勝田州彦容疑者の顔画像や前科について!動機は?SNS(ツイッター、facebook)はある?

今から14年前の2004年に起こった津山小3女児が何者かに命を奪われた事件。

犯人が分からないまま時間が経っていましたが、ここにきて急展開を迎えました。

 

事件を起こした犯人が逮捕されたそうです。

 

その犯人は、勝田州彦容疑者(かつたくにひこ)。

勝田州彦容疑者には実は前科があり、現在服役中でした。

 

そして、事件への関与をほのめかす供述をしたことから、逮捕へと至りました。

14年前に近隣の方のみならず、日本中を不安に陥れた事件、ひとまず犯人がようやく逮捕されたということで一つの区切りを迎えますが、やはり悲しみは癒えることはありません。

残忍な犯罪を起こした勝田州彦容疑者。

動機やどんな人物なのか調べてみました。

スポンサードリンク

津山小3女児〇害事件の概要

2004年9月3日、岡山県津山市で発生。

小学校から帰宅した当時小学3年生の筒塩侑子(つつしおゆきこ)ちゃんが、自宅で何者かによって刺されました。

 

第一目撃者は、同じく学校から帰宅してきた姉(当時15歳)でした。

姉が帰ってきたときには、玄関のドアは閉まっていたが、鍵はかかっていなかったようです。

 

帰宅直後から発見されるまで20~30分しかなく、また着衣の乱れやけがや骨折、そして室内を物色された様子もありませんでした。

侑子ちゃんの亡くなった原因は窒息死の可能性もあるとされていますが、厳密には解明されていません。

 
 

2005年9月までの1年間、岡山県警が13,500人の捜査員を投入して捜査するも、手がかりや有力な情報が見つからず捜査は難航します。

また、ポスターやチラシなども貼られていましたが、犯人の特定につながる情報はありませんでした。

 

しかし、2018年5月29日、事件は急展開を見せます。

別の事件で服役中の39歳の男が、事件への関与をほのめかす供述をし、5月30日にもこの男を逮捕する方針が固めらました。

勝田州彦容疑者の前科とは?

今回逮捕されるとされた勝田州彦容疑者、逮捕のきっかけとなったのは、別の事件で服役中であったことが発端でした。

では、勝田州彦容疑者はどんな事件を起こしていたのでしょうか。

 

その当時のニュースによると、

11日午後5時ごろ、兵庫県姫路市車崎の路上で「中学生の女の子が男に刺されたようだ」と近くに住む女性から110番があった。

兵庫県警飾磨署によると、近くの中学3年の女子生徒(14)が、腕など数カ所を刃物のようなもので切られるけがをした。女子生徒は病院に搬送されたが、命に別条はないという。同署は通り魔的な犯行の可能性もあるとみて、傷害容疑で捜査している。

同署によると、女子生徒は切られた後に近くの民家に住む女性に助けを求めた。女子生徒は女性に、犯人は男で1人だったと話していたという。

現場は、JR姫路駅から北西約2キロの住宅街。

https://www.sankei.com/west/news/150511/wst1505110072-n1.html

 

この事件が起こったのは、2015年5月11日。

当時14歳だった女の子が勝田容疑者に声をかけられ、持っていたナイフで刺されていました。

 

幸い、女の子は病院に運ばれ命に別状はありませんでしたが、全治1か月の重傷を負いました。

 
 

事件から約1年後の裁判員裁判では、勝田容疑者の「腹部を刺すこと」への執着が明らかに。

 

さらに、この事件では、勝田容疑者の怪奇な習性も明らかになっています。

この事件が起こる2か月前の3月、自分で自分の腹部を刺し、救急搬送されていました。

 

その後、勝田容疑者の被告人質問で分かったことは、

●中学3年生の時にうけたいじめが原因で、自分の腹を刺して血が出るのを見ると落ち着いた

●それ以降、人間関係で過度なストレスを負うと、自傷行為にはしる

●美少女キャラが登場するアニメに熱中し、女の子が苦しむ姿が見たいという衝動が強くなる

 
 

驚くべきことに、この事件以前にも、犯罪を犯し有罪判決を受けたこともあったようです。

 

まず1つ目が、今から18年前の2000年。

6人の女の子に対して、腹部をげんこつで殴るなどの暴行や強制わいせつ罪を犯しています。

 

そして2つ目が、今から8年前の2010年。

女の子の腹部をげんこつで殴り、暴行傷害罪で実刑判決を受けています。

 

この時には懲役4年の実刑判決を受け、服役したそうです。

 
 

そして、2015年に中学生の女の子の事件となります。

服役後1年後の事件となりますが、この時には、懲役12年の実刑判決となっています。

現在は、この中学生への事件の服役中でした。

スポンサードリンク

勝田州彦容疑者の顔画像は?

勝田州彦容疑者はいったいどんな顔をしているのでしょうか。

こちらは、2015年に中学生の女の子に対する犯行を行い、逮捕されている時の画像です。

http://wadainews.hotcom-web.com/wordpress/post-1759/

http://wadainews.hotcom-web.com/wordpress/post-1759/

 

そして、こちらはいつのものか分かりませんが、移送中のものだと思われます。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180529-00393100-fnn-soci




勝田州彦容疑者の事件の動機は?

では、津山市小3女児の事件の動機は何だったのでしょうか。

こちらについては、まだ動機が発表されていないため、新しい情報が分かり次第更新します。

 
 

参考として2015年におこした事件の時の精神鑑定医が、法廷で語ったことをみていきましょう。

勝田被告の精神鑑定を担当した医師は法廷で、他人に身体的心理的な苦痛を与えることに性的興奮を抱く「性的サディズム障害」と、子供に対して性的興奮を抱く「ペドフィリア」(小児性愛障害)が複合した「サディズム型ペドフィリア」と説明した。

 犯行に至る誘因の一つとして、勝田被告が自傷行為で入院したことを挙げ、「自傷行為ができず、性的な快感が得られない抑圧された状況の中で犯行への衝動性が高まっていったのではないか」と分析した。

 こうした点を弁護側は、両親の厳しいしつけと中学時代に受けたいじめによって心理的な抑圧を受け続けてきたことが、性癖の形成に結びついたと主張した。

https://www.sankei.com/west/news/160728/wst1607280002-n4.html

だけど、そんな精神状態にあるとはいえ、犯罪は絶対に許されるものではありません。

強い怒りがわいてきます。

勝田容疑者のSNSはある?

勝田容疑者のSNSがあるのか調べてみました。

現在のところ、「勝田州彦」という実名で、特定できるツイッターやFacebookのアカウントはありませんでした。

また、裏垢なども分かっていません。

もしかしたら、本名ではなく、ニックネームでのアカウントを作っているかもしれませんね。

勝田州彦容疑者のSNSのアカウントが特定されたら、更新していきます。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。