人生が楽しくなる幸せの法則 2話のネタバレと感想。ブスの神様の助言が効く。

こんにちは、ハナです。

2019年1月17日(木)に、ドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』の2話が放送されました。

 

山崎ケイさんの悩める女性への指南、どの角度から来るかな~と考えつつみるのが楽しいですね。

今回も彩香、里琴、佳恵の3人の女性がちょっと成長していきますよ♪

 

では、ネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサードリンク

人生が楽しくなる幸せの法則の2話のネタバレ

https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/chart/

同じ会社の総務部で働く、影の薄い中川彩香(夏菜)、気の強い木原里琴(高橋メアリージュン)、ゴシップ好きの皆本佳恵(小林きな子)の勤める会社では、全国ネット配信で大型契約の締結を控えた得意先、ゴールデンモバイル社のアイザック・ベネット社長が突然、ジャストライト物産を訪れてきました。

「抜き打ち視察だ!機嫌を損ねて契約破棄されると困る!」と社内は大慌てです。

 
 

一同総出で対応にあたるが、彩香、里琴、佳恵には的外れの雑務ばかり。

佳恵が菓子折りを頼まれるも買い物の途中に彼氏が他の女の子と歩く姿を見て自暴自棄になり、デビル佳恵になり、お葬式に出すときのお菓子を買ってきます。

部長からそんなのお客さんに出せないといわれ、チャンスだと思った彩香は、同じ会社の憧れの存在の佐久間くんに前回ほめられたのでよい所を見せようと頑張ります。

 
 

しかし、そのやる気は空回りで、お饅頭を厨房でお汁粉にして出そうとしたら、社長がいきなり厨房を視察したいというので佐久間君は取り合ってくれません。

その時どじな彩香はおしるこを床にぶちまけてしまいます。

 
 

更にスカートのファスナーが空いているという失態をおかします。

 
 

一方、ベネット社長に見せようとしていた資料がPCの不具合で見れなくて、タイピングの早い里琴に営業部の森(忍成修吾)は資料作成を頼みますが、そちらの危機管理能力が悪いからだといったん断ります。一生懸命頑張っている人間にそんな言い方はないだろうと落胆して帰っていきました。

 

デビス佳恵は悪態をついて部屋に閉じ込められていました。

 
 

そこに彩香と里琴が集合したところで“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ(相席スタート))の世界にワープします。

ダメダメ全然ダメ「あなた達に足りないもの!それはコミュニケーション能力!」と指摘し教えを説きます。

 

ダンスに例えるなら彩香は社交ダンスと独り相撲、里琴はプロレス、佳恵は同じフロアにも立ってないといわれ目が覚めた3人は元の会社の世界に戻り奮闘します。

 
 

里琴は社長の目の前で資料を再度作成したデータをUSBをPCに差し込みみせます。

なぜ別の部署の人間が資料作成に携わったのか聞かれ、わが社には部署の垣根はありません。

困った人がいる場合助け合うべきです。といいます。

 

その後森に先ほどの失言を武士のように謝罪し少しだけわだかまりがとれます。

彩香が、さっきの厨房での失態を反省しお茶出しが自分にできる唯一の事として、お茶を出そうとするとベネット社長のカツラがずれていました。

直接カツラのずれを指摘すると怒りを買いかねす契約不成立が怖い、けどネット配信であの姿をさらすのはかわいそう。

考え抜いた彩香は自分はわざとスカートのファスナーを下ろし社長に指摘させ、逆にこちらもカツラのずれを教えてあげました。

 
 

一方佳恵はSNSで秘書の女性が土偶好きと調べ上げ、その日が誕生日なことを知って土偶をプレゼントし大変喜ばれて3人は大活躍です。

無事に契約を結びじつは日本語ペラペラな社長はこの会社めっっちゃ好き。といいます。

最後に彩香に向かってし~と人差し指を唇に押してウィンクしてきました。

 

その姿をみた佐久間君が彩香にむかってあなたは不思議な人だね。と話しかけてきます。

いい感じになったかと思ったら女(佐野ひなこ)が、佐久間さーん飲み会行きましょうよ~~とかっさらっていきました。

佳恵は、彼氏に電話をし今日は自分は誕生日だから祝ってほしいと甘えると、コンビニでケーキでも買うよといって一緒に過ごす約束をしました。

心配の種だった女性との密会を問いただすと、親戚の子だと丸め込められます。

 

少しづつ前進する3人に目が離せません。

★『人生が楽しくなる幸せの法則』の動画の無料視聴方法はこちらをご覧ください♪

スポンサードリンク

『人生が楽しくなる幸せの法則』2話の感想

hanako
今回は誰でも一度は悩むコミュニケーション能力。

彩香の頑張りがから回ってしまう姿や里琴の全然間違ったことは言ってないけど融通が利かない堅物の人いるな~とか自分かもと思って楽しくみてました。

佳恵は彼氏と自分が思っている人にただの財布と思われていて、完全に騙されているのではないかと思って、はやく気付いてほしいですね。

彼だけが男じゃないことに気づいて♬と思います。

個人的に好きなのは、ちょうどいいブスで人生が楽しくなる幸せの法則を実施している課長。

今回は外人をもてなすために、習字や生け花を見事にこなしていて思わずマルチプレーヤーだなと感心してしまいました。

毎回佐久間君がかっこいいと、ただただ見とれてしまって、早く彩香との距離が縮まればいいなと思っています。

毎週木曜日が楽しみになってきています。

丁度いいブスの神様が言うことが、今回も的確過ぎてすべてメモを取りたいくらいです。

恋愛でも仕事でも何でも役立つ教えではないでしょうか。

次回はどんな風に危機を乗り越え、どの教えを学ぶのか楽しみです。

『人生が楽しくなる幸せの法則』3話のあらすじ

中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は自己評価と他人から受ける評価とが違いすぎる。

そのため、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)から「つまり、あなたたちは自分が見えてないということ。

それではただのブス。

ブスだって自分で認めた以上は人並み以上の努力をしなきゃダメ!」と発破をかけられる。

彩香、里琴、佳恵はそれぞれに挑戦し始めるが……

引用元:https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/story/

★『人生が楽しくなる幸せの法則』の動画の無料視聴方法はこちらをご覧ください♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。