インハンドの1話のネタバレ&感想!2話のあらすじも!




2019年4月12日に、山下智久さんが主演するドラマ『インハンド』の初回1話が放送されました。

クールで天才な役を演じる山下さんがなんともかっこよかったです!

ストーリーもコメディ要素もたっぷりで金曜日の夜にリラックスして見られました。

それに、虫についての知識もついて行きそうです。

3か月間、とても楽しみですねー!

今回は「インハンド」の1話のネタバレあらすじと感想をご紹介していきます。

スポンサードリンク

インハンドの1話のネタバレ

寄生虫学者・紐倉 哲(山下智久)はジャングルにいた!

野生のゾウ を発見し、近づく紐倉・・”危ない!”・・

黒いロボットのような手でゾウを手なずけた!

その目的は糞の中にいる寄生虫だという。

 

話は変わって日本・・

病院の救急センターへ2名の男性が搬送され、同じような症状で亡くなってしまう。

 

医師・高家春馬(濱田 岳)は新しい感染病の疑いがあると報告するが…

院長・黒野(正名僕蔵)に握りつぶされてしまった。

 
 

牧野巴 (菜々緒)は、外務省にいたが…異動してきた部署は・・

内閣官房サイエンス・メディカル対策室。

同僚の御子柴 隼人(藤森慎吾)が説明してくれる・・未知の病気や事件など様々な問題に対処する為の部署らしい。

 
 

⭐牧野が担当する案件は・・

匿名による病院の告発状を調べる事である。

 
 

[ 告発状の内容 ]

日本で滅多に見られない感染症 “シャーガス病” にかかっている可能性がある患者がいたが、病院は報告もせず、隠している!…

というものである。

 

シャーガス病とは・・日本では滅多にみられない感染病で、もしこの事が事実だったら、大変な事になるという。

 
 

寄生虫学者に話を聞く必要があると言うが…世界中を飛び回っており、いま日本にいるのは変態と噂な紐倉だけだという。

 

たずねると、そこは大きな研究所だった…そこにいたのは、紐倉1人…

挨拶もそこそこに顕微鏡の寄生虫に話し掛けている。

 
 

紐倉:”かわいい~”

牧野は、感染者だと間違われる・・否定し、告発状の件を説明する。

 

~オープニング~

 

シャーガス病とは・・吸血性の昆虫で媒介するのが一般的で発症は1年後、10年後だという。

 
 

シャーガス病と言えば・・オケヤ食品が10年前、発売したチチクチオイルでシャーガス病が発症した、事件があるという。

 

紐倉は、牧野の依頼を断るが・・交換条件(停止中のパスポートを発行する)に食いつき、力を貸すことになった。

 
 

告発状の病院へ・・

紐倉は、”天才は最短ルートでいく!”と白衣で医者のデスクに忍び込み、堂々と探していると…内部告発者の高家をみつける。

 
 

そんな高家の元へ

またもや、シャーガス病の患者らしき人が急患と連絡が入る・・

その患者はオケヤ食品の桶矢社長だった。

 

シャーガス病を調べる為、血液を紐倉に提供する高家であった。

 
 

サイエンス・メディカル対策室では・・

オケヤ食品が10年前、死亡事件を起こしていたが・・このチチクチオイルは 厚生労働省が許可した…特定保健用食品だった!

 

その為、今回の案件… “上からストップがかかった“という・・しかし諦めない牧野は、手柄を取って、最速2年で外務に戻り、出世する!といきこんでいる。

 
 

紐倉の元へ

高家から、シャーガス病で亡くなったと思われる2人の血液が持ち込まれた・・

輝くような目で顕微鏡を覗き、”セクシーだ”と話し掛ける…それは紛れもなく寄生虫だという。

 
 

しかし、気になる点があるという。

・虫に刺されたような跡があった=誰かがバラまいた可能性が高い。

・亡くなった人物は、全て院長の知り合いだった。

利害が一致しているという事で、紐倉と牧野、そして高家3人は手を組むことになった。

 
 

新事実・・

それは今回、亡くなった3人の共通点は…チチクチオイルに関係する人物だった!

