ノーサイドゲーム6話の動画無料視聴はココ!公式見逃し配信サイトを紹介!

こんにちは、ハナです。

2019年8月18日に大泉洋さんの主演ドラマ『ノーサイドゲーム』の6話が放送されました。

 

前回、アストロズの快進撃や佐々の登場には感激しきりでしたね。

しかし、収支の改善はなく、存続の危機にも立たされています。

本社では滝川常務の推し進める企業買収策がいよいよ本格化していきそうですが、君嶋には頑張ってほしいものです!

6話も絶対見逃せないですね。

 

今回は、「ノーサイドゲーム」の6話の動画を無料で見る方法をご紹介していきます。

\今すぐ「ノーサイドゲーム」を無料で視聴する方はこちらをチェック/
↓↓↓
Paravi

『ノーサイドゲーム』6話の見逃し動画を無料視聴する方法!

『ノーサイドゲーム』は、6話の放送終了後から見逃し配信動画を見ることができます。

 

しかし、放送後1週間以内と1週間以降では方法が違いますので、次から分けてご紹介します。

『ノーサイドゲーム』6話の放送終了後から1週間以内の場合

『ノーサイドゲーム』放送終了後から1週間以内の場合には、次の動画サイトから無料で視聴することができます。

 

Tverで視聴する

TBSFREE(TBSオンデマンド)で視聴する

 
 

どちらも、

『ノーサイドゲーム』放送終了後から1週間後まで

見ることができます。

 
 

TverもTBSFREE(TBSオンデマンド)も、会員登録やログインなどの面倒な手続きは必要なく、それぞれのサイトで動画を選び再生するだけで動画を見ることができるのです。

とっても手軽ですよね。

 
 

私自身も、ドラマを見逃した時には、Tverで見ることがあります。

Tverはパソコンでも見ることができますが、スマートフォンにアプリを入れておくと、外出先でも手軽に見ることができておすすめです。

また、『ノーサイドゲーム』だけではなく、見逃しドラマや、バラエティ番組なども放送されています。

『ノーサイドゲーム』放送終了後から1週間以上経っている場合

もしすでに、『ノーサイドゲーム』の放送終了後から1週間以上経過している場合には、スマートフォンやパソコンなどを使ってみることができるVOD(ビデオオンデマンド)で見ることができます。

 

その方法が、

Paravi(パラビ)

です。

 
 

Paravi(パラビ)では、「ノーサイドゲーム」の放送直後から配信されています。

Paravi(パラビ)の特徴

Paravi(パラビ)は、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、TBSホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資するプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)という会社によって設立されたVODです。

2018年4月1日から、月額925円(税抜き)でサービスが利用できるようになりました。

 

では、Paraviの特徴を見ていきましょう。

 

●初回登録時に登録後30日間無料体験ができる

●無料期間中に解約すると、一切の料金はかかりません。

●「レンタル(有料)動画」「本契約が必要な動画」以外の動画は何本でも見放題。

●決済日に一部のレンタル作品を見ることができるチケットが1枚もらえる。

●1つのアカウントで、プロフィール登録数が7名、デバイス登録が5台までできる。

●ダウンロードしてオフラインで見られる(一部の作品はダウンロードできません。)

●テレビ東京や、TBS系のドラマが充実している

【作品の一部】
(ドラマ)
・ノーサイドゲーム
Heaven?~ご苦楽レストラン~
中学聖日記
集団左遷
初めて恋をした日に読む話
インハンド
アンナチュラル
わたし、定時で帰ります
・コウノドリ
・逃げるは恥だが役に立つ
・カルテット
・大恋愛
など

(Paravi独占オリジナル)
・パパジャニWEST
・KAT-TUNのためになる旅+
・新しい王様
・ツーリスト
など

(バラエティ・ドキュメンタリー)
・クレイジージャーニー(過去放送)
・マツコの知らない世界
・ラストキス
・恋んトス
・キングオブコント
など

(※2019年8月時点での情報です。実際に利用される際には、Paravi(パラビ)の公式サイトを確認してください。)

 

現在放送中のドラマでも、レンタル商品が多い中、『ノーサイドゲーム』は、会員登録後に無料で1話から視聴することができます。(2019年8月時点)

