家政夫(家政婦)のミタゾノ2【第5話】の見逃し動画の無料視聴方法!感想&ネタバレも!

こんにちは、ハナです。

 

2018年5月18日(金)に『家政夫のミタゾノ2』第5話(2018年)が放送されました。

だけど、5話目に限って見逃してしまったり、大事な部分を見損ねたのでもう一度見たいと思う方も多いものです。

 

そこで今回は、『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の見逃し動画を無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

また、記事の後半では、実際に『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を視聴した方の感想もありますので、どうぞご覧ください。

あらすじには、ネタバレが含まれていますので、見たくない方は飛ばしてください。

今すぐビデオマーケットで『家政夫のミタゾノ2』第5話を視聴する!

↓ ↓ ↓

『家政夫のミタゾノ2』第5話の動画を無料視聴する方法

http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話は、放送終了後から見逃し配信動画を見ることができます。

 

しかし、放送後1週間以内と1週間以降では方法が違いますので、次から分けてご紹介します。

 

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の放送終了後から1週間以内の場合

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の放送終了後から1週間以内の場合には、次の動画サイトから無料で視聴することができます。

 

 

どちらも、

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の放送終了後から2018年5月25日(金)22:00まで

視聴することが可能です。

(他のドラマと違って、次回の放送開始より約1時間早めに終了します。)

 

Tverもテレ朝キャッチアップも、会員登録やログインなどの面倒な手続きは必要なく、それぞれのサイトで動画を選び再生するだけで動画を見ることができますよ。

とっても手軽ですよね。

 

また、パソコンでも見ることができますが、スマートフォンにアプリを入れておくと、外出先でも手軽に見ることができておすすめです。

Tverでは、『家政夫のミタゾノ2』(2018)だけではなく、「花のち晴れ」、「シグナル」、「ブラックペアン」などのドラマや、バラエティ番組なども放送されています。

 

デメリットは、放送の最初と、動画の途中に15秒~30秒の広告が入ること。

 

ですが、広告があっても無料でフル動画が見られるのはうれしいですよね。

無料だし、スマホで手軽にみられるし、使わない手はありません。

 

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の放送終了後から1週間以上経っている場合

もしすでに、『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の放送終了後から1週間以上経過している場合には、スマートフォンやパソコンなどを使ってみることができるVOD(ビデオオンデマンド)で見ることができます。

 

VODには多くの種類がありますが、『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話が配信されているのは次のVODです。

 

となります。

(※2018年5月18日時点の情報です。VODでの配信は、放送終了後2~3日後になります。)

 

U-NEXTの特徴は?


 

では、U-NEXTにどんな特徴があるのか見ていきましょう。

 

●月額料金は1,999円(税抜き)

●初回登録時に31日間無料サービス

●初回登録特典として、600ポイントのプレゼントがある。(有料期間には)毎月1200ポイント付与される

●U-NEXTの動画配信本数が110,000本以上ある中から、ドラマだけではなく、映画やアニメにも見放題作品や、雑誌なども読み放題作品を期間中無料で視聴できる

●無料キャンペーン期間中に解約すれば、一切料金がかからない

●オフラインでも動画を楽しめるダウンロード機能がある

●4アカウントまで利用でき、家族で使える

 

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を視聴するためには、324ポイントが必要ですが、初回登録特典としてもらえる600ポイントを使うことができるので、課金することなく視聴することができます。

 

U-NEXTで『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の見逃し動画を無料で見る方法

U-NEXTに新規登録する

②U-NEXTから『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を選択してポイントを使って無料で視聴する

(※2018年5月18日時点の情報です。配信されているかどうか、U-NEXTで確かめてください。また、有料期間に継続しないならば、無料期間が終わる前に解約してください。)

ビデオマーケットの特徴とは?


