ヘブンご苦楽レストラン3話のネタバレ!石原さとみがフォーゼ再現?

スポンサードリンク

ヘブンご苦楽レストラン3話のネタバレ!

買い出しへ出掛けた観(福士蒼汰)にオーナー・黒須仮名子(石原 さとみ)は、話し相手になってあげると上から目線で一緒について来た。

その目的は…観を行列に並ばせ コロッケを買う為だった。

 

諦観の顔を見せた 観は、昔からいつも”断っていれば良かった”と思う事が多いようだ。

仮名子はというと…FENDIの新作を買いに行くと出掛けた・・しかし、コロッケは完売で買えず、仮名子もお目当てが買えなかったようで…ご機嫌斜めである。

 
 

その頃、ロワン・デイシーでは 川合がトラブルを起こし2時間泣いていた。

観が駆け付ける、泣いている理由は…

川合が電話で受けた 今日の新規予約・3件が同じ時間帯・同じ名前(山田)で入ってた事だ…再度 確認しようとするも…電話番号も聞いていない。

ロワンデイシーは…予約数を決め、ふらっと来られるお客様の為 (駅から徒歩15分悪条件な土地にふらっと入って来る人を断るのは不憫だという理由で)予約を限定にしているという・・

オーナーは自分が聞いてなかったから”何かシャク、その取り決めはなし!” にされてしまう。

 
 

そんな時、電話が鳴る…

今日の予約だ…空いてる席は オーナー席のみ…仮名子に相談する。

断るよう指示・・断ると、女性は…“わざわざ東京まで来たのに?空いてない?…アンポンタン!”と怒って電話を切られてしまった。

観はアンポンタン…聞いた事のあるワードに寒気がした。

謎の女性の正体は!?

今日は、大雨だ…飛び込みのお客さん来ないだろうと喜ぶ川合い・・そんな時、レストラン頭上が雨漏りになりそうな所を発見する。

川合は雨漏りを突っついて喜んでいると、仮名子に滝のような水が降ってきた…固まるスタッフ達であった。

 

ロワン・デイシー開店…

次々とお客様が来られ、満席だ。

川合は傘を預かり、観はテーブルまで案内など…それぞれ仕事にに追われていた。

 

濡れた服が乾くまで 仮名子は制服を着て、厨房でウロウロ…邪魔である。

自分が邪魔に思われていると勘づいた仮名子は…”やれるってとこ…見せてやる!”と濡れた床を掃除し始めた…しかし、滑って…お客様の傘を全て落としてしまった。

そんな仮名子を部屋に追いやり、傘は観が片付けた。

 
 

今日はオーナー席以外 満席だ・・そこへ、勝手に座る女性…伊賀 勝代・長崎から観の母親がやって来た。

圧が凄い勝代は、アンポンタン!と電話でいい放った女性だった・・オーナーと鉢合わせにならないよう、スタッフ達で部屋にいる仮名子を眠らせる作戦をたて…作戦は成功したようだ。

 
 

しかし、ホッとしたのも束の間…

お客様の傘が入れ替わったしまった。

しかも、大切な息子の形見だった…探して見つかり次第連絡すると話した。

 

またまたホッとしたのも、束の間…

勝代は、急に観を長崎へ連れて帰るという…唖然とするスタッフ・観であった。

似た者同士の仮名子と勝代のバトル

その時、仮名子がやって来る…バチバチな2人・・トラブルを避ける為、観は法事だと偽る山縣であった。

仮名子と勝代…2人は似ている・・勝代の手土産・行列コロッケ(今日観が買えなかった)に喜び、あっさり休みを許可した。

 

観は、勝代の”ついてきてあげるから”…から始まった悪夢を思い出す。

それは、東京で大学受験の時…母親のミス・災難に見舞われ、受験を受けれなかった。

観は 自暴自棄になりそのままレストランで働いたという。

 
 

ロワン・デイシーでは、スタッフ全員、観の帰りを待っていた。

テレビを観てると法事のハズな2人が観光している光景が映る…怒り狂う仮名子は、スタッフを集め 本当の事を聞くのであった。

 

