こんなにお手軽!重曹を使った掃除にはこんな効果や方法が!!

情報番組「ヒルナンデス」などで、目から鱗な掃除方法として紹介された重曹、気になりますよね。

料理好きな人にとっては、「ベーキングパウダー」として知られているアレです。

その重曹、料理用の他にも、薬用や掃除用があります。
 

今回紹介するのは、掃除で使う重曹ですが、どんなものをお掃除できるのか、その用途と方法をまとめました。

重曹を使って、困っていた汚れをさらっととってしまいましょう。

スポンサードリンク
 

もっと早く知りたかった…重曹で簡単掃除をする方法とは?

掃除用の重曹はアルカリ性ですが、研磨剤が含まれているため、油汚れだけじゃなく色々な汚れにも対応できる優秀な粉です。

そんな重曹を使って、どんなところが掃除できるのか用途と方法を次からご紹介します。
 
 

①重曹スプレーで壁や天井を掃除しよう!

空のスプレーを準備し、お湯100mlにつき、重曹を小さじ1の分量で重曹水を作ります。

重曹水は、使いきれる量で作りましょう。
 

重曹水を作ったら、雑巾に重曹水をスプレーして、壁や天井などを拭きます。

壁の素材によっては、色が変色したりもろくなる可能性があるので、一度見えない所で確かめてからにしましょう。

家具も同じく、確かめて大丈夫な場合は重曹水で掃除することが可能です。
 
 

②重曹スプレーで冷蔵庫の中も綺麗に掃除しよう!

重曹は、汚れを分解するだけでなく、酸性の臭いも分解してくれます。

冷蔵庫に入れた調味料やお肉などの臭いを、汚れと一緒に分解して綺麗スッキリにさせましょう。
 
パッキン部分などはカビが生えやすいので、重曹水をつけた綿棒で掃除をすることをお勧めします。
 
 

③重曹水で台所の油汚れを落とす!

台所の照明器具は、油汚れでギトギトになっていますよね。

ギトギトな油汚れにも、アルカリ性の重曹水が効果的です。
 

また、グリルやIHの焦げには、重曹と食器洗剤と酢を混ぜたものが効果的です。

分量は、重曹が40g、洗剤が大さじ4、酢が大さじ1です。

重曹と洗剤を混ぜた後に酢を入れると泡が発生するので、その泡を気になるコンロ汚れにつけましょう。

 
 

④重曹と酢で排水溝のヌメリを撃退!

台所やお風呂場、洗面台の排水溝には、重曹と酢を使いましょう。

酸性の汚れは、アルカリ性で分解することは出来るので効果抜群です。
 

また、重曹には脱臭効果があるので、排水からの臭いを対策することも出来ます。
 

分量は、重曹1カップ、酢1カップ、お湯200mlです。

これらを混ぜ合わせるのではなく、排水溝に重曹→酢→湯の順番で回しかけします
 

そうすると、ジュワーッと泡が出るので、そのまま15分以上放置します。

その後、洗い流してください。
 
 

⑤お風呂上がりに、お風呂を一気に掃除しよう!

浴槽のお湯が、温かいうちに出来る掃除方法です。

洗面器や椅子などの水垢を、重曹を使ってスルリと綺麗にしちゃいましょう。
 

お風呂上がりの湯船に、200lのお湯に対して重曹を1カップ入れて溶けるまで混ぜます。

湯船に大きな重曹湯を作ったら、椅子や洗面器などを入れて一晩置きましょう。
 

浴槽の素材によっては、変色などがあるかもしれません。

重曹を使うときは一度、確かめてからをおすすめします。
 
 

⑥トイレや洗濯機にも、重曹と酢が効果的!

トイレ汚れは、酸性なので重曹がおすすめです。空のスプレーを準備し、お湯100mlにつき、重曹を小さじ1の分量で重曹スプレーを作りましょう。
 

また、洗濯機の掃除に使う場合は、重曹と酢を1カップずつ洗濯機に入れて10分回しましょう。

また、普段のお洗濯では、大さじ1の重曹を洗濯の時に一緒に入れると、洗濯しながら洗濯機の掃除ができるので一石二鳥ですよ。
 
 

⑦子供のおもちゃの掃除にも調理用の重曹水!

調理用の重曹で重曹水を作れば、子供のおもちゃ掃除にも使うことができます。

子供のために敷いたジョイントマットは、歩くたびに皮脂で黒ずみますよね。

この黒ずみも、重曹水で掃除すれば皮脂が分解されるので、スッキリ綺麗になりますよ。
 

子供のぬいぐるみは、大きな袋に重曹とぬいぐるみを入れて口を閉じ、重曹がまんべんなく広がる様に振って2時間ほど放置します。

2時間経ったらブラシで重曹を落として完了です。気になる時には、掃除機で吸ってくださいね。

重曹の脱臭効果と、汚れが落ちの効果があります。

スポンサードリンク

重曹でピカピカ!?掃除がはかどるけれど注意も必要!

jyuso2

色んな掃除に重曹が使えることを、上記で説明しましたが、使えないものもあります。

一見万能な重曹、うっかり使って、後悔しないように、使えないものと注意点だけはしっかり覚えて置きましょう。
 

①天然繊維のカーペットなど

畳や天然繊維のカーペットに重曹を使うと、繊維に入り込みタンパク質を分解してしまいます。

化学変化が起きて黄ばんでしまうので、使うのはやめておきましょう。
 
 

②テフロン加工の鍋やフライパン

テフロンが剥げてしまうので、使わない様にしましょう。
 
 

③アルミ製のもの

化学変化で黒く変色してしまいます。
 
 

④木材

ミスなど塗装がされていない木材は、黄ばむ可能性があります。

また、塗装がされているものも、重曹には研磨剤が含まれているので、塗装が剥げる可能性があります。




まとめ

重曹を使った掃除を覚えると、今まで使っていた洗剤を減らすことができます。

洗剤を使い分けなくてよくなると、洗剤の節約だけではなく時短にもつながりますね。

しかし、使えない素材のものもあり、化学変化で変色した場合は戻すことができません。

重曹を使うときは、十分に注意してください。

掃除が楽しくなりそうですね?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。