 

では続いて、ビデオマーケットの特徴を見ていきましょう。

●月額料金体系が2種類ある

・プレミアムコース(月額500円・税抜き)

・プレミアム&見放題コース(月額980円・税抜き)

●どちらのコースも初月は月末まで無料

●無料期間も含み毎月540ポイントが付与され、ポイントが必要な動画に使える

●ドラマ・映画・アニメが200,000万本以上(雑誌はない)

●無料キャンペーン期間中に解約すれば、一切料金がかからない

●ダウンロード機能はない

●複数アカウントは利用できない

 

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を視聴するためには、324ポイントが必要ですが、初回登録特典としてもらえる540ポイントを使うことができるので、課金することなく視聴することができます。

 

ビデオマーケットで『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の見逃し動画を無料で見る方法

ビデオマーケットに新規登録する

②ビデオマーケットから『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を選択してポイントを使って無料で視聴する

(※2018年5月18日時点の情報です。配信されているかどうか、ビデオマーケットで確かめてください。また、有料期間に継続しないならば、無料期間が終わる前に解約してください。)

 

U-NEXTとビデオマーケット、どちらを選ぶ?

U-NEXTとビデオマーケットを比べてみると、サービスはほぼ変わらないように見えますが、決定的な違いは、

月途中で登録した時の無料期間の長さ

です。

 

ビデオマーケットにも初月無料キャンペーンが用意されていますが、ビデオマーケットの場合、【1日~月末】で初月と数えます。

つまり、月初めの1日に登録しても、月終わりの25日に登録しても、その月の31日(月末)までが無料ということになります。

しかし、U-NEXTならば、月途中に関わらず、登録時から31日間が無料になります。

 
 

ですので、

◆『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話だけを無料視聴するならビデオマーケットのプレミアムコース

◆『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話以外の動画視聴や雑誌購読など、31日間に渡りサービスを利用したならU-NEXT

を選ぶといいですね。

 

hana
忘れっぽい私なら、『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話だけしか見ないし、うっかり解約するのを忘れちゃったときには、月500円のビデオマーケットの方が損が少なくて済みそう…
 

今すぐビデオマーケットで『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を視聴する!

↓ ↓ ↓

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話はDailymotionやPandoraで見られる?

無料動画共有サイトで代表的なDailymotionやPandoraですが、こちらでも『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を見ることができます。(2018年5月18日時点)

 

ですが、手軽に見られるのは嬉しいところですが、私はおすすめしません。

なぜなら、次のような理由があるからです。

●違法にアップロードしてある
●低画質
●広告が多い
●ウィルスに感染する恐れがある広告がある可能性がある

 

実は、私も以前上記のような無料動画共有サイトでドラマを見ていたことがありますが、動画の途中でも広告が画面半分に出たり、急にパソコンの画面が固まって再起動を余儀なくされることもありました。

 

そして、何度もパソコンのセキュリティツールが警告を出してくる動画もあり、最終的には、手間がかかるのと、ウィルスに感染するのを恐れて、無料動画共有サイトで見るのはやめました。

こういったデメリットや危険なこともありますので、見られる際は注意してくださいね。

私だけではなく、SNSではこんな投稿もありました。

違法な無料動画サイトで『家政夫のミタゾノ』を見たために、パソコンやスマートフォンがウィルスに感染したり故障した場合、VODよりも高い料金が発生してしまう可能性もあります。

 

危険にさらされながらドラマを見るより、先ほどおすすめした「U-NEXT」、または「ビデオマーケット」でご覧になったほうが安全でかつドラマに集中して楽しめますよ!

