スキャンダル専門弁護士queen 1話のネタバレあらすじと感想。SMAP会見のパロディみたい?

こんにちは、ハナです。

2019年1月10日から始まったフジテレビのドラマ『スキャンダル専門弁護士queen』

 

1話からアイドルグループの謝罪会見で、SMAPを思い出しちゃいましたー。

そういう路線のドラマになるのかな…

それに、竹内結子さんと斉藤由貴さんが出演したHuluオリジナルドラマ『ミスシャーロック』も思い出さずにはいられませんでした^^

 

では今回は、そんな『スキャンダル専門弁護士queen』の1話のネタバレあらすじをご紹介していきます!

スポンサードリンク

スキャンダル専門弁護士queen 1話のネタバレあらすじ

氷見の合図により、西田先生の祝賀会にてウェーターに扮した与田が突然コケるなど、わざとアクシデントを起こすことで会場の皆に注目を浴びられています。

その隙に、氷見は、記者の東堂が林の息子からセクハラを受けている件で林に声をかけ、「子供の不祥事は親の責任」だと脅した上、公表しない代わりにお金を要求します。

こうしてセクハラ対応を片付けることに成功する氷見江。

しかし、東堂は実際セクハラを公表したかったそうです。

 
 

久々に休みを取ることになる氷見はシミ取りの予約をしてあるのだと言います。

しかし、鈴木は早速氷見と与田に仕事を与えることにします。

 

依頼者の深川によると、アイドルグループであるフォレストによる、フォレスタジアムという冠番組にはクレームが殺到し、中には殺害予告までも入っているのだと言います。

原因は放送時にメンバーの白石が赤江を突き飛ばすとの事件が発生したことにより、解散や不仲の噂が流れたからです。

それで次回の放送時は謝罪会見をやることになり、万が一のためにも専門家に協力を頂きたいと深川は説明します。

 
 

一方、白石はマスコミに追われながらもテレビ局に移動します。

テレビ局に到着している氷見らの元には、青い仮面をした人物が殺害予告をする映像がサイトに上げていることに気づいたため、より一層、警戒することにします。

謝罪の収録をすることを白石は聞いていなかったようで、帰るのだと主張します。

番組を守るために謝罪してくださいと深川は頭を下げるものの、白石はその場を去ります。

 
 

謝るのがそんなに嫌?と氷見は、控え室にいる白石に聞きます。

白石は謝罪の理由がないと主張します。

幼馴染で仲がいいとのイメージを裏切っている、芸能人はイメージで商売しているから、イメージと違うとファンは失望するのだと氷見江は説明します。

白石は今すぐにもグループを解散したいと言います。

 
 

一方、赤江は白石がグループ解散をしようとは考えていないはずだと言います。

与田は赤江の話を聞いてあげています。

「私にとってメンバーは家族ですから」と赤江は咳をしながら言います。

 
 

白石の真意が読めないという藤枝、氷見、与田、真野。

そんな時、白石が行方不明になる事件が発覚します。

 
 

モリオプロの森尾は、危機管理の弁護士であるにも関わらず役に立っていないため、氷見江らに帰らせようとします。

監視カメラで白石が一人で出て行くのを確認が取れたという美穂子は、一番人気である赤江に嫉妬しているのだろうと判断しています。

しかし、歌や踊りは白石の方がうまいのだという美穂子。

それであるにも関わらず、社長はセンターとして赤江を選んだようです。

 
 

街でなるべく変装するものの、周りの方に白石だと気付かれてしまうため、白石は逃げ続けています。

 
 

氷見江は謝罪会見の時に着る衣装を選びました。

とある不審人物らしき男がダンボールを運んでテレビ局の中に入っていきます。

 

プロデューサーは番組を作るよりも忖度が仕事だという深川は、本来の自分との差を感じている様子でした。

 
 

テレビ局の加藤が鈴木に電話でクレームを入れる始末になったのに対し、鈴木は相槌を打っているだけで実際話を真面目に聞いていませんでした。

 
 

13時前になっても白石は見つからなく、テレビ局の方はただただイライラするしかないとの状況でした。

そこに青い仮面をした人物が現れたため、急いで藤枝は追いかけました。

その人物こそが殺害予告をした人物です。

藤枝は警備員とともに、その人物を追いかけます。

藤枝が負傷したものの、警備員によってその人物は確保されました。

テレビ局に鈴木もやってきました。

 
 

氷見江は東堂を呼び出し、まだ山川議員のことを追っているか?と聞きつつ、何か資料を手に入れます。

 
 

フォレストが解散すると違約金12億円になるのだということ、謝罪の収録がまだできていないということがニュースで報道されてしまいます。

誰が漏れた?と森尾はさらに怒りを表します。

 
 

与田と真野は、フォレストの聖地に来ている白石を見つけることに成功します。

写真で、白石と一緒に写っている男は誰か?について白石は、知らない人だと主張します。

 
 

その頃、プレッシャーに弱い故に嘔吐してしまう赤江を心配する氷見江。

 
 

藤枝は、メンバーに不満を持っている人はいないかどうか周辺の人に聞き込み捜査を行います。

テレビ局の局長や代理店がテレビ局にやってきました。

スポンサーが降りたいとの要求があったという局長や代理店に対し、深川は「申し訳ございません」と頭を下げるしかできないとの状況になりました。

 

その時、与田が白石を連れてやってきました。

 

