よつば銀行の【最終回/8話】の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

こんにちは、ハナです。

真木よう子さん主演のドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の最終回/8話を見逃してしまったり、もう一度見たいと思う方もいますよね。

hana
でも大丈夫です。

見逃した『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』最終回/8話を見る方法があるんですよ。

そこで今回は、『よつば銀行 原島浩美がモノ申す』の見逃し動画を無料視聴する方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

『よつば銀行』の最終回/8話の見逃し動画を無料視聴する方法!

https://www.tv-tokyo.co.jp/harashimahiromi/

『よつば銀行』の最終回/8話の動画はスマートフォンやパソコンなどを使ってみることができるVOD(ビデオオンデマンド:動画配信サービス)で見ることができます。

 

その方法が、

Paravi(パラビ)

です。

Paravi(パラビ)の特徴とおすすめする理由は?

Paravi(パラビ)は、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、TBSホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資するプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)という会社によって設立されたVODです。

2018年4月1日から、月額925円(税抜き)でサービスが利用できるようになりました。

 

では、Paraviの特徴を見ていきましょう。

●初回登録時に登録月の月末まで無料サービス

●「レンタル(有料)動画」「本契約が必要な動画」以外の動画は何本でも見放題。

●登録月の月末まで(無料期間内)に解約すれば、利用料金は一切かからない(「レンタル動画」は別途必要)

●テレビ東京や、TBS系のドラマが充実している

(例えば、「初めて恋をした日に読む話」「グッドワイフ」「メゾンドポリス」「この世界の片隅に」「義母と娘のブルース」などの近頃のドラマや、「高校教師」「JIN」など一昔前のドラマまで豊富)

●(有料期間には)レンタル商品に使えるParaviチケットが300円分付与される

(※2019年3月23日時点での情報です。実際に利用される際には、Paravi(パラビ)の公式サイトを確認してください。)

 

現在放送中のドラマでも、レンタル商品が多い中、『よつば銀行』は、会員登録後に無料で最終回/8話から視聴することができます。(2019年3月23日時点)

スポンサードリンク

『よつば銀行』の最終回/8話はDailymotionやPandoraで見られる?

無料動画共有サイトで代表的なDailymotionやPandoraですが、こちらでも『よつば銀行』を見ることができる可能性があります。

また、Dailymotion、Pandoraなどの他にも、miomioや9tsu、B9などたくさんのサイトがあり手軽にみることができます。

 

ですが、手軽に見られるのは嬉しいところですが、自己責任でご覧くださいね。

なぜなら、次のような理由があるからです。

●違法にアップロードしてある
●低画質
●広告が多い
●ウィルスに感染する恐れがある広告がある可能性がある

 
 

実は、私も以前上記のような無料動画共有サイトでドラマを見ていたことがありますが、動画の途中でも広告が画面半分に出たり、急にパソコンの画面が固まって再起動を余儀なくされることもありました。

 

そして、何度もパソコンのセキュリティツールが警告を出してくる動画もあり・・・、最終的には、手間がかかるのと、ウィルスに感染するのを恐れて、無料動画共有サイトで見るのはやめました。

こういったデメリットや危険なこともありますので、見られる際は注意してくださいね。

 
 

危険にさらされながらドラマを見るより、先ほどおすすめした「パラビ」でご覧になったほうが安全でかつドラマに集中して楽しめますよ!

『よつば銀行』の最終回/8話のネタバレあらすじ

hana
ここからはネタバレありのあらすじをご紹介します。

まだご覧になっていない方は、注意してお読みになってくださいね。

専務の中島の裏切りに桜庭社長は怒り、部屋を出て行きます。

どうしてなのかと聞く浩美に加東は、桜庭社長を追い出すことで桜庭地所を潰すことができると話すのでした。

その後、桜庭地所内の清算業務部門に、加東と共に出向することになった浩美。

一方、加東の裏切りを知った営業課の矢野は彼に掴みかかり、「見損ないましたよ、先輩」と怒るのでした。

そして台東支店は、今期のノルマが達成できなければ山田支店長が更迭され、支店も出張所へ降格されることが決まったのです。

その後、桜庭地所の清算も終わりに近づき、プロジェクトの会議の日がやってきました。

どの土地も売却不成立だと知り驚く永松に、中島は、全ての責任を取って自分は辞任し、桜庭社長に戻ってもらうと話します。

浩美と加東は、土地の売却が進まなかった代わりに、キヨタインターナショナルと土地を一つにした再開発プロジェクトを南急不動産が800億で買い取ることになったと話し、会議室に入ってきた桜庭社長も、そのお金でよつばに負債を返せるし、会社の再建のめども立ったと言うのでした。

