よつば銀行の3話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

こんにちは、ハナです。

真木よう子さん主演のドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の3話を見逃してしまったり、もう一度見たいと思う方もいますよね。

hana
でも大丈夫です。

見逃した『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』3話を見る方法があるんですよ。

そこで今回は、『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の見逃し動画を無料視聴する方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

『よつば銀行』の3話の見逃し動画を無料視聴する方法!

https://www.tv-tokyo.co.jp/harashimahiromi/

『よつば銀行』の3話の動画はスマートフォンやパソコンなどを使ってみることができるVOD(ビデオオンデマンド:動画配信サービス)で見ることができます。

 

その方法が、

Paravi(パラビ)

です。

Paravi(パラビ)の特徴とおすすめする理由は?

Paravi(パラビ)は、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、TBSホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資するプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)という会社によって設立されたVODです。

2018年4月1日から、月額925円(税抜き)でサービスが利用できるようになりました。

 

では、Paraviの特徴を見ていきましょう。

●初回登録時に登録月の月末まで無料サービス

●「レンタル(有料)動画」「本契約が必要な動画」以外の動画は何本でも見放題。

●登録月の月末まで(無料期間内)に解約すれば、利用料金は一切かからない(「レンタル動画」は別途必要)

●テレビ東京や、TBS系のドラマが充実している

(例えば、「初めて恋をした日に読む話」「グッドワイフ」「メゾンドポリス」「この世界の片隅に」「義母と娘のブルース」などの近頃のドラマや、「高校教師」「JIN」など一昔前のドラマまで豊富)

●(有料期間には)レンタル商品に使えるParaviチケットが300円分付与される

(※2019年3月23日時点での情報です。実際に利用される際には、Paravi(パラビ)の公式サイトを確認してください。)

 

現在放送中のドラマでも、レンタル商品が多い中、『よつば銀行』は、会員登録後に無料で3話から視聴することができます。(2019年3月23日時点)

スポンサードリンク

『よつば銀行』の3話はDailymotionやPandoraで見られる?

無料動画共有サイトで代表的なDailymotionやPandoraですが、こちらでも『よつば銀行』を見ることができる可能性があります。

また、Dailymotion、Pandoraなどの他にも、miomioや9tsu、B9などたくさんのサイトがあり手軽にみることができます。

 

ですが、手軽に見られるのは嬉しいところですが、自己責任でご覧くださいね。

なぜなら、次のような理由があるからです。

●違法にアップロードしてある
●低画質
●広告が多い
●ウィルスに感染する恐れがある広告がある可能性がある

 
 

実は、私も以前上記のような無料動画共有サイトでドラマを見ていたことがありますが、動画の途中でも広告が画面半分に出たり、急にパソコンの画面が固まって再起動を余儀なくされることもありました。

 

そして、何度もパソコンのセキュリティツールが警告を出してくる動画もあり・・・、最終的には、手間がかかるのと、ウィルスに感染するのを恐れて、無料動画共有サイトで見るのはやめました。

こういったデメリットや危険なこともありますので、見られる際は注意してくださいね。

 
 

危険にさらされながらドラマを見るより、先ほどおすすめした「パラビ」でご覧になったほうが安全でかつドラマに集中して楽しめますよ!

『よつば銀行』の3話のネタバレあらすじ

hana
ここからはネタバレありのあらすじをご紹介します。

まだご覧になっていない方は、注意してお読みになってくださいね。

自宅でTVを見ていた浩美は、黒田ファンドのカリスマ社長・黒田法眼こと黒田政子の特集を目にします。

その後、新規の顧客の開拓のため、日本STというベンチャー企業に営業に行こうとした浩美は、台東支店がすでに日本STと取引があり、1年前に2500万円の融資をしていたことに気が付きます。

ここのところ日本STの当座預金への入金が増えているのを不思議に思った浩美は、窓口担当の松田から最近日本STの専務の様子がおかしいと聞くのでした。

さらに、日本STに融資した担当者・丹波の住む社宅を訪ねた浩美。

丹波は、日本STの社長は大企業を中途退社した技術者だが、経営の能力がなさ過ぎて、経営のプロを導入しないと駄目になるが、銀行はそこまで面倒を見きれないと言うのでした。

