やわらか湯たんぽの値段や通販!購入場所を調査!【所さんお届け物デス】

こんにちは、ハナです。

 
 

この1週間、全国的にとても寒い日が続きましたね。

 

東京でも積雪がありましたし、各地のテレビを見ているだけでもとても寒い思いしていました。

 
 

夜もかなり寒くって、私は毛布2枚重ね+掛け布団で寝ていますが、足元が寒くて夜中に起きてしまいます。

 

こんな時、湯たんぽがあったらな~といいものを探していた矢先、

1月28日のテレビ番組「所さんお届け物デス」で、湯たんぽのアイデア商品が紹介されることを発見しました。

 
 

その名も『やわらか湯たんぽ』

 

所さんや山村紅葉さんも大絶賛。

 
 

いったいどんな湯たんぽなのでしょうか、

気になります。

 

ということで、今回は「所さんお届け物デス」で紹介される『やわらか湯たんぽ』について、

 

●やわらか湯たんぽとは?

●やわらか湯たんぽの種類や値段は?

●やわらか湯たんぽの通販はできる?

 

などの情報を集めてみました。

スポンサードリンク

やわらか湯たんぽとは?

引用元:ヘルメット潜水株式会社

 

やわらか湯たんぽとは、大分県のスウェットスーツのメーカー「ヘルメット潜水株式会社」が開発した湯たんぽです。

 

断熱性や保温性に優れたスウェットスーツ生地で作られ、カバー無しで使えるのに、低温やけどしにくいものとなっています。

 

また、素材と同じくらい優れているのが、使用感肌触り

プラスチック製の湯たんぽのような硬さはなく、ぷにぷにした肌触りで弾力性があり、その触感に癒やされながらも温まっていき、いつまでも触っていたくなるようです。

 

さらに湯たんぽと言えば、就寝用に使われることが多いですが、このやわらか湯たんぽには肩用、足用、顔目用、腰用など、体の部位に合わせて数種類作られており、寒い時の温め用としてだけではなく、美容や健康にも使わることも目的とされています。

スポンサードリンク

やわらか湯たんぽの種類や値段は?

では、気になるお値段はおいくらでしょうか。

 

先程も触れましたが、やわらか湯たんぽには、就寝用だけではなく、肩用、足用、顔目用、腰用などの種類があります。

 
 

それらの一部の商品の値段を調べてみると、

●就寝用の湯たんぽ(楕円):3,078円

●ドルフィン、アザラシタイプ:6,102円

●ネコ、イヌタイプ:7,020円

●ハローキティタイプ:5,940円

●肩用タイプ:(小)4,968円(大)6,480円

●足用タイプ(ショート):15,120円

●手用タイプ:12,150円

●座布団タイプ:10,098円

●膝用タイプ:8,640円

●首用タイプ:8,100円

●目用タイプ:4,968円

●ポケットタイプ:1,728円

※2018年1月27日時点の値段です。

※値段は税込みです。

 
 

足用や手用は少し高い感じがしましたが、

素材やハンドメイドだということを考えると

このお値段になるのも無理はないですね。

やわらか湯たんぽの通販はできる?

では、このやわらか湯たんぽを購入したい!

と思ったら、どうすればいいのでしょうか。

 
 

まず、店舗を探してみましたが、

どこの店舗で購入できるのか分かりませんでした。

 
 

ということで、ネット通販で購入できるか

調べてみると、こちらで購入できるようです。

 

 

 

 
 

その他の種類のやわらか湯たんぽの通販は、

こちらからご覧ください。

クロッツやわらか湯たんぽの通販【楽天市場】

 

実際に就寝用の湯たんぽを購入された方の感想を見てみると、

・プラスチック製のと違い、じんわり温かさが伝わり肌触りがよく、大人から子供まで使えそうです。

・お湯を入れる時に少しもれても、弾いてくれるのでよかった。

・就寝のときだけではなく、日中も膝の上に置いて温まり、節電しています。

 

など高評価が多かったです。

 

確かに、プラスチック製とかブリキ製とかの湯たんぽは、カバーをしていないとやけどの心配もありますよね。

私も、カバーをつけるときに用心していた覚えがあります。

その点、スウェットスーツ素材だと、熱の伝わり方も緩やかなのでしょうかね。

 

私も実際に触ってみたくなりました。

まだまだ続く寒い日々を、このやわらか湯たんぽの力を借りて、乗り切りたいものです。

 
 

では、最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。