よつば銀行の2話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

こんにちは、ハナです。

真木よう子さん主演のドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の2話を見逃してしまったり、もう一度見たいと思う方もいますよね。

hana
でも大丈夫です。

見逃した『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』2話を見る方法があるんですよ。

そこで今回は、『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の見逃し動画を無料視聴する方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

『よつば銀行』の2話の見逃し動画を無料視聴する方法!

https://www.tv-tokyo.co.jp/harashimahiromi/

『よつば銀行』の2話の動画はスマートフォンやパソコンなどを使ってみることができるVOD(ビデオオンデマンド:動画配信サービス)で見ることができます。

 

その方法が、

Paravi(パラビ)

です。

Paravi(パラビ)の特徴とおすすめする理由は?

Paravi(パラビ)は、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、TBSホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資するプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)という会社によって設立されたVODです。

2018年4月1日から、月額925円(税抜き)でサービスが利用できるようになりました。

 

では、Paraviの特徴を見ていきましょう。

●初回登録時に登録月の月末まで無料サービス

●「レンタル(有料)動画」「本契約が必要な動画」以外の動画は何本でも見放題。

●登録月の月末まで(無料期間内)に解約すれば、利用料金は一切かからない(「レンタル動画」は別途必要)

●テレビ東京や、TBS系のドラマが充実している

(例えば、「初めて恋をした日に読む話」「グッドワイフ」「メゾンドポリス」「この世界の片隅に」「義母と娘のブルース」などの近頃のドラマや、「高校教師」「JIN」など一昔前のドラマまで豊富)

●(有料期間には)レンタル商品に使えるParaviチケットが300円分付与される

(※2019年3月23日時点での情報です。実際に利用される際には、Paravi(パラビ)の公式サイトを確認してください。)

 

現在放送中のドラマでも、レンタル商品が多い中、『よつば銀行』は、会員登録後に無料で2話から視聴することができます。(2019年3月23日時点)

スポンサードリンク

『よつば銀行』の2話はDailymotionやPandoraで見られる?

無料動画共有サイトで代表的なDailymotionやPandoraですが、こちらでも『よつば銀行』を見ることができる可能性があります。

また、Dailymotion、Pandoraなどの他にも、miomioや9tsu、B9などたくさんのサイトがあり手軽にみることができます。

 

ですが、手軽に見られるのは嬉しいところですが、自己責任でご覧くださいね。

なぜなら、次のような理由があるからです。

●違法にアップロードしてある
●低画質
●広告が多い
●ウィルスに感染する恐れがある広告がある可能性がある

 
 

実は、私も以前上記のような無料動画共有サイトでドラマを見ていたことがありますが、動画の途中でも広告が画面半分に出たり、急にパソコンの画面が固まって再起動を余儀なくされることもありました。

 

そして、何度もパソコンのセキュリティツールが警告を出してくる動画もあり・・・、最終的には、手間がかかるのと、ウィルスに感染するのを恐れて、無料動画共有サイトで見るのはやめました。

こういったデメリットや危険なこともありますので、見られる際は注意してくださいね。

 
 

危険にさらされながらドラマを見るより、先ほどおすすめした「パラビ」でご覧になったほうが安全でかつドラマに集中して楽しめますよ!

『よつば銀行』の2話のネタバレあらすじ

hana
ここからはネタバレありのあらすじをご紹介します。

まだご覧になっていない方は、注意してお読みになってくださいね。

ある晩、クラブ・パープルローズが何者かの銃撃を受けます。

支店長に呼び出された浩美は、その発砲事件を受けて暴力団だと噂された稲岡興産に対し「赤紙が出た」と告げられます。

赤紙とは、「取引再検討表」のことで、このリストに載った取引先は、半年以内に貸金を回収し、1年以内に取引を停止しないといけないのです。

支店長に、よつば銀行から稲岡興産にした10億の融資を回収できるかと尋ねられた浩美は、「わかりません」と答えるのでした。

その後、稲岡興産の社長の元を訪れた浩美は「こちらは、暴力団でしょうか?」と尋ね、稲岡興産の経営するクラブでの発砲事件が、世間で暴力団同士の抗争だと言われていることについて触れます。