Paravi(パラビ)以外の動画配信サービスの配信状況

動画配信サービスにはParavi(パラビ)以外にもいくつか種類があります。

『ノーサイドゲーム』の配信状況(2019年8月時点)を見てみると…

U-NEXT(ユーネクスト) 配信なし
Hulu(フールー) 配信なし
dTV 配信なし
ビデオマーケット 配信なし
Paravi(パラビ) 配信あり

 

現時点で無料で「ノーサイドゲーム」の見逃し動画を見られるのは“Paravi(パラビ)”だけになります。

\今すぐ「ノーサイドゲーム」を無料で視聴する方はこちらをチェック/
↓↓↓
Paravi
>>Paravi(パラビ)の公式サイトはこちらからご覧ください。

『ノーサイドゲーム』をParavi(パラビ)で視聴する方法

①Paravi(パラビ)のホームページを開きます。

Paravi(パラビ)のホームページ

 

②「無料体験はこちら」をタップします。


 

③「メールアドレス」やお持ちのSNSのアカウントをクリックします。

 

④アカウント情報を入力していきます。(③でメールアドレス以外を選択した場合には、あらかじめ入力されていることが多いです)

 

⑤お支払い情報を選択し、必要事項を入力します。(クレジットカードの場合はクレジットカード番号など)

 

⑥「利用規約およびプライバシーポリシーに同意する」にチェックし、「続ける」をクリックします。
*ここでは支払い方法はクレジットカードにしたので、「クレジットカードで登録して続ける」と表示されています。

 

⑦登録が完了し、無料体験がスタートします。画面下の「開始する」をタップしましょう。
*アンケートがありますが、入力してもしなくても先に進むことができます。

*ここで無料体験の期限が表示されますので、スクショをとるかメモしておきましょう。

 

⑧見たい動画を選択して視聴をお楽しみください。

(本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はParavi(パラビ)の公式サイトにてご確認ください。)

『ノーサイドゲーム』6話のあらすじ

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。
数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。
自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。すると、その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸夫)が現れ…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/

『ノーサイドゲーム』6話の見どころはココ!

実際に「ノーサイドゲーム」の6話をご覧になった方に見どころを伺いました。

本社返り咲きを打診された君嶋がグラウンドに寝転んで過去を回想し、今後の身の振り方を考えるシーンと、そこでの決意を上司に伝えるシーン。いまや優勝を争えるようになったアストロズですが、君嶋のGM就任当初は廃部寸前だったな、君嶋が土砂降りの雨の中でスーツでタックルしていたな、など、過去のシーンを見ながら君嶋と一緒に回想して、アストロズの成長や今後の課題などを一緒に感じ、君嶋を応援する気持ちになれました。

トキワ自動車社員の七尾がアストロズ紅白戦でいきなり大活躍のシーンです。
同僚は七尾が元ラグビー選手とは知らずアストロズの感謝祭を兼ねた紅白戦を観戦するもその紅白戦にあののんびり屋、七尾が活躍しビックリといったシーン。
柴門監督が口説くことだけのことはある逸材だと思わせる展開に。
その活躍ぶりは主力チームを打ち負かすだけの実力を披露し観ている観客を驚かせるには十分すぎる状況。
これからのドラマの展開がわからなくなるほど。

紅白戦でレギュラーチームと控えメンバーチームに分かれて試合をしているシーンが迫力がありました。やはり、会社の工場で仕事をしているときよりも好きなラグビーをやっているときの方がきらきらしていて、輝いていると思いました。選手たちの動きはすばやく、ぶつかりあうシーンは迫力がありました。レギュラーチームが圧倒的な強さで勝つのかと思っていたら、新入社員の大活躍があり、なんと控えメンバーチームが勝ってしまったのには驚きました。

アストロズの再スタートは見えてきましたが、なかなか君嶋が本社に自分が自信を持って戻れる手立てがないのが不安です。上司から本社に戻って来いと声をかけてもらったにもかかわらず、断わるシーンは男気に溢れてカッコ良かったですが。でも、君嶋がテツの知り合いから、タンカーの座礁事件が、もしかしたらカザマ商事の買収に不利な情報になるかもしれないことを聞いたシーンは、不意にドラマに違った展開の方向性が出来て、これが滝川を追い込めるチャンスなるのではないかと期待しています。

