土屋礼央の年齢や大学は?結婚した妻・子供や父母について!

こんにちは、ハナです。

 
 

11月19日のテレビ番組「ワイドナショー」、

そして「行列ができる法律相談所」に、

土屋礼央(つちやれお)さんが

ゲストとして出演します。

 
 

土屋礼央さんといえば、

アカペラボーカルグループ

「RAG FAIR」(ラグフェア)

ボーカル担当でした。

 
 

私はアラフォーなので、

ラグフェアが活躍していた時は、

よく歌番組で見ていましたが、

演奏無しなのに、まるで

バンドがあるかのような歌声に

びっくりした記憶があります。

 
 

では、今回は、土屋礼央さんについて

チェックしていきます!

 

どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

土屋礼央さんのプロフィール

引用元:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/01/news021.html

引用元:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/01/news021.html

 

生年月日:1976年9月1日

年齢:41歳(2017年11月時点)

出身:東京都国分寺

 
 

ラグフェア自体は前進である

「Chocolez(チョコレッツ)」が

1996年に結成されていますが、

土屋さんが加入するのは、

2000年8月からです。
 
 

ラグフェアは、2001年5月に

「力の限りゴーゴゴー!!」

初テレビ出演を果たし、

同年12月にメジャーデビューとなりました。

 
 

それから約10年、コンスタントにテレビ出演や

楽曲発表をしていましたが、

2011年に無期限で活動休止しています。

 
 
 

それ以前から土屋さんは単体で、

ラジオのパーソナリティをするなど

活動してきました。

 
 

現在は、ラジオ番組『土屋礼央 レオなるど』で

パーソナリティをつとめるほか、

2011年6月1日に立ち上げた「TTRE」という

ソロプロジェクトでメディアにでたり、

音楽を制作したりとご活動されているようです。

 
 
 

歌もうまくて、喋りも上手。

 

色んな所で幅広く活躍できる

マルチタレントのようですね。

スポンサードリンク

土屋礼央さんの大学はどこ?

土屋礼央さんは、

「東京都立国分寺高等学校」を卒業し、

大学には進学されたのでしょうか。

 
 

調べてみると、高校卒業後は、

アルバイトをされていたらしく、

大学に行かれたという情報はありませんでした。

 
 
 

ただ、中学時代からミュージシャンに

なりたく、知人の紹介で

「早稲田大学」の軽音楽サークル

埼玉大学のアカペラサークル

所属されたことがあるようです。

 
 

この埼玉大学のサークルに入った

ことがきっかけで、ラグフェアとしての

一歩を踏み出されています。

 
 

しかもそのサークルに誘ったのが

ラグフェアの加藤慶之(かとうよしゆき)さんで、

加藤さんは高校生の時に、

土屋さんの歌声を一度だけカラオケで聞いて

土屋さんを自分が所属してた

埼玉大学のサークルに誘ったのだそうです。

 
 

高校時代にはすでに歌が

うまかったのでしょうか

人生は、色んな所に転機がありますね。

土屋礼央さんが結婚した妻や子供について!

土屋礼央さんは、

現在結婚して子供さんもいるそうです。

 
 

いったいどんな奥様なのでしょうか。

 
 

調べてましたが、奥様は一般人ということで、

顔や年齢など公開はされていませんでした。

 

また、馴れ初めなどもわかりません。

 
 
 

しかし、土屋礼央さんと奥様は、

2012年4月29日にご結婚されて

いることはわかりました!

 
 

ご結婚を発表された時には、

奥様は妊娠し、すでに安定期(5ヶ月~7ヶ月)

だったようです。

 
 

ということは「デキ婚」?と思いましたが、

どうやら「子供を授かったら結婚する」という

逆(?)の発想でした。

 

それに奥さんは同意されていたんですかね~。

 

「子供ができなかったら結婚しない」とも取れて、

あまりいい感じがしないのですが。

 
 

ともあれ、ご結婚し、5年は経過してますので、

仲良く過ごされてることと思います。

 
 
 

また、子供さんについてですが、

結婚時に妊娠5ヶ月~7ヶ月あたり

ということなので、

子供さんがいるのは間違いないですね。

 
 

現在は、4歳か5歳あたりでしょうか。

 
 

性別は分かりませんが、

とてもかわいくやんちゃ盛りですね。

 

可愛がられていることでしょう。

 

将来が楽しみな子供さんですね。

土屋礼央さんの父親や母親について!

なにやら、土屋礼央さんの父親と母親が

有名な方のようなので、

どんな方なのか調べてみました。

 
 

すると、父親は、

「土屋禮一」(つちやれいいち)さんとおっしゃり、

「土屋礼一」の名で日本画家をされています。

 
 

現在は、日本藝術院会員、日展常務理事、

金沢美術工芸大学名誉教授、客員教授をされ、

隅田川花火大会花火コンクールの審査委員長など、

幅広くご活躍のようです。

 
 

土屋礼央さんの名前も、

父親の禮一さんが、レオナルドダヴィンチが

好きだからということから

「礼央」とつけたそうです。

 
 
 

また、母親は、「土屋侑美」さんとおっしゃり、

「つちやゆみ」として絵本作家をされています。

 
 

代表作には、『ぬりぽん』『きつねのおんせん』

『まほうつかいサンカクスキー』があります。

 

ちなみに、祖父も日本画家だそうで、

土屋礼央さんは、アート系な家系に

生まれたんですね。

 
 

でも、美術系に行かなかったのが

不思議な感じがします。

 
 

妹さんもバンドをされているようですし、

日本画家も絵本作家も世襲制ではないので

そのしばりはなさそうですね。

 
 
 

今後の土屋礼央さんも

ますます目が離せませんね!

 

これからのご活躍も

期待しています☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。