暴力団であるならば取引を停止するが、社長が暴力団でないと断言してくれるなら信じると言う浩美に、「我々は暴力団ではございません」と声をそろえて宣言する社長と専務。

浩美は笑顔で「ありがとうございました」と言うと去って行くのでした。

その後、浩美は仕事終わりに同じ課の部下たちを食事に誘いますが、矢野たちはさっさと帰ってしまい、一人残った加東ににっこり笑いかける浩美。

そして「喫茶サツキ」を加東と二人で訪れ、稲岡興産の話をします。

稲岡興産の謄本を見ると、よつば銀行の担保になっている土地は鬼怒川温泉にある鉱泉地で、それが東京ドームと同じくらいの広さなのでした。

その後、鬼怒川温泉郷を訪れてその土地を見た浩美は、アイデア次第では稲岡興産を救う道があるかもしれない、と考えます。

支店長は浩美の考えを受け入れますが、10億を回収する前に稲岡興産が倒産したら、ただでは済まないと言うのでした。

その後、浩美と加東は稲岡興産の社長に会い、鬼怒川の土地について尋ねます。

鬼怒川温泉ランドと言うテーマパーク事業を考えていると説明する専務に、加東が現実的ではないと言うと、社長は「あんたら銀行はいつもそうだ」と声を荒げます。

しかし浩美は冷静に、貸したお金を返していただくのは当然のことですと話し、俺が怖くはないのかという社長に「怖いです。でもこれが仕事ですから」と答えるのでした。

すると社長は浩美と加東を食事に誘い、温泉ランドは自分の夢だと話します。

子供の頃、疎開先の鬼怒川に世話になって人々に良くしてもらい、温泉で弱かった体も丈夫になった、温泉ランドはそこで出会った妻の夢でもあったと言う社長。

妻から亡くなる間際に「鬼怒川、よろしくね」と言われた、この夢を実現させると社長はしみじみ語ります。

その後、喫茶サツキで、ただの夢物語だと言う加東に、「夢にも落ち着く場所が必要なんですよ」と言う浩美。

次の日、資料室で稲岡興産のことを調べた浩美は、16年前に融資を決めた担当者が企画部の佐藤部長だと知ると、彼に稲岡興産の温泉ランドのことで知恵を借りたいと話します。

しかし、佐藤部長からは、夢は熱意だけではかなえられないと言われてしまうのでした。

その場に同席していた人事部長の永松は、副頭取の島津に、浩美が何かやらかしてくれそうだと告げ口し、島津はある企みを思いつきます。

その後、本部から後藤検査官が台東支店に送り込まれ、赤紙先の稲岡興産から手を引くように指示された支店長は、浩美にもそのように伝えます。

しかし浩美は、稲岡興産の負債約130億円をすべて肩代わりできれば、融資目標も経営目標も達成できると話し、そんな夢のような話があるわけないと言う支店長に「いいえ、ございます!」と言い切るのでした。

そして浩美は稲岡興産の社長に会い、鬼怒川温泉ランドの事業から手を引き、負債と共に他の企業に託してはどうかと提案します。

しかし社長から夢を取り上げるのかと専務は怒り、社長も、少し考えさせてほしいと言うのでした。

加東は、温泉ランドの継承先として東西鉄道はどうかと浩美に話し、さっそく交渉に行こうとする彼女に「一人で突っ走るんじゃなく、組織を利用してやれ」とアドバイスするのでした。

浩美は再び佐藤企画部長に会って東西鉄道の話をしますが、佐藤部長は、よつば銀行は東西鉄道と競合する小田京電鉄の準メインバングでもある、赤紙先を決めた融資部と小田京電鉄との取引を管轄する営業本部の領域を侵す恐れがあると答えます。

浩美はあることを思いつき、佐藤部長に頼んで鳩山頭取に引き合わせてもらって「輝く女性プロジェクト」抜擢のお礼を言うと、おもむろに融資先の事業の引き受けを本部の合意のもとで東西鉄道に打診したい、赤紙の撤回をお願いしたいと申し出ます。