そのころ営業課の矢野たちは、1年前まで営業課にいた丹波は優秀な人物だが、出世競争から外れて融資課に回されて、やる気を失ったのだと噂します。

その後、日本STを訪れた浩美は、社長の山根と専務の森に会い、開発中の音声認識システム・エウレカの話に「夢のような技術なんですね」と感心します。

そして、他の金融機関から融資を受けていないのかと尋ねますが、森は「ありません」と即座に否定するのでした。

日本STを出た浩美は、そこに丹波が立っているのに気付き、一緒に喫茶サツキに行きます。

丹波は、浩美の話が気になって調べたところ、このところ日本STの手形の額が急に膨らみ、相手は全部、飛鳥電響という会社だったと話します。

そしてその飛鳥電響のオーナーは黒田ファンドの黒田法眼で、彼女に目を付けられた会社は最終的に乗っ取られると言うのでした。

浩美が丹波と共に日本STに赴き、専務の森にそのことを確認すると、彼は、資金調達に苦しんでいた時に黒田のアプローチがあり、つい融通手形を受けてしまったと認めます。

丹波は、融通手形を受けるような企業は銀行の信用を失う、さらにこの融通手形は全部合わせて5500万円分で、支払期日が白紙であり、これは明らかに乗っ取りの手口だと語ります。

それを聞いた社長の山根は浩美たちに助言を求め、「会社を守るためならどんなことでもします。うちを救ってください!」と頭を下げるのでした。

その後銀行に戻った丹波は、浩美にもう手遅れだと話しますが、浩美は、森を責めずにちゃんと助言を求めてきた山根には経営者の資質がある、諦めたくないと話します。

そして、日本STを救うために黒田法眼とやり合う覚悟があると言う浩美ですが、丹波は「俺はごめんだね」と去ってしまうのでした。

そこで浩美は、加東に同行を頼み、黒田法眼が現れるというバーを訪れます。

一方、山根から自宅を抵当に融資を受けて、融通手形を少しでも返済したいと言われた丹波は、その覚悟に、「何ができるか一緒に考えましょう」と答えるのでした。

そしてバーで法眼を見かけた浩美は、なぜ日本STに融通手形を出したのか教えてほしいと単刀直入に訪ね、自己紹介をしますが、コップの水をかけられて「お帰りなさい」と言われてしまいます。

しかしそれに動じず、失礼を詫びて今度正式に会っていただけないかと頼む浩美に、法眼は「私ならここにいる」と名刺を渡し、よつば銀行が嫌いだと語るのでした。

その後、山田支店長から日本STへの追加融資は認めない、この案件から手を引くようにと言われてしまった浩美と丹波。

法眼の会社を訪れ、再び彼女に会った浩美は、日本STから手を引いてほしいと頼みます。

しかし法眼は、あなたは自分の正しいと思うやり方で日本STを援助してやれ、私は私のやり方を貫く、と言って譲らないのでした。

その後、法眼は日本STを訪れ、あなた方の理想を現実にできるのは私しかいないと話し、「1週間、お待ちします」と告げます。

一方、喫茶サツキにいた浩美は加東からの電話で、1990年に飛鳥電響とよつば銀行が取引を始めたが、その2年後に取引はぱったりと無くなっていると聞かされます。

浩美は、当時法眼と取引していた神田支店の副支店長だった、現在の副頭取・島津に会うことを決めるのでした。

一方島津は、あえて浩美をたきつけて失敗させ、責任を負わせようと企み、浩美との面会に応じます。

法眼を利用するだけして、切り捨てたのでは?と聞く浩美に、バブル崩壊後はダーティーな先から手を切ったと話す島津。

そして、日本STを救いたいと言う浩美に、「思う存分やってみたまえ」と告げ、支店長にも口添えしておくと約束するのでした。

一方、丹波は遅くまで残業をし、法眼に恨みを持つ企業などに日本STへの投資を頼もうとしていました。

「やる時はやる方だったんですね」と言う加東に、かつて頭取からもらった時計「よつばプライズ」を見せる丹波。

そして1週間後。

結局、融通手形を返済するだけのお金を集められず頭を抱える日本STの山根に、浩美は彼が開発中の音声認識システム「エウレカ」の名前の由来の話をし、夢が叶うといいですねと話します。