浩美は、このプロジェクトでよつばは南急不動産から30億の融資を頼まれていると話し、加東も笑顔を見せます。

二人は、最初からこうするつもりだったのです。

永松が部屋を出て行くと、加東は桜庭に、自分は一度再建をあきらめかけたが、浩美がこのプランを思い付いたと話すのでした。

浩美は本部の株式取得を止めさせるため、桜庭地所の経営陣を交代させ、その間に再開発プロジェクトを進めていたのです。

全ての事情を知った営業課の面々は、加東を裏切り者扱いしたことを謝ります。

そして、再開発プロジェクトを買い取った南急不動産に台東支店が30億を融資することになり、無事にノルマもクリアできたのでした。

しかし、本部に背いたペナルティーとして、南急不動産への融資は本部扱いになってしまいます。

その結果、台東支店は降格されて支店長も更迭、浩美はよつばファイナンス北海道支店への出向となったのでした。

それを知った桜庭社長は、浩美に電話をし、島津と決着をつけると話します。

そして島津を呼び出すと、彼が昔、桜庭に強引に融資を勧めた時の録音テープを聞かせるのでした。

30年前、バブル崩壊後の損失に苦しんでいた桜庭地所に島津は穴埋め策を持ちかけ、もしもの時はよつば銀行が損失補てんすると言っていたのです。

これがばれたら大変なことになる、と言って浩美の処分の撤回と島津の頭取断念を求める桜庭。

しかし島津は、「私に牙をむいた奴には容赦しない」と言い残して去って行きます。

その後、エリア部門の統括会議に出た山田支店長は島津に、全国432支店の声を集めた嘆願書を手渡し、「我々は、島津副頭取は次期頭取にふさわしくないと考えています」と伝えます。

島津は立ち上がると、すべてはよつばのためで、よつばが生き残るために、自分が改革を起こしたいと熱く語り、嘆願書を読まずに去って行くのでした。

一方、浩美は桜庭から録音テープを聞かされ、島津が頭取になったらそれを流出させると言われます。

そして浩美は、島津の執務室に「忘れ物をお届けに参りました」と支店長の嘆願書を届け、桜庭からテープのことを聞いたと語るのでした。

島津は、かつて自分が損失補てんを約束してまで取引したのは、大蔵官僚からの指示を受けた当時の頭取の命令だと語ります。

いつの間にか銀行はお上に振り回されるようになった、そういうマニュアル通りの鳩山頭取のやり方が気に入らないのだと言う島津。

浩美は、島津と自分の考えは相いれないが、たった一つだけ、我々が一致しているのはよつば銀行を思う気持ちだと語ります。

「そんな副頭取だからこそ、恐れながら申し上げます。一度、立ち止まっていただけませんか」と切り出す浩美。

浩美は、島津が副頭取になったら桜庭がテープを流出させるのを止められない、これ以上、お客様にもよつば銀行にも傷ついてほしくないと言うのでした。

3年前、浩美が内部告発した時、島津は、よつばを守ると言うなら、表沙汰にしないで済ませることがそれだ、と浩美を説得したのです。

「あの時の言葉を今・・・副頭取に、お返しいたします」と静かに言うと、礼をして部屋を出て行く浩美。

島津は何も言えず、その後ろ姿を見送ります。

そして浩美が出て行った後、嘆願書に目を通し始めるのでした。

翌日、島津は鳩山頭取に、もう一期頭取を務めてほしいと頼みに行き、本部扱いになっていた南急不動産への融資も、台東支店のものとするよう要請します。

そして台東支店のノルマ達成が評価され、浩美の出向も撤回となったのです。

それを知った桜庭社長は、30年前のテープを破棄するのでした。

そして4月になり、新年度が始まります。

営業のため街に出た浩美はふと足を止め、「いい風」と呟いて微笑むのでした。

『よつば銀行』の最終回/8話の感想

hana
前回は加東の裏切りが衝撃的でしたが、実は桜庭地所を救うためにやったことだと分かって、ホッとしました。

加東に裏切られてショックを受ける浩美の演技があまりに上手だったので、すべてが浩美の計画だと分かった時は驚きました。

やっぱり浩美はすごいですし、いつも浩美に頼まれると断れない加東が面白いです。

そして、下の者たちを犠牲にすることを何とも思わず、いつも浩美を陥れようとする島津副頭取が、実は本当によつば銀行のことを思っていて、浩美もそれを認めたのが意外でした。

浩美が島津を静かに説得し、その後、島津が支店長らの嘆願書に目を通し始める場面には、心を打たれました。

まさか島津が改心するラストとは驚きましたが、案外、ウクレレサークルで見せる人のいいおじさんの姿が、本来の島津なのかもしれません。

ピンチに陥っていた浩美も台東支店も救われ、ハッピーエンドになって良かったです。

毎回、思いもよらない展開に驚かされ、とても楽しめたドラマでした。

まだまだ浩美の活躍を見たいし、台東支店の皆にも会いたいので、続編を楽しみにしています。




おわりに

今回は、『よつば銀行』の最終回/8話の無料視聴方法をご紹介しました。

放送後1週間以内だったらTverで、1週間以上だったらParavi(パラビ)でご覧ください。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

★関連記事★

よつば銀行の1話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

よつば銀行の2話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

よつば銀行の3話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

よつば銀行の4話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

よつば銀行の5話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

よつば銀行の6話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

よつば銀行の7話の動画の無料視聴はココ♪感想やネタバレあらすじも!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。