久末航(わたる)の出身中学・高校は?受賞歴や両親をチェック!

bfc9f4724181af025a9d2d8cebafdc57_s
 

ドイツのミュンヘンで行われている

ミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ部門で、

3位になった久末航(ひさすえわたる)さん。
 

本当におめでとうございます。
 
 

久末航さんは、

現在はドイツの音楽大学に留学されているそうですが、

他にもに気になることがあるのでチェックしていきたいと思います。

 
■久末航さんの出身中学・高校は?プロフィールなど

■久末航さんの受賞歴

■久末航さんの両親について

どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

久末航さんの出身中学・高校は?プロフィールも!

ではまず簡単にプロフィールを紹介します。

・生年月日:1994年8月19日

・年齢:23歳(2017年9月現在)

・出身:滋賀県大津市

出身中学校:大津市立真野中学校

出身高校:滋賀県立膳所高等学校

(膳所→「ぜぜ」と読みます)

・現在:ドイツ・フライブルク音楽大学ピアノ科在学中(2009年10月より)

 

久末航さんかピアノを始めたのは、

幼稚園時代だそうです。
 

 
ピアノに興味を持ち始めたのは4歳のときで、

5歳になって本格的にレッスンを始められています。
 
 

ある方のブログによると、

hisasuesan

幼稚園の時に近所の教室でピアノを習い始めたきっかけが“耳コピで弾いていたモーツァルトの『トルコ行進曲』をちゃんと弾きたいから”という理由だった

引用元:https://ameblo.jp/igatapiano/entry-12010118055.html

 
 
えーっと、幼稚園時代に、

耳コピ?

モーツァルト?

って感じなのですが、

すでに「天才的」な才能を持っていらっしゃったようです。
 

さらに、小学生では作曲の勉強もされたのだとか。
 
 

小学生時代には、

発表会のピアノの伴奏をされるなど、

すでに頭角を現されていたようです。
 
 

小学生低学年から、

さまざまな受賞歴がありました。(後に書いています)
 
 

また、高校生の時には、すでにリサイタルを開いていて、

200席の客席を満席にしたのだそうです!
 
 

高校生で一般向けにリサイタルって、

聞いたことがありませんね。
 
 

ピアノに興味を持ってからと言うもの、

毎日練習を積み重ね、

着々と夢を実現されているようです。
 
 

この探究心とか努力には、

驚かされますね。

スポンサードリンク

久末航さんのピアノでの受賞歴

今回の受賞は全国ニュースになるほどでしたが、

調べてみたら、過去にもさまざまな受賞歴があるようです。
 
 

まだ若いので、小さい時の情報がありました。(写真もカラーでしたw)
 
 

第20回滋賀県ピアノコンクール低学年の部奨励賞

第8回ショパン国際ピアノコンクールIn Asia小学5・6年生部門金賞

第25回滋賀県ピアノコンクール小学校高学年の部第1位、併せて滋賀県議会議長賞受賞。

第7回ノーヴィ国際音楽コンクール学生部門銀賞

第8回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-J第3位

第13回神戸国際学生音楽コンクール最優秀賞、併せて神戸市長賞受賞

第32回ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級金賞、併せて讀賣新聞社賞・ソナーレ賞受賞

第64回全日本学生音楽コンクールピアノ部門高校の部・全国大会 第2位

引用:https://plaza.rakuten.co.jp/futabapiano/diary/200901270000/

 

こんなに多くの受賞歴に圧倒されます!

久末航さんの両親について

プロフィールを見てみると、

今回の受賞や数々の受賞歴は、

もちろん久末航さんの努力や才能なしでは語れませんが、

両親の存在も気になるところです。

 
 

ご両親は一般の方なので、

多くの情報はありませんでしたが、

久末航さんがピアノに興味をもったきっかけは、

おそらく家での環境にあったと考えられます。
 
 

なぜなら、久末航さんのご両親は、

お二人とも音楽好きで、

家ではクラシックやジャズを聴く環境にあったからです。
 
 

そこから、前にも書いた「耳コピ」ができた理由は

分かりませんが、

幼いころは楽譜なんて分かりませんので、

頻度も多く、楽しい環境で音楽を聞かれていたのだと思います。
 
 
 

ご両親が、子供のやりたいことや

才能を伸ばす環境を整えてあげたことは

とても素晴らしいですね。
 
 

私の友人の小学生の子供も、

ピアノのコンクールで全国を飛び回っているのに、

親も一緒に付いていかなければならないし、

スケジュールをあわせたり、金銭的にも大変なようです。
 
 

でも、子供の頑張る姿をみることや、

県外に一緒についていくのは楽しいようです。
 
 

ご両親の影響や環境は、

若くして才能を開花させるためには

必要なことだと感じました。

終わりに

久末航さんもこれからも努力され

ますます成長し飛躍されることでしょう。

今後のご活躍も応援していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。