しかし、支店長に追加融資の件を頼みに行った浩美は、訳あって島津を憎んでいた支店長から、島津の言葉など聞き入れるつもりはない、と断られてしまうのでした。

その後、浩美と丹波が日本STを訪れていると、そこに法眼がやってきて、自分に任せないとここは倒産だと迫ります。

しかし、山根は自分たちが開発中の音声認識システムの名前を聞いても答えられない法眼に、「やはり、あなたとは組めません」と告げ、たとえ会社がつぶれても自分達の想いに寄り添ってくれない人と組むよりましだと言い切るのでした。

それを聞いた法眼は、手形は交換手続きに出す、最短の手続きで3日後に全額だと言って去って行きます。

3日の午後3時、銀行が閉まるまでに口座に5500万円がないと、日本STは黒田ファンドのものになってしまうのでした。

浩美と丹波、そして山根たちも何とかするべく奔走しますが、成果が出ないまま、期日当日を迎えてしまいます。

丹波と浩美が企業から投資してもらった分と日本STが用意した分と合わせても、1300万円にしかなりません。

そこに丹波からリストをもらって動いていた加東がやって来て、1000万円の投資を取り付けたと告げます。

それでも手形決済には足りずにいたところ、丹波は家に帰ると言って姿を消し、自宅に向かって必死に走るのでした。

そして期限の3時を過ぎ、日本STの手形の件を問い合わせた法眼は、全額振り込まれていると聞いて驚きます。

そこに山根や森と一緒に訪ねてきた浩美は、まさか銀行が融資をしたのかと尋ねる法眼に「恐れながら申し上げます」と切り出し、融資をしたのは銀行ではなく銀行員だと答えるのでした。

走って家に戻った丹波は、妻に二人でためた金を使ってやりたいことができた、そのためには銀行を辞めると言い、妻は快くそれを受け入れたのです。

山根は、融資をしてくれた丹波には日本STのCFOとして経営面を支えてもらうことにした、と話します。

法眼はにこやかに笑うと、浩美に向かい、「銀行にもあなたみたいな人がいたのね」と言うのでした。

銀行を退職した丹波は楽しそうに去って行き、その後を追いかけた浩美は、丹波から「よつばプライズ」を託され、「君ならよつばを変えることができるかもな」と言われます。

一方、島津からの電話を受けた山田支店長は、過去に彼から受けた酷い仕打ちを思い出していたのでした。

『よつば銀行』の3話の感想

hana
今回の浩美は、やり手女社長に乗っ取られそうになった取引先・日本STを救おうと奔走します。

日本STの社長たちの夢に寄り添い、彼らの開発中のシステムの名前の由来についても理解している浩美は、優秀なだけではなく人間味があり、やっぱり魅力的です。

そして、そんな彼女の情熱が、銀行に30年務めて限界が見えていた丹波の心を動かしていく様子がとても良かったです。

やる気のないおじさんだった丹波が実は優秀だったところを見せ、最後に身をなげうって日本STを救う姿は格好よすぎて、感動しました。

浩美の大胆不敵な行動にも動じない強敵の女社長も、最後には負けを認めて浩美のことを評価するなど、器の大きさを感じさせ、敵ながらあっぱれな人物でした。。

そして、毎回、いざと言う時に浩美に助け舟を出してくれる加東が素敵です。

ストーリーも、最後の最後までどうなるかわからず、今回こそは浩美も打つ手がないのか、とハラハラさせられたあとの逆転劇に驚かされ、とても面白く見ることができました。

退職した丹波から、よつば銀行を変えることを託された浩美の、今後の活躍がますます楽しみです。




おわりに

今回は、『よつば銀行』の3話の無料視聴方法をご紹介しました。

放送後1週間以内だったらTverで、1週間以上だったらParavi(パラビ)でご覧ください。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

★関連記事★

よつば銀行の1話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

よつば銀行の2話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。