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話のあらすじ

ここでは、2018年5月18日に放送される、『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話のあらすじを見ていきましょう。

有名デザイナー・森品千恵子(宍戸美和公)の家に派遣された三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)。しかし三田園たちを出迎えた女性はどこか落ち着かない様子で、「実は用事があったのを忘れていた」と話し、ふたりに帰るよう命じる。

と、そこに広告代理店の岡見という男性が現れ、女性を「森品先生」と呼ぶ。依頼していた広告デザインの締め切りがとうに過ぎており、その催促にやってきたのでだ。「デザインをもらうまでは帰れない」--そう告げて家に上がり込む岡見。結局三田園と麻琴は、デザインが上がるまでの間、掃除、洗濯、食事の世話をすることになる。

しかしこの女性、実は“森品千恵子”ではなく、千恵子の家で家政婦として働く“木口一美(佐藤仁美)”という人物だった。デザイナーの卵である一美は、自分の作品を盗んで発表した千恵子と言い合いになり、揉み合ううちに千恵子が棚の角に頭をぶつけ、昏倒。“森品千恵子”がこれまで、世間に顔出ししてきていなかったことを思い出した一美は、倒れた千恵子を咄嗟に風呂場に隠し、彼女に成り代わることを思いついていたのだ。

そんな中、意識を失っていた千恵子が目を覚ます!ところが千恵子は自分が誰だか忘れてしまっていた…。三田園から、千恵子の正体を聞かされた一美は「前に雇っていた家政婦だ」と嘘を。一美は“デザイナー・森品千恵子”として、千恵子は“家政婦・木口一美”として、なんとか三田園たちの目を誤魔化そうとするが、三田園は挙動不審な一美に疑念を抱き…?

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0005/

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話のネタバレ

では、実際に2018年5月18日(金)に放送された『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を、実際にご覧になった方目線のネタバレを見てみましょう。

