神田松之丞の結婚相手の嫁や子供を調査!高校大学や代表作品は?

こんにちは、ハナです。

さっきまで子供に怒っていたのに
そんなことスイーツを食べたら
ころっと忘れていました。

女心と秋の空は変わりやすいという言葉を
1人で納得中です。

 

さて、今回ご紹介する、
神田松之丞(かんだまつのじょう)さんは、
若手の講談師であり、独演会のチケットが
即完売する大人気の方です。

 

落語や漫談は聞いたことあるけど、
講談師ってなんだろう。

そして、神田松之丞さんってどんな方だろうと
気になったので調べてみました。

どうぞよろしくお願いします。

スポンサードリンク

神田松之丞さんのプロフィール

引用元:https://www.geikyo.com/

引用元:https://www.geikyo.com/

まず、神田松之丞さんのプロフィールを
ご紹介しますね。

本名:古舘克彦

生年月日:1983年6月4日

年齢:34歳(2017年10月時点)

出身:東京都豊島区池袋

 

神田松之丞さんは、東京の池袋という都会の真ん中で生まれ、

高校は、聖学院高等学校、

大学は、武蔵大学経済学部経営学科

を卒業されました。

 

神田さんが卒業された武蔵大学経済学部は
偏差値が53~58でした。

一生懸命勉強に励まれたようですね。

 

神田さんは武蔵大学を卒業後、
2007年10月30日に、
3代目神田松鯉(しょうり)さんに
弟子入りされます。

弟子入りされたのは、
神田さんが24歳の時です。

 

武蔵大学卒業後となっていましたが、
24歳までの2~3年の間は
何をされていたのか気になって調べてみたら、
大学卒業後半年で弟子入りという情報がありました。

ということは、浪人して
大学に入学したのではないかと思われます。

 

神田さんは2007年に入門してから、
9年間で120のネタを覚えたようです。

2017年春には、さらに増えて
130の持ちネタがあるようです。

 

他の方がどれ位のスピードで覚えられるのかを
情報がありませんでしたが、

神田さんは、ネタを覚えるスピードや
これまでの活躍から、
「講談界の風雲児」「講談界の救世主」
呼ばれているようです。

講談師とは?

さて、神田さんがされている「講談師」とは、
一段高く設けた場所(高座)に置かれた
小さい机(釈台)の前に座り、扇子(張り扇)を叩いて
話を読み上げる方のことをいうそうです。

それだったら、落語のようでもありますが、
また「講談」と「落語」の大きな違いは何なのでしょうか。

「講談」とは、物語を語っていく芸

「落語」とは、会話によって話が進む芸

まあなんとなく分かるようなわからないような気もしますが、
落語もそれぞれ面白いので、講談もおもしろそうですよね。

また、講談も落語と同じく
「見習い・前座・二ツ目・真打ち」
というように階級が分かれており、
協会によって昇進の基準は異なります。

神田さんは、2012年には「二ツ目」に昇進しています。

「真打ち」になるためには、「二ツ目」を
約10年間続けなければいけないそうですが、

他の講談師が長い年月をかけて真打ちとなる中、
神田さんには、2016年に「真打ち」への抜擢昇進の話があったようです。

 

それは後に落語芸術協会により否決されてしまいましたが、
神田さんにそれだけの実力があったということですね。

神田さんが「真打ち」になるのは、
もう少し先の話になるかもしれませんね。

神田松之丞さんの結婚相手の嫁について

神田松之丞さんは、現在34歳ということなので、
ご結婚されていてもおかしくないですね。

ご結婚はされているのでしょうか。

 

調べてみると、2016年8月の週刊新潮に
「結婚エピソード」が記載されていたようなので、
神田さんが結婚していることに間違いはないようです。

その他の情報を調べてみたのですが、不明でした。

 

奥さんは一般の方のようなので、
神田さんが話さない限り詳しいことは
分からなそうですね。

奥様は、色んなプレッシャーを抱えて、
忙しい神田松之丞さんを支えているので
きっとしっかり者でしょうね。

 

もし今後、真打ちになられるなどして、
情報がもっと出てくれば、追記していきますね。

神田松之丞さんには子供はいる?

では、神田さんは結婚されているので、
お子様が居るのか気になりますよね。

 

しかし、お子様に関しても
Twitterやブログを見てみたのですが、
有力な情報はありませんでした。

 

神田松之丞さんは、「こども寄席」というイベントを
積極的にされているようなので、
子供好きなのでしょうね。

お子さんがいらしたら、
とても子煩悩な父親かもしれませんね。

神田松之丞さんの代表作品は?

今回、初めて神田松之丞さんを知った方なら、
どんな講談があるのか気になりますよね。

 

調べてみると、神田松之丞さんの
代表作品と言われるのは、
「グレーゾーン」という講談でした。

 

大のプロレスファンの神田さんが
その知識を生かしてつくったオリジナル作品です。

 

この作品は観客だけでなく、
落語家からも高く評価されているようです。

ぜひ聞いてみたくて動画を探してみたのですが、
公開されていませんでした。

DVDを購入しないと聞けないようですね。

 

代わりに、実際に購入した人の口コミを見てみると、

良かったなぁー
勢い(^∇^)かんじた
若さ、有り有り、
頑張ってる感じヒシヒシ

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E8%AC%9B%E8%AB%87%E5%A4%A7%E5%85%A8-%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%9D%BE%E4%B9%8B%E4%B8%9E-DVD/dp/B00TG8EDEG

 

「講談は難しい!?。又はつまらない!?。」
これは誰がいつ、どこで言い出したか分からないが、
このDVDを見ることによって変わるコト間違いなし!
インタヴューでは言葉を選びつつ、
真摯に思いを語る姿からの『違袖の音吉』(たがそでのおときち)
これが面白い!、可愛らしさもタップリ盛り込まれた侠客モノ♪
「講談は自由」そう言う意味か!?、
などと思わせる事は無論なく、
講談や浪曲でメジャーな『天保水滸伝 鹿島の棒祭り』
これがまた面白い!、グイグイ物語に引き込まれていく♪。
「平手造酒」お酒呑んじゃうよね^_^
そしてトドメに新作講談『グレーゾーン』
プロレス好きな高校生が落語家として生きて行く
「哀愁」青春グラフィティ。
プロレス・相撲・笑点を題材とし、もちろん「根多」ではあるが、
虚構と現実の波打ち際で苦悩する芸人の姿が愛おしい。

引用元:https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E8%AC%9B%E8%AB%87%E5%A4%A7%E5%85%A8-%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%9D%BE%E4%B9%8B%E4%B8%9E-DVD/dp/B00TG8EDEG

 

など、もともと講談を聞いたことがある方も、
初めて聞く方にも好評のようでした。

 

「グレーゾーン」の内容は、
公共放送では放送出来ないような内容らしいので、
DVDで見るしかなさそうですね。

是非一度聞いてみたいと思われたら、
こちらをチェックしてみて下さい。

終わりに

調べていくうちに、講談に興味が湧いてきました。
秋の夜長に、一度聞いてみたいものです。

また、神田松之丞さんもまだ34歳ということで、
これからも人気作品が出てきそうですよね。

今後のご活躍も期待して、チェックしていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。