男の存在を白石は否定していたのだと、屋上にて与田は氷見に報告します。

テレビ局から脱走した白石は自ら悪者になって何かを守ろうとしているのでは?と氷見は推測します。

モリオプロのネットをハッキングした結果、リーク犯は元マネージャーの海老原だと藤枝は突き止めたのだと電話で氷見と与田に知らせます。

 
 

海老原はリークしていないのだと主張します。

事務所を辞めたのは、社長が白石達のことを商品としか見ていないのに腹が立ったからだと海老原は与田に話します。

もしかして白石と会おうとした?と与田に聞かれる海老原だが、一切関わらないとの条件で会社を辞めたので、それは間違いだと答えます。

白石は社長に携帯を取り上げられ、苦しんでいるのだと与田は知らせます。

白石と見知らぬ男の写真を与田に魅せられた海老原は「彼女達は商品である前に人間ですから」との理由で、拡散しないようにとお願いした上で、白石には「よく頑張ったね」と伝えて欲しいと話します。

 
 

写真の男の正体に気付いた氷見は、メンバーを残してスタッフ全員その場を出て行ってもらう一方、山川議員の不正献金リストの中に公表してもらいたくない名前がいるのだと与田は東堂に交渉します。

 
 

白石と一緒に写っている男は赤江では?と氷見は赤江に聞きます。

嘘をついてばかりで疲れたという白石は話すことに決意します。

 

実際、赤江は男の気持ちを持っていたのでした。

 

男の変装をする赤江を偶然的にも見てしまった白石は、メンバーの皆も知っているのだと赤江を励まします。

赤江が体と気持ちのコントロールができなくなった中、海老原だけは赤江の変化にすぐに気付いたそうです。

赤江が脱退できるようにと社長に交渉した結果、社長は海老原をクビにしたため、もう逃れるのはできないのだと白石は判断しました。

それで白石は冷たい態度をとることでクビにしてもらうとの作戦を取ったそうです。

リークはゆず季の仕業でした。

 
 

謝罪会見の収録が無理そうな状況のため、生放送をしては?と氷見は森尾達に提案したため、生放送をすることになります。

生放送にて、フォレストは謝罪会見を行います。

さらに、「私たちは解散します」との宣言もする白石。

 

実は、周りのイメージに合わせて抑圧されながら生きていくよりも、自分らしく生きていくのも悪くないのだと氷見はメンバーの皆に訴えていました。

深川を始めとするスタッフの皆もフォレストの考えに賛同していたのです。

自分たちの未来を自分たちの意思で決めて生きていくことにしたというフォレストは、「今までありがとうございました」と言ってラストステージ(パフォーマンス)を行います。

「異動は確定だからな」という森尾に対し、番組を作るのが僕たちの仕事なので後悔しないのだと深川は言い返します。

 
 

森尾は脱税、横領、不正献金をしているとのことを氷見や与田は突き止めます。

人の苦労も知らないで勝手に解散するということに怒りを表す森尾。

解散させれば最小限のダメージで済むのだと氷見は森尾に話します。

 
 

芸能事務所に「稼働費、仮面の男30万円」とのお金が要求されたことにより、青い仮面をしている人を手配したのは氷見であることが発覚し、それは氷見以外誰も知りませんでした。

さらに、USBの入った段ボールが宅急便により、受け取ります。

パソコンでデータを確認した結果、氷見と次期首相候補の吾妻が写っている写真が入っていました。

スポンサードリンク

スキャンダル専門弁護士queen 1話の感想

hana
白石と赤江の間の不仲よりも、殺害予告を出した青い仮面の人物の存在の方が気になっていたのだが、実際氷見が仕込んだことであると分かると思わず拍子抜けになってしまった。

氷見にしてやられた気分であった。だからこそ、殺害予告が出されているにも関わらず、白石がテレビ局からいなくなった時、氷見がそこまで焦っていなかったのだと思った。

白石が脱走するのは謝罪会見を開けなくなるとの問題があるのと同時に、もしかしたら青い仮面をした人に命が狙われてしまうのだという可能性も存在している。

そこが伏線だったのではないかと気になった。

白石は実際赤江を守っていたのだと感じた。白石は誰かを守っているからこそ悪者になっているのだと推測した氷見がやはり凄かった。

同じ女性であるとして氷見は女性の気持ちをしっかりと読める人物ではないかと思う。

男性からすれば理解できないようなことまで、氷見は理解することができている。

自分らしく生きていけばいいのだとフォレストにエールを送る氷見の言葉が素敵だった。

スキャンダル専門弁護士queen 2話のあらすじ

鈴木法律事務所・危機管理部。

リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。

やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一輝)。

谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。

谷と貴美子は事実婿んんを訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。

氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。

その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。

敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。

一方与田は貴美子からの谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/story/story_02.html




おわりに

今回は、スキャンダル専門弁護士queen1話のネタバレあらすじをご紹介しました。

1話はSMAP謝罪会見を思い出すような内容でしたし、2話もなんだか現実に起こったスキャンダルと絡んでいそうですね。

個人的には竹内結子さんが事件を解決していく姿や、斉藤由貴さんの冷静な役柄は、Huluで放送された『ミスシャーロック』に似ているなと思いました。

事件の重さや竹内結子さんの明るさは違うけれど、話が進むにつれてどんどん引き込まれそうです。

では、2話もお楽しみに~♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。