トレース 2話のネタバレあらすじと感想。錦戸亮の笑顔にキュン爆裂♡

こんにちは、ハナです。

2019年1月14日にフジテレビ月9のドラマ『トレース~科捜研の男~』の2話が放送されました。

 

前回からスタートしたトレース。

今回も悲しい事件でしたが、なぜか錦戸亮さんが演じる真野にキュンしする結末…

 

では、「トレース」2話のネタバレあらすじを見ていきましょう!

『トレース』の動画の無料視聴はこちらからご覧ください♪

スポンサードリンク

トレースの2話のネタバレあらすじ

教授就任祝賀パーティーにて、真田を探している娘の有里は、控え室のバルコニーから転落死している真田を発見し、悲鳴を上げます。

 

科捜研にて、ノンナは鑑定資料の結果の不備を指摘され、他の鑑定はまだ終わっていないかと言われ、仕事に追われます。

疲れた顔をしているノンナの体調を心配する海塚。

真田の転落死の事件について虎丸は真野とノンナに説明します。

 
防犯カメラの映像により、被疑者の宮永を拘束したという虎丸。

宮永はスタッフの制服を盗んでパーティーに潜入し、包帯を巻いていた左手には刃物による真新しい傷があったのを受け、真田の首にも傷があったのだと虎丸は説明します。

 

現場から逃走する犯人の姿を有里は目撃し、逃走経路には血痕が、バルコニーの手すりには真田の靴の跡が残っていました。

 

そのため、真田の首には刃物を突きつけられ、バルコニーを越えて逃げようとした真田は突き落とされたのではないか?と虎丸は推測します。

 

現場のDNAと宮永の血液が一致すれば解決だが、鑑定の結果、不一致で、現場に残っている血液は宮永ではないとのことが発覚します。

 
 

取り調べにて、現場に到着した時は既に真田は死んでいたのだと宮永は主張します。

証拠不十分のため、宮永は釈放され、警察は誤認逮捕していたとの事態になります。

それでも宮永が犯人だと虎丸は江波に主張したため、「1週間だけ時間を与えよう、それまで犯人が見つからないと班は解散」だと言われます。

 
 

現場の血痕は共犯者の血痕だと言い張る虎丸。

裏付ける証拠がなければ勘なんて意味がないと真野は虎丸に指摘します。

 
 

現場で臨場を行う虎丸や真野達。

有里は、真田を殺した犯人が宮永で間違いないのだと虎丸に話します。

突然ノンナが軽い貧血で倒れ、ワインを床にぶちまけてしまいます。

 

医師である有里の診察を経て、ノンナは病院のベッドで休んで体調が回復します。

心臓が弱いという有里は、父は医師としても父親としても素晴らしく、いつか父のようになりたいと頑張ってきたのだと言います。

「どうか犯人を捕まえてください」と有里は真野とノンナにお願いします。

 

バルコニーの手すりに真田の靴の跡が残っていたのは不自然で、転落する前に真田と犯人の間で何らかの会話があったと考えられるため、犯人は真田と面識のある人間ではないか?と真野は考えています。

真田が誰かに恨まれるということに心当たりはないという有里。

 
 

科捜研にて、ノンナが科捜研をやめるかどうか迷っているはずだと海塚は真野に話すが、「俺には関係ない」と言われます。

 
 

科捜研で仕事をした後、真野はノンナと共に現場に向かいます。

ゆっくりと手すりに上り、振り返る余裕があったという真田の行為が気になっているという真野。

真野とノンナが発見した折り鶴には血液が付着しています。

鑑定の結果、O型の女性の血液であること、折り鶴から宮永の指紋が出たのだと判明します。

 
 

真田の葬式に出席するノンナは、三井が有里に声をかけているとの様子を目にします。

真田が殺された理由について有里に謝らなければいけないことがあるという三井。

その時、突然大勢のマスコミが有里の元に殺到したため、三井はその場から去っていきます。

有里は三井のことを思い出せません。

マスコミが去った後、有里は、昨日真田の遺品を整理した結果、出てきた折り鶴に血がついてて赤かったのが気味悪いとノンナに話します。

 
 