観を取り戻しに横浜へ行く仮名子…しかし、見つからない。

山縣は貴方の行きたい所に行けば会えるハズだと助言する…心の中で…”何故なら2人は似てるから”叫んだ。

予感的中し、再会出来た仮名子と勝代は言い合いになった。

 

観の隣に座る男性が、急に話に入ってきた・・それは、観の父親・静だ。

存在感を消すのが得意な静は、最初から勝代といたようだ…全く存在に気付いてなかった仮名子は驚くのであった。

 

仮名子は、観の失態でお客様の傘をなくしたと言い張り、見つかるまでは辞めさせないという。

傘の持ち主であろう山田さんの生き霊を誘きだす作戦決行…

ロワン・デイシーでろうそくを持つ 仮名子・勝代は何故かノリノリで楽しそうだ。

 
 

色々 思い出して来たスタッフ達…

探偵になりきる仮名子は、答えは山縣さんの頭の中にある・・謎は全て溶けた…じっちゃんの名にかけて…山田の電話番号を探り当てたか!

その時、お客様が傘を持って訪ねてきた…探していた山田さんだ。

しかも、仮名子の知り合いだった…その人は有名な映画監督だという。

また謎の仮名子コネクションだ…

 
 

オーナーは一体何者?

スタッフ達は、オーナーは一体何者?

お水の花道 極めちゃったとか?…

妄想が膨らむスタッフ達である。

 

勝代は、解決したからには観を返して貰うと言うと、仮名子は観が解決したワケではない…約束はいくらでも破る・全員、大切なスタッフだ、といい放った。

その時、静が2人の間に入り、その場を丸くおさめた。

勝代を止める事が出るのは、父の”話を先延ばし方法しかない”と言う。

 

酔っぱらって寝てしまった勝代を介抱する静は、観に成り行きを見守る事も大切だという・・この職場で働く観はいい表情していると誉められた。

静からオーナーの事を聞かれ、分からないと答える観…謎の人脈・全身高級品は絶対何かあるに違いないと話すのであった。

…次週へ続く…

さとえさん
お母さんと仮名子がそっくりすぎて爆笑

伊賀くんが長崎に連れ帰られてしまうかもしれないというピンチな回だったはずなのに、笑える要素がたくさんありすぎて、終始腹を抱えて笑ってしまいました。特に、伊賀くんのお母さんと仮名子の自己中心的なところがそっくりすぎておもしろかったです。伊賀くんが静観をすぐにマスターしたのは、このお母さんに育てられたからだったのかと納得してしまいました。また、伊賀くんのお父さんが素敵すぎました。あんな暴れ馬のようなお母さんのことを、長崎行きを先延ばしにさせるように笑顔でうまく誘導するなんてびっくりでした。存在感が薄すぎて、奥さんの尻に敷かれている可哀想な旦那なんて思ってしまっていたけど、実は手綱を引いているのはお父さんだったんなと感動です。

まめこさん(40代)
入れ替わった傘の捜索と勝代の操作方法

第3話は、仮名子と伊賀の母勝代が、伊賀を巡ってバチバチの言い争いを繰り広げるシーンが見どころとなりました。中でも面白かったのは、勝代の存在感が在りすぎて、実は父親の静もずっと一緒にいたことに仮名子が気づいていなかったことです。なんて存在感のない弱々しい人だと初めは思ったのですが、この終わりの見えない仮名子と勝代の争いを、上手いこと丸く収めたのが静でした。まさかの登場からの急展開でしたが、観は静に似たお陰で、問題を解決するのが上手くなったのだと分かり、これも異色ではありますが、家庭円満のケースの一つなのだと参考になりました。今回で一番気になってしまったのは、仮名子の正体です。静は仮名子の人となりを見て、実業家か何かなのではと思ったようでしたが、実際はどうなのか?仮名子か何者なのかに注目していきたいです。

hana
仮名子が勝代がコロッケを買ってきたときに「コロッケキター!」といって両手を広げたのは、仮面ライダーフォーゼの決め台詞「宇宙キター!」の時と似ていましたね。
私も息子がフォーゼ世代なので、「まさか?(笑)」と思いましたが、SNSでも盛り上がっていたようですね。
かなり懐かしかったです。でも、めっちゃ面白いなと思いました。
★『Heaven?~ご苦楽レストラン~』3話の動画の無料視聴方法はこちらをご覧ください。

