田南部夢叶(田南部力娘)の高校大学は?成績や身長体重をチェック!

こんにちは、ハナです。

女子レスリングと言えば、吉田沙保里選手や伊調馨選手が有名ですが、まだまだこれから期待される若きアスリートがいます。

それが、田南部夢叶(たなべゆめか)選手

田南部夢叶さんは、レスリング界をコーチとして牽引する田南部力さんの娘さんです。

今回は、田南部夢叶さんについて、高校や大学などの経歴や、レスリングの成績、そして身長体重などをチェックしていきます。

では早速見ていきましょう!

スポンサードリンク

田南部夢叶さんのプロフィール

はじめは田南部夢叶さんのプロフィールです。

引用元:http://www.sports-biz.co.jp/athlete/index.cgi?actmode=AthleteDetail&id=107

 

生年月日:1999年7月14日

年齢:18歳(2018年3月時点)

出身:北海道生まれ、東京都育ち

血液型:O型

田南部夢叶さんの経歴

上にも書きましたが、田南部夢叶さんの父親はアテネ五輪男子フリースタイル55キロ級銅メダリストの田南部力さん。

田南部夢叶さんがレスリングを始めたのは、小学2年生の時だったそうです。

そこはやっぱり父親の影響かと思いきや、3歳年下の弟さんが先にレスリングを始めていて、弟が楽しく練習姿をみて夢叶さんも始めたそうです。

まさかの弟だった衝撃!

 

レスリングを始めた田南部夢叶さんは、父親の指導のもと、めきめきと上達していき、ジュニア大会で活躍。

中学入学と同時に、自ら志願しJOCエリートアカデミーに入校したそうです。

 

JOCエリートアカデミーとは、有望な小学生や中学生のアスリートを発掘し、オリンピックなどの国際大会で活躍できるように育成するために日本オリンピック委員会が設置した学校です。

卓球の張本智和選手も、JOCエリートアカデミーに所属しているんですよ!

 

入寮制であり、親元から離れて、集中的に指導されるようですね。

 
 

JORエリートアカデミーに所属した田南部夢叶さんは、すぐに頭角を現します。

37㎏級、40㎏級の全国中学生大会で優勝!

14歳では、初めて年代別世界大会の日本代表に選出され2連覇を果たします。

 

そして中学卒業後は、JOCエリートアカデミーを退校し、高校に進学されました。

 
 

その後も世界大会で優勝するなど勢いは止まらず、レスリング界のサラブレッドや次世代エースとして期待が寄せられています。

 
 

ちなみに、田南部夢叶さんの得意技は父親の力さんも得意とされていた『アンクルホールド』。

こんな技です。

引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/

技をかける人も、技を掛けられた人も、辛そうですね。

これを武器に、東京五輪まで駆け抜けてほしいですね。

スポンサードリンク

田南部夢叶さんの成績は?

では、小学2年生から五輪銅メダリストの父親の下でレスリングを練習してきた田南部夢叶さん。

これまでにどんな成績を残されているでしょうか。

 

主な成績を見てみると

2011年 4月 ◇ジュニアクイーンズカップ(女子5~6年生の部)33kg級 優勝
2012年 6月 ◇全国女子中学生大会37kg級 準優勝
2013年 6月 ◇全国女子中学生大会37kg級 優勝
2014年 6月 ◇全国女子中学生大会40kg級 優勝
7月 ◇世界カデット選手権女子40kg級 優勝
2015年 4月 ◇ジュニアクイーンズカップ(カデット女子)43kg級 優勝
8月 ◇世界カデット選手権女子43kg級 優勝
2016年 2月 ◇クリッパン女子国際大会(カデット)46kg級 優勝

http://www.sports-biz.co.jp/athlete/index.cgi?actmode=AthleteDetail&id=107

 

こちらに加え、2017年には、

JOCジュニアオリンピックカップ(ジュニア)55㎏級で3位

の成績をおさめられていました。

 

中学生だった2013年から高校生だった2016年までは、出場する試合はほとんど優勝。

向かうところ敵なしという感じです。

 

しかし、2017年になると、少し順位が落ちていました。

階級が上がり、強敵が増えたのかもしれませんね。

 

でも、夢叶さんの努力に加え、父親のバックアップによりこれからまた巻き返していかれると信じています。

田南部夢叶さんの出身高校や大学は?

さて、田南部夢叶さんは、東京都育ちということですが、学校はどちらに行かれたのでしょうか。

 

出身中学は、東京都北区稲付中学校を卒業されているようです。

 

そういえば、先ほども紹介したJOCエリートアカデミーに所属している張本選手も、北区稲付中学校でした。

JORエリートアカデミーに所属している中学生は、寮が稲付中学校のエリアにあり、そこに通うことになっているのでしょう。

 
 

話は戻して、田南部夢叶さんの高校は、帝京高校でした。

 
 

現時点(2018年3月)で、高校は卒業されているはずですので、大学はどこに進学されるのか気になるところです。

 
 

吉田沙保里選手と伊調馨選手の出身大学は、至学館大学(元・中京女子大学)。

両選手をオリンピックに仕立て上げた栄コーチがいます。

 

しかし、2018年に栄コーチから伊調馨選手へのパワハラ問題が浮上し、そこに夢叶さんの父親である田南部力コーチが深くかかわって対立していることもあり、至学館大学に進学されることは可能性として薄いかと思われます。

 
 

田南部力コーチの出身大学は、日本体育大学。

現在は、警察官をしながら子供向けのレスリング教室で指導したり、伊調馨選手のコーチもしているそうなので、ほかの大学との関わりは見えてきません。

ただ水面下ではいろいろツテはあるでしょうから、父親と相談しながら進学する大学を決めていかれるのではないかと思います。

純粋にレスリングに集中できる環境が整っている大学を、選ばれることを願っています。

田南部夢叶さんの身長体重は?

では田南部夢叶さんの実際の身長や体重を見ていきましょう!

身長は、公式で発表されている情報が見当たりませんでした。

 
 

ですので、私の推測となるのですが・・・。

 

こちらの写真は、2年前に父親と、古谷有美アナウンサーと一緒に撮影されたものです。

 
父親の力さんと古谷アナの身長は共に160㎝。

 

それよりも少し背が低いので、155㎝くらいかと考えられます。

でも、2年前からだと現在はもう少し成長されているかもしれませんね。

 
 

また体重ですが、当たり前ですが、小さいころから徐々に階級が上がり、2017年のインターハイでは56㎏級で試合をされています。

ということは、56㎏あたりということになるのでしょうか。

 
 

女子レスリングでは、吉田沙保里選手が53㎏級、伊調馨選手が58㎏級で戦っています。

また、2018年1月からの新階級区分では、女子はオリンピックでは50、53、57、62、68、76kg級となるそうです。

田南部夢叶選手が東京五輪に向けてどの階級で戦われるかはまだ分かりませんが、57㎏級あたりではないかと思われます。




おわりに

今回は、東京五輪を目指す女子レスリングの田南部夢叶さんに注目してきました。

東京五輪まであと2年!

いろんな苦難があるかもしれませんが、乗り越えてほしいですね。

これからも田南部夢叶さんを応援していきたいと思います。

 
では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。