白須賀貴樹議員の経歴やマタハラ発言の保育園はどこ?妻や家族について!

こんにちは、ハナです。

自民党の白須賀貴樹議員が、マタハラ発言をしたと話題になっています。

一体どんな内容だったのでしょうか。

また、白須賀貴樹議員の経歴や保育園、そして奥様について調べてみました。

スポンサードリンク

白須賀貴樹議員のプロフィール

まず、白須賀貴樹議員のプロフィールをご紹介しますね。

http://www.jdpf.jp/

白須賀 貴樹(しらすか たかき)

生年月日:1975年3月16日

年齢:43歳(2018年3月29日時点)

出身:千葉県流山市

出身高校:土浦日本大学高等学校

出身大学:東京歯科大学歯学部

前職:歯科医師

所属政党:自由民主党(細田派)

白須賀貴樹議員の経歴

白須賀議員は、2000年に東京歯科大学歯学部を卒業。

その後、 東京歯科大学口腔外科学講座に入局すると同時に、学校法人白須賀学園野田聖華幼稚園の理事長に就任しています。

2004年には、29歳で自身の病院である、白須賀歯科クリニックを開業。

2005年に流山中央福祉会南流山聖華保育園設立し、理事長に就任されています。

2007年、32歳の時、第21回参議院議員選挙にて自由民主党から千葉選挙区から出馬するも落選。

2012年に、37歳で第46回衆議院議員総選挙で初当選。

以後、現在まで3選を果たされています。

スポンサードリンク

白須賀貴樹議員の保育園について

白須賀議員は、経歴にも書いたように、自身が運営する保育園があるようです。

 

それが、流山中央福祉会南流山聖華保育園。

場所は、千葉県流山市南流山にあります。

こちらが、今回のマタハラ発言の場所だったと思われます。

白須賀貴樹議員のマタハラ発言について

白須賀貴樹議員がしたとされるマタハラ発言とは、

自民党の白須賀貴樹衆院議員(千葉13区)は29日、働き方改革関連法案を議論する党の厚生労働部会などの合同会議で、自身が運営する保育園で病児保育のため採用した看護師について「雇って1カ月後には実は妊娠して産休に入ると(言ってきた)。人手不足で募集したのに、それは違うだろと言った瞬間に労基(労働基準監督署)に駆け込んだ」と発言した。

ということです。

これに関しては、ネットでは擁護の声もあるようです。

妊婦に優しい職場であって欲しいが、さすがに入社1ヶ月で妊娠しましたは社会人としてはマナー違反だと思う。

妊娠はおめでたいことだけど、だからって何でも許される訳じゃないと思う。
自分は女で子供もいるけど、これは雇用する側が気の毒だと思った。

私自身も、もし入社して1ヶ月の新人社員から産休取るって言われたら、困ってしまうと思うんですが。

男性でなくて、女性でも普通に考えてしまうことではないでしょうかね。

 

確かに、面接の時に気づくこともできるでしょうが、そこで「妊娠してるの?」とも聞きにくいし、妊娠を理由に不採用にするとまたそれも問題になりそうです。

これって、産休取った女性のマナーもあるのかなと思ってしまいます。

白須賀貴樹議員の妻や家族(子供)について!

白須賀貴樹議員は、ご結婚し、奥様がいらっしゃいます。

奥様は、薫さんといい、白須賀貴樹議員が運営している聖華いつき保育園の園長をされているそうです。

笑顔が素敵で、とても美人な奥様ですね!

 

また、お二人の間に、子供がいるかどうかわかりませんでした。

もし子供がいたら、自身の保育園に通われているのかな。

いずれにしても愛情たっぷりに育てられていると思います。




おわりに

今回は、白須賀貴樹議員について調べてみましたが。

マタハラ発言は、議員さんだから大きく取り上げられていますが、普通で考えてみると白須賀貴樹議員のように考えるのは、当然ではないかと思うのですが、マタハラの線引はむずかしいですね。

どう判断されていくのか今後も注目していきたいと思います。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。