監察医朝顔2話のネタバレ!桑原のプロポーズが泣ける

スポンサードリンク

監察医朝顔2話のネタバレ!

朝顔は今日も平と朝食を食べてから出勤します。

 

一方、茶子の法医学教室では、アルバイトを募集しているというチラシを手にした光子(志田未来)が来ました。

光子は学生で、時給も良くて絶対人気がなく倍率も低いと見込めるため、茶子の法医学教室への入室を志望します。

光子の志望理由に対し、高橋、藤堂夫婦は呆気に取られますが、茶子は面白いと採用しました。

 
 

その頃、平ら警察は事件現場に駆けつけます。

被害者はスマホも財布も腕時計も身元が分かるものも持っていなく、死因は熱中症による急性心不全では?と伊東は検視しました。

そして、解剖すべきだと判断し、茶子の法医学教室に連絡します。

 
 

茶子は光子に、解剖に立ち会うことを許可し、全員で解剖への準備を行います。

「教えてください、お願いします」と朝顔による解剖が行われる最中、遺体の死因は凍死だと判明します。

 
 

光子は解剖の写真撮影の担当をすることになったが、気分が悪くなって倒れ、解剖が終わった後に目を覚まします。

夏に死因が「凍死」の謎

気温は33度であり、凍死するとは考えられないため、朝顔は桑原にお願いしました。

朝顔と桑原は現場に赴き、電柱に注目します。

そして、殺されてからその現場に運ばれていると考えた朝顔は、現場が異なるということを茶子に話すが、それは警察の仕事だと言われてしまいます。

 
 

その一方、警察では物取りの可能性を追ったが、その可能性は消滅します。

朝顔は桑原と行きつけのもんじゃ屋でもんじゃを食べている最中、桑原は指輪を取り出して朝顔に「結婚してください」とプロポーズします。

朝顔は嬉しいどころか、不機嫌になってしまい、桑原のプロポーズのタイミングに批判します。

 
 

その一方、平は一人で夕飯食べることになったため、スーパーに寄った帰りにひまわりの花束を買い、里子の仏壇に供えます。

その後朝顔は帰宅。

洗濯物を取り込む朝顔は、物干し竿が冷たいことに気付きます。

 
 

遺体のあった現場ではビル風が強く吹き抜ける場所であり、水道管が地面の下に通っているため、被害者は汗をかいた状態で倒れ、夜になると地面が冷たくなるにつれ、身体の体温が低下したのではないか?と朝顔は気付き、その事を茶子に話します。

 
 

茶子は、なぜ被害者はその場所で動けなくなったか?と疑問を感じます。

 
 

そして、平と桑原は遺体の写真を見せると、遺体の身元を知っているというホームレスの田所に話を伺います。

田所は遺体の家だという、河川敷に案内します。

その結果、遺体はホームレスで、「課長」と呼ばれる人物だと判明します。

暑苦しいスーツを普段着ている課長はいつも偉そうにしていたため、様々な人と揉めていたのだと田所は話します。

 
 

遺体の検査結果、遺体の内容物にフグがあったことから、死ぬ前に被害者はフグを食べており、毒で麻痺して動けなくなって凍死したのだと判明します。

 
 

その一方、警察ではホームレスが何故フグを食べたか?という話をします。

フグの店はフグなどの廃棄物を鍵付きのゴミ箱に保管し、専門技業者が処理することが決まっているため、課長がフグの残飯を食べるという可能性は消滅します。

そして、釣りでフグを食べて死んだという可能性が浮上します。

平はそのことを調べる、と申し出ます。

事故であっても亡くなった人がいるからはっきりするまで調べたいという平。

朝顔はフグ毒について調べるが、情報が少なく、種類の特定をするのが難しいという状況に直面します。

 
 

光子は朝顔に対し、大学の小田原キャンパスならフグが何種類もいると情報を与えます。

朝顔は小田原キャンパスにまで行った後、法医学教室に全種類のフグを持ち込んだ上で解剖を行います。

その結果、ヒガンフグであることが判明します。

 
 

朝顔は平や桑原らにそのことを報告します。

そのフグとは猛毒のフグであり、症状が出るのは20分程度であり、課長が食べていた最中に症状が出たにも関わらず課長は自らの意思で毒を食べたという朝顔。

平も課長が自殺したことは判明したと報告します。

 
 

桑原と平はホームレスの方々に話を伺っています。

その最中、平は田所の自転車についている泥のことが気になってきます。

田所の自転車のタイヤの跡を追いかけていくと、フグ鍋が捨てられていることに平と桑原は見つけます。

それで田所に鍋のことを聞く途端に田所が逃げ出します。

 
 

