パーフェクトワールドの1話のネタバレと感想!2話のあらすじも!

2019年4月16日に、松坂桃李さんが主演するドラマ『パーフェクトワールド』の初回1話が放送されました。

 

このところ、すっかり大人の雰囲気になられた松坂桃李さんが連ドラで初の純愛ラブストーリーを演じられます。

しかも、2人傷つけあったり、敵が出てきたり、そして松坂さんが演じつ樹は病気に悩まされる…などかなり困難が待ち受けているようです。

どんな風にストーリーが展開するのか楽しみですね。

 

では、今回は「パーフェクトワールド」のネタバレをご紹介していきます!

スポンサードリンク

パーフェクトワールドの1話のネタバレ

https://www.ktv.jp/perfectworld/chart/

川奈つぐみは仕事で訪れた店で、高校時代の同級生で初恋の人・鮎川樹と12年ぶりに再会し、胸をときめかせます。

今は一級建築士として働いている樹は、つぐみが高校時代に絵を描くことが好きだったのを覚えていました。

 
 

しかし彼は大学の時に事故にあい車椅子生活になっており、つぐみは、何も知らずに樹に「今はバスケやってないの?」と聞いてしまったことを悔やみます。

 
 

翌日、樹の職場を訪れたつぐみが昨日の無神経な言葉を謝ると、樹は爽やかに笑い、つぐみを景色の良い公園に連れて行くのでした。

屈託なく事故のことを話し、今度、市のコミュニティーセンターのコンペに応募すると語る樹。

「すごいな鮎川君。高校時代の夢、叶えたんだ」と言い、卒業の日のことを思い出すつぐみ。

 
 

樹に想いを寄せていたつぐみでしたが、樹には彼女の美姫がいたため、告白はしなかったのでした。

 

そして話の流れから、つぐみと樹は明日一緒に美術展に行くことになります。

 

当日、樹は手だけで運転できる車に乗って待ち合わせ場所に現れ、驚くつぐみ。

 
 

そのころ、つぐみの家を訪れた、つぐみと樹の高校時代の同級生・洋貴は、妹のしおりからつぐみが樹と出かけていると聞き、落胆するのでした。

会場に着いたつぐみ達ですが、2階に上がるエレベーターがなかったため、樹は展示室に行くことができませんでした。

 

帰り道、エレベーターのことに気づかなかったと謝るつぐみに、謝りすぎだと笑う樹。

その後、食事に寄った店で樹の勤める事務所の渡辺と晴人に会ったつぐみは、晴人から、樹と自分のことを運命の再会だと言われ、思わず否定してしまいます。

食事中、さっき晴人に言ったことは樹とつきあえないという意味ではない、と釈明するつぐみですが、樹は、高校時代につきあっていた美姫とも事故が原因で別れたと話します。

 

下半身の感覚がないから漏らすことがあると冗談めかして言う樹に、「そんなこと好きになったら関係ない」と力説するつぐみ。

樹は思わず笑い、自分は誰ともつき合う気はないと言ってほほ笑むのでした。

 
 

自宅に戻ったつぐみは、家に来ていた洋貴に、自分は樹が車いすであることを受け入れられていなかったと語り、涙します。

 

そのころ、樹のもとには美姫から電話が入り、式に来られなくても同窓会には出られないか、結婚の前にもう一度会いたいと言うメッセージを残すのでした。

 
 

翌日、つぐみは職場に仕事の打ち合わせにやってきた樹を、同窓会に一緒に行こうと誘います。

そして同窓会の当日、同級生たちの前で、樹の彼女のふりをするつぐみ。

樹から、美姫を安心させるため、同窓会で彼女のふりをしてほしいと頼まれていたのです。

 
 

美姫と樹が二人で話しに行った時、つぐみがこっそり様子を見に行くと、美姫は樹に「私が好きなのはあなただけよ。」と告げていました。

しかし樹は、こんな体になった男と結婚するのは無理だと思って別れたのだろうと言い、「なのに今でも好き?笑わせんなよ」と言い捨てるのでした。

その時、つぐみは思わず物音を立ててしまい、樹に気づかれてしまいます。

 
 

その後、化粧室でつぐみに会った美姫は、樹があんな体になってしまった以上、他がどんなに完璧でも今まで通りというわけにはいかないのだと話します。

しかしつぐみは、人は完璧じゃないから、誰かが必要なのだと反論するのでした。

 

そして、先に帰って行った樹は、追いかけてきたつぐみに向かい、一人にしてくれ、と声を荒げます。

彼が漏らしてしまったことに気が付いたつぐみに、「来ないでくれ。これ以上、カッコ悪いとこ見られたくない」と言って顔を覆う樹。

つぐみは、黙って自分のコートを樹の膝にかけ、彼を家まで送るのでした。

 
 

そして樹の家で、美姫からの結婚式の招待状と、何本ものボルトが付いた金具を見つけるつぐみ。

樹は、その金具は事故のあと身体に埋め込まれていたものだと語り、自分のレントゲンを見せます。

 

排泄障害があると明かし、何で同窓会に行ってしまったのか、と自嘲する樹に、つぐみは「引きずっていたのは鮎川君のほうだったんだね」と告げます。

樹は、美姫と別れてから死のうと思ったが、一人で死ぬことすらできず絶望した、彼女に未練はないが、あの時の自分をずっと引きずっていたのだと思うと語るのでした。

 
 