サロンさん(20代・女性)
デザインの森品さんという方は顔出しNGな方で、五味や三田園が派遣されることになった。

森品家では、森品と家政婦の木口がもめていた。森品は木口のデザインをパクっていたのだ。

木口の怒りが爆発し、森品と揉めた結果、トロフィーが壊れてしまった。木口が森品を蹴飛ばし、森品は意識を失った。

木口が家を出ようとした矢先に、三田園らがやってきたため、三田園らを追い出そうとした。

その最中、広告代理店の岡見がやってきた。木口は森品であると装った。

意識を取り戻していた森品は記憶を失っていた。

木口は森品のことを前に雇っていた家政婦であると主張した。

森品は玉ねぎをうまく切れず、木口から説教を受けた。

五味は、漸く森品が記憶を失っていることに気付いた。

三田園は記憶を失っていても、体は覚えていると主張し、森品は玉ねぎを切る習慣が無いのだと言った。

岡見から、先生へのワインを渡された。

デザインを考えていたが、何も案が浮かばなくて苦悩した木口に、五味と森品がやってきてワインを渡した。

お酒を飲めないにも関わらずワインを何とか飲み干した木口の元に、岡見がやってきてインスピレーションに関する質問をした。

三田園に送ってもらった写真を見て、デザイン専門学校を調べた結果、森品は森品ではなく、木口であるとバレてしまった。

木口がお札を取り出し、そのお札に匂いを嗅いだ森品の記憶が戻ってしまった。

森品と木口が揉めだしたのを岡見が聞き、盗作の事実の確認をした。

だが、森品は岡見のことを知らないといった最中に電話がかかり、岡見という人物は存在しないということが発覚した。

岡見は週刊誌の人間で、盗作疑惑の真偽を確認したのだと言った。

森品は木口だけでなく、他の弟子らからデザインを盗んでいた。

森品は開き直り、自分は森品ではないと主張し、家政婦だと言い出した。

森品と木口は家事テクのバドルをし始めた。

岡見は森品のファンであることが発覚した。

森品はアイデアが思い浮かばなくて崩れ落ちた姿を写真を収め、録音までもしたといい、森品の最期だと岡見は言った。

三田園が岡見のカメラや録音機を蹴飛ばし、さらにトロフィー全部蹴飛ばした。

蹴飛ばして出来上がったのがアイスだった。

木口は森品に自分の気持ちを伝えた。

結局、木口と森品はお互い協力し、デザインを完成させた。

ゆはんさん(20代・女性)
人気デザイナーが弟子兼家政婦のデザインを盗作し、それを知った弟子が激怒します。

2人は口論になり弟子はデザイナーを突き飛ばし気絶させてしまいます。

弟子はデザイナーをお風呂場に隠し隠蔽してる最中ミタゾノ達が家政婦としてやってきます。

とっさにデザイナーのふりをする弟子と先程のショックで記憶を失ったデザイナー、そしてデザインの依頼会社から偽の営業社員の3人が集まります。

そんな3人をミタゾノは素顔を暴いていきます。

色々ありデザイナーは記憶を戻しフリをしていた弟子も嘘を認め、営業社員はデザイナーの盗作疑惑の真意を確かめるために来た週刊誌の人間だと分かりました。

皆の期待が重く弟子のデザインを盗作してまったデザイナーも弟子の熱い想いに感化され2人で一緒にデザインを完成させました。

週刊誌の人もその事に納得し事件は無事解決しました。

凛さん(30代・女性)
自分の作品を盗作したとデザイナーの千恵子と争う一美は、争いの中千恵子は家具の角に頭をぶつけてしまう。

千恵子は死んだと思ったが、気を失っていただけだった。

意識を取り戻した千恵子は記憶喪失になている。

そうこうしているうちに家に広告会社の人や、ミタゾノ達がきてしまい一美は千恵子に成りすます。

千恵子は以前はデザインが降ってくるように沸いていたが今では弟子の作品を盗作し続けていた。

出版社の人間は実は週刊誌の記者で作風が変わった千恵子を探ろうと忍び込んでいた。

千恵子の盗作が発覚するが、週刊誌の記者と一美はもともと千恵子の才能のファンだった。

「あなたの作品で私は変わった」と言う一美に「私にあなたの人生を背負わせないで」と答える千恵子。

世間の人をがっかりさせたくないと、千恵子の代わりにデザインを描こうとする一美。

一美のことを「ひらめきはいいけどまとめる力がない」という千恵子はミタゾノにうながされ、一緒にデザインを作成し二人は共同でデザインを作成するようになる。

ノーチラス(40代・男性)
有名デザイナーである森品千恵子の家政婦として働く一美は、千恵子の作品のことで彼女と言い争いになり、千恵子を突き飛ばしてしまいます。

彼女は棚に頭をぶつけ意識を失います。

実は千恵子の作品はすべて盗作でアイデアを考えていたのは一美でした。

今まで千恵子は顔を世間に公表していなかったため、一美は自分が千恵子になり代わることを思い付きます。

千恵子を風呂場へと隠した一美が出かけようとするところに、三田園と麻琴が現れます。

さらに、広告代理店の岡見という男性も現れ、「デザインをもらうまでは帰れない」と一美に告げます。

千恵子のフリをしてその場を取り繕う一美の前に意識を取り戻した千恵子が現れますが、彼女は記憶を失った状態に。

そこで一美は、「彼女は家政婦だ」と嘘をつきますが、家事に不慣れな千恵子の様子に三田園は違和感を覚えます。

『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を見た方の感想

では、続いて実際に『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話をご覧になった方の感想を見ていきましょう。

サロンさん(20代・女性)
笑えてしまうコメディドラマ
今回もコメディ要素が強くて全体的に笑ってしまった

所長が三田の正体を触れるような発言を度々残しているというのが面白かった。

木口が森品を蹴飛ばし、意識が飛んだとみせかけ、一瞬立っていた後にまた意識を失っていたというのは大笑いしてしまった。

森品の玉ねぎの切り方の下手さにものすごく笑えた。

上からの目線を言う森品が記憶を失って、何事にも怯えるような役を演じていたことや、森品に従って家政婦をやってきた木口が、森品になると途端に偉そうになっていたのも面白くて、木口も森品も二人とも演技が上手なのだと伝わってきた。

