません。食事は済ませました!』

 

なんか野性味、溢れる匂いがするという小林にサチコは、シカのかぶりものを見せる。

サチコ『後で食事の時にでも、お話します』

“デザートならいける”というサチコに、嬉しそうな小林は張り切って美味しい所を探すのであった。

スポンサードリンク

「忘却のサチコ」10話のあらすじ

幸子は、編集長から勧められ、文芸誌の編集者が“恋愛小説”について語り合うネット配信番組に参加することに。

会場についた幸子の前に現れたのは、ライバル誌の編集者・尾野真由美であった。

尾野は幸子を一方的に敵対視していて…

生配信の討論会で幸子に恥をかかせようとする画策するが!?

討論会でまたまた幸子の妄想が止まらない!!

幸子のピンチに、俊吾が宇宙から駆けつける!?

今回の忘却グルメは有名老舗店の昔懐かしい洋食グルメ!

ふわっ!トロッ!名物オムライスに身も心も満たされる!

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/boukyakunosachiko/story/

来週は王道洋食オムライスですか!

深夜にお腹すきそうですね。

 

それにしても、俊吾さんがサチコの妄想でしか出てこなくなって、サチコは本当の俊吾さんにもう会えないんじゃないかと悲しくなってきます。

サチコも俊吾さんと過ごした日々を思い出し、「ああすればよかったんじゃないか」と気づくことも多くなってきているので、本当の俊吾さんとよりを戻してほしいです。

 

といいつつ、個人的には小林君派なんですけどね笑

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。