 
 

牧野達は、10年前の事件で亡くなった…被害者遺族の江里口(風間杜夫)に会いにいった。

娘は、チチクチオイルのせいで、自殺したと…泣きながら語る・・

 

紐倉は何かが気になるようだ。

 
 

会議で内部告発について証拠を出そうとする網野室長(光石 研)だが・・事務次官の倉井(相島一之)に潰されてしまう。

 

事務次官の倉井と院長はグルだった・・

 

血液をすり替えたと無実の罪で懲戒免職になってしまった高家。

大臣から直々に手を引くように言われてしまった…”上が白と言えば、白しかない…証拠もない”と室長に言われてしまう牧野であった。

 
 

紐倉は犯人に会いに行こう!という。

 

高家と江里口家に行くが留守である…忍び込む2人(鍵を簡単に開けてしまう紐倉)・・

家中探すが証拠が見つからない…

やっと見つけた!と思ったら…スタンガンで気絶されてしまう2人・・

 
 

一方、牧野はサイエンス・メディカル対策室で連絡を待っていた!

目を覚ますと江里口(風間杜夫)は、倉井を縛って…シャーガス病を発症させようとする。

 

手首を縛られているのを簡単に外してしまう紐倉・・江里口を止めようとする高家。

 

江里口 :”こいつらは何も反省していない!罰を与えないと!”

紐倉 :”憎むべきものは人じゃない…シャーガス病そのものだよ!”

 
 

娘の話をして涙する江里口に・・

紐倉は ” こんなに調べたのなら、薬をいつか作ってよ!そしたら娘さんと同じ様に苦しむ人を助けられるかもしれないよ。”

 
 

江里口は、泣き崩れたのであった。

“人間は感情の奴隷だ…”と呟く紐倉に・・高家は”最後に…ありがとう…さっきは感動した”とお礼を言うのであった。

 
 

結局、倉井は退職後…天下りし、手柄は厚労省に持っていかれ、江里口だけが逮捕されたと言う。

“いつかリベンジする!”と…根に持つ牧野が向かった先は・・紐倉研究所だった、

交換条件のパスポートを持ってきたと言う!…

しかし…それは1往復しかできないパスポートだった。

 
 

牧野:”これからも宜しくお願いします。”…何か考えているようだ。

 

高家は職を探していた・・紐倉は給料2倍払うから、助手に来ないか?と言葉巧みに誘う…

“絶対、無理だと断る”が・・後日、高家が向かった先は…紐倉研究所だった!

高家:”今日からお世話になります”

紐倉:”間に合ってます”…とドアを締め、お茶目に笑うのであった。

次週へつづく

 

★「インハンド」の1話の動画の無料視聴はこちら♪

スポンサードリンク

インハンドの1話の感想

あっきー
なんか、面白そうなドラマだな!が第1印象のインハンド・・

・でも寄生虫学者ってなに?

・なんか難しそう?

・でも俳優さん達が豪華だし…面白いだろうな。

 

⭐楽しみにしていた第1話の感想は・・

不思議な雰囲気…あれっ…面白い…そんなストーリーなのね…うーん…そっか…切ない!えー急展開!!ヒドイ!…感動だよ…ってもう終わっちゃった!!まだ観たかったのに…。

 

難しそうなイメージでしたが…全く感じなかったです。分かりやすい解説に、すんなりストーリーが入ってきました。

謎だらけな紐倉 哲(山下智久)と、熱血な牧野巴 (菜々緒)そして、高家春馬(濱田 岳)の掛け合いが面白かったので、私は好きです!

第1話…あっという間に終わってしまって、まだ観たかったです!

 
 

⭐次週に期待する事は・・

・紐倉 哲がどんな人物なのかもっと知りたい!

・なんで牧野巴はあの部署に配属されたのか?

・どんな事件が待ち受けているのでしょうか?

今から楽しみで仕方ありません!!

ということで、次回2話のあらすじを見ていきましょう!

インハンドの2話のあらすじ

変わり者だが、天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。

一方、医者としての道を断たれて紐倉の助手になったお人好しの高家春馬(濱田岳)は、早速ドSな紐倉からいいように使われていた。

ある日、病院から紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について、調べてほしいという依頼が来る。

紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出された。

紐倉と高家は感染ルートを調べることに。感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)だった。母親について話を聞くが、渉には心当たりはないようで……。

そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入る。

情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ飛んでくる。

紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいく。

だが調べを進める中で、予想外の事実が明らかになり……。

引用元:https://www.tbs.co.jp/inhand/story/

2話も楽しみですね!

★「インハンド」の1話の動画の無料視聴はこちら♪

では最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

1 個のコメント

  • インハンドの第2話完了。さすが変態学者。牧野に対して「ダニに謝れ!ダニを敬え」とは。笑ってしまうけれど、と同時に感心する。これぐらい徹底した変態なら却って尊敬できるかも?。賓田岳さんの高家さんは今回は少し印象が弱かった。気がします。菜々緒さんの牧野さんは強気だけではない牧野さんを見せて頂き、良かったと思います(上から目線でごめんなさい。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。