よつば銀行の1話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

こんにちは、ハナです。

真木よう子さん主演のドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の1話を見逃してしまったり、もう一度見たいと思う方もいますよね。

hana
でも大丈夫です。

見逃した『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』1話を見る方法があるんですよ。

そこで今回は、『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の見逃し動画を無料視聴する方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

『よつば銀行』の1話の見逃し動画を無料視聴する方法!

https://www.tv-tokyo.co.jp/harashimahiromi/

『よつば銀行』の1話の動画はスマートフォンやパソコンなどを使ってみることができるVOD(ビデオオンデマンド:動画配信サービス)で見ることができます。

 

その方法が、

Paravi(パラビ)

です。

Paravi(パラビ)の特徴とおすすめする理由は?

Paravi(パラビ)は、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、TBSホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資するプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)という会社によって設立されたVODです。

2018年4月1日から、月額925円(税抜き)でサービスが利用できるようになりました。

 

では、Paraviの特徴を見ていきましょう。

●初回登録時に登録月の月末まで無料サービス

●「レンタル(有料)動画」「本契約が必要な動画」以外の動画は何本でも見放題。

●登録月の月末まで(無料期間内)に解約すれば、利用料金は一切かからない(「レンタル動画」は別途必要)

●テレビ東京や、TBS系のドラマが充実している

(例えば、「初めて恋をした日に読む話」「グッドワイフ」「メゾンドポリス」「この世界の片隅に」「義母と娘のブルース」などの近頃のドラマや、「高校教師」「JIN」など一昔前のドラマまで豊富)

●(有料期間には)レンタル商品に使えるParaviチケットが300円分付与される

(※2019年3月23日時点での情報です。実際に利用される際には、Paravi(パラビ)の公式サイトを確認してください。)

 

現在放送中のドラマでも、レンタル商品が多い中、『よつば銀行』は、会員登録後に無料で1話から視聴することができます。(2019年3月11日時点)

スポンサードリンク

『よつば銀行』の1話はDailymotionやPandoraで見られる?

無料動画共有サイトで代表的なDailymotionやPandoraですが、こちらでも『よつば銀行』を見ることができる可能性があります。

また、Dailymotion、Pandoraなどの他にも、miomioや9tsu、B9などたくさんのサイトがあり手軽にみることができます。

 

ですが、手軽に見られるのは嬉しいところですが、自己責任でご覧くださいね。

なぜなら、次のような理由があるからです。

●違法にアップロードしてある
●低画質
●広告が多い
●ウィルスに感染する恐れがある広告がある可能性がある

 
 

実は、私も以前上記のような無料動画共有サイトでドラマを見ていたことがありますが、動画の途中でも広告が画面半分に出たり、急にパソコンの画面が固まって再起動を余儀なくされることもありました。

 

そして、何度もパソコンのセキュリティツールが警告を出してくる動画もあり・・・、最終的には、手間がかかるのと、ウィルスに感染するのを恐れて、無料動画共有サイトで見るのはやめました。

こういったデメリットや危険なこともありますので、見られる際は注意してくださいね。

 
 

危険にさらされながらドラマを見るより、先ほどおすすめした「パラビ」でご覧になったほうが安全でかつドラマに集中して楽しめますよ!

『よつば銀行』の1話のネタバレあらすじ

hana
ここからはネタバレありのあらすじをご紹介します。

まだご覧になっていない方は、注意してお読みになってくださいね。

よつば銀行では、女性管理職や女性役員登用を想定した「輝く女性プロジェクト」が始動し、人事部長の松永にその人選が任されます。

そこで選ばれたのが、営業不振である台東支店の新営業課長として赴任した、原島浩美でした。

そして副頭取の島津は、頭取が担ぎ上げた浩美を失脚させることで頭取の座を狙おうとし、島津と手を組んでいた人事部長の松永は、あえてトラブルメーカーである彼女を選んだのです。

