七五三の父親の服装!失敗なしのスーツの選び方やネクタイの色は?

お子様の七五三、おめでとうございます。

 

七五三に限らずイベントの際には、子どもやお母さんの服は事前に用意したのに、当日になって「あれ?お父さんは何着る?」と慌てることも意外とあるものです。

 

「お父さんはとりあえずスーツを着れば大丈夫!」

 

でも、スーツの色や形、シャツやネクタイの色や柄は何でもいいのか、不安になってしまいますね。

今のうちに、七五三の父親の服装についてマナーやスーツやネクタイの色・柄を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

七五三の父親の服装のマナー

七五三の父親の服装のマナーで気を付けることは2つです。

 

①お子さんの服装より格上にならないこと

七五三の主役は、あくまでもお子さんです。

お子さんが和装の場合はあまり気にしなくてもいいですが、お子さんも洋装の場合は気を付けましょう。

 
 

②母親の服装と格を揃える

母親が着物やブラックフォーマルなのに父親がビジネススーツでは、格が違ってしまいます。

その場合は、父親は礼装にしましょう。

 

母親がスーツかワンピースの場合は、ビジネススーツで大丈夫です。

ジャケットにチノパンでは、ちょっとラフ過ぎるかも知れません。

 

でも、写真だけをハウススタジオなどアットホームな雰囲気で撮って、お参りが別の日であれば、2人ともカジュアルな服装でも良いですよね。

両親揃った時に違和感の無い服装を選ぶことを心掛けましょう。

スポンサードリンク

七五三の父親のスーツの選び方

神社へお参りに行く際は、本来であれば礼服がふさわしいとされています。

しかし最近は、七五三の時にはほとんどの父親がスーツでお参りしているようですので、スーツの選び方について考えていきます。

 

スーツといっても、色や形も様々ですよね。

 
 

おすすめは、

黒や紺、チャコールグレーなど、ダークカラー

のスーツです。

 
 

女の子の場合は特に、晴れ着姿が引き立ちます。

 

形はシングルでもダブルでも、ボタンも1つ~3つならどれでも構いません。

 

真っ黒で光沢があり、ズボンがスリムな物は避けた方が良いですが、一般的なビジネススーツならどれも大丈夫でしょう。

無地はもちろん、シンプルなストライプ程度なら、柄が入っていても差し支えありません。

 

普段スーツを着ない方でも、これから卒園・入学などの際に何度も使えますので、この機会に一着用意してみてはいかがでしょうか。

七五三の父親のネクタイの色は?

スーツは決めたし、Yシャツは無難に白か薄い色にして、あとはネクタイですね。

 

普段であれば、唯一個性が出せるポイントでしょう。

 

しかし七五三はお子さんが主役ですし、行く場所も神社なので、父親の服装としては、あまり派手な色や奇抜な柄は避けたいものです。

 

おすすめの色は
 

・お祝いのイメージがあり、紅葉を感じさせるので季節感もある「えんじ色」

・柔らかさをプラスできる「淡いピンク色」

・爽やかな印象の「水色」

・家族写真を撮った時にまとまりが出るように「お子さんの衣装の色に合わせる」

 

柄は、目立ち過ぎないものを選びましょう。

 
 

よくある斜めのストライプのネクタイですが、実は「レジメンタルストライプ」と呼ばれ、軍隊が起源とされる柄なので、神社にはふさわしくありませんので選ばないようにしてください。

小さめのドットや同系色のチェック柄などなら安心ですね。




まとめ

七五三の父親の服装のマナーは

①お子さんの服装より格上にならないこと

②母親の服装と格を揃える

 

スーツは、ダークカラーのビジネススーツで、無地かシンプルな柄のもの。

 

ネクタイの色は

えんじ色・淡いピンク色・水色・お子さんの衣装の色に合わせる

 

ネクタイの柄は、目立ち過ぎないものを。

斜めストライプは避けた方が良いでしょう。

 

マナーを守りつつ、家族全体のバランスを考えて服装を決めてくださいね。

 

お子様の七五三が素敵な日になりますように…

 

では、最後まで読んでくださってありがとうございます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。