ファン感謝祭にアストロズの監督の柴門が出場させた七尾が、華麗なステップで相手選手を避けながら走る姿やラグビーボールを一旦地面に落としてからのシュートするドロップゴールは完璧な美しい放物線を描いていた所はインパクト絶大でした。
新加入の七尾がいた控え選手たちといつもスタメン入りを果たしている選手たちの年齢が圧倒的に違い、選手の入れ替りが全くと言っていいほどに無かったために馴れ合い気分が蔓延して弱小チームになってしまった感じを受け、どんな集団でも新陳代謝のように時代と共に人の入れ替わりが必要なんだなと思いました。

6話目で個人的にインパクトがあったシーンは今までラグビーに対して誘いを断り続けてきた本社に勤務している七尾がラグビー部の一員として、ファン感謝祭の紅白戦から圧巻のデビューをしたシーンです。
このシーンでは、次のシーズンに向けてアストロズが優勝するために必ず必要となるピースになってくれると思いますし、とても清々しい気持ちになれました。
絶対的なエースの浜畑を脅かす存在が出てくることで相乗効果も出ると思いますし、期待できるからです。

『ノーサイドゲーム』6話の感想

さくさん(30代)
雨降って地固まる

リーグ優勝一歩手前で優勝を逃したアストロズ。ほんの僅差での勝敗だった、と思ったけれど会社のほうでは前年と同じ予算の承認にも苦労が絶えない様子。そんな前途多難な環境で、ついに手にした本社返り咲きのチャンスがあっても逃げ出さず、もう1年やると決めた君嶋はすごいなと思いました。今まですべての仕事で成果を出してきた、そんな人がはじめてぶつかる困難で、高い壁なのに敢えて挑んでいく姿勢は尊敬できるし応援したいものだと思いました。業界の協会では相変わらず四面楚歌の様子ですが、チームのほうでは引退する選手がいながらもコーチ就任を決めたり新たな戦力が加入したりと楽しみな模様。さらに強くなってくれることを願います。

 

『ノーサイドゲーム』の7話の展開予想や期待すること

ファン感謝祭の紅白戦でデビューした新戦力、七尾の加入や控え選手のレベルアップによりさらに強くなりそうなアストロズ。来期はどんな戦いができるのか、今度こそ優勝をできるのかが楽しみなところ。ですが、どうやら主力選手の浜畑にサイクロンズが接触している様子。引き抜かれてしまうのか、それとも愛着のあるアストロズに残るのかで来期の戦力が大きく左右されそうなので心配です。また、本社への復帰を断った君嶋の元に持ち込まれた企業買収戦略に影響しそうな過去の事故に関するタレコミ。これが会社の行方を左右するキーになり、やはり君嶋がこの買収策に関わっていくことになりそうで気になります。アストロズの優勝と、会社の行方と。両方に期待しながら見ています。

juju-memeさん(30代)
次につながるプラチナリーグ2位

これまでアストロズ入部の誘いを頑なに断ってきた七尾が6話の最後のアストロズ紅白戦(ファン感謝祭)で控えチーム能力選手として活躍する。
その活躍ぶりは偵察していたサイクロンズの津田監督さえも舌を巻くほどの腕前だった。
同僚のトキワ自動車社員も普段はマイペースの七尾が紅白戦の試合での活躍に驚きを隠せない。
あの七尾なのかと目を疑うほどの活躍、主力チームはこのままでは追われないと躍起になり終盤、挽回する。
しかしトライ寸前でもやはり七尾がタックルしノッコンとなりそのままノーサイドとなり控えチームの勝利で紅白戦を終える。
新たなヒーロー七尾の出現で終わる格好で6話は完結。
優勝できなかったアストロズがどうなることかと思うもなんとか存続し新ヒーローの出現で新たな展開が始まる予感。

 

『ノーサイドゲーム』の7話の展開予想や期待すること

サイクロンズはアストロズの内情をリサーチし主力でチームの柱といえる選手、浜畑をヘッドハンティングを試みる展開の模様。
心揺れる浜畑、引き留めを図る君嶋GMと仲間たちといったところでしょうか。
アストロズのニューヒーロー七尾の存在が逆効果になった側面が表面化したのか?
浜畑がチームに残留するのかサイクロンズに移籍するのか予告では読み取れない展開。
個人的には熱いハートを持った浜畑には残留し先にチームを去った本波の意志も汲み取りチームを引っ張っていってほしい。
正念場のプラチナリーグを制覇し君嶋GMと共に勝利の美酒を味わってほしい。
サイクロンズに移籍するような展開であればがっかりのつきます。
ドラマの展開からしてそれはないと思うが。

さーちんさん(40代)
命運を賭けた再スタートに、胸熱!