浩美が課長になったことに営業課の行員たちが不満を抱く一方、支店長の山田は、浩美の営業としての仕事ぶりを「ポンコツなのか敏腕なのか見極めよう」と言うのでした。

営業中に浩美と会った営業課の加東は、挨拶回りを一緒にさせてほしいと頼まれます。

そこで加東は浩美を連れて、なかなか契約が取れないでいる紳和商事を訪ね、ここの社長は「会社は家族」がモットーであることを話すのでした。

やがて専務の小島がやってきますが、加東が営業を始めるものの、とりつくしまもありません。

その時、浩美は応接室にある壺に「李朝の青磁ですか?」と注目し、社長が焼き物好きだと言う専務の話に食いつきますが、専務は部屋を出て行ってしまいます。

加東は「壺なんて見ていないで集中しろよ」と浩美を叱って去って行きますが、浩美は、会社から神谷社長と一緒にフーピングループの社長リュウ・ジャンが出てきたのに目を止めるのでした。

リュウ・ジャンを見送った社長に声をかけ、自己紹介をした浩美は、応接室の青磁が抽象画と同居しているのが、趣が違い過ぎて不思議だと話します。

社長は腹を立てて立ち去りますが、副社長の隆彦は同感ですと言って浩美に名刺を渡すのでした。

銀行に戻った浩美は、吉田に声をかけ、営業先の情報を書き留めた自分ノートを見せてもらいたいと頼みます。

営業課では、それぞれがそのようなノートを作っているのです。

しかし矢野からは、自分の足で稼いだ自分だけの情報なのだから見せるバカはいないと言われてしまいます。

その後自宅に戻り、一息ついた浩美は、福沢諭吉の「学問ノススメ」を開いて読み始めるのでした。

1週間後、営業課の定例会議で、何も成果を出していないのにも関わらず、一般新規先でなく重点新規先を優先すべきだと提案する浩美。

さらに紳和商事の契約を2ヵ月で取ると言うのでした。

その代わり成功したらなんでもお願いを聞いてほしいと言う浩美に、山田支店長は1ヵ月で取れ、その代わり加東の自分ノートを浩美に託すと話します。

一方、紳和商事の神谷社長は、副社長の隆彦から、本当にフーピングループと手を組むのかと尋ねられていました。

社長は、息子である隆彦に自分で仕切れる能力があればこんな道は選ばなかったと話します。

その後浩美は、隆彦に神谷家の美術品のコレクションを見せてもらうことになり、加東に、自分ノートに書かれていた社長が後継者で悩んでいる件について尋ねます。

加東は、社長は8年前に入社させた隆彦に後継の座を譲り70歳で辞任すると思っていたが、まだ現役なので何か理由があるのではと話します。

すると浩美は、「後継者問題について、いい提案ができれば契約が取れるかも」と加東にも一緒に行ってくれるよう頼むのでした。

そして神谷家を訪ね代々伝わる美術品を見せてもらう浩美と加藤。

隆彦は印象派展に浩美を誘いますが、隆彦の母は、うちは丸菱銀行との一行取引なので、とよつば銀行の浩美たちを帰すように言うのでした。

そのころ副頭取の島津は、浩美が紳和商事の担当になったのを知り、ある企みをします。

その後、隆彦と一緒に印象派展を見にいった浩美は、隆彦が本当は会社より美術に興味があることや、紳和商事が丸菱からM&Aの提案を受けていることを聞かされるのでした。

社長はM&Aのあとに自分を社長にするつもりでいるが、小島専務が跡を継ぐべきだと思うと話す隆彦。

その後浩美は喫茶店に入ると、社長と隆彦の願いをかなえるいい方法を見つめなければと考えるのでした。

その後、浩美は隆彦の母親から声をかけられ、隆彦は恋人が神谷社長のお眼鏡にかなわず別れて以来、独身で恋人も作らず自分の人生をあきらめたようだ、と聞かされます。

そして浩美は母親のはからいで神谷社長に会えることになり、加東と一緒に紳和商事に行くのでした。

社長に向かい、紳和商事には会社の業績を上げることと、神谷家の持つ資産を活用する使命があると話す浩美。

そして紳和商事から神谷家の持つ美術品を分離し美術財団を作り、その美術館の館長を隆彦にすること、隆彦には新和商事を辞めてもらい、小島専務に社長として業績を拡大してもらうことを提案します。