お前が殺したのか、と桑原は田所と揉めあっているうちに、平は田所が殺したのではないことは分かっているのだと話します。

田所の話では、課長がフグをとって、死ぬ前に美味いものを食べると話して、一人でフグを調理し、フグ鍋を平らげていたのだそうです。

課長が本当に死んでしまうと悟った田所は、できるだけ関わりたくないため、鍋を埋めたのだと言います。

課長はフグを食べることで口の痺れや手の痺れが起き、かなりの発汗も起き、暑さから逃れるために涼しい場所を求めて現場まで行き着いて、そのまま体温が低下して死んだのだと朝顔は自らの見解を示します。

 
 

課長の身元は鈴木良一で、かつては一流企業のサラリーマンでした。

最近母親が死去し、遺体を引き取る家族がいないため、無縁仏という形に至ります。

 
 

これにて事件は解決します。

桑原の2度目のプロポーズも…新たな問題が!

朝顔は屋上で茶子とアイスを食べる時、里子の故郷に行ったが、怖くなって駅で足がすくんでしまったのだと打ち明けます。

朝顔の話に対し、茶子は黙って聞いています。

 
 

朝顔の帰りを待ってくれていた桑原と一緒に帰ることにします。

その時、朝顔は桑原に対し、里子は震災でいなくなったのだと打ち明けます。

当時、朝顔は里子のことを探しに安置所に行った時、茶子に出会ったのです。

 

毎日里子を探しに安置所に行く朝顔は茶子に、あなた生きているならば手伝うように、と声をかけられ、援助物資を運ぶ手伝いをし始めます。

お母さんを探す前に、自分たちの生活を建て直しなさい、と茶子は朝顔に指摘したのです。

平は母を探す時間を作るために、県警から所轄に異動しても未だに見つかりません。

里子に何かをしたいと考える時、突然法医学者になろうと思ったため、何故法医学者になったかはよくわからないのだと朝顔は言います。

 
 

朝顔からその話を聞いた桑原は涙を流した上に、朝顔に再びプロポーズします。

今度は笑顔で桑原のプロポーズに応える朝顔。

しかし、桑原は結婚指輪を持ってきていませんでした。

 
 

朝顔は帰宅し、平の作った夕飯の支度をする時、「桑原と付き合っているだろ?」と平に急に言われます。

平は桑原のことを挨拶も紹介も無いという理由で認めないと言い出し、朝顔は困惑します。

★『監察医朝顔』2話の動画の無料視聴はこちらをご覧ください。

スポンサードリンク

『監察医朝顔』3話のあらすじ

朝顔(上野樹里)は、恋人の桑原(風間俊介)からプロポーズされる。が、すでにふたりの関係に気付いていた平(時任三郎)は、「挨拶がない:などと言って交際に反対する。あくる朝、平は、朝顔とはなすことを拒むかのように、いつもより早く出かけようとする。そんな平を玄関まで追いかける朝顔。
そのとき、ふたりのスマートフォンに、火災が発生して多数の死傷者が出たという連絡が入る。

火災現場の雑居ビルでは、神奈川県警捜査一課課長の本宮(神尾佑)を中心に、捜査が進められていた。ビルは、1階は貸倉庫、2階は空き室で、火元となった3階には1年ほど前まで消費者金融が入っていた。出火原因は、何者かがガソリンを撒いて火をつけた可能性が考えられた。平とともに現場を訪れていた桑原は、係長の山倉(戸次重幸)から署に戻るように指示される。桑原が命じられたのは、野毛山署に置かれる捜査本部の設営準備だった。

興雲大学の法医学教室を訪れた平たちは、朝顔らに現場の出入り口を映した防犯カメラの映像を見せる。そこには、5人の男がビルに入っていく姿が映っていた。だが、発見されたのはいずれも損傷が激しい4体の焼死体で、ひとりが姿を消していた。平は、遺体を調べて、部屋に誰がいて誰がいなかったのかを特定してほしいと朝顔たちに依頼した。

茶子(山口智子)が不在の中、朝顔は、藤堂(板尾創路)や絵美(平岩紙)らとともに、1対ずつ遺体の解剖を行うが…‥。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/asagao/story/index.html

事件の謎も気になりますが、平が桑原との交際を認めない理由も早く知りたいですね。

来週も楽しみです!

監察医朝顔の関連記事

監察医朝顔1話のネタバレ。朝顔と母親の別離

 

★『監察医朝顔』2話の動画の無料視聴はこちらをご覧ください。(1話から見られます)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。