プラチナリーグで、サイクロン戦に負けてしまって、アストロズの存続や、君嶋の本社への復帰は一体どうなることかと心配していました。14億円の予算は、また通るのか、滝川からの嫌がらせを受けるのではないかなど、絶体絶命のピンチだと思っていました。
しかし、さすが君嶋。まずラグビー界全体を変えなければと周りが全部敵でも、自分の考えを突き通す姿に心打たれました。ラグビーファンのために熱くぶつかる君嶋の心は、アストロズのメンバー同様にラガーマンに見えました。
個人的に2つ感動したシーンがありました。1つは、博人がレギュラーになれず落ち込んでいるだろうと、君嶋は心配していましたが、博人自身が、オヤツの時間もきにせず、佐々選手に練習をお願いするところです。

ドラマでも何度も佐々の頑張りが描かれていましたが、子どもって憧れの大人の頑張りを一番見てる存在だと思います。それが博人にとって佐々なので、きっと佐々についていけば、博人もいつかは素晴らしい選手になれると思ったし、きっと博人もそう分かっているんだと思いました。
そしてもう1つ感動したのは、ファン感謝デーの紅白戦です。七尾の圧倒的な存在に、もうワクワクが止まりませんでした。柴門とカフェで会ったシーンが途中で切れていたので、どんな話をしたんだろうと思っていましたが、こういうことだったのか!とスッキリしました。やはり、七尾がアストロズに入ってこそ、さらにドラマに花が咲く展開になると思って、来週からまたさらに楽しみです。

 

『ノーサイドゲーム』の7話の展開予想や期待すること

予告で、一番気になったのが、浜畑がサイクロンズに勧誘されていたシーンです。せっかく七田も入って、ますます、アストロズが強くなる可能性も高まったし、プラチナリーグの優勝が見えてきました。しかし、ここでもし、浜畑がサイクロンズに移籍することになったら、どうなるんでしょうか。すでに、チームから「裏切り者だ。」と言われているシーンもありました。そんなアストロズ愛が強かった浜畑が、本当に裏切ることができるのかがとても気になります。万が一、浜畑がサイクロンズに移籍したとしても、七尾が入ったアストロズは今回のプラチナリーグで、かなりの確率で決勝に行くと期待しています。それによって、君嶋も本社に戻れるように、優勝という結果だとさらにいいなあと思っています。

hyさん(30代)
次のシーズンへ
宿敵であった最終戦のサイクロンズに負け、残念ながら優勝を逃したアストロズには本社から厳しい声が上がってしまう。そんな中新たな目標に向かいチャレンジしていく姿はとても勉強なります。
今年が本当のラストチャンスだと考えた君嶋GMは多額の赤字改善のために日本蹴球協会に改善案を提出するのだが、門前払いに合ってしまうところなど、会社の古いしきたりを改善しないといけない現代社会を見ているようでした。
一方、柴門監督の元へラグビーに再挑戦しようとする男と再会を果たす。それが新たな戦力である七尾だった。
そんな中、君嶋GMに悲願であった本社復帰のチャンスが舞い込む。腹をくくった君嶋はGMとして最後の仕事に乗り出す。本社の異動を断り自分の信念に突き進む姿に縦社会の難しさも感じながら、価値観は自分で決める大切さもあるような気がします。
アストロズは感謝祭などを開催し、更なるファン拡大をしていって欲しいですし、日本で行われるワールドカップに向けてドラマからも盛り上がればいいなと思います。

 

『ノーサイドゲーム』の7話の展開予想や期待すること

7話目では、アストロズに七尾が加わったことによって更なるライバル争いが期待されるのだが、そこにはベテランの絶対的エース浜畑がいる。
その2人がバチバチポジション争いを行ってチームの活気を与えてくれるだろう。
だが、そんなところに浜畑はサイクロンズからの引き抜きの話が持ち上がる。浜畑がアストロズ愛を出して残ってくれるのか、またお金や地位を優先するのかも見どころです。
またカザマ商事の買収話で滝川常務のしっぽを掴むことができるのか、オイル漏れの件がリークされ、その一件との因果関係は如何なるものになるのかもワクワクします。
6話では、毎回のように行われていた君嶋GMの面白いシーンがなかったので次回に笑えるシーンがあって欲しいです。

りんごさん(40代)
チームは存続できるのか?

