新幹線車内での授乳!多目的室は予約できる?空いてない時の場所は?

a0002_004019

赤ちゃん連れでの帰省や旅行で、新幹線の利用中、授乳ってどうするんだろう

新幹線に乗る前に、悩みますよね。
 

そこで今回は、新幹線の車内での授乳の方法についてまとめました。

私も経験したことがあるので、ご参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク
  

新幹線車内での授乳ってどうする?

新幹線車内で授乳する時には、『多目的室』を利用することができます。
 
 

多目的室というのは、体が不自由な方が優先となりますが、そういう方がいない場合には、授乳や着替えや、体調が思わしくない方が利用することができる部屋です。
 
 

列車によって違いますが、多目的室の中には、座席が2~3席あり、オムツ交換台や手すりや非常呼び出しベルなどが装備してあります。
 
 

この座席は、引き出し式の簡易ベッドになります。授乳クッション等はないので、授乳の際には、枕代わりにバッグやタオルなどを持ちこむといいですよ。
 

また広さは、簡易ベッドを広げてギリギリ入るくらいの大きさです。だから、簡易ベッドを広げていないと、畳1畳くらいのスペースはあります。
 
 

窓がついていて、外も見ることができますが、停車するとプラットホームからも中が見られるので、授乳の際には、停車する前にカーテンを閉めておくといいでしょう。

新幹線の多目的室は予約できる?利用法と利用する際のポイント

新幹線の多目的室は、残念ながら予約ができません。しかも、自由に使うことができなくて、誰も使わない時には、鍵がかけられています。
 

だから、多目的室を利用する場合には、必要な時に都度、車掌に申し出て、鍵を開けてもらいます。そして、用がすんだら、再度車掌さんに声をかけ、鍵をしめてもらいます。

 
 

時には、「授乳したい!」と思った時に、すぐに車掌さんがいればいいのですが、車掌さんもさまざまな業務があったり、他の方に対応されていることもあります。
 
 

ですので、お子様がぐずったり、お腹がすいたらすぐ移動できるように、新幹線車内で授乳が必要だと分かっている場合には、

新幹線を予約する時に、あらかじめ車掌室や多目的室に近い車両をしておくことをおすすめします。
 

車掌室や多目的室は、新幹線によって場所が違いますので、予約時には必ず確認して下さいね。

 
 

また、車掌さんが回って来ない場合は、車掌室に行って申し出るか、車内パーサーさんや車内販売員さんに声を掛けると、呼んできてくれることもあります。
 

私も車掌さんが回って来られなかった時には、デッキで待機していた車内販売員さんにお願いして、呼んできてもらいました。気さくに対応して下さって、待つことなく利用できましたよ。
 
 

さらには、他にも授乳などで待っている方がいることもありますので、早めに車掌さんに多目的室が必要であることを伝えて、順番が来たら声をかけてもらうこともできますし、

旦那さんや家族がいれば、多目的室付近で待機してもらい、空いたら車掌さんに声をかけ、あなたを携帯電話で呼んでもらうというのもおすすめです。

スポンサードリンク

新幹線の授乳は場所~多目的室が空いてない場合~

多目的室は、新幹線に1つしかありません。
 

それを、体が不自由な方を優先として、授乳の方や、着替えの方など、他の色々な理由で必要な方と共有します。
 

だから、時には、体が不自由な方や気分が思わしくない方が、やむを得ず、ずっと利用している場合があり、使えない時もあるのです。
 
 

じゃあ、そういう時にはどこで授乳するかというと、私の場合は、次のようにして授乳します。
 

①座席で授乳する

旦那や家族など、知っている人が隣にいて、家族連れが多いような車両であれば、窓側でケープをかぶって授乳します。

私の経験上、こうしている人はよく見かけます。

これには、マナー違反だとかの賛否両論ありますから、ご自身の判断でされてくださいね。
 
 

②トイレで授乳する

隣が知らない人の場合や、隣が家族であっても、平日のビジネスマン(男性)が多く乗る車両に乗った時には、トイレでトイレの蓋を閉じて、蓋の上に軽く腰を掛けて授乳します。
 

多目的トイレだと、スペースが広く、身動きができやすいですし、個室なので、人の目を気にすることはありません。子供や物を落とさないようにするため、体勢がきつくなりますが、やむを得ません。
 

トイレでの授乳は、停車駅の前になると、トイレの利用者が多くなるので、停車駅の間隔が長い時がおすすめです。

 
 

いずれも、周りの状況やお子様の状況を考えて判断して下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

新幹線車内では、多目的室を使って授乳することができます。

利用する時には、車掌さんや車内パーサーや車内販売員さんに声をかけましょう。
 

子供がぐずったり、お腹がすいたらすぐに利用できるように、あらかじめ多目的室に近い席を予約することをおすすめします。

しかし、多目的室が遠かったり、利用できない場合には、周りや子供の状況に応じて、座席やトイレで授乳するといいでしょう。
 

赤ちゃん連れの移動は大変ですが、よりよき新幹線の旅となりますようお祈りします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。