その折り鶴を鑑定した結果、現場にあった折り鶴と同じく、若いO型の女性の血液が見つかります。

三井の顔を覚えているという有里の話を聞いた虎丸ら警察は似顔絵を作ることにします。

 
 

喫茶店にて、有里はノンナの体調を心配します。

ノンナは恐らくストレスで自律神経失調症になっているため、うまく息抜きをするようにと有里は話します。

「命を救う仕事とは違うけど事件の真相を知ることで遺族は救われると思う、それはあなたたちにしかできないこと」と有里はノンナに言います。

 
 

似顔絵による情報が掴めないとの現状に虎丸は苛立ちます。

公安のコネを使った虎丸は、現場にある血液が岸田の血液と一致したとの事実を掴むことに成功し、岸田の取り調べを行います。

岸田の身体検査の結果、傷は見当たらなく、防犯カメラにも写らず、家宅捜査をしても何も出てこなく、岸田本人も殺していないと主張します。

虎丸は再度岸田のDNA鑑定を真野に要求します。

 

真野は、岸田の身体検査の写真を虎丸に見せてもらった途端に何かをひらめきます。

宮永は事件後、電車で帰った時点では既に包帯を巻いているため、会場付近で包帯を買った人がいるかどうか探って欲しいと真野は虎丸に依頼し、「宮永の血液を鑑定させてください」と言います。

それでも虎丸は岸田の方が先だと頑なに主張します。

 
 

折り鶴の鑑定をした結果、中原という人の答案用紙であることが分かったという真野。

時間がないからこそ今優先すべきなのは宮永だと主張する真野に対し、虎丸は納得します。

 
 

捜査の結果、店に包帯を買ってきた人物を突き止めます。

真野は、店の売上金の中に500円玉に血液が付いていることに気づきます。

鑑定の結果、真田の着衣の血痕と宮永の血痕は一致します。

 

これで宮永は骨髄移植を受けたため、特異体質(キメラ)であり、岸田は宮永のドナーだったのです。

 

宮永の家に入った虎丸と猪瀬は、有里の盗撮写真を発見した上で、宮永が有里の命を狙う可能性があるとのことに気づきます。

宮永が骨髄移植を受けた当時、折り鶴を折った女子高生である中原が宮永の見舞いに行く途中で工場による追突事故に遭ったのです。

中原は、真田率いる病院に搬送されたが、死亡します。

 
 

虎丸、猪瀬、真野、ノンナは有里が勤務している大学病院に向かいます。

大学病院に忍び寄る宮永は有里の居場所を探ります。

自動販売機で飲み物を購入した有里の背後に宮永が出現したのを受け、有里は悲鳴をあげます。

 

有里の悲鳴を聞いた真野とノンナ。

宮永は有里に「恨むなら親父を恨め」と言い、有里の首を締めて殺そうとしたが、なぜか途中でやめます。

そこに出現する虎丸ら警察は宮永を確保し、真野は憤りを感じます。

 
 

真野とノンナは有里に次のような事件の真相について話します。

15年前、宮永には中原という恋人がいました。

毎日折り鶴を折っていたという中原が事故に遭って病院に運ばれ、そこで真田による緊急手術が行われました。

有里が心臓移植を受けたというのが全ての始まりでした。

 

当時は、中原の容体が急変したため、中原は脳死になったと真田は宮永に説明します。

三井が学会で一時帰国すると知った宮永は、学会の会場で三井に再会し、本当のことを言わないと訴えるのだと脅します。

同年代である中原が運ばれ、宮永が白血病だということでドナーを登録していることに真田は知ります。

それで真田は中原に筋弛緩剤を打ったことで、中原は脳死とのことになり、中原の心臓は、危篤状態だった有里に移植します。

宮永は真田と有里に復讐することに決心します。

 
 

