監察医朝顔1話のネタバレ。朝顔と母親の別離

スポンサードリンク

監察医朝顔1話のネタバレ。

朝顔と平は二人暮らし。

朝顔は自転車に乗り、近所のきりよに挨拶し、差し入れをもらってから大学に出勤します。

 
 

医学部・法医学教室では警察署に新人刑事が来たという話で盛り上がっています。

そこに朝顔がやってきます。

 
 

その一方、平は警察署に出勤し、桑原に強行犯係の場所を尋ね、捜査一課に顔を出します。

係長の山倉と挨拶する平は別の警察署から配属換えでやってきたとのことです。

 
 

新人刑事がどんな人かを朝顔の彼氏である桑原に聞いて、と絵美は朝顔に言います。

その頃の桑原はスリの被害者に話を伺っていました。

 
 

一方、倉庫で女性が死亡している通報が入り、平は現場に直行します。

平は鑑識の沖田、渡辺、検視官の伊東と挨拶します。

 

女性は身元不明で、所持物もなく、頭部に傷があるということで、伊東は朝顔のいる大学に解剖を依頼します。

茶子先生が不在のため、見習いの朝顔は断ろうと迷うが、そこに茶子が帰ってきたため、解剖の依頼を引き受けます。

しかし、時差ボケでメスを握れないという茶子は朝顔に解剖をお願いします。

 
 

桑原と平は一緒に朝顔のいる大学に顔を出します。

平と桑原が一緒にいることに驚く朝顔。

その時、平が朝顔の父であることを知った桑原はびっくりしました。

さらに平は茶子と知り合いでした。

 
 

伊東らは遺体を解剖室に運びます。

朝顔の仕事を見るのが初めてだという平。

 

「教えて下さい、お願いします」

と朝顔は遺体に話しかけてから解剖を開始します。

 
 

朝顔は解剖しながら気付いたことを高橋に伝え、高橋がパソコンでデータを取ります。

遺体の両手とも皮がはがれ、両膝とも傷が残っており、過去に心臓疾患になった可能性があります。

さらに解剖を進んだ結果、遺体は溺死した可能性が浮上します。

 
 

解剖後、死亡推定時刻は昨日の午後3時から9時までの間であり、頭部の傷が死因とは考えられないという結論に達します。

 

平と桑原は倉庫周辺の防犯カメラをチェックすることにします。

 
 

夕飯の支度をする朝顔の元に平が帰宅し、二人で夕食を食べます。

「お母さん大変だったんだろうな」と呟いた後、朝顔は食べ始めます。

 
 

翌日、検査結果、海水の割には塩分濃度の低い海水を飲んで被害者は溺死したと判明します。

塩分濃度の低い場所に向かう桑原と平、水質検査をする朝顔。

そして、この場所こそが現場の可能性は高いといいます。

被害者は何らかの理由で頭から水に転落し、顔が水に浸かって溺死したのでは?

 
 

遺体安置室にて、明彦は遺体を見て、「恵子…」と奥さんの名前を呼んで泣き崩れます。

事件当日、恵子は娘とともにイベントに来ていたそうで、娘は恵子に対面したくないと言っています。

 

平は恵子の娘のことを朝顔に託し、朝顔は恵子の娘・早紀に話しかけます。

早紀は涙を流し続けています。

 
 

明彦の呼びかけに対しても、恵子と対面しないと早紀は言います。

朝顔は明彦だけ別室に呼びます。

 

そして、恵子は何故死んだか?と朝顔に聞く明彦だったが、死因はまだ分からないと言われます。

恵子の心臓に持病があったかどうか朝顔が聞き、心筋梗塞で倒れたことがあると判明します。

その後、明彦は早紀とともに帰っていきます。

 
 

恵子は病死という可能性はあるかな?と気になる朝顔に対し、病死にこだわる必要はないと茶子は話します。

朝顔は桑原とともに、行きつけの、三郎の経営するもんじゃ屋で夕飯を食べます。

 

平とペアを組むことでプレッシャーを感じるという桑原は、自分のことを平に聞いて欲しいと朝顔に話します。

母が死んでから朝顔のことを平は気を遣ってくれるという朝顔。

母の死因を聞けずにいる桑原。

 
 

家族で出かけというテレビを見て夕飯を食べる平の元に帰る朝顔。

朝顔の帰宅を受け、急いで平はテレビを消します。

 
 

そして、早紀が泣き始め、恵子と対面できなかったことについて朝顔は平に報告します。

平にとって桑原とは、極めて普通だそうです。

朝顔は平にとって桑原が普通だったとのことをメールで桑原に報告します。

 
 

翌日、朝顔の元に早紀が来ました。

そして、「お母さんにひどいこと言った…」と早紀は語り始めます。

 

