中学聖日記【10話】のネタバレあらすじ!聖と晶の恋の代償は…!?

2018年12月11日に有村架純さんが主演するドラマ『中学聖日記』の10話が放送されました。

 

今回は、聖が晶の母・愛子に対面して晶への思いを伝えます。

そして、聖の母親や勝太郎まで再び聖を説得にかかり…

聖と晶、また修羅場を迎えるのでしょうか!?

 

では、「中学聖日記」10話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

中学聖日記【10話】のネタバレあらすじ!

聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)はキャンプ場で一晩2人きりの時間を過ごします。

ついに想いが通じ合った2人。

 

島崎 黒岩の父(岸田五郎)はお前はまだ間に合うから頑張れといい、黒岩はまたくるよと言って島を出ます。

島崎に晶をよろしくと言われます。

 

晶は母の愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、心配かけてごめんなさい。今日帰りますというメッセージを受け取った愛子の表情は曇ったままです。

 

東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子)でした。

いきなりびんたをされ、里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまいます。

 

愛子が里美に直接会いに来て事情を説明したので、あわてて里美が迎えに来たのです。

先生として心配しただけよね?と言われます。

翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて(先生として付き添った)と謝ろうとするが、意を決した聖は晶を「教師としてではなく、好きです」と愛子に正直に告げます。

里美は謝りなさい。黒岩君と会わないといいなさいとせかしますが、もう嘘はつけません。

 

聖「約束します。黒岩くんの生活に支障があるようなことはしません。黒岩さんにお許しを頂ける日まで」

愛子は「晶をよろしくと言えばどんなに楽か。昌はあなたといると不安定になり、2人ともダメになる。昌まだ18ですよ。失うのはあなたのほうですよ。」心変わりすることもある、信じられるのかと問い詰めます。

「黒岩くんを信じています。それに…」心変わりされても「後悔しません」と聖はキッパリと告げました。

 

愛子は誘拐ともいえると指摘。

「責任を問われるのは当然ですよ。これ以上は、しかるべき措置を取ります」

里美「ホントはいい子なんです。それが今は何かの栓が抜けて…。正気に戻るように言い聞かせますので、どうか、これ以上はどうか、お願いします」と、頭を下げます。

愛子「先生、私たちの気持ちを汲んでください」母親たちが悲願します。

 

帰り道。聖は謝りつつ「あんなこと言わせてごめん。お母さんにはいつか分かって欲しい」

しかし里美は「先生を諦めてもいいの?今度会ったら訴えられるわよ。無理なのよ。その恋は。あきらめて」と告げます。

黒岩晶は、聖との関係をいつか認めて欲しいと母に告げました。

しかし、愛子は許すことなんかできない。帰ってきなさいうちにと言います。

 

そんな中、勝太郎(町田啓太)は愛子から近況を聞きます。

勝太郎「この先認めてもらえるまで待つとか、とうとうおかしくなった」

原口(吉田羊)「聖ちゃん。とうとう言えたのか。幸せになれるといいんだけど」

 

原口は青山更沙(元カノ)と再会し手を繋ぎます。

更沙は勝太郎に「上手くいかないってわかってた」と捨て台詞。

 

里美は家に戻ってくるように聖に言います。

自分がどんだけ周りに迷惑をかけているか痛いほど感じています。

 

聖は小校へ辞めることを告げに行きます。

そこで千鶴(友近)から「教師もう二度やろうと思わないで。やる資格ない」と告げられてしまいます。

千鶴は児童たちの姿を見せ失ったものの大きさを示しつつ…

千鶴「彼のことが好き。それが全ての言い訳になるんだもんね。おめでとう。お幸せに」

昇降口で頭を下げてひとり学校を後にする聖。

千鶴は教室の窓から見守りました。

 

そして聖はスマホが故障中のため公衆電話から晶の携帯へ連絡します。

晶は実家へ戻ったことを報告。

聖は教師を続けていると嘘をつきました…。

 

聖と晶は夕焼けを見上げる。

晶が中二の頃、初めて出会った頃を思い出して

晶「教えたいな、あの日の自分に。誰かを好きになるってやっぱり素晴らしいものだって」

 

そんな中、聖の元にある人物が訪ねてきて…。

勝太郎が愛子に頼まれて聖の話しを聞きに来たのでした。

「あいつのせいで」と憤る勝太郎は、聖を後ろからハグして「一緒に来いよ」と海外赴任先に来るように誘う。

まだ未練があるんだといい、原口と別れたことも告げたが…。

しかし聖は拒否しました。

「聖が真剣になるほど、あの人おかしいって思われるぞ。」勝太郎は目を覚まさそうとするが…

「分かってもらえるとは思ってない」聖は勝太郎の元を去った。

 