しかし頭取は、手続きを無視した一行員の言葉に軽々しく答えるわけにはいかないと言って去ってしまいます。

さらに、よつば銀行からあと2週間で10億円の融資を返済しろという催告を受け取った稲岡興産の社長と専務が、支店に抗議にやって来ます。

支店長と社長らが面会している部屋に入った浩美は、鬼怒川温泉ランドの引受先について、本部に東西鉄道と交渉してもらえないかと頼んでいる、可能性は半々だが待ってもらいたいと訴えるのでした。

それを聞いた社長は「鬼怒川温泉ランド・・・あんたに託す」と浩美に告げます。

その後、浩美は鬼怒川温泉ランドについての稟議書を作り、あとはそれで本部の出席者を説得できるかどうかにかかっていました

一方、稲岡興産の専務は社長に、浩美は会社がつぶれるのを待って、あの土地を差し押さえようとしているのでは、と進言します。

しかし社長は、「あの女は俺を信じてくれたんだ。今度はこっちが信じる番よ」と言うのでした。

そして本部の審査会議当日。

本部を訪れた支店長と浩美ですが、やはり営業部本部長の草柳らから反対され、佐藤部長が浩美のプランに賛同する部署は挙手するように、と声をかけても、誰も手を上げません。

草柳たちが帰ろうとした時、浩美は「お待ちください」と声を上げます。

新規事業部部長の利根崎が手を上げ、この計画案に可能性を感じたので、新規事業部ではこの件をぜひ引き受けたいと言うのです。

それでも融資部検査官の後藤は、赤紙先を東西鉄道に引き受けさせるなど失礼だ、と言い捨てます。

しかしその時、支店長に支店からの電話が入り、本部から稲岡興産の赤紙を撤回すると連絡があったことが伝えられたのです。

それが頭取直々の指示だと聞かされた浩美は驚き、佐藤部長を見つめます。

それでも反論しようとする草柳部長に浩美は「恐れながら申し上げます。唯一の障害だった赤紙がクリアになったのに、何か問題がおありですか?それとも頭取の決定に、反対なさるおつもりでしょうか?」と告げ、黙らせるのでした。

実は、台東支店に検査が連続して入り、加えて赤紙まで出されたことを知った佐藤部長が、島津副頭取が「輝く女性プロジェクト」の妨害をもくろんでいるのでは、と頭取に進言し、新規事業部の利根崎部長と示し合わせていたのでした。

浩美は、帰って行く佐藤部長と利根崎部長に深く頭を下げます。

こうして浩美の活躍で、台東支店は収益目標と経営目標を達成し、台東支店の行員たちは喜びます。

そして赤紙の撤回により稲岡興産を救うこともできたのでした。

稲岡興産の社長は、佐藤部長、浩美、加東に会うと、浩美に温泉ランドの実現を頼み、あの世で妻もきっと喜んでいると語るのでした

『よつば銀行』の2話の感想

hana
今回は、発砲事件の被害者なのに暴力団ではと疑われ、赤紙を出されてしまった取引先を救うため、浩美が奔走します。

浩美が島津副頭取の策略によりピンチに陥るものの、思わぬ助け舟により逆転する展開が痛快で、スッキリしました。

里見浩太朗さんが演じる、男気のある取引先の社長と、浩美との間に生まれる信頼関係も良かったです。

男社会の中でも肩ひじ張らずに自分のペースを崩さず、さらに取引先に寄り添う誠実さや人情味もある浩美が、今回も魅力的です。

柔らかな雰囲気なのに、いざと言う時にはキリッとして凄みを感じさせるのがとてもカッコいいです。

頭は切れるものの、思い着いたらすぐ行動しがちな浩美と、時にそれをいさめたり、役に立つ助言をしてくれる加東は、すっかりいいコンビです。

二人が打ち合わせで使う喫茶サツキの店長、さつきを演じる片桐はいりさんもコミカルで良いキャラクターで、喫茶サツキの場面も楽しみです。

今回も台東支店に大きな利益をもたらし、だんだんと皆に認められつつある浩美が、次回もどのような活躍を見せるのか、見逃せません。




おわりに

今回は、『よつば銀行』の2話の無料視聴方法をご紹介しました。

放送後1週間以内だったらTverで、1週間以上だったらParavi(パラビ)でご覧ください。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

★関連記事★

よつば銀行の1話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。