大曲花火大会2017夏の日程や時間や桟敷席情報。ホテルはどこに取る?

a0070_000232
花火師による花火師日本一決定戦が行われる大曲花火大会は、地元の人だけではなく、全国から観客が訪れます。

一度は見ておきたいものですね。

今回は、大曲花火大会の2017年の夏の日程や時間などをご紹介します。

行かれる際のご参考にして下さい。

スポンサードリンク
  

大曲花火大会2017夏の日程や時間

大曲花火大会は、四季を通じて年に4回行われます。

その中の一つ、夏の大曲花火大会は、例年8月の後半の土曜日に行われます。
 

また、時間は昼花火と夜花火に分かれ、途中の空き時間を入れると、17:30~21:30の4時間にわたります。

では、2017年はどうなっているでしょうか・・・

日程や時間をまとめました。
 
 

◆日程:

2017年8月26日(土曜日)

※雨天決行、強風・大雨の場合は順延になります。順延日は協議後に決定されます。

もし、雨や台風が近づいたなどの天気予報の場合は、こまめに公式ホームページをチェックしてくださいね。

 
 

◆時間:

(昼花火)
17:30~18:15

(夜花火)
18:50~21:30

 

花火大会が開催される大仙市大曲は約4万人の人口です。

そこに、約80万人もの人が訪れますので、当日はかなりの混雑になります。

交通規制が敷かれ、公共交通機関が利用できません。
 

ですので、当日電車で行く場合には、「大曲駅」から会場まで歩きます。通常ですと、30分くらいかかりますが、当日は混雑がひどいので、1時間以上は見ておいた方がいいでしょう。

花火が始まるのは17:30からですが、遅くとも、16:00あたりまでには「大曲駅」についておくことをおすすめします
 
 

また、車で行く場合には、大渋滞は避けられません。そして、交通規制もあるため、会場周辺では思い通りに動くことができません。

花火開始に間に合うように行くならば、昼前には県境を超えておき、早めに駐車場を探しましょう
 
 

◆場所

秋田県大仙市大曲花火大橋付近雄物川(おものがわ)

スポンサードリンク

大曲花火大会の桟敷席を取る!

花火師たちの素晴らしい「競技」を見るならば、桟敷席を取るのがおすすめです。

桟敷席からは、花火を正面から見ることができ、花火も音もド迫力で圧巻されます。
 
 

2017年も、個人向けの桟敷席が発売されます。

購入方法は3通りあります。

いずれも、『申し込み』→『抽選』→『販売』となりますので、席の確保のためには、まず、抽選受付をして下さい。

 

◆第91回全国花火競技大会の個人向け有料観覧席(桟敷席)の購入方法

①ローソンチケット専用ダイヤルでの電話受付

・受付期間:6月9日(金曜日)10:00~6月12日(月曜日)23:00まで
 
 

②ローソンチケット専用ホームページでのインターネット受付

・受付期間:6月9日(金曜日)10:00~6月12日(月曜日)23:00まで
 
 

③大曲商工会議所での直接販売(←大曲市民会館から変更になりました)

・販売日時:7月2日(日曜日)9:00頃抽選後、販売

来場者が2,000人以内の場合には、抽選はなく、全員に販売されます。
 
 

申し込み先、購入方法の詳細は、公式ホームページで十分確認して下さい。

大曲花火大会 個人の桟敷席の予約・販売について

 
 

いずれも抽選となるので、電話、インターネット、直接販売と3回のチャンスがあります。

ですので、桟敷席で見るならば、できるだけ2つ以上の方法で申し込んでおくことをおすすめします。
 
 

ただ、注意が必要なのは、購入後のキャンセルは出来ませんし、順延で行けなかった場合の払い戻しがないことです
 

順延になるかどうかは、当日にならないと分からないことですが、家族や知人で一斉に申し込んで当選しても、お金を振り込む際には、お互いに人数や席などを確認して、多めに購入することのないように注意して下さいね。
 
 

◆料金(小学生以上から有料)

・A席(定員6名) 23,000円(1.8m×1.8mの広さ)

・C席(定員5名) 15,000円(2m×2mの広さ、護岸堤防の斜面になります)

・イス席(定員1名) 3,000円(パイプ椅子)

 

また、2016年まで無料で開放されていた自由エリアは、2017年から有料になることが決まっています。

1名1,000円、高校生まで無料、当日販売です。

大曲花火大会で泊まるホテルのおすすめ

大曲花火大会がある大仙市大曲には、ホテルや旅館がいくつかあります。

インターネット経由販売されていない場合もありますので、電話で直接聞いてみてください。

◆ホテルルートイン大曲駅前

大曲駅に近く、花火会場までは歩いて行けます。

全国チェーンのホテルで、サービス、客室など定評があります。

また、大浴場があるので、花火で疲れた体も癒されますね。

・電話番号→0187-86-3511

・インターネット→ホテルルートイン 大曲駅前
 
 

◆グリーンホテル大曲

こちらも全国チェーンで安心のホテル。男性だけ大浴場があります。

サービスや朝食など好評です。

近くには、大曲駅(西口)やコンビニなどがあり、便利ですよ。

・電話番号→0187-86-3333

・インターネット→グリーンホテル大曲

 
 

◆大曲エンパイヤホテル

JR大曲駅から徒歩8分。

近くには飲食店やコンビニもあり便利です。

部屋は広めで、ゆったりと過ごすことができるでしょう。

・電話番号→0187-63-1131

・インターネット→大曲エンパイヤホテル

 
 

しかし、数か月前では、予約が取るのが難しい場合もあります。

そんな時におすすめなのが、秋田駅や盛岡駅周辺でホテルを探すことです。

当日は、花火終了後に。大曲始発の臨時列車が、秋田、盛岡方面などにも運行されますので、それらの駅の周辺も考えて見られるといいでしょう。

大曲で宿を探すよりも、予約を取れる可能性は広がります。
 
 

もし、アクセス方法を探したり、宿を予約するのが難しいならば、ツアーを利用するのもおすすめですよ。

各方面から、バスツアーや宿泊ツアーがあります。

観覧席も確保してあるし、交通機関のことも考えなくていいので、楽に鑑賞できるでしょう。

どんなツアーがあるか、こちらから確かめてみてください。
↓ ↓ ↓

(右上の「キーワードで検索」に、【大曲全国花火競技大会】と入力すると、簡単にツアーを探すことができますよ。)

まとめ

夏の大曲花火大会は、8月の第4週目の土曜日に開催されます。

時間は、昼花火と夜花火を合わせて4時間という長丁場です。アクセスまで考えるなら、半日以上の所要時間となります。

しかし、日本一の花火師を決める豪華な花火大会です。他の花火が見れなくなるほど、惹きつけられる方も多くいます。ぜひ楽しんで下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。