恵子が持っていた紙袋の中身は…

アイドルのイベントに向かう早紀と恵子。

周りには友達同士で来ているのが多いことに気付く早紀は恵子と来ていることが恥ずかしく、恵子と別行動をすると決意しました。

早紀のお弁当箱がおじいちゃんみたいだと友達に言われ、恵子の作ったお弁当箱を受け取らずにこぼしてしまいます。

こぼしたおかずを拾う恵子を無視し、早紀は向かって行ったそうです。

その事を思い出して涙を流す早紀。

 
 

そして、朝顔は恵子の両手の傷の向きが違う事に気付き、その事を藤堂に報告します。

早紀と一緒にいた時に持っていたトートバッグ以外に重い荷物を持ったのでは?と判断する朝顔。

 
 

その一方、防犯カメラをチェックし、恵子を発見する桑原と平。

午後4時過ぎに防犯カメラを映っており、その後、恵子はどこかで溺死してしまう事になります。

合成樹脂が恵子の両手から見つかったとの事を朝顔は平に電話で報告します。

 
 

防犯カメラに映っている恵子は百貨店の紙袋を持っているのだと判明し、何を買ったかを調べる事にします。

そして平は、明彦の勤め先である工場に顔を出した後、桑原とともに、塩分濃度の低い海水の地域全般を捜索します。

 
 

一方、朝顔の要望により、恵子の再解剖を行い、肺の脂肪を採取します。

 
 

そして翌日、桑原は偶然にも百貨店の紙袋を発見します。

 
 

紙袋から遺留指紋が出たことで犯人は捕まりました。

犯人はひったくりの常習犯でした。

 
 

恵子は百貨店で買い物をし、イベント会場までの近道に向かう途中、ひったくりの常習犯に襲われ、頭を打った後倒れました。

恵子は遅発性溺死だったと、明彦と早紀に説明する朝顔。

 

水を飲んだ後、しばらくして呼吸困難に陥る恵子は意識を取り戻し、もうろうとした状態のまま無意識に戻ろうとするが、倉庫で力尽きてしまったと朝顔は判断します。

倉庫の入り口の雰囲気は明彦の工場に似ていたため、、無意識に倉庫に戻ろうとしていたかもしれないという平。

 
 

百貨店の紙袋に入ったお弁当箱こそが恵子からのプレゼントだと、朝顔はお弁当箱を早紀に渡します。

恵子は必死にお弁当箱を守り、家に帰ろうとしたことを知った早紀は泣き出し、「お母さんに会いたい」と言います。

そのため、早紀も恵子と対面することになり、涙を流して恵子に謝ります。

 

母との別離

その後、朝顔は祖父の浩之に電話をかけ、明日そちらに行くと話します。

電話を受けた浩之は朝顔の母の仏壇に飾っている朝顔の母の写真を見つめます。

 
 

翌日、朝顔は平とともにバスや電車に乗ります。

8年振りに行くなんてどうした?との平の問いに対し、朝顔は「別に」と答えます。

 

目的地に近付くたびに朝顔の顔は曇ります。

サイレンの音が聞こえ、当時のことを朝顔は思い出し、足を止めます。

朝顔を心配する平に対し、朝顔は泣きそうな顔で無理だと言ったため、平は朝顔一人で帰らせることにします。

平はお母さんを捜してないとダメだと言い、平は残りました。

 
 

帰りの電車の中で、朝顔は母・里子との思い出を振り返ります。

朝顔と里子が実家に行く時の思い出です。

 
 

平は昔から里子に謝るとき絶対にお花を買ってくる話で、里子と朝顔は盛り上がり、足の悪い瑞枝に挨拶してから実家に向かおうとします。

 

その時、地震が発生します。

 

里子は朝顔に実家に行かせ、瑞枝の様子を見に戻っていきます。

朝顔が浩之に会いに行く時、津波警報が出ているため、瑞枝の様子を見に行った里子が危ないと判断し、浩之が様子見に行くことにします。

しばらくして避難所に顔を出す朝顔は、数人の遺体を目にします。

そこに茶子が出現します。

 

里子は今になっても帰ってきません。

 
 

平と解散してから朝顔はずっと涙を流し続けます。

その頃、平は一人で里子のことを探し続けていました。

次週へ続く。

 

★「監察医朝顔」1話の動画の無料視聴はこちらをご覧ください。

スポンサードリンク

監察医朝顔2話のあらすじ

朝顔(上野樹里)が法医学者として働く興雲大学の法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。

時給目当てで応募しただけで法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、呆気にとられる高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たち。

主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する。

同じころ、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行する。

男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。

検視官の伊東(三宅弘城)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。

平は、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示すると、現場周辺の捜査を始める。

連絡を受けた茶子は、藤堂に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートするよう指示する。

ほどなく、遺体が運び込まれた。

丁寧に調べていく藤堂と朝顔。

ところがその最中、記録用に写真を撮っていた光子は、あまりの光景にショックを受け、意識を失って倒れてしまう。

そんな光子を室外に出し、解剖を続けた朝顔たちは、この男性が30℃以上もあった暑さの中で何故か凍死していたことを知るが……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/asagao/story/index.html

 

【監察医朝顔の関連記事】

監察医朝顔1話の動画の無料視聴はココ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。