トレース 1話のネタバレあらすじ!船越英一郎の登場に火スペ感がチラリ

こんにちは、ハナです。

2019年1月7日から始まったフジテレビ月9のドラマ『トレース~科捜研の男~』

今回は、1話のネタバレあらすじをご紹介していきます!

スポンサードリンク

トレース 1話のネタバレあらすじ!

研修を終えたばかりの新人のノンナ(新木優子)は科捜研の皆に挨拶します。

そこに虎丸刑事らが昨日に発見された左手の鑑定結果は終わったかどうか聞きにやってきます。

真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが出たのだと報告します。

それにより、多摩川付近に遺体が埋められているのだと虎丸は判断します。

しかし、それは違うのだと真野は言うものの、虎丸の圧力に負けてしまいます。

日原川から左手が流れたとの可能性があるため、真野は勝手ながらに日原川にいきます。

科長の海塚の命令により、ノンナも真野に付いていきます。

 

日原川にて、真野とノンナはバラバラ遺体を発見します。

ノンナは思わずその場で嘔吐します。

真野は遺体付近に一輪の花がある事に気づきます。

 

科捜研にて、真野の勝手な行動に虎丸は怒りを表します。

司法解剖の結果、死因は心臓を刃物で刺された事による失血死で、凶器は包丁、10の部位に切断されているという遺体は暴力を受けていたとの可能性があります。

被害者は娘だという可能性があるという五十嵐千鶴が警察署にやってきます。

親子鑑定のために千鶴のDNAを採取します。

DNA鑑定の結果、千鶴の娘である美加が被害者であると判明します。

 

バラバラ遺体のことが忘れられないというノンナはあまり食が進みません。

科捜研の仕事は依頼されたら正確に行うべきにも関わらず、真野はあらゆる可能性を調べないと気が済まないとの人物であるのだと科捜研のメンバーは言います。

 
 

翌日、出勤するノンナは、現場にある一輪の花(植物の遺伝子鑑定)を大学に持っていくようにと真野に頼まれます。

その花は誰かが故意的に現場に持って行った可能性があるのだと真野は言います。

その時、美加の婚約者である越智が宿泊したホテルで臨場するようにと虎丸は真野に依頼します。

越智は、美加が両親に会わせてくれないのと、美加の体に触らせてくれないとのことで美加が浮気をしているのでは?と疑っていたため、ホテルに宿泊したそうです。

そこで美加の浮気の証拠を掴むのだという越智は美加を殺していないのだと警察に主張したそうです。

真野らはホテルのお風呂からルミノール反応があるかどうか調べるが、反応は出てきません。

越智は犯人ではないのだと虎丸は確信し、警察らはホテルから撤収します。

それでも真野は居残って調べるため、ノンナも居残ることにします。

数々の鑑定物を持ち帰った後、科捜研で鑑定します。

 
 

一方、虎丸は上司の江波に、事件解決に時間がかかっているのだと指摘されます。

 

真野とノンナはカップ麺を口に運ぶが、ノンナは未だに食欲が無いとの様子でした。

「君が見つけたのは人間だ。ほんの数日前までは君と同じように生活していた」と真野は話し始めます。

「気持ち悪いと思うのは仕方ないが、彼女は君が見つけてくれたことに感謝しているはず、それを忘れるな」と真野はノンナに言います。

それを聞いたノンナはカップ麺を食べ始めます。

 
 

結局、朝になっても真野とノンナは鑑定します。

鑑定書はまだか?と虎丸がやってきます。

真野は、一輪の花はコーカサス地方の特殊な品種であるのが発覚したため誰かがあの現場に持ち込んだのだと説明します。

鑑定結果、千鶴が花をホテルの部屋に持ち込んだのだと真野は言います。

 
 

取り調べの結果、千鶴は美加に呼び出されたのだと供述します。

そこで鍵を渡され、自分が戻ってくるまで絶対に部屋から出ないようにと言われたという千鶴。

千鶴が美加としばらく会っていないのだと嘘をついた理由は、「混乱してたのかも」と答えます。

 
 

