ジェイコブコリアーのプロフィールや経歴は?多重録音や作品について!


 

こんにちは。ハナです。
 
 

イギリス人のアーティスト、

ジェイコブ・コリアー

(Jacob Colier)さんが

9月22日に『あさイチ』の

特選!エンタのコーナー

ご出演されます。
 
 

って、ジェイコブコリアーさんを

ご存知でしょうか。
 
 

私もよく知らなかったのですが、

1人でいくつかの楽器を演奏し、

「天使の声」と言われる歌声で

聞く人を魅了する

天才アーティストなんだそうです。
 
 

どんなパフォーマンスをされているのか

気になるところです。
 
 

では今回は、

ジェイコブコリアーさんが

どんな方なのかをチェックしていきます。
 

■ジェイコブコリアーのプロフィールや経歴は?

■ジェイコブコリアーがする多重録音とは?

■ジェイコブコリアーの作品

■ジェイコブコリアーがグラミー賞で受賞した賞は?

 
どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

ジェイコブコリアーのプロフィールや経歴は?

jacob
引用元:http://www.cdjournal.com/main/top/
 

ではまず簡単に

ジェイコブコリアーさんの

プロフィールをご紹介します。

生年月日:1994年8月2日

年齢:23歳(2017年9月時点)

出身:イギリス、北ロンドン

デビュー:2011年

家族:両親、2人の妹

 
 

ジェイコブコリアーさんの母親は、

音楽教師でバイオリニスト、

そして世界有数の音楽学校の

王立音楽アカデミーの関係者。
 
 

そして、母方の祖父が

王立音楽アカデミーの

教師をしていたバイオリニストで、

オーケストラの一員として

世界中で演奏していたそうです。
 
 
 

また、ジェイコブコリアーさん自身も

小さい頃から音楽専門学校に行き、

常に音楽に囲まれた生活をしていたようです。
 
 

そして小学生時代には、

子役タレントもされていたのだとか。
 
 
 

そのうち歌うことにも興味を持ち、

勉強を始めました。
 
 

そして2011年からは、アカペラや

幾つかの楽器を多重録音したものを

Youtubeにアップするようになり、

それが、世間で注目され、

2015年には、マイケル・ジャクソンの

プロデューサーである

クインシー・ジョーンズのバックアップにより

デビューを果たすことになりました。
 
 

そんな世界的プロデューサーの

お墨付きをもらうなんて、

ジェイコブコリアーは10代のころから

世界に通用するアーティストになっていたんですね。
 

素晴らしいです!
 
 
 

2016年には、来日果たしている他、
 

今月9月25日と26日には、

ブルーノート東京で

ライブがあります。
 
 

生演奏、迫力がありそうですね!

スポンサードリンク

ジェイコブコリアーがする多重録音とは?

多重録音って聞きなれない言葉ですね。
 
 

多重録音というのは、

複数の音を1つの音に組み合わせながら、

マルチトラックレコーダーという

特殊ななレコーダーに録音して、

最後にそれをまとめて再生するものです。
 
 

例えば、

ドラムやギターやタンバリンなど、

それぞれの音を録音すると、

一斉に再生した時に

まるで複数の人が

演奏しているかのように聞こえます。
 
 
 

私は、山崎まさよしさんの弾き語りのコンサートで

この多重録音をされているのを聞き、

その時は、ギター一本では出し切れない

幅がある演奏に驚いたことがあります。
 
 

百聞は一見にしかず、

ジェイコブコリアーが

多重録音で演奏している動画がこちらです。

 

すべての音が

ジェイコブコリアーが

奏でるものからできています。

 
 

いろんな楽器の特徴を知って弾けないと

こういうことはできませんので、

ジェイコブコリアーがいかに多才かがわかります。

ジェイコブコリアーの作品

2015年には、

マイケル・ジャクソンのプロデューサーの

クインシー・ジョーンズのバックアップで

デビューを果たしたジェイコブコリアーですが、
 

2016年7月には、

クインシー・ジョーンズのレーベルである

「Qwest Record」からデビュー・アルバムを

発売しています。
 
 

そのアルバムのタイトルは、

『In My Room』

です。
 
 

ピアノ、シンセサイザー、

ベース・ギター、

ドラム、ウクレレなど

たくさんの楽器の多重音楽に、

 

ジェイコブコリアーの

ハスキーな歌声が加わって、

1つの曲がなりたっているんですよね。
 
 

楽器の技術も

素人目からみて凄いなと感じますし、

彼の歌声はしびれますね。
 
 

こんなあらゆる音楽に

長けた人っているんですね。
 
 

子供の頃の環境って

大事なんだなとしみじみ思いました。

ジェイコブコリアーがグラミー賞で受賞した賞は?

ジェイコブコリアーは、

2017年2月グラミー賞で

数多くのアーティストがいる中、

2部門に渡って受賞しています。
 
 

『You And I』が、

「最優秀インストゥルメンタル編曲賞」に、
 
 

そして
 
 

『Flintstones』が、

「最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞」

に輝きました。
 
 

世界の大舞台であるグラミー賞で

2部門を獲得し、

実力が本物だったことが証明され、

名実ともに世界中に知れ渡りました。
 
 
 

私の中でグラミー賞って、

賞を取るまでに

世界中の人気を集めていて、

キャリアがある人が

受賞するという印象ですが、
 
 

ユーチューブからの始まりで、

グラミー賞を受賞するまでになるとは、

かなりの気鋭だということが伺えます。
 
 

今後どんなパフォーマンスを

見せてくれるでしょうか。
 
 

ますます期待が高まりますね。
 
 

この若き青年のご活躍を

楽しみにしています!

 
☆こちらの記事も合わせて読まれています。
元スマップの新サイトの新しい地図をチェック!ファンクラブ情報も!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。