つぐみは涙を流し、そんな思いをしても夢を実現して目標を持って生きている樹を心の底から尊敬すると告げます。

自分は絵に関わる仕事をしたいと言う夢があったのにあきらめてしまったと言うつぐみに、「やりたいことがあるならやるべきじゃないか?」と告げる樹。

そして彼の言葉に励まされ、インテリアデザイナーを目指してみると言うつぐみに、樹は笑顔を見せるのでした。

 
 

その後、樹とつぐみは美姫の結婚式に出席し、樹はつぐみに、これで自分も前に進めそうだと語ります。

そしてコンペに向けて奮闘する樹に、つぐみは差し入れを持って行く約束をするのでした。

 

樹の事務所を訪れたつぐみは、樹に褥瘡ができて高熱を出してしまったことを知り、病院にかけつけます。

樹はそのまま入院することになりましたが、目を覚ますと、コンペに間に合わないから会社に戻ると言い出します。

「障がい者だから、しょうがないねって言われたくない。そんな風に同情されて生きるのは、もうやなんだよ」と声をふりしぼる樹の姿を見たつぐみは、彼がベッドの上で仕事ができるように、付きっきりで協力するのでした。

 

あとは色塗りを残すのみでしたが、具合の悪そうな樹を心配し、「次にまた頑張ればいいじゃない」と言うつぐみに、樹は「次なんかないよ。いつ死ぬかもわかんないのに。俺には今しかない」と語ります。

 

思わず、自分がやると口にしたものの、やはり自信が持てないつぐみに、樹は、高校時代につぐみの描いた絵が展示された展覧会を見に行ったと話します。

「俺、お前の絵、大好きだよ」と言う樹に、思わず涙を流すつぐみ。

そして樹の指示を受けながら、彼のデザインに色を塗って行くのでした。

 
 

翌朝、全ての色塗りが完成し、つぐみはそれを事務所に届け、渡辺たちは喜び合います。

 

その後、コンペが通ったと聞いたつぐみは、樹の病室を訪れ、彼は、つぐみと再会できて良かった、本当に運命の出会いだったと目を潤ませるのでした。

そして二人は、つぐみの持ってきた飲み物で乾杯しますが、樹の服にこぼれた飲み物をつぐみが拭いている時、思わず顔が近くなってハッとする二人。

 

目をつぶるつぐみに樹はキスをしようとするものの、結局何もせずに離れてしまうのでした。

その時、病室に女性が入ってきて、樹に抱き付きます。

シンガポール帰りらしいその女性は、「私がいなかったせいでこんなことに。本当にごめん」と樹の頬を撫で、つぐみはとまどうのでした。

 

★「パーフェクトワールド」の1話の動画の無料視聴方法はこちらから。

スポンサードリンク

『パーフェクトワールド』の1話の感想

なーな
事故に合い車椅子の生活になっても夢や目標を失わない樹が素敵で、そんな彼を眩しそうな目で見つめるつぐみも、純粋で初々しく、応援したくなる二人です。

綺麗な少女漫画風の物語だと思っていたら、樹の直面する生々しい現実も明らかになり、彼と別れた美姫を酷いと思いながらも、自分だったらどうするだろうかと考えてしまいました。

初恋の人・樹が車椅子になっていたことに最初はショックを受けたつぐみが、自己嫌悪に陥りながらも彼を理解しようとつとめ、懸命に支えようとする姿には心を打たれました。

入院した樹が無理をしてでも仕事を完成させようとする場面は壮絶で、松坂桃李さんの気迫のこもった演技から目を離せませんでした。

そして、自分に自信の持てなかったつぐみが彼のデザインに色を塗る決意をする場面も、とても良かったです。

樹はつぐみのおかげで引きずっていた過去の暗い想いを乗り越え、つぐみは樹のおかげで夢に向かって踏み出すことができ、お互いにとってまさに運命の再会だったのだと思います。

一気に距離に近づいた二人がこのまま恋に発展するのだろうと思ったら、樹の前には謎の女性が現れて、次回もどうなるのか、目が離せません。

ということで、「パーフェクトワールド」の2話のあらすじを見ていきましょう!

『パーフェクトワールド』の2話の感想

大事なコンペ前に無理を重ね、病気を発症し入院した樹(松坂桃李)。

しかし、つぐみ(山本美月)のサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。

それがきっかけで2人の距離は急速に縮まるが、樹の元担当看護師でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。

一方、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中で大きくなる樹の存在に焦っていた。

 

ある日、つぐみに行きたいところがあると誘われた樹。着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。

実はつぐみは、樹の同僚の晴人(松村北斗)から、樹を練習に連れてきてほしいと頼まれていたのだ。

恋愛同様、バスケも一生しないと決めていた樹は、練習への参加を拒むが、つぐみの頼みもあり、晴人の申し出を渋々受け入れる。

やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。

つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔にくぎ付けになるが、半面、樹が自分を恋愛対象にならないことに、歯がゆさを感じていた。

 

その頃、樹のマンションでは母親の文乃(麻生祐未)が息子の帰りを待っていた。

樹とつぐみの距離感に、文乃はつぐみが樹の新しい恋人だと思って喜ぶが、樹は即座に否定。

「ただの友達」という樹の言葉は、つぐみの耳にも届いてしまいショックを受ける……。

引用元:https://www.ktv.jp/perfectworld/index.html

★「パーフェクトワールド」の1話の動画の無料視聴方法はこちらから。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。