美加の父親である康信のマンションの防犯カメラの結果、美加はホテルで千鶴を待たせた後、父親に会いに行ったことが分かります。

しかし、マンションを出て行く美加の姿が防犯カメラに残っていません。

さらに康信がDVをしていたことも近所の証言により、判明します。

美加を殺したのは康信だと虎丸は口にします。

千鶴も康信からの暴力を受けていたそうです。

教育評論家だという康信はひどい人物だと皆は異口同音で言います。

それらは憶測で気持ち悪いのだと真野は指摘します。

それに対し、虎丸は怒りを表し、鑑定なんか誰がやっても同じだから真野の代わりにノンナがやれ、明日の臨場には一人で来るようにと言います。

 
 

夜、ノンナはインターネットやSNS等で美加のことを調べます。

帰路につく真野は美加の火傷のことで何かを閃いたため、急いで本屋に向かいます。

週刊を読んだ真野は何かに気付きます。

 
 

科捜研にて、真野が何かをしていることにノンナは気付きます。

美加のインスタを見て、もっと生きてたかっただろうなと思ったノンナは犯人のこと許せなく、絶対に捕まって罰を受けて欲しいからこそ、大事な何かを見落とし、私のせいで真相にたどり着けなくなる時が怖くなったのだと真野に話します。

「考え得るすべてを追求する、必ずどこかに証拠はある、それは美加が残した思い、それを見つけるのが俺たち科捜研の仕事、美加の無念を果たせるのは君しかいない」と真野は言います。

 
 

虎丸らは五十嵐家の家宅捜索をします。

その時、康信は家を出かけると千鶴に話してから出て行きます。

ノンナはお風呂からルミノール反応が出てくるかどうか検査した結果、出てきませんでした。

その結果に虎丸らは落胆し、家を出て行きます。

ノンナは本当のことを話してくださいと千鶴に問いかけます。

ノンナがいないことを受け、虎丸らは家に戻っていきます。

美加と千鶴が同じ時にやけどをしていることを突き止めた真野の助言を受け、ノンナはそのことを千鶴に聞きます。

真野の考えでは、康信に至近距離で真上からシチューを掛けられたため、美加を庇った千鶴も美加もやけどをしたのだということでした。

ノンナは説得を続けるが、千鶴は喋りません。

虎丸と猪瀬は慌てて美加を外に連れ出し、注意をします。

科捜研にて、科捜研に捜査権はないのだと千鶴は海塚に言われます。

 
 

居酒屋で、五十嵐家から血液反応が出てこなかったことで虎丸は苛立っています。

虎丸の話を隣で猪瀬は聞いています。

 
 

一方、寝室にて千鶴は、ノンナの説得を思い出し、隣で寝ている康信を見つめます。

 

千鶴がホテルから自宅に戻ると美加の姿はなく、家のあちこちが散らかっていたそうです。

その時、血の付いた灰皿があったのを千鶴は発見します。

そこで千鶴は灰皿を虎丸に提供したため、ノンナが鑑定します。

その結果、灰皿についた血が美加のものであるため、虎丸は康信の取り調べを開始します。

康信は美加を殺していないのだと主張します。

もう一度、水回りと風呂場を鑑定しろ、と虎丸はノンナに求めます。

再鑑定する必要はないが、玄関の外の廊下をノンナに鑑定させるようにと真野は虎丸に助言します。

「鑑定結果こそが真実だ」と真野は虎丸に言い放ちます。

海塚の提言もあって、真野を担当者に戻すことに虎丸は渋々賛同します。

 
 

真野、ノンナ、虎丸らは五十嵐家で再び臨場します。

玄関の外の廊下からルミノール反応が出てきました。

 
 