プラチナリーグ優勝という目標にむかってチーム一丸で頑張っていたのに、おしいところで負けてしまいました。悔しがっている選手の姿が印象的でした。今後チームの存続がかかっていた試合だったので、どうなるのか一緒になって心配してしまいました。社長の意向で何とかチームの存続が決定し、よかったと思いました。あんな大会社でもやはり社長の力は偉大なのだと思いました。ファン感謝祭にむけて準備する選手たちは本当に楽しそうでいきいきしていました。とてもいいアイデアだと思いました。紅白戦でスカウトしていた新入社員が控えメンバーチームとして出場しており、やっぱりアストロズに入ったのだと思いました。彼の活躍はすばらしく、今後チームを盛り上げてくれそうだと思いました。

 

『ノーサイドゲーム』の7話の展開予想や期待すること

どうやら主力メンバーがライバルの強敵チームにひきぬかれてしまいそうです。彼はチームをまとめる力を持っており、誰にでも尊敬される対象なのに、どうしてそんなことになってしまったのか、不満があったのか、また、どのように話をもってこられたのかが気になります。新たにチームのメンバーとなった新入社員も新しい風をふきこんで、メンバーたちの士気を高めてくれそうな予感がします。君嶋はGMとしてラグビー協会に意見書を出し続けるのかと思いますが、やはり拒否され続けるのか、それとも何か進歩があるのかこちらも気になります。君嶋の息子はラグビーの練習に打ち込んでおり、レギュラーの座をなんとかかちとってほしいと期待しています。

ドロップドロップさん(30代)
最もハラグロな人物は脇坂

取締役会でアストロズの報告をするGMの君嶋が前年度よりも好成績である事と観客動員数の激増を話していた事に、常務の滝川が収益を聞き出す所は14億円もかけているので当たり前で、君嶋は経営戦略室にいたのにそこに触れずにおこうとするのがあざといなと感じました。
また、社長の島本も負け続けでいいのかと語気を強めた所に滝川が逆に利用して進退をかけるように持っていったのはあまり悪どくなく、よく今まで島本の肝いりのラグビーだけに14億円もの大金を注ぎ込んでいたなと思うばかりで、島本の道楽のためだけに会社の金を使っていたとしか見えないので、やっと責任を持つのかと思いました。
君嶋を本社に戻してやると声をかけた経営戦略室の脇坂が常務の滝川と同期だったとわかりましたが、出世競争に破れた単なる妬みで動いているだけの人物にも考えられ、君嶋は利用されているだけの何にも見えていないお人好しなのかなと感じました。
また、常務の滝川も買収しようとしているカザマ商事の社長である風間に騙されかけていて、アストロズを廃部にしたい感じを受けながらも、ラグビーを愛しているからこそガタガタの運営を変えるために君嶋を送り込んだようにも見えています。

 

『ノーサイドゲーム』の7話の展開予想や期待すること

君嶋は常務の滝川が買収を計画しているカザマ商事のタンカー事故が気になっている最中、滝川もデューディリジェンスによって届けられた情報によってタンカー事故との因果関係と買収した時のトキワ自動車本体への印象を考慮するものの、社長の座を目指すチャンスは今しかないと考えてしまいカザマ商事の買収計画を推し進めてしまう感情に動いてしまう所を、君嶋が止めに入り確かな情報を示しながら常に冷静であった滝川の無謀な行動を批判し、一方で君嶋がGMをしているアストロズでは、ファン感謝祭の紅白戦のエキシビション試合で新人の七尾の華々しい活躍に控え選手たちも自信を持ち始め、逆にレギュラーメンバーたちが焦りと妬みを持ち始めて、いい意味で活性化、悪い意味では殺伐した雰囲気になっていき、そこにサイクロンズがアストロズのバランスを崩すためだけに、プロ契約という甘い誘いで浜畑を引き抜きにかかる人の欲が露骨にわかる展開が見られると期待しています。

おわりに

今回は、『ノーサイドゲーム』6話の無料視聴方法をご紹介しました。

放送後1週間以内だったらTverで、1週間以上だったらParavi(パラビ)でご覧ください。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

\今すぐ「ノーサイドゲーム」を無料で視聴する方はこちらをチェック/
↓↓↓
Paravi
>>Paravi(パラビ)の公式サイトはこちらからご覧ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。