中野裕通は結婚してる?経歴や年齢を調査!制服デザインついて!

こんにちは、ハナです。

 

11月17日のテレビ番組「爆報THEフライデー」に

ファッションデザイナーの中野裕通(なかのひろみち)さんが出演されます。

 

中野裕通さんと聞いてもパッと浮かばないけど、

「ヒロミチナカノ(hiromichi nakano)」と聞けば

分かる方も多いのではないでしょうか。

 

子供の服やハンカチなどよく見かけますね。

 

では、今回は、中野裕通さんについてチェックしていきます!

どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

中野裕通さんの年齢や経歴

引用元:http://rubese.net/

引用元:http://rubese.net/

 

生年月日:1951年11月10日

年齢:66歳(2017年11月16日時点)

出身:宮城県岩沼市

 

中野裕通さんは、1951年11月10日生まれで

現在66歳です。

 

中野裕通さんといえば、1995年から2004年まで

放送されていたテレビ番組「浅草ヤング洋品店」での印象が強く、

その時はすでに「おじさま」に見えたので、

現在66歳と言うのは、若くて意外でした。

 

(というアラフォーの私も、ピチピチの20代前半でしたから、

人のことはいえませんがw時の流れは早い・・・)

 

経歴

では、経歴は下のとおりです。

1970年 宮城県立仙台第三高等学校卒業

1972年 ニコル(NICOLE)入社

1976年 ビギ(BIGI)入社

1979年 ビギを退職し、小栗壮介さんと原宿でアパレル起業の傘下で新ブランドをスタート

1981年 サンエーインターナショナルに入社。ビバユー(VIVAYOU)のチーフデザイナーに就任

1984年 サンエーインターナショナルで、自身のブランド「hiromiti nakano」をスタート

DCブランドが流行したのに乗り、人気デザイナーになっていく。

1991年 独立し、株式会社ヒロミチ・ナカノデザインオフィスを設立

1998年 パリ・コレクションに初参加

1989年 「毎日ファッション大賞新人賞」受賞

1999年 「第42回FEC特別賞」受賞

 

現在は、洋服だけではなく、靴、和装、日用雑貨などの

ライセンス商品も多く手がけ、

また映画にも詳しく、評論家として雑誌などで執筆されるなど、

幅広くご活躍中です。

 

さらには、神奈川県中郡大磯町に住み、

スローライフも楽しまれています。

 

経歴をみると、20代半ばで新ブランド立ち上げ、

30代半ばで自身のブランドを立ち上げ

40代で独立されています。

 

ドクターXの大門未知子ではないですが、

「叩き上げ」のデザイナーですよね。

 

勉強することも多かったでしょうし、

仕事も忙しかったのではないでしょうか。

 

一つのことに一生懸命取り組み、

努力を惜しまない方のようですね。

スポンサードリンク

中野裕通さんは結婚して妻や子供がいる?

では、中野裕通さんはご結婚されているのでしょうか。

 

調べてみたところ、中野裕通さんが結婚されているとか

子供さんがいるという情報は全く見当たりませんでした。

 

しかし、神奈川県中郡大磯町の自宅が

ネットで紹介されたときには、

「ここのテラスでは、休日や夏の夜、家族とゆったり食事を楽しみます」

「自然光あふれる2階のLDKは、家族の憩いの場。」

など、ご家族と一緒にお住いであることを

話されていました。

 

ですので、ご結婚し奥様がいて、

もしかしたら子供さんもいらっしゃるかと思われます。

 

しかし、その家族というのが、親など

違う方かもしれませんし、

真相は定かではありません。

中野裕通(ヒロミチナカノ)の高校の制服デザイン

さて、中野裕通さんは、ファッションデザイナーとして、

幅広い世代の服をデザインされているのと同時に、

日本各地の高校の制服も多くデザインされています。

 

いったいどの高校の制服をデザインされ、

どんな制服なのでしょうか。

 

ウィキペディアでは、次の9校の

高校の名前があがっていました。

・神奈川県立白山高等学校
・佐賀県立多久高等学校
・精華女子高等学校
・聖カタリナ女子高等学校(現:聖カタリナ学園高等学校)
・高崎商科大学附属高等学校
・東京都立保谷高等学校
・栃木県立今市高等学校
・広島県立宮島工業高等学校
・日本福祉大学付属高等学校

では、その中から、

中野裕通さんがデザインした制服を

いくつかご紹介します。

●神奈川県立城山高等学校

引用元:http://www.hakusan-h.pen-kanagawa.ed.jp/seifuku.html

引用元:http://www.hakusan-h.pen-kanagawa.ed.jp/seifuku.html

 

こちらの制服は、中野裕通さんが出演していた

「浅草橋ヤング洋品店」の

「あなたの学校の制服をデザインします」

という企画によって生まれたそうです。

 

●佐賀県立多久高等学校

引用元:https://www.minkou.jp/hischool/school/photo/2063_14410/

引用元:https://www.minkou.jp/hischool/school/photo/2063_14410/

 

●精華女子高等学校

引用元:https://www.seika-ghs.ed.jp/life/uniform.php

引用元:https://www.seika-ghs.ed.jp/life/uniform.php

 

●日本福祉大学付属高等学校

引用元:http://www.n-fukushi.ac.jp/koukou/life/uniform/index.html

引用元:http://www.n-fukushi.ac.jp/koukou/life/uniform/index.html

 

どれもかわいいというよりも、

ずっと着ていても飽きなくて、

清楚な感じがします。

 

制服で高校を選ぶという

中学生もいますので、

制服のデザインって大事ですよね。

 

制服が有名なデザイナーが考えたものというだけで、

各高校のこだわりが伝わってくるようです。

おわりに

近頃テレビでは全くお見かけしなくなった中野裕通さんですが、

優しそうな笑顔はお変わりありませんね。

今後もご活躍されることを楽しみにしています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。