実家に戻った聖は、再就職先を探します。

晶にも携帯電話の番号を送ります。

聖は家も探し両親に迷惑をかけたくないので、原口に保証人を頼みます。

原口「私は勇者の味方。人の目を気にして生きるより、聖ちゃん戦ってる。いいよ、保証人なってあげる

 

その夜。晶から聖の携帯電話へ電話がありました…

晶「なんか引いた。冷めた。取り返しのつかない前に言わないと。先生とのこと今は考えられない、もうこういうのやめよう、じゃあ…

 

(有名な大学の)オープンキャンパスに行ってみる、と晶は母と上布に告げた。

 

一方、聖は原口と新しいアパートを見学。

聖は晶にフラれたことを報告します…。

原口「泣いていいよ。何もないってね、何からも自由てっことよ」

原口は聖を抱き寄せた。

 

翌日。聖のことを「想定内です」という勝太郎に原口はピンときた。

 

オープンキャンパスの日。原口はハローワーク職員を装い聖を誘い出しました。

「戦え!」と背中を押して、聖を理工学部へ向かわせます。

 

聖「行きたい学部、何に興味もったか、どんな将来見つけたか、最後に教えて」

晶「先生は教師あきらめるんですか。俺のせいでまた辞めて。」

晶は勝太郎に聖の近況を教えられたのでした。

晶「先生のそういうところ、すっごくくだらないなって思います。僕には離れることぐらいしか。先生辞めて欲しくないんです。あれだけ好きだった仕事あきらめていいんですか。後悔してほしくないんです

 

愛子の姿が見えた晶は、聖の手を取って雑踏の中へ走る。消える。

橋の上で、聖は想いを告げます。

聖「嘘のない、そのままの自分でいたい、黒岩くんの隣にいたい」

晶「僕もです、先生の隣にいたいです、この先ずっと」

 

そこへ「末永聖さんですか」と警察がやってきて捕まってしまいます。

スポンサードリンク

中学聖日記【10話】の感想!

さきママさん(30代)
とにかく、律の言動がカッコ良すぎると思いました。

今までも、サバサバしていてハッキリとした言動が多かったですが、今回に関しては、聖はとても精神的にも助けられたのではないかと感じました。

あんな女性が、自分の近くにも欲しいと心から思いました。

逆に、今までもでしたが、今回も勝太郎にはイライラしてばかりでした。

全てを自分の価値観に従わせようとし過ぎだし、聖を想っているとか言いながら暴走しすぎだし、本当に邪魔でした。

その上、気持ちも自分勝手過ぎるし、イライラさせるばかりでした。

ただ、結果的に、律や勝太郎のような気持ちにさせてくれるサブキャラクターが居たことで、今回も気付くととても引き込まれて、聖により感情移入が出来ました。

mahaさん(20代)
晶が聖を助けに来てくれてとても男らしく感じてかっこよかったです。

聖と晶はお互いの気持ちを伝えることが出来てこのまま2人でいれたらどんなに幸せだろうかと思いましたが、やはりそんなに上手くいくわけはなく辛いです。

聖の母が話も聞かずにビンタは可哀想でした。

黒岩の家に説明しに行って、聖の母が必死に謝って土下座までしていて見ているだけで心が痛くなりました。親は子供の為なら何でもできるんだなとも感じました。

まさか原口律が聖を助けてくれるとは思いませんでした。勝太郎と付き合ってる時にあんなに嫉妬していたのに、切り替えが早くて羨ましいと思いました。

勝太郎はムキになっている感じがして原口の方が聖の気持ちを理解してあげられてると思いました。

りんさん(30代)
聖と黒岩くんの気持ちがわかったのでその雰囲気がいいなと感じました。お互いいつか周りに認めてもらう日が来るまで、今できることをしている姿がいいなと思いました。

その気持ちのまま真っ直ぐに進んでほしいなと思いました。今回は原口さんだけがヒーローにみえました。

かなり男前でキャラクターが大好きです。見ていて聖と黒岩くんの発言にはヒヤヒヤすることがあったけど、純粋さが伝わってきました。

聖と黒岩くんのお母さんの気持ちはよくわかります。子供を思うが故の行動には納得しますが、私は同調は出来ませんでした。

今回のラストシーンは衝撃展開だったので、最終回がどうなるか楽しみです。

ハッピーエンドを期待しつつ、胸キュンシーンもほしいです。黒岩くんに会えなくなるのはロスになりそうです。

中学聖日記【最終回】のあらすじ

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。

一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。

ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。

後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは…。

全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。

募る晶への想いを胸に秘め、彼女が最後に出した答えとは。そして、それぞれが選ぶ道、“禁断の恋”の結末は―?

引用元:https://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/story/

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。