バルコニーにて、宮永と真田は次のような会話をします。

宮永が真田を殺そうと襲いかかって揉めた結果、ナイフが下に落ちます。

中原の心臓だけではなく、宮永の人生も奪ったのだという宮永は「俺は絶対にお前を許せない」と真田を突き落とそうとします。

真田は宮永を振り払って、「すまなかった」と自分から転落しようと、バルコニーの上に立ち、宮永に突き落とされます。

 
 

今までの話を聞いた有里は、心臓は私のものではないとのことで生きていいのだろうかと口にします。

真野は、宮永は最後の最後に復讐をやめて(有里を殺すのに断念した)泣いていたのだと話します。

恐らく首を締めた時、中原の心臓が自分の中で生きていることに宮永は実感し、この手で愛する人の心臓を止めることなんてできないと思ったのでしょう。

受け継いだ命を大切にしていくべきだと真野は訴え、有里は涙を流します。

 
 

悲しい真実を有里に突きつけたくなかったというノンナに対し、真野は「どんな真実であったとしても知らない方がいいことなんてない。闇の中で立ち止まっているのは何よりも辛い。遺族は真実を知ることで初めて前に進むことができる。それを手助けするのも科捜研の大事な仕事の一つ、お前はよくやった」と言います。

 

真野は、夜中、誰もいない土地に向けて思わず「兄ちゃん…あの日何があったか教えてくれよ」とつぶやきます。

スポンサードリンク

トレースの2話の感想

hanako
誰も報われないという悲しい事件の真相であったのだと感じた。

一時期では、勇気を出して有里に真相を話そうと決意したにも関わらず、結局逃げて、警察に話さないという三井はそんなに医師としてのプライドを守りたかったのだろうかと疑問に思えた。

また、勇気を出した三井の行為を邪魔し、葬式であるにも関わらず、有里の元に殺到するマスコミ達があまりにも空気を読めなさすぎて問題のあることだと思った。

医師として父親として真田を尊敬し続けたという有里里にとって事件の真相を知りたくなかったのだとは感じるが、どうやら真野は自分の身に起こった事件の真相を知らないで生きている様子であることが伺えた。

だからこそ事件の真相を知らないという真野は、その真実がそんなに悲しいことであっても、真実を知ることで前に進むことができるのだとノンナに話したのだろう。真野が発した「兄ちゃん」とはどういうことか?と今後の展開が気になった。




トレースの3話のあらすじ

科捜研の真野礼二(錦戸亮)は、絞殺されたものと思われる9歳の少女・松戸ココ(高松咲希)に関する鑑定を依頼される。

ココは、同級生の三島唯(稲垣来泉)と公園内の山林に基地のようなスペースを作って遊んでいた。

夕方、唯は先に帰ったが、ココの母親から娘が帰宅しないとの通報があり、翌朝、ココは遺体となって発見されていた。

死因は窒息死だった。

また被害者の通う小学校付近では不審者の目撃情報もあったという。

ノンン(新木優子)とともに付着物のDNA鑑定などを行った真野は、被害者に暴行された形跡がないことを確認する。

するとそこに、虎丸(船越英一郎)の先輩でもある刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れる。

鶴見は、20年前と10年前に起きた連続幼女〇人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していることから情報を求めに来たらしい。

実は鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸(池内万作)をマークしたが、証拠不十分で逮捕できずにいた。

その西内は、ココも時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、ココの両親・志津香(松本若菜)と直樹(永岡佑)に会いに行く。

だが、志津香と直樹は、お互いに責任をなすりつけ、ケンカを始めてしまう。

そんななか、真野たちは翔子を求めて臨場に行く。

そこで、木の枝が折れていることに気付いた真野が周辺を調べると、煙草の吸殻が落ちていた。

吸殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html

3話では子供が犠牲になるということで、かなり胸が痛くなりそうです。

でも真野とノンナのコンビの力で真相を追及していくのを楽しみにしています。

また真野の笑顔が見られるかな…

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

『トレース』の動画の無料視聴はこちらからご覧ください♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。