家事何もできない森品に、家事テクを渡したり、森品をサポートしてあげたという五味の優しさが輝いていた。

玉ねぎを切るときに涙が出ないコツはタメになったので、ぜひ活用していきたいと感じた。

記憶を取り戻した森品が自分は家政婦であると装っていたシーンにも大笑いしてしまった。

三田園が空気を読めなく、アイスを作るためにタオルを使って回しながら、トロフィーらを蹴飛ばしたという行為が何気に笑えた。

ゆはんさん(20代・女性)
笑い、感心、実践

シリアスなシーンに時々入れてくる小ネタやミタゾノさんの表情が面白くついつい笑ってしまいます。

毎週家事テクを楽しみにしていて今週の家事ネタのアルミホイルで野菜の皮を剥く方法も知らなかったので早速明日実践してみようと思います。

盗作の問題もきっと今の社会で当たり前の様に行われているんだろうなと考えさせられる事も多く、色々な先生と呼ばれる人達もその影に隠れている人もそれぞれが悩みを抱えて生きているんだなと思いました。

ただ何かの作品を見て心を動かされたり、それを目標に夢に向かって頑張る事はいい事だなとしみじみ感じたし、そういう人達を応援したいなと思いました。

そして五味ちゃんの昔(昔はお金持ちだったらしい)がとても気になりました。

続きもますます気になるので今後もミタゾノさんの家事テクを勉強しながら毎週楽しみに視聴したいと思います。

凛さん(30代・女性)
人の気持ち

デザインが生まれなくなった千恵子の苦しみを、千恵子になりすますことで知る一美。

一美はいじめにあって将来を悲観していた時に千恵子のデザインに衝撃を受け人生が変わっていた。

一美に告白されても千恵子はそれが重荷だったのだ。

人の気持ちは重いですからね。

あなたのおかげでと言われるとうっとうしいことがある。

告白した人はスッキリするけど告白されたほうは重い。

千恵子が好きな1990年代のワインを真琴は風味がよくておいしいと言う、もうこれで真琴がいいところのお嬢様だとはっきりしたような気がする。

最後には、モナリザの実物を観に行っていたと言い、小さい頃はお金持ちだったと告白するが、今でもお金持ちに違いない。

真琴を演じている剛力彩芽さんは恋愛報道がでてからちょっと見る目が変わってしまった。

実生活でもお金持ちになるんでしょうって思ってしまう。

ノーチラスさん(40代・男性)
あのCMを連想してしまう・・・

今まで自分のアイデアを盗用され続けてきた一美の気持ちを考えると、自分が千恵子になり代わろうとしたのもわからなくはないし、千恵子が「アイデアがわいてこない」と言って苦悩する姿も理解できる気がします。

お互いの気持ちがうまく対比されていて、見ていて考えさせられる部分もありました。

最後に二人で考えたデザインが、以前の作品と同様に世間から評価されるかは疑問ですが・・・

また、三田園が一美に向かって「リバウンドなされないよう」と声をかけるシーンは、一美役の佐藤仁美さんが出演されているCMを連想させ笑えました。

千恵子のキャラづけも「スカッとジャパン」で宍戸美和公さんが演じられている嫌なオバさんっぽくてこちらも笑えました。

あと麻琴が昔フランスに住んでいたとわかるようなセリフが出てきましたが、三田園はそのことも知っているのだろうかと考えると、三田園には他にも秘密があるのではと、気になりました。

おわりに

今回は、『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の見逃し動画の無料視聴方法をご紹介しました。

U-NEXTで『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の見逃し動画を無料で見る方法

U-NEXTに新規登録する

②U-NEXTから『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を選択してポイントを使って無料で視聴する

(※2018年5月18日時点の情報です。配信されているかどうか、U-NEXTで確かめてください。また、有料期間に継続しないならば、無料期間が終わる前に解約してください。)

ビデオマーケットで『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話の見逃し動画を無料で見る方法

ビデオマーケットに新規登録する

②ビデオマーケットから『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を選択してポイントを使って無料で視聴する

(※2018年5月18日時点の情報です。配信されているかどうか、ビデオマーケットで確かめてください。また、有料期間に継続しないならば、無料期間が終わる前に解約してください。)

では、『家政夫のミタゾノ2』(2018)第5話を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。