スポンサードリンク

ヘブン~ご苦楽レストラン~の今後の展開予想

さとえさん(20代)
次回はいよいよ仮名子の正体が明らかになるということなので、かなり楽しみです。両親がお金持ちのお嬢様なんじゃないかと思っていたけど、借金取りに追われているそうなのでどういう事情があるのか気になります。また、お金に困っているのでメンバーの誰かをクビにするのかもしれないというところも注目ポイントだなと思いました。伊賀くんが欠けることをあんなに嫌がっていた仮名子だからそんなことはしないと思うけど、メンバーのみんなは誰が選ばれるだろうかと不安になるだろうなと思いました。自分が選ばれないようにと、いつも以上に仮名子に気を配ったりと、面白いことになりそうだなと楽しみです。仮名子の正体や、山縣だけが知る事実など、あっと驚くような展開になることを期待しています。
parapiさん(30代)
次回は、オーナーに借金取りであろう2人組の男が会いに来るようです。それにより、レストランへの経営存続に不安を感じたスタッフが不安を増大させ、話をややこしくしてないくのではないかと思います。そこが笑いどころでもあり、また、それに対していつも冷静沈着な伊賀君がどううまく対処していくのか期待しています。オーナーについて、仕事に対する敏腕さに気付きつつある伊賀君が、なぜオーナーが借金してまでレストラン経営を始めたのかを、借金取りが表れたことにより気づくきっかけになるのではないかと思います。また、それにより、夜の経営にこだわる理由やレストランの場所などこれまで謎だったオーナーの考えが解かれるヒントを掴むことを期待しています。
ほんゆさん(20代)
最後に借金取りが店にくるシーンがでていて店が潰れてしまうのではないかと思いましたが、きっとかんがいるので大丈夫な展開へと導くのではと期待してます。オーナーが誰かをクビにしようと考えているそうですが、きっと今までやってきたメンバーをそう簡単にはクビにする決断ができないんじゃないかと思いました。なのでメンバー全員で借金取りを追い払う方法を考えて退治するのではと期待しています。それか店の売り上げを上げるためお客さんを呼び込み経営を忙しくさせてみんなバタバタさせて働かせて借金を返すのかもしれないですね。次回どんな展開になるのかとても楽しみで期待しています。石原さとみちゃんの食べてるシーンがたくさん映ることを期待しています。
あやさん(30代)
黒須オーナーの秘密が何なのか、気になりますね。人脈めちゃくちゃ広いし、やけにゴージャスだし、確かにその素性は謎です。黒須オーナーがなぜフレンチレストランをやりたいと思うようになったのか、わかるストーリーになっていればいいなと思いました。次回は借金とりも来るみたいだし、ロワンディシーに危機が訪れるかもしれません。最近、チームワークが良くなってきた従業員たちなので、ぜひみんなで乗り切ってほしいですね。毎週、従業員の人たちひとりひとりにスポットが、当たっているので、来週あたりはポンコツの志尊淳さんの前職のストーリーなんかにも触れてくれればいいなと思います。前の職場での仕事ぶりが、気になります。(笑)

ヘブン~ご苦楽レストラン~4話のあらすじ

ある日「ロワン・ディシー」に強面の男二人(山内圭哉・小柳友)がやってくる。
彼らは仮名子(石原さとみ)に「期限はとっくに過ぎている」と詰め寄り、さすがの仮名子も押され気味…。「明日までに用意しろ」と無理やり約束させられることに。
その様子を見ていた堤(勝村政信)は、仮名子が借金取りに追われているのでは?と想像。さらに、金策に困った仮名子が、従業員の誰かを解雇するのでは?と不安を募らせる…。
伊賀(福士蒼汰)や川合(志尊淳)は、仮名子がいったい何者なのか?と思い始める。
そこには山縣(岸部一徳)だけが知るある事実があるのだが…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/story/

★『Heaven?~ご苦楽レストラン~』3話の動画の無料視聴方法はこちらをご覧ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。