さらに、M&Aを締結しなくても世界に販路を広げていくことは可能だと言うのでした。

しかし神谷社長は、浩美の提案を受け入れず、「君はかつて自分の会社を内部告発したことがあるらしいな?」と尋ねます。

本部勤務だったころに、と答える浩美に、社長は、自分は会社を家族だと思っている、家族を裏切るような人間は信用できないと言うのでした。

本部勤務の時、上司が偽装請負で子会社を通じて労働者を派遣したことに気づいた浩美は、その証拠を当時人事担当役員だった副頭取の島津に提示して告発したのです。

内々で処理しようとした島津は、浩美に土下座までして引き下がらせ、その後、浩美は出向になったのでした。

そして島津の策略により、その内部告発のことが神谷社長の耳に入ったのです。

一方、フーピングループの社長は、紳和商事を手に入れたらすぐに社長を交代させようともくろんでいました。

喫茶店でフーピングループが紳和と手を組むメリットについて考えていた浩美は、中国人グループの会話を聞いてハッとし、加東に調べてほしいことがあると頼みます。

そして、紳和商事とフーピングループとのM&A調印式の日。

その現場に、突然浩美、加東、隆彦が現れます。

浩美はフーピングループの関連会社の業務実績の資料を見せ、台東区でいくつもの土地を買収しホテルの開業をしていると示します。

そして台東区の都市計画課に話を聞き、紳和商事本社の土地にホテルを建設し使用することが可能かという問い合わせがあったことを確認したと言うのでした。

加東は、フーピングループは合併で紳和商事の300坪の土地を安く手に入れることが目的だと話します。

神谷社長はそれを聞き、M&Aを取りやめにするのでした。

その後、紳和商事に戻った社長に浩美は、「本当に会社は家族と思ってらっしゃいますか。」と尋ねます。

そして、隆彦が社長に不向きだと思いながらも専務の小島に会社を譲る決断ができないのは、小島が自分の息子でないからだ、会社は家族と言うなら会社にとって一番いい決断をするべきだと指摘するのでした。

隆彦も、浩美の提案のように美術館の館長として生きてみたいと申し出ます。

それを聞いた社長は、小島専務に社長を託すことを決意し、隆彦には自分のやりたいようにやってみろと話します。

そして、メインバンクは、紳和商事も美術館も、よつば銀行に任せると言うのでした。

見事に紳和商事との契約を取った浩美は、お願い事として、営業課の皆の自分ノートをオープンにしてほしい、個人の争いより優先すべきことだと話します。

そして、浩美が紳和商事と契約を取り付けたと知った副頭取の島津は、「なんとしてもあの女の足を引っ張れ!」と怒鳴るのでした。

『よつば銀行』の1話の感想

hana
営業が振るわなくなった支店の営業課長に任命された女性を主人公にしたドラマで、銀行を舞台にしたビジネスものですが、コミカルなところもあって硬すぎず、分かりやすくて楽しめます。

女性管理職である浩美は、彼女に反感を抱く男性らから冷たくされたりもするものの、全く気にすることなく、柔らかな物腰と笑顔でその場を切り抜けて行きます。

浩美のキャラクターは独特の雰囲気があって、とても魅力的です。

どこかおっとりして見える浩美がクライマックスでは「恐れながら申し上げます」とキリリと言い放つ場面に、スッキリさせられます。

ストーリーも先が読めずハラハラさせされ、浩美の機転によってフーピングループの策略が明らかにされたことに、ほっとしました。

最初は浩美に反感を抱いていたものの、早くも彼女を認め始めた加東、浩美の敵なのか味方なのかよく分からない支店長、そして頭取の座を狙い悪だくみをする副頭取など、キャラクターたちもそれぞれ個性的です。

次回、浩美がどんな活躍を見せてくれるのか、今から楽しみです。




おわりに

今回は、『よつば銀行』の1話の無料視聴方法をご紹介しました。

放送後1週間以内だったらTverで、1週間以上だったらParavi(パラビ)でご覧ください。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。