事件は解決しました。

康信は最低のDV男だと言う虎丸は、事件の真相について語り始めます。

両親とは疎遠だったにも関わらず、最近になって美加は千鶴に、婚約者の話をするようになります。

千鶴を家に残して一人だけ幸せになるなんてできないという美加は、千鶴もここから逃げようと千鶴に提案します。

その時、康信が帰ってきて美加を殴りつけました。

千鶴の説得を諦めた美加は強硬手段に出ることにします。

それは…千鶴をホテルに残し、美加は康信と話をつけることでした。

「お前には愛される価値がない、お前はいつも自分のことしか考えない、クズはクズのまま変わることはない、お前は幸せになるのダメ」のだと康信は言います。

「私とお母さんに近寄らないで」と美加は言い返します。

千鶴はどこにいる?と康信は美加に暴力し、とうとう灰皿で殴りつけます。

美加は、今後私たちに関わることがあればあなたを訴えるのだと康信に言います。

「この世に幸せになっちゃいけない人間はいない」と美加は家を出て行きます。

家を出た美加を、隣の部屋の住人が自宅にまで連れ去りました。

従って美加を殺したのは隣の部屋の住人である飛田でした。

父親から暴力を受けて育った飛田は盗聴器を通し、美加と康信の様子を知っていました。

飛田は、僕なら美加の痛みを理解してあげることができる、美加を守れるのは僕だと美加に説得します。

パトカーの音が聞こえてくるため、美加は飛田家を出て行こうとします。

言うことが聞かないということで飛田は包丁で美加を殺しました。

現場の花は手向けの花だということも判明します。

 
 

千鶴は康信と離婚するのだと決意し、教育評論家である康信も終わりだということになります。

真野とノンナは千鶴に挨拶した時、「火傷の痕は美加を守ったんじゃない」と言われます。

美加が千鶴を守ったからこそできた火傷でした。

私は何もできない弱い人間で、美加はかわいそうな子だと千鶴は言います。

お母さんのためだと思います。美加さんはお母さんを地獄から救い出すために生まれてきたんじゃないですか」と真野は千鶴に聞きます。

千鶴は涙を流します。

 
 

真実のかけらを見つけたという真野に、「やっぱり最後に正義は勝つんだね」とノンナは言ってから科捜研を出て行きます。

真野は「正義…」とつぶやきます。

一方、壇が最年少で刑事部長に昇進したのは大したものだと警視総監に言われます。

真野は次のようなことを思い出します。

少年だった真野が家に帰宅すると…目の前には家族が死んでいた時のことを。

スポンサードリンク

『トレース』の1話の感想

まずはドラマのテンポの良さに驚いた。

そして、船越一郎さんの登場で火曜サスペンス感が高まったんですが、錦戸亮さんの登場で月9に戻って安心した^^

ノンナが初出勤する途端に事件に巻き込まれ、早速遺体を発見してしまうことで、ノンナは混乱してしまっているに違いない。

それでも話の速度は速いからこそ、ノンナは食欲が無いまま真野についていくことになってしまう。

当初はノンナがさすがに可哀相では無いか?と思った。

ノンナが真野に対し、怖いのだという気持ちを素直に告白したら、真野にそれなりの心のケアをしてもらうのが印象的だった。

真野は諦めることを知らないかのように、決して諦めないで、証拠がどこかに必ずあるのだという気持ちを強く持っている。

そういうところがかっこよかった。真野と同じくかっこよかったと思えるのが美加である。

康信から逃げる勇気を持てないという千鶴のために、美加は直接的に康信と話をつけることにした。

相手はDV男である。

本来千鶴のように怖い気持ちになってもおかしくないにも関わらず、美加は美加なりに康信と向かい合うことにした。

だからこそ美加が殺されるとの結果になるのは余計に悲しくなった。

今後の展開に期待出来るドラマであった。

『トレース』の2話のあらすじ

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田達男)が殺害された事件に関連するDNAの称号鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。

席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。

その時有里は、現場から逃走する男の姿を目撃してた。

真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。

また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。

これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。

警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永渉(篠原篤)を拘束していた。

現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。

しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。

真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。

だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html




おわりに

今回は「トレース~科捜研の男~」1話のネタバレあらすじをご紹介しました。

船越英一郎さんで登場には一瞬にして火スペ感が出てしまいましたが、ストーリーの内容や錦戸亮さんの登場で見ごたえグッと増しました。

来週も悲しい事件が起こりますが、真野がどうやって事件の真相を解決していくのか楽しみですね♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。