内藤未来の年齢や身長は?戦績や父・兄を調査!結婚してる?

こんにちは、ハナです。

体重120㎏から60㎏の減量に成功した内藤未来さん。

本格的にボクシングを始めて2か月でプロテスト合格、プロデビュー戦では勝利を収められています。

いったいどんな方なのでしょうか。

今回は、内藤未来さんについて年齢などのプロフィール身長戦績のほか、父親や兄結婚相手などについてチェックしていきます。

スポンサードリンク

内藤未来さんの年齢やプロフィール

では初めに内藤未来さんのプロフィールをご紹介しますね。

引用元:http://www.kanaloco.jp/article/251423

 

内藤 未来(ないとう みらい)

生年月日:1992年6月20日

年齢:25歳(2018年3月時点)

出身:神奈川県横浜市

利き手:左

階級:ライト級

所属ジム:E&Jカシアスジム

 

内藤未来さんは、1992年(平成4年)6月20日生まれの25歳です。

 

プロボクサーである父親や兄の影響を受け、中学2年生の時にボクシングをしたけれど、大会でぼこぼこにやられ、一度挫折を経験しています。

また、中学時代はサッカー部にも所属し、『動かなくていい』という理由からゴールキーパーを選んだのだとか。

根っからの運動嫌いのようですね。

 

そこから、体を動かすことを何もしなくなり、一時は体重が120㎏まで太ってしまいました。

 
 

ですが、父親のジムの手伝いをするなどボクシングにはかかわり続け、やがて転機が訪れます。

 

それが、2014年に兄である内藤律樹さんが日本チャンピオンになったことです。

 

兄の輝かしい姿を見た未来さんは、積極的にボクシングにかかわるようになり、兄のセコンドに入ったり、トレーナーのライセンスを取るなどプレーヤーになるための気持ちを高め、最終的にはリングに上がることを決意したそうです。

 
 

2016年4月にプロテストに合格、その後11月に開催されたプロボクシングデビュー戦では、見事勝利を飾りました。

プロになると決めてからプロテスト合格までの期間はたったの2か月。

しかも、内藤未来選手には、「アマチュア時代」というものが存在しません。

 
 

父親や兄はプロボクサーという、世間的にみればサラブレッドかもしれませんが、それでもボクシングの経験はほとんどないに等しい中、プロテストに合格し、デビュー戦で勝利を収めるというのは、内藤未来さんの努力に勝るものはありませんね。

 
 

また、兄がチャンピオンになったところから1年間で120㎏あった体重が、半分の60㎏となり減量(ダイエット)にも成功されています。

とてもストイックな方なんでしょうね。

 

現在は、ボクサーのほか、減量に成功した経験を活かし、ボディメイクのパーソナルトレーナーをされています。

スポンサードリンク

内藤未来さんの身長は?

120㎏あった体重を60㎏まで落とすことができた内藤未来さんですが、身長が気になるところです。

調べてみたところ、身長は170㎝でした。

 
 

ちなみに、内藤未来さんが体重120㎏あった時の画像がこちらです。

引用元:https://www.daily.co.jp/ring/2017/06/12/0010276994.shtml?ph=2

 

また、60㎏になった画像はこちらです。

引用元:https://twitter.com/0619mirry

 

顔つきから違いますね。

内藤未来さんのボクシングの戦績

2016年11月に行われたプロデビュー戦で優勝した内藤未来さんの、その後の戦績を見ていきましょう。

2017年までの戦績は、6戦5勝(2KO)1敗

 
 

詳しい戦歴は次の通りです。

2016/11/07 ○4R判定 3-0(40-37、39-37、39-37) 佐々木 悠登(ワタナベ)

■2016年度ルーキーズトーナメントライト級決勝
2017/01/17 ○3RTKO 三船 世翔(角海老宝石)
※ルーキーズトーナメント優勝

2017/05/16 ○2RTKO 高原 亮(オサム)
2017/07/25 ○4R判定 2-0(40-37、39-37、38-38) 橘 ジョージ(協栄)
2017/09/26 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) 小堺 健一郎(木更津グリーンベイ)

■2017年度東日本ライト級新人王決勝戦
2017/11/03 ●5RTKO 有岡 康輔(三迫)
※東日本新人王敗退

http://fanblogs.jp/boxingmeikan/archive/1458/0

 

デビュー戦以来、4連勝!

素晴らしい成績で、次回の試合も期待できそうですね。

内藤未来さんの父親や兄について!

引用元:https://www.daily.co.jp/ring/2016/11/07/0009646893.shtml?ph=1

(左が父親のカシアス内藤さん、右が兄の内藤律樹さん)
 

内藤未来さんの父親は『カシアス内藤』さんと言い、元東洋ミドル級チャンピオン、元世界ミドル級1位という経歴の持ち主。

本名は内藤純一さんといい、『カシアス』というリングネームは、モハメドアリの改名前の名前「カシアス・クレイ」からとったものだそうです。

現役時代には、輪島功一さんと戦い倒したこともあるそう。

しかし、戦績が下降気味になり、1978年に引退されます。

 

内藤未来さんがボクシングをされることについては、デイリーニュースで次のように話されています。

「本来、やりたい気持ちはあったはず。ただ、父親と兄ちゃんがチャンピオンなのに、自分がなれなかったらと思うと拒否する気持ちも半分。無理にやれとは言わないし、やる気にならなきゃ無理だから」

温かい目で見守っている感じがしますね。

 
 

では、兄の内藤律樹さんは、どんな方でしょうか。

 

内藤律樹さんは、未来さんと1歳差。

アマチュアだった高校時代には、ライト級で高校選抜大会、高校総体、国体の三冠を達成。

高校卒業後にプロデビューし、そこからの戦績は21戦19勝 (7KO) 2敗の圧倒的な勝率を収めています。

獲得タイトルは、第45代スーパーフェザー級王座(防衛3回)、そして2018年1月に第40代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座を獲得。

2018年1月度の月間MVPに選出されています。

 
 

内藤未来さんの父親、兄とも華々しい経歴をお持ちでした。

これは確かにプレッシャーがかかりますね。

でもそんな中でも、プロボクサーとなり、果敢に戦ったり、パーソナルトレーナーとして活躍されている内藤未来さんも、とても素晴らしいと思いました。

内藤未来さんは結婚してる?

現在25歳の内藤未来さん。

ご結婚をされているという情報はありませんでした。

 

しかし彼女は・・・?というと、2016年あたりにはツイッターに「あきこ」さんという女性が写真付きで登場していたようです。(現在写真は非公開)

その方が彼女だという噂もありましたが、真相はわかりません。

 
 

もし彼女がいたら、彼女も筋肉女子っぽいイメージです。(勝手に)

まだまだ25歳、素敵なパートナーを見つけて素敵な恋愛をしてほしいですね。



おわりに

今回は、体重120㎏から60㎏に痩せてリバウンドしていないプロボクサーの内藤未来さんについて書いてきました。

●1992年(平成4年)6月20日生まれの25歳

●身長は170㎝

●父はカシアス内藤さんで元東洋ミドル級チャンピオン、元世界ミドル級1位、兄は内藤律樹さんで第45代スーパーフェザー級王座(防衛3回)、第40代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座を獲得。

●結婚はされていない(推測)

近ごろは、筋肉づくりもブームになっているので、テレビで見る機会も多くなるかもしれません。